新種の敗吐

f:id:hgo687:20180717220452j:plain

敗吐スライム「おい、お前ら! ジブンは敗吐スライムッスwww」

敗吐「どうやら、伝説の勇者が魔王を倒しに冒険に出かけるらしいッスw その勇者はこの場所を通るみたいだから、そいつを倒して俺が伝説のスライムになってやるッスwww」

f:id:hgo687:20180717220933j:plain

テクテクテク…

リンク「ここが始まりの平原か。」

敗吐「お、ちょうど来たみたいッスwww まさに、飛んで火に入る夏の虫ッスねwwwww」

f:id:hgo687:20180717221109j:plain

リンク「なんだこのスライム、気持ち悪っ!?」

f:id:hgo687:20180717204529j:plain

豆腐メンタルの敗吐スライムにかいしんのいちげき

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20180717204626j:plain

リンク「こいつ、俺が何もしてないのに急に倒れやがったぞ!?」

 

 

〜おまけ〜

f:id:hgo687:20180717204530j:plain

敗吐スライムの説明。

RPGでおなじみの雑魚敵のスライムと、クソザコでおなじみの敗吐が融合した意味不明な生物。

どこにでも現れるが、どんな攻撃でも一撃で倒せてしまうほど弱くて情けない。

また、メンタルが敗吐以下らしく、バカとかアホとか罵っただけでショック死してしまうほどメンタルが弱い。

以上です。

チェイス!

※いつもの如く花陽ちゃんの性格が改変されているので、苦手な人は注意してください。

 

f:id:hgo687:20180716180925j:plain

穂乃果「いやー、たまには外で食べるご飯もいいよね!」

花陽「はいっ! 外の美味しい空気を吸いながら食べるご飯…、これぞ日本人ならではですね!」

f:id:hgo687:20180716181203j:plain

穂乃果、花陽「「…それじゃあ、いただきまーす!!」」

f:id:hgo687:20180716181302j:plain

バッ! バッ!

穂乃果「…あれ? パンが消えた…。」

花陽「花陽のおにぎりもです…。」

f:id:hgo687:20180716181436j:plain

敗吐「テーンチョチョチョチョチョチョw」

敗吐「お前らの食料はいただいたッスw 返してほしければ、俺を捕まえてみやがれッスwww」

f:id:hgo687:20180716181640j:plain

穂乃果「あーっ! あなたはいつぞやの粗大ごみ!!」

花陽「花陽のおにぎりを盗みやがって…、ぶっ殺してやらぁ!!」

f:id:hgo687:20180716181819j:plain

敗吐「やれるもんなら、やってみろッスwww それじゃ、バイバーイwwwww」

花陽「逃げるつもりか!」

穂乃果「あっ、待てー!!」

f:id:hgo687:20180716182032j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

………。

f:id:hgo687:20180716182132j:plain

穂乃果「こうしちゃいられない! 何としても、パンとおにぎりを取り戻すよ!!」

花陽「当たり前だろぉ! それに、あの粗大ごみに食べ物の恨みがいかに恐ろしいか味わせてやらぁ!!」

f:id:hgo687:20180716182511j:plain

穂乃果「行くよ!」

ブゥン

花陽「勿論です!」

f:id:hgo687:20180716182625j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

 

〜〜〜〜〜 

 

f:id:hgo687:20180716182718j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

穂乃果「待てー!!」

花陽「待ちやがれぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

f:id:hgo687:20180716182836j:plain

敗吐「アイツら、食べ物如きで必死になりやがってるッスねwww 正直、気持ち悪いッスwwwwwwwwww」

f:id:hgo687:20180716182959j:plain

花陽「全然止まる気配がない………こうなったら、このフルオートピストルの"グロック18C"で撃ち抜いてやらぁ!」 ズドドドドドド

敗吐「そんなの、当たる訳無いッスwww」

f:id:hgo687:20180716183215j:plain

プスン

敗吐「どこ狙ってるんッスか、ヘタクソッスねwwwwwwwwww」

穂乃果「花陽ちゃん、ナイス!」

f:id:hgo687:20180716183551j:plain

敗吐「…って、何か急にバイクがフラフラしてきたッスね…。」

フラフラ…

f:id:hgo687:20180716183720j:plain

ガタン!

ドサ----------ッ!

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20180716183915j:plain

キキ-ッ!

f:id:hgo687:20180716183945j:plain

花陽「さあ、もう追い詰めたからな!」

穂乃果「穂乃果達の食べ物を返してよ!」

敗吐「無理ッスよ、もう食べたんッスからwww 残念でちたねぇーwwwwwwww」

f:id:hgo687:20180716184303j:plain

穂乃果「もう、許さないよ!」 ズドン

f:id:hgo687:20180716184358j:plain

ポロッ…バタリ…

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20180716184446j:plain

穂乃果「…花陽ちゃん。 今回のことはさっぱり忘れて、2人で美味しいものでも食べに行かない?」

花陽「いいですね、そうしましょ!」

 

 

…こうして、敗吐は食べ物の恨みが恐ろしいことを身をもって体験したのであった。 

以上です。

ペヤングソースやきそば 超超超大盛りGIGAMAX

f:id:hgo687:20180712171113j:plain

最近巷で話題の、まるか食品から発売された超絶大盛りのペヤングを見かけたので買ってみました。

このペヤングは値段が通常サイズと比較して約2倍で、量と摂取カロリーが約4倍もあるとんでもないシロモノです。

なお、通常サイズのペヤングは…値段が170円(税別)、摂取カロリーが544kcal、量が120g。

この超前絶大盛りのペヤングは、値段が385円(税別)、摂取カロリーが2142kcal、量が439g。

ちなみに、成人男性の1日の摂取カロリーの目安が1800〜2200kcalなので、これ1つで1日分のカロリーを摂取してしまいます。

それにしても、こんなバケモノじみた量のカップやきそばをたった一人で1時間以内に完食できる人はいるのだろうか…。

自分もかなりの大食いですが、流石に1時間以内に一人で完食することはできないと思いますね…。

…余談ですが、このペヤングに必要なお湯の量は1300mlで通常サイズは480mlです。 お湯も約3倍必要って、ますますバケモノじみてる…。

以上です。

ネタキャラ達のミニバトル!2

f:id:hgo687:20180710210108j:plain

名竜ラッシー「よぉ、お前ら! 俺だ、ラッシーだ!」

名竜ラッシー「今回も前回同様に、他のユーザーさんのネタキャラを交えてバトルしたいと思う。 ルールは簡単、最後まで生き残っていた奴の勝ちだ!」

f:id:hgo687:20180710210444j:plain

名竜ラッシー「今回戦うネタキャラ達はコイツらだ! …なお、今回は作者の新しいネタキャラと変態キャラが参戦しているぞ!」

 

※左から順に、

・シジミ

・変態ライダー New!

・弱石 新キャラ、New!

・敗吐ロボ

・敗吐 (id:bandmewtwoyuyuko)

・ベアルド (id:luigi-198)

・ニセルド (id:luigi-198)

・キノX (id:OVERDRIVE)

 

名竜ラッシー「ちなみに、カッコ内はネタキャラを提供してくださったユーザーさんのidを入れてるから、興味がある人はこのブログよりも優先して見に行ってくれよな!」

f:id:hgo687:20180710211632j:plain

名竜ラッシー「そして、今回戦うステージはモズク農園だ! …決して、前回のネタの使い回しとかいうんじゃねーぞ?」

名竜ラッシー「あと、優勝した奴には女の子とデートできる権利が貰えるから、頑張ってくれよな!」

f:id:hgo687:20180710211902j:plain

名竜ラッシー「それでは、バトルスタートだ!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20180710211951j:plain

3…2…1…スタート!

f:id:hgo687:20180710212037j:plain

キノX「今回も始まったな、最強のネタキャラを決める戦いが。 …というか、誰だこのジジイは?」

弱石「君、人に向かってジジイとは失礼ではないかね?」

f:id:hgo687:20180710212252j:plain

敗吐ロボ「ハカセ、オヒサジブリッス!」

敗吐「弱石、お前もついにこのブログで顔出ししたんッスね!w」

f:id:hgo687:20180710212449j:plain

ベアルド「え? 博士?」

ニセルド「ハゲウサギの知り合いってことは、きっとクソザコだねw」

f:id:hgo687:20180710212614j:plain

弱石「それでは、自己紹介をしよう。 ワシは天才科学者の弱石(よわいし)じゃ。」

弱石「そこの敗吐ロボは、このワシの素晴らしい発明品であるぞい!」

f:id:hgo687:20180710212921j:plain

変態ライダー「じいさんがそのロボットを作ったのか!? マジで尊敬するぜぃ!」

弱石「いやいやー、どうも!」

f:id:hgo687:20180710213048j:plain

シジミ「それじゃ、新キャラの紹介も終わったことだし…」

f:id:hgo687:20180710213133j:plain

シジミ「前回の王者、キノXにはここで消えてもらうぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」 ドカッ

キノX「え?」

f:id:hgo687:20180710213245j:plain

キノX「ぎぃにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」 バタリ…

キノX、シジミの攻撃で脱落。 f:id:hgo687:20180710213438j:plain

シジミ「どうだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

敗吐「おっ、もうクソキノコは脱落したんッスか?w やっぱり、前回優勝したのはマグレだったッスねw」

f:id:hgo687:20180710213659j:plain

ガシッ

ニセルド「おい、ベアルド! 俺のビッグマックを食えよw」

ベアルド「うわっ!?」 モグモグ…

f:id:hgo687:20180710213903j:plain

ベアルド「アッラァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!」 バタリ…

ベアルド、ニセルドに不味いビッグマックを無理やり食べさせられて脱落。

f:id:hgo687:20180710214049j:plain

敗吐ロボ「ロボロボw マタ一人、邪魔者ガイナクナッタッスwww」

敗吐「つーか、ベアルドの奴また同じ方法でやられてるッスねw」

f:id:hgo687:20180710214255j:plain

シジミ「俺にかかってくる奴はいねーのかぁぁぁぁぁぁぁぁ!! いないのなら、全員倒してやるぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

f:id:hgo687:20180710214415j:plain

ビュ-ン

変態ライダー「だまれぃ! シジミ如きが、偉そうにするんじゃねーぞぅ!!」 ドカッ

f:id:hgo687:20180710214530j:plain

シジミ「やめてくれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」 バタリ…

シジミ、変態ライダーに轢かれて脱落。

f:id:hgo687:20180710214637j:plain

ニセルド「シジミってアホだなー、アホなんだなーw」

変態ライダー「次は、お前の番だぜぃ!」

f:id:hgo687:20180710214754j:plain

ビュ-ン

変態ライダー「覚悟しろぉ!」

ニセルド「ヘッハッハッハッハッ!w」

f:id:hgo687:20180710214919j:plain

ニセルド「ハンバーガード!」 サッ

ポヨン

変態ライダー「何ぃ!?」

ニセルド「残念だったねw」

f:id:hgo687:20180710215038j:plain

シュン 敗吐「おっ、これはアシストカプセルッス!w」

f:id:hgo687:20180710215147j:plain

敗吐「今日の俺はかなりツイてるッスねw よし、早速使ってやるッスwww」 タッチ

パカッ

f:id:hgo687:20180710215349j:plain

鞠莉「シャイニー☆」

敗吐「おっ、こいつは確かAqours小原鞠莉ッスねw」

f:id:hgo687:20180710215556j:plain

弱石「おおっ、ピチピチのギャルじゃ!」

f:id:hgo687:20180710215703j:plain

鞠莉「マリーを呼び出したあなたには、特別に究極の奥義状態にしてあげるワ!」

敗吐「マジッスか、嬉しいッス!w」

※究極の奥義状態…わかりやすく説明すると、スマブラでいう最後の切り札みたいなもの。

f:id:hgo687:20180710202822j:plain

鞠莉「はい、どうぞ!」

ギュイ-ン!

敗吐「おお、力が溢れるッス!w」

f:id:hgo687:20180710202859j:plain

鞠莉「それじゃあ、あとは頑張ってネ!」

シュン

f:id:hgo687:20180710202935j:plain

変態ライダー「…ちょっと待て! 一番奥義がダサそうな奴が、究極の奥義状態になるとかふざけてるぞぅ!!」

ニセルド「全くだね。」

f:id:hgo687:20180710203002j:plain

敗吐ロボ「理解不能、リカイフノウ。」

弱石「どうせ、大したことないじゃろ。」

f:id:hgo687:20180710221355j:plain

敗吐「なら、見せてやるッス!w フォルムチェンジ、Sモード!」 ガシャガシャガシャ

f:id:hgo687:20180710221530j:plain

バ-----ン

「「「「気持ち悪っ!?」」」」

敗吐「俺の究極の奥義を喰らえッス!w "敗吐・S・ラッシュ!"」

f:id:hgo687:20180710203526j:plain

ビュ-ン!

ザシュザシュザシュザシュザシュザシュザシュザシュ

f:id:hgo687:20180710221841j:plain

ドカ-ン!! ドカ-ン!! ドカ-ン!!

ニセルド「アッロォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!」

変態ライダー「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

敗吐ロボ「テンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンチョオ!!!」

f:id:hgo687:20180710222103j:plain

バタリ… バタリ… バタリ…

変態ライダー、敗吐ロボ、ニセルド、敗吐の究極の奥義を食らって脱落。

f:id:hgo687:20180710224738j:plain

シュタッ

f:id:hgo687:20180710224712j:plain

敗吐「ふぅ、これで俺の優勝は間違いないッスね!w」

f:id:hgo687:20180710224843j:plain

弱石「おーい、敗吐君。 ワシが残っておるぞい!」

敗吐「弱石、お前は残っていたんッスか!?w」

f:id:hgo687:20180710225001j:plain

弱石「もちろんじゃとも。 そもそも、攻撃が当たっておらんかったしな!」

敗吐「そうッスかwww なら、正々堂々と俺とお前で一騎打ちをしようじゃないッス!w」

f:id:hgo687:20180710225133j:plain

弱石「もちろんいいが、一つだけ言わせてもらいたいことがある。」

敗吐「何ッスか?w」

弱石「先程の君の究極の奥義、ゴキブリみたいでキモかったぞ?」

f:id:hgo687:20180710225301j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」 バタリ…

敗吐、弱石にゴキブリみたいと言われたショックで脱落。

f:id:hgo687:20180710225514j:plain

ゲームセット!

f:id:hgo687:20180710225537j:plain

弱石「ワシの頭脳は世界一じゃ!」

弱石、優勝!

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20180710230702j:plain

弱石「ほ…本当に、女の子とデートできるんじゃな?」

名竜ラッシー「もちろん、ラッシー嘘付かない。」

弱石「ほっほっほー、ついにワシにも春がきたようじゃな! (女の子は、さっきの鞠莉ちゃんのようなピチピチのギャルかのぅ?)」

f:id:hgo687:20180710231015j:plain

名竜ラッシー「ほらよ!」

カイリキー(♀)「あらぁ、私とデートしてくれる男の人がいるなんて嬉しいわぁ!」

弱石「えっ!?」

f:id:hgo687:20180710231232j:plain

名竜ラッシー「コイツは、メスのカイリキー…つまり、女の子だぞ?」

弱石「ま…待て、可愛い女の子とデートじゃないのか!?」

名竜「女の子とは言ったけど、可愛いとは一言も言ってないぞ?」

f:id:hgo687:20180710231410j:plain

カイリキ(♀)「男なら四の五の言わずに、私とデートを楽しみましょうよ! ほーら、行くわよ!」 ガシッ

弱石「嫌じゃぁぁぁぁぁぁ、離してくれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

カイリキー(♀)「そんなこと言って、本当は嬉しいんでしょ? ホント、男ってばツンデレなんだから。」

f:id:hgo687:20180710231739j:plain

名竜ラッシー「…帰って、カールでも食べるか。 そういえば少し前に東日本でカールの販売が終了したんだっけな?」

名竜ラッシー「俺はカールが好きだから、西日本…九州に住んでいて良かったぜ!」

 

 

〜おまけ〜

f:id:hgo687:20180710232012j:plain

弱石の設定について。

自称天才科学者で、敗吐ロボの生みの親。

素の強さが敗吐並みにクソザコなので、ネタキャラ扱いされた可哀想なキャラである。

しかし、彼の発明品はそこそこ性能が高く、自身の弱さを様々な発明品でカバーできる実力を持っている。

また、彼は女子高生や女子大学生等のピチピチのギャルを好むが、反対に子供(所謂ロリっ娘)は好きではない。

なお、左手に持っている刃物は、彼が発明した"ありとあらゆる刃物に変形できる医療用のメス"とのこと。

ちなみに、やられ声は「この聡明なる頭脳を持つワシがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」です。

以上です。

悪しき世界 後編 (フィギュア劇場)

〜敗吐達が鎮守府を支配して、約2週間が経った頃〜

 

f:id:hgo687:20180707232727j:plain

ニセルド「あーあ。 やっちゃったね、暁ちゃん。」

敗吐「まさか、俺達の命令に背いて助けを呼ぶとはバカッスねwww ルール違反だから、人質…つまりお前の妹の電に罰を与えるッスwwwww」

f:id:hgo687:20180707233059j:plain

暁「暁が悪かったから、罰を与えるのは電じゃなくて暁にしてよぉ!」

リベッチオ「イナヅマちゃんは何も悪くないのに、どうしてこんなことするの!?」

f:id:hgo687:20180707233253j:plain

キノX「どうしてって、教育だよ教育! お前達がルールを破ったら、仲間が酷い目に遭わされるというのを実感してもらうためだ。」

キノX「電、恨むなら俺様じゃなくてルールを守れなかった姉を恨むんだな!」

電「あ、暁ちゃんは悪くないのですー!!」

f:id:hgo687:20180707233853j:plain

時雨「くっ…、僕達は指を咥えて見ていることしかできないのか!?」

秋月「せめて、艤装が取られていなければ電ちゃんを助けれたのに…!!」

f:id:hgo687:20180707234056j:plain

キノX「それじゃ、俺様達に逆らったことを後悔するんだな!」

ジュボッ!

f:id:hgo687:20180707234155j:plain

キノX「ぎぃにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」 バタリ…

敗吐「キノX、いきなり倒れてどうしたんッスか?w」

ニセルド「お腹の調子でも悪かったのかなー?」

f:id:hgo687:20180707234418j:plain

暁「な、何!? 何がおこったの!?」

リベッチオ「今のって、ファイアボールだよね…? …もしかして!?」

f:id:hgo687:20180707234531j:plain

ヨッシーくるりん、ぱー!」 ドスン!

ニセルド「アッラァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!」 バタリ…

f:id:hgo687:20180707234653j:plain

時雨「よ、ヨッシー!?」

秋月「…ということは、私達の本来の提督…マリオ提督が戻って来たんですね!」

f:id:hgo687:20180707234812j:plain

ルイージ「よーし、電ちゃん。 もう大丈夫だよ!」

電「ふぇーん! 怖かったのです!!」

f:id:hgo687:20180707234935j:plain

マリオ「僕たちがフィギュア劇場に登場していない間に、随分と艦娘たちに好き勝手したみたいだね?」

マリオ「大切な仲間を傷つけたんだ、絶対に容赦はしないよ!」 ゴォォォォォォォ

敗吐「何ッスか?w クソザコのクリボーに触れただけで死ぬオッサンが、サイキョーの俺と戦うつもりッスか?w」

f:id:hgo687:20180707235409j:plain

敗吐「それに、こっちにはサイキョーのロボットがいるんスよ?w …敗吐ロボ、アイツらをやつけろッスwww」

敗吐「了解ッス!w」

f:id:hgo687:20180707235605j:plain

マリオ「それじゃあ、こっちは艦娘で応戦だ! …鹿島、よろしく!」

鹿島「了解です!」 ドン

f:id:hgo687:20180707235727j:plain

ドカ-ン!!

敗吐ロボ「テンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンチョオ!!!」

f:id:hgo687:20180707235809j:plain

敗吐「…ナーンチャッテ! 練習巡洋艦ゴトキノ砲撃デ、コノサイキョーノジブンガヤラレル訳無イッスwww」

鹿島「!?」

f:id:hgo687:20180708000236j:plain

秋月「そんな!?」

時雨「鹿島さんの攻撃で倒れないなんて…。」

f:id:hgo687:20180708000329j:plain

ヨッシー「久しぶりにフィギュア劇場に登場してお腹が空いたので、あなたを食べますね!」 ベロン

敗吐ロボ「チョッ!?」

f:id:hgo687:20180708000703j:plain

モグモグ…

敗吐ロボ「テンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンチョオ!!!」

ヨッシー「マリオひゃん、ロホットっへほいひいんへすへー(マリオさん、ロホットって美味しいんですね)!」

マリオ「たぶん、美味しいと思うのはヨッシーだけだと思うよ…。」

f:id:hgo687:20180708084659j:plain

ルイージ「それよりも、兄さん! 主犯格であろうハゲウサギがいなくなってるよ!」

マリオ「えっ!?」

f:id:hgo687:20180708084825j:plain

ヨッシー「あ、本当ですね。」

暁「いつの間に…。」

リベッチオ「卑怯者のハゲウサギめ!」

f:id:hgo687:20180708084942j:plain

時雨「くそっ…、見失うなんて…。」

マリオ「大丈夫だよ。 リンクたちに頼んでいるから、何とかしてくれるハズさ!」

鹿島「あのハゲウサギは、果たして逃げられるでしょうかね?」

f:id:hgo687:20180708085219j:plain

時雨「それよりも、助けに来てくれてありがとう!」

秋月「提督が来てくれなかったら、今頃私達はずっとハゲウサギ達のいいなりでした…。」

f:id:hgo687:20180708085337j:plain

暁「流石、暁達の提督ね! 呼んだらすぐ来てくれたんですもの。」

リベッチオ「ホントに良かったー!」

f:id:hgo687:20180708085525j:plain

マリオ「よし! それじゃあ、ハゲウサギ達にこき使われて心身ともに疲労している艦娘たちを呼び集めて、心のケアをしてあげようか!」

ルイージヨッシー、鹿島「「「おー!!」」」

 

 

ー…こうしてマリオ達の活躍により、ネタキャラ達の独裁から艦娘達を救うことに成功したのであった。ー

 

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20180708090051j:plain

敗吐「はぁはぁ…。 何とか、逃げることに成功したッスw」

f:id:hgo687:20180708090307j:plain

敗吐「キノXとニセルドは逃げられずに倒されたッスが、アイツらはクソザコだから仕方ないッスwww」

敗吐「とりあえず、事が収まるまでベアルドの家に隠居させてもらいに行くッスwww」

f:id:hgo687:20180708090710j:plain

アスナ「ちょっと、あなた。 まさかあんなことをしておいて、逃げられるとは思っていないわよね?」

敗吐「いきなり何ッスか?w」

f:id:hgo687:20180708091101j:plain

リンク「お前は、俺達の仲間に対して酷いことをした。 だから、俺はお前に罰を与えに来たぜ!」

敗吐「まさか、このサイキョーの俺に戦いを挑むつもりッスか?w 命知らずッスねーwwwww」

f:id:hgo687:20180708091315j:plain

リンク「でやぁっ!」 ザジュ

アスナ「はあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」 シュシュシュシュシュシュシュ

f:id:hgo687:20180708091536j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」 バラバラバラバラ…

f:id:hgo687:20180708091708j:plain

アスナ「これで完了ね! …少しやりすぎちゃったかしら?」

リンク「問題ない。 こいつは、それ以上のことをしたんだからな。」

 

 

終わり!

悪しき世界 前編 (フィギュア劇場)

※今回は胸糞な展開があるので注意してください。

 

f:id:hgo687:20180705071139j:plain

敗吐「おい艦娘共、今日からこの俺がお前らの提督になってやるッスよw ありがたく思えッスwww」

キノX「お前達艦娘は道具だからな、俺様達がこき使ってやるよ!」

ニセルド「ヘッハッハッハッハw」

f:id:hgo687:20180705071518j:plain

鈴谷「はぁ? マジありえないんですけど!?」

北上「いきなり現れて、提督宣言? そーいうのいらないから。」

大井「このクズどもが!」

f:id:hgo687:20180705071744j:plain

大鳳「私たちを道具扱いする提督は間に合ってますんで、動物はさっさと動物園に帰ってください。」

リベッチオ「帰れ、かえれ!」

f:id:hgo687:20180705072220j:plain

敗吐「おっと、そんなこと言ってもいいんッスか?w コイツがどうなっても知らないッスよ?w」

艦娘一同「!?」

キノX「確か、駆逐艦電だったっけな? この艦娘は、俺様達の人質だぜ!」 ガッ

電「うぅ…。」

f:id:hgo687:20180705072552j:plain

暁「ちょっと、ちょっと! あなた達、電を放しなさいよ!!」

敗吐「何ッスか?w コイツを放してほしいのなら、俺達の命令に従ってもらうッスwww」

f:id:hgo687:20180705072843j:plain

キノX「言っておくが、俺様達に逆らおうなんて考えない方がいいぜ? なんせ、俺様はこの高濃度の塩酸を持っているからなァ!」

ニセルド「塩酸がどんなものかは、君たちも知っているよね? もし君たちが逆らった場合、これをこの艦娘の顔にぶっかけるよ。」

ニセルド「そしたら、この艦娘の顔はぐちゃぐちゃになってまともな生活を送ることができないだろうねー。」

f:id:hgo687:20180705073339j:plain

瑞鶴「駆逐艦を盾にするなんて、サイテーよ!」

翔鶴「貴方達、それでも提督ですか!? 恥を知りなさい!」

f:id:hgo687:20180705073608j:plain

敗吐「なんとでも言えッスwww お前達が逆らうことで、コイツが酷い目に遭うけどいいんッスか?w」

ニセルド「…敗吐君、どうやら行動で示さないとわからないみたいだよ?」

敗吐「そうッスねwwwww」

f:id:hgo687:20180705075010j:plain

暁「な…なんでも言うこと聞くからぁ、電には手を出さないでぇ!!」

キノX「今、なんでもって言ったよな? なら、この駆逐艦には手を出さない代わりに、お前達は俺様に逆らうんじゃねーぞ!」

暁「はい…。」

f:id:hgo687:20180705075331j:plain

敗吐「…というわけで、お前ら艦娘共はこれから俺達のために働いてもらうッスwww それと、この鎮守府にいるほかの艦娘にも俺達に逆らわないように言っておくッスよ?w」

ニセルド「もし、変な行動を起こそうとしたら、どうなるかわかってるよね?」

f:id:hgo687:20180705075815j:plain

大井「こんの、ゲス共が!!」

北上「ゲスと言うよりも、もはや悪魔だよね…。」

 

ーそれからというもの、敗吐達の艦娘に対する扱いは酷いものだった…。ー

 

f:id:hgo687:20180705080026j:plain

榛名「お願いです! 1週間以上も休む間も無く出撃しているので、休憩の時間をください!」

熊野「もう、いっぱいですわ…。」

敗吐「は?w お前らは道具に休みなんてあるわけないッスwww」

 

ーまた、ある時は…。ー

 

f:id:hgo687:20180705080624j:plain

伊401「ごめんなさい…。 大破撤退して、何1つ資材を入手することはできませんでした…。」

キノX「は?」

f:id:hgo687:20180705080836j:plain

キノX「艦これでの潜水艦の役割は資材集めだろーが! そんなこともできないゴミ無能潜水艦には、お仕置きが必要だな!」 ガッ

伊401「痛い、痛いよー!」

 

ーそして、またある時は…。ー

 

f:id:hgo687:20180705081122j:plain

秋月「ただいま帰投しました…。」

ニセルド「うん。 特に損傷は無いみたいだから、また出撃してもらうよ!」

時雨「そんなっ!?」

 

ーこのように、敗吐達は所謂ブラック鎮守府レベルで艦娘達に酷いことを繰り返していたのであった…。ー

 

f:id:hgo687:20180705083144j:plain

敗吐「脅せば命令を聞く艦娘は、完全に俺達の奴隷ッスねwwwww」

キノX「しかも、ストレス発散の道具としても扱えるから優秀だな!」

ニセルド「次はどうやって艦娘で遊ぼうかなー?」

 

 

続く!

終焉の戦争 第14話 (フィギュア劇場)

f:id:hgo687:20180625060909j:plain

………。

シジミA「ヨハネ様、2つほどご報告があります。」

ヨハネ「ふふふ、何かしら?」

f:id:hgo687:20180625061029j:plain

シジミA「まず、1つ目はメリーヴェル基地のことですが………有志の命がけの特攻により、邪魔立てした人間共の排除に成功したようです!」

シジミB「これにより、メリーヴェル基地は我々が占領したままの状態です。」

f:id:hgo687:20180625062325j:plain

ヨハネ「ふふっ、やるじゃない! 貴方達シジミには、それ相応の褒美を与えましょう。」

シジミA、B「「ははぁー、ありがたきお言葉。」」

マリー「流石、マリーが見込んだだけある人材(?)デース!」

f:id:hgo687:20180625062914j:plain

レ級「ソレデ、2ツ目ノ報告ハ何ナンダ?」

シジミA「あ、そうでしたね。」

f:id:hgo687:20180625063111j:plain

シジミB「2つ目はヨハネ様達が異世界から連れてきた恐竜のことですが………上手いこと、この世界で暴れてくれているようです!」

シジミA「恐竜が暴れたことによって幾多の街が壊滅寸前まで追い込まれており、もはやこの世界の文明は1年も経たずに消えることでしょう。」

f:id:hgo687:20180625064032j:plain

ヨハネ「クックックッ…。 ようやく、この世界をヨハネのものにできるのですね!」

レ級「…ツーカ、モウ既ニ我々ノ物ニナッテイルト言ッテモ過言デハ無イヨナ?」

f:id:hgo687:20180625064713j:plain

マリー「ふふっ、何も抵抗できずに無惨に殺されていく人間の姿を想像すると、ゾクゾクしちゃうワ!」

マリー「ま、運良く生き残ったらマリー達のペットとして可愛がってあげましょ。」

f:id:hgo687:20180625065201j:plain

「ククク…。」 「うふふ…。」 「アーッハッハッハ!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20180630084513j:plain

金剛「ンー、予定よりも帰りが遅いデスネー。」

榛名「大丈夫でしょうか…。 時雨ちゃん達は未だに人間に対して恨みを持っているので、未世さん達が殺されたりなんかしてないですよね…?」

f:id:hgo687:20180630084716j:plain

金剛「大丈夫ですヨ! なんだかんだ言って、時雨達は優しい娘達ですカラ。」

f:id:hgo687:20180630085402j:plain

ガタン! バタバタバタ…

榛名「あ、帰って来ましたね!」

金剛「お疲れ様デース! 戦果はどうでしたカー?」

f:id:hgo687:20180630085622j:plain

時雨「金剛さん、ごめん! 今秋月が大破して走行不能な状態だから、話は後にしてほしいんだ。」

大井「とにかく、秋月ちゃんをドック(お風呂)に入渠させてきますね!」

f:id:hgo687:20180630090026j:plain

バタバタバタ…

榛名「あ、はい…。」

金剛「…今、秋月が大破したって言ってましたヨネ? 一体、何があったんでしょうカ?」

f:id:hgo687:20180630090320j:plain

未世「ただいま帰投しました。」

千歌、曜「ただいまー!」

f:id:hgo687:20180630103307j:plain

榛名「あ、お帰りなさい!」

金剛「ちょっといいですカー? さっき帰ってきた秋月が大破していたのですガ、you達は何があったのか知っていますカ?」

f:id:hgo687:20180630103914j:plain

千歌「それが…、いきなり現れた怪獣の攻撃で秋月ちゃんが一撃で大破したんだよね…。」

曜「なんとか怪獣を撃退させることに成功はしたんですけど、私達の攻撃は全く効いていませんでした。」

f:id:hgo687:20180630104353j:plain

榛名「怪獣ですか!? この世界にそんな生物が存在していたなんて…。」

金剛「Not, おそらくリトルデーモン団が異世界から連れてきた生物なんでショー。 …それにしても、駆逐艦を一撃で大破させるなんて恐ろしいですネ…。」

f:id:hgo687:20180630104723j:plain

榛名「…こうしちゃいられません! 榛名、怪獣のデータを軍のネットワークで調べてきます!」 タッタッタッタッタッ…

金剛「よろしく頼むデース!」

f:id:hgo687:20180630105203j:plain

………。

f:id:hgo687:20180630110442j:plain

金剛「あ、一つyou達にお知らせがありマース! 今日で武器商人がここから離れるのデ、今の内に何か銃を買っておくといいデスヨー。」

金剛「ちなみに、アサルトライフル(小銃)のセールをやっているそうデース!」

f:id:hgo687:20180630111116j:plain

未世「アサルトライフル!? (新しいM4A1売ってないかな?)」

f:id:hgo687:20180630111224j:plain

未世「よし、二人とも武木地さんのところに行こう!」

千歌「うん!」

曜「決まりだね!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20180701085436j:plain

武木地「いらっしゃいやしー!」

f:id:hgo687:20180701085641j:plain

未世「あのー、アサルトライフルのセールがあるって聞いたけど…。」

武木地「ああ、君たちでしか。 今回は4種類のアサルトライフルを用意しているから、気に入ったものがあったら是非買ってほしいでし!」

武木地「ちなみに、武器の性能やアタッチメント等のカスタマイズは現実のもの若干異なる場合があるので、ご了承くださいでし。」

f:id:hgo687:20180701085950j:plain

武木地「1つ目は、"M4A1 M203"でし。」

武木地「この銃は、カービンライフルのM4A1グレネードランチャーのM203を取り付けた銃でし。 グレネードランチャーのM79がライフルとの併用が難しいことから、この銃が開発されたでし。」

f:id:hgo687:20180701090334j:plain

武木地「2つ目は、"Mk18Mod0"でし。」

武木地「この銃はアメリカのNSWC(海軍水上センター)が開発した銃で、2000年中期からアメリカ海軍艦船のVBSS(海上船舶臨検)チームを中心に、近接戦闘用の銃として配備されているでし。」

f:id:hgo687:20180701090421j:plain

武木地「3つ目は、"G36"でし。」 武木地「この銃は、ドイツのH&K社が開発したアサルトライフルでし。 土の中に埋めても水の中に落としても射撃に支障はないという頑丈な銃でし。」

f:id:hgo687:20180701090454j:plain

武木地「4つ目は、"FA-MAS G2"でし。」

武木地「この銃は、フランスで製造されたブルパップタイプの銃でし。 ブルパップタイプにすることにより、全長を短縮し携帯しやすくなっているでし。」

f:id:hgo687:20180701100436j:plain

千歌「…うーん、どれにしようかな?」 曜「見せてもらった銃のほとんどは、近〜中距離が得意な銃が多いみたいだね。」

f:id:hgo687:20180701100953j:plain

未世「わ、私は絶対これにする!」 武木地「おお、君は本当にM4A1ライフルが好きなんでしね。」

f:id:hgo687:20180701101341j:plain

千歌「じゃあ、私はこの"G36"にしよっ!」

未世「千歌さんは、ドイツ製の銃を選んだんだね。」

f:id:hgo687:20180701101718j:plain 曜「それじゃあ、私は"FA-MAS G2"に決めたであります!」

千歌「曜ちゃんは、ブルパップタイプの銃にしたんだね!」

f:id:hgo687:20180701105633j:plain

未世「それじゃあ、これが銃の代金だよ。」

武木地「こんなにでしか!? …毎度ありー!」

 f:id:hgo687:20180701105855j:plain

曜「他にも軍事金を持ってたんだ…。」

未世「まあね。」

千歌「凄い…!!」

f:id:hgo687:20180701110017j:plain

武木地「ありがとうございやしたー!」

ガッシャ-ン!

f:id:hgo687:20180701110153j:plain

武木地「…なんでしか、今の音?」

千歌「お皿が割れた音…じゃないよね。」

f:id:hgo687:20180701110305j:plain

曜「とりあえず、行ってみよう!」

千歌、未世「うん。」

f:id:hgo687:20180701110427j:plain

タッタッタッタッタッ…

武木地「気をつけるでしよー!」

 

 

次回に続く!