ゆっくりまんじゅう

f:id:hgo687:20191114133128j:plain

穂乃果「うわーん! せっかくお父さんに実家の和菓子屋で売る新商品のアイデアを任されたのに、全然思い浮かばないよー!!」

穂乃果「どどどどうしようー!?」

f:id:hgo687:20191114134053j:plain

でいぶ「おいっ、そこのくそにんげん!!」

でいぶ「このいだいなるでいぶさまにあまあまをわたして、さっさとしんでね! いますぐでいいよ!」

f:id:hgo687:20191114134259j:plain

穂乃果「あーもう、最悪だよ。 なんでこんな時に限って、ゆっくりに絡まれるのかなぁ…。」

でいぶ「ゆうん? くそにんげんは、でいぶさまのことばがりかいできないのかなぁぁぁぁぁぁ?」

穂乃果「…ん、ゆっくり? (いや、待てよ…。 確かゆっくりって、お饅頭だったよね?)」

f:id:hgo687:20191114134731j:plain

穂乃果「あっ、これだ!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20191114135046j:plain

穂乃果「…という経緯があって出来たのが、この一口サイズのお饅頭だよ!」

f:id:hgo687:20191114135243j:plain

花陽「はわぁー、これが穂乃果ちゃんお手製の饅頭なんですね! …あ、結構ぷにぷにしてる。」

ダイヤ「…しかし、ゆっくりから新商品のアイデアを思いつくとは、ぶっ飛んでますわね。」

穂乃果「あはは…。 にこちゃん達にも同じことを言われたよ…。」

f:id:hgo687:20191114135606j:plain

饅頭(でいぶ)「(ゆぎぎ…。 でいぶざまをごんなめにあわぜだあのぐぞばばあは、ぜったいにごろじてやるぅぅぅぅぅぅぅぅ。)」

f:id:hgo687:20191114135808j:plain

海未「…ふむ、及第点ですね。 まあ、穂乃果にしては、頑張った方だと思いますよ?」

穂乃果「えっ、海未ちゃんの評価厳しくない?」

海未「当たり前でしょう! これを人前に出すかもしれないのですから。」

f:id:hgo687:20191114140127j:plain

果南「…と言いながら、既に6個も食べているのはどこの誰かなん?」

梨子「えっ…、もう6個も食べたんですか!?」

f:id:hgo687:20191114140256j:plain

穂乃果「おやおや…? あれだけ酷評しておきながらこの中で一番食べてるなんて、さては海未ちゃん、穂乃果の事が好きなんでしょw」 ニヤニヤ

海未「わわわわわわ私が穂乃果の事をすすすすすすすすすす好きだなんて、ありありあり得ませんよ!?」

f:id:hgo687:20191114140758j:plain

梨子「わかりやすい反応ですね。」

果南「はぁ…。 なんか、Aqours(ウチ)の曜を見ているみたいだわ…。」

f:id:hgo687:20191114140938j:plain

ダイヤ「…ところで花陽さん、その饅頭は食べないのですか?」

花陽「はっ、そうでした! 忘れていました!」

f:id:hgo687:20191114141105j:plain

花陽「いっただきまーす。」 パクッ

モグモグ…

饅頭(でいぶ)「(ゆんやぁぁぁぁぁぁぁっ!!)」

穂乃果「どう…かな…?」

f:id:hgo687:20191114141246j:plain

花陽「穂乃果ちゃんこれ、もちもちしてて美味しいです! これなら、絶対に売れますよ!」

穂乃果「本当!? 良かったぁ!」

 

その後このゲスゆっくりを使った饅頭はバカ売れし、社会現象を巻き起こすのであった…。

それが影響したせいか、街や野山のゲスゆっくり達は乱獲され、野良や野生からゲスゆっくりは瞬く間に絶滅しましたとさ。

以上です。

闇のマッサージ屋

f:id:hgo687:20191110200103j:plain

カランカラン…

ヒヤップ「いらっしゃいませー。」

f:id:hgo687:20191110200149j:plain

敗吐「おっ、ここが噂のポケモンがマッサージをやってくれるっていう、マッサージ屋ッスか?w」

ヒヤップ「はい、その通りでございます。」

敗吐「だったら、ゆったり60分コースをお願いするッス!w」

f:id:hgo687:20191110200335j:plain

ヒヤップ「かしこかしこまりましたーかしこ。 …では、こちらへどうぞ!」

敗吐「早速ッスか!w」

f:id:hgo687:20191110200548j:plain

ヒヤップ「どうぞ、こちらのベッドにお掛けになられてください。」

敗吐「どうもッス!w」

f:id:hgo687:20191110200637j:plain

敗吐「よっ…と。 うん、寝心地は悪くないッスねw」

f:id:hgo687:20191110200753j:plain

ヤナップ「こんにちはー! わたくし、本日あなたに施術を行うヤナップと申します。」

バオップ「俺は、アシスタントのバオップだ。 よろしくな!」

敗吐「よ、よろしくッス!w」

f:id:hgo687:20191110201128j:plain

ヤナップ「それでは早速、マッサージを始めたいと思います。」

バオップ「マッサージの途中で痛みを感じるかもしれないが、それは筋肉のコリがある証拠だから少し我慢してくれよ?」

f:id:hgo687:20191110201442j:plain

ヤナップ「では、始めますよ!」 モミモミモミ…

バオップ「お客さん、結構筋肉が凝っていますね…。」モミモミモミ…

敗吐「ン"ーー、気持ちぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!」

 

〜60分後〜

 

f:id:hgo687:20191110203516j:plain

ヤナップ「はい、終わりましたよー。 お疲れ様でした!」

バオップ「お疲れ様!」

f:id:hgo687:20191110203616j:plain

敗吐「おおっ! 肩や腰のコリがほぐれて、凄く気分が良いッスwwwww」

敗吐「こんなに清々しい気分を味わえたのは、久しぶりッスね!w」

f:id:hgo687:20191110203757j:plain

バオップ「お会計は、あちらでどうぞ。」

敗吐「(こんなに気持ちの良いマッサージだったから、多少は高く付いても文句は無いッスよw)」

f:id:hgo687:20191110203937j:plain

ヒヤップ「お会計、1700万円いただきます!」

敗吐「…は?w」

f:id:hgo687:20191110204121j:plain

敗吐「おい、ふざけるなッス!w いくらなんでもそんな馬鹿げた金額、払えるわけないじゃないッスか!w」

ヒヤップ「なるほど、払えないというわけですね? …ヘイ、カモン!」

f:id:hgo687:20191110204441j:plain

ガシッ

敗吐「へっ…?w」

ヒヤップ「払わないのであれば、その身体で払ってもらいましょうか…。 ドクロ達よ、そのハゲウサギを地下送りにしてください!」

ドクロ's「「はっ!」」

f:id:hgo687:20191110204739j:plain

敗吐「は、離せッス!w …テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

ヒヤップ「ふふふ、馬鹿な奴ですね。 お金を払えば、地下送りにされて奴隷にならずに済んだものを…。」

 

 

こうしてマッサージ屋でぼったくられた敗吐は、某カ○ジの如く地下へ送られて強制労働させられるのであった…。

画面の前のみんな、ぼったくりには気をつけよう!

以上です。

無意味な踏み切り

f:id:hgo687:20191108213552j:plain

穂乃果「わーっ、遅れちゃうよー!!」

ことり「ごめんね、穂乃果ちゃん…。 ことりが無くし物をしちゃったから、探すのに付き合ってくれた穂乃果ちゃんまで遅刻させちゃって。」

穂乃果「いやいや、問題ないよ。 …そんなことよりも、早く行かないと海未ちゃんの大目玉を食らっちゃうから!!」

f:id:hgo687:20191108214852j:plain

カンカンカンカンカン…

f:id:hgo687:20191108215057j:plain

ことり「あっ、遮断桿が降りちゃった…。」

穂乃果「えーっ、この道じゃないと時間が間に合わないのに…!! なんでこういう時に限って、踏み切りで足止めされるの!?」

カンカンカンカンカン…

f:id:hgo687:20191108215417j:plain

ことり「本当にごめんね。 ことりが海未ちゃんに事情を説明して、穂乃果ちゃんだけ怒られないようにするから…。」

穂乃果「…いや、ことりちゃんだけ怒られるのは流石に忍びないから、穂乃果も一緒に怒られるよ。 海未ちゃんに怒鳴られるのは、慣れてるからね。」

ことり「穂乃果ちゃーん!!」

カンカンカンカンカン…

f:id:hgo687:20191108220034j:plain

カンカンカン…

f:id:hgo687:20191108220118j:plain

穂乃果、ことり「「…えっ!?」」

f:id:hgo687:20191108220520j:plain

穂乃果「…いや、今の何だったの!? 踏み切りの音が鳴っていたのに、電車が全く通らなかったじゃん!!」

ことり「何のためにあるんだろうね、この踏み切り。」

 

 

…この後、朝練に遅刻した穂乃果とことりは二人仲良く海未に怒られるのであった。

以上です。

魔改造物語

f:id:hgo687:20191104154732j:plain

「ヒャーッハッハッハッハッハ! やあみんな、俺は悪いお兄さんだァ!」

「お兄さんはなぁ、フィギュアを魔改造して世にも恐ろしいフィギュアを作ることが夢なんだぜぇ?」

f:id:hgo687:20191104154919j:plain

「今日はどのフィギュアを魔改造しようかなァ…? …あっ、この薄汚くて気持ち悪い顔をしたハゲウサギのフィギュアにするぜ!」

f:id:hgo687:20191104155209j:plain

「ふふふ、早速魔改造部屋へレッツゴーだ!」

バタン

………。

f:id:hgo687:20191104155248j:plain

カブトムシ「キシーキシー。」

キャンディ「行ったみたいだクル。」

ハリマロン「今日の生贄は敗吐か…。 持ち主は、俺達フィギュアのことをなーんにも考えてくれないな。」

f:id:hgo687:20191104155424j:plain

赤ドクロ「くそっ、俺達の仲間を好き勝手に魔改造しやがって!」

ルイージ「ううっ…、もう駄目だお終いだよ…。 みんな悪いお兄さんに魔改造されて、ロクな人生を歩めなくなるんだ…。」

f:id:hgo687:20191104160123j:plain

花陽「ま…魔改造って、何なんですか!?」

千歌「そういえば、花陽ちゃんはここに来てから日が浅かったね。 …あのね、魔改造って言うのは私達フィギュアの頭や身体のパーツを別のフィギュアの頭や体にくっつけることだよ。」

花陽「えっ? …ってことは、魔改造されたフィギュアがいるってことですか!?」

f:id:hgo687:20191104160342j:plain

「そのとーり!」

「あたしらが、その魔改造されたフィギュアよ。」

花陽「あ、あなた達は!?」

f:id:hgo687:20191104160536j:plain

ウインド「あたしは、デスクトップアーミーっていうフィギュアのシルフィーと轟雷を掛け合わせて魔改造されたフィギュアよ。 だから名前は無いんだけど、みんなからは何故かウインドって呼ばれているわ。」

ウインド「…まあでも、あたしの場合の魔改造は商品のコンセプトがそういうものだから、魔改造されたフィギュアの中では比較的マシな方よ?」

f:id:hgo687:20191104161036j:plain

アシマリ電池「…で、あっしはアシマリって名前でヤンス。 あっしは元々チョコエッグのフィギュアだったんでヤンスが、見ての通り身体が乾電池にされてしまったでヤンス。」

アシマリ電池「どういう発想をしたら、こんなことに至るでヤンスかね?」

f:id:hgo687:20191104161631j:plain

ハリマロン「さあな…。 …ま、持ち主がサイコパスだからそういう発想をするのかもな。」

アシマリ電池「サイコパスなら、仕方ないでヤンス。」

花陽「あ…あの、アシマリさん! 魔改造されたってことは、身体は大丈夫なんですか!?」

f:id:hgo687:20191104161926j:plain

アシマリ電池「ん、身体でヤンスか? あっしの身体なら、ほらあそこにあるでヤンスよ。」

赤ドクロ「あそこって…。」

f:id:hgo687:20191104162048j:plain

デデドン!

花陽「ひゃあっ!? 頭がにこちゃんの頭になってるよぉ!?」

千歌「ひ…酷すぎるよ、こんなの…。」

f:id:hgo687:20191104162307j:plain

ルイージ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁん!! 魔改造なんて、されたくないよぉぉぉぉぉぉ!!」

ヨシヨシヨッシ-

f:id:hgo687:20191104162651j:plain

ドタドタドタドタドタ

カブトムシ「キシー!?」

キャンディ「大変クル、キャンディ達の持ち主が戻ってくるクル! 早く、元の位置に戻るクル!」

f:id:hgo687:20191104162825j:plain

ガチャッ

「ヒャーッハッハッハッハッハ! 最愛のフィギュアちゃん達、俺が戻ってきたぜぇぇぇぇ!!」

「いい子にしてたかァー?」

f:id:hgo687:20191104163142j:plain

「…ん? 俺が行く前に、この2体のフィギュアってあったかなぁ…?」

「…まあ、そんなことはどうでもいいか!」

f:id:hgo687:20191104163426j:plain

「ほーら、お前達、魔改造した新たな仲間を増やしてやったぞ。 感謝してくれよなァ?」

コトッ

f:id:hgo687:20191104163842j:plain

「じゃあ俺は出かけてくるからよぉ、その魔改造したフィギュアと仲良くするんだぞ! …とは言ったけど、フィギュアだから動けないかw」

「アディオース!」

バタン

………。

f:id:hgo687:20191104164129j:plain

赤ドクロ「…行ったか。」

ハリマロン「お…おい敗吐、大丈夫だったか!?」

敗吐「チョウテェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェン!!!」

キャンディ「…大丈夫じゃないみたいクル。 多分、理性と会話能力が消えているクル。」

f:id:hgo687:20191104164514j:plain

花陽「そ…そんなっ!? いくらなんでも、酷すぎます…。」

千歌「確かに酷すぎるけど敗吐はいつも誰かを煽っていたから、個人的には魔改造されて会話できなくなって正解だったと思うよ。」

f:id:hgo687:20191104164857j:plain

アシマリ電池「まーた、新たな犠牲者が出てしまったでヤンスね…。」

ウインド「これ以降の被害を出さない為にも、持ち主から逃げるなり反逆するなり何か対策を立てないといけないわね…。」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20191104165121j:plain

花丸「…こうして、フィギュア達は持ち主に反逆する計画を立てるのであった。 つづく。」

f:id:hgo687:20191104165311j:plain

パタン

花丸「曜ちゃん、穂乃果ちゃん。 マルの考えたお話、どうだったずら?」

………。

f:id:hgo687:20191104165438j:plain

曜「…ねえ、花丸ちゃん。 トイ○トーリーって知ってる?」

穂乃果「悪いお兄さんって、完全にシド・フィリップスのパロディじゃん!! D社に消されるよ!?」

 

以上です。

ハロウィンの"かそう"

f:id:hgo687:20191031214711j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今日は何の日か、もちろん知っているッスよね?w」

敗吐「そう、本日10月31日はハロウィンッス!w」

f:id:hgo687:20191031214851j:plain

敗吐「…というわけで、トリックオアトリート! お菓子をくれなきゃ、イタズラするッスよwww」

赤ドクロ「ああ? なんだ、テメーは!」

黄ドクロ「アニキ、こいつは弱くて情けなくて駄目駄目でミジンコにすら劣る大マヌケの敗吐ですよ。」

f:id:hgo687:20191031215120j:plain

敗吐「なんか俺の悪口が聞こえたような気がするッスけど、まあいいッスw」

敗吐「とりあえず、さっさとお菓子を寄越せッス!w さもないと、酷い目に遭わせてやるッスよ?w」

f:id:hgo687:20191031215321j:plain

赤ドクロ「何が、トリックオアトリートだ! ふざけんじゃねーよ!!」

赤ドクロ「"かそう"もしてない奴に、お菓子をあげるわけねーだろ。」

黄ドクロ「あ、兄貴!?」

f:id:hgo687:20191031215506j:plain

敗吐「あぁ…、仮装するの忘れてたッス…。 これじゃあ、今年俺はハロウィンを楽しめないッスか…?w」

赤ドクロ「大丈夫だ、心配ない。 俺様がお前に最高の"かそう"をしてやろう!」

黄ドクロ「おーい、兄貴。 聞こえてますかー?」

f:id:hgo687:20191031215739j:plain

敗吐「マジッスか!?w お前、いい奴ッスね!w」

赤ドクロ「さあ、俺様の"かそう"をその身でとくと味わうが良い!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20191031215944j:plain

ヒト「たっだいまー!! お菓子、いっぱい貰ってきましたよ!」

f:id:hgo687:20191031220033j:plain

黄ドクロ「あ、おかえり!」

ヒト「…ん? なんか、焦げ臭い臭いがしませんか?」

黄ドクロ「あの…、それが…。」

f:id:hgo687:20191031220132j:plain

ゴォォォォォォォォォォ

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20191031220234j:plain

ヒト「あのぉ…、何をやってるんですか?」

赤ドクロ「ん? こいつが"かそう"したいって言ったから、望み通り"かそう"してあげているだけだが?」

ヒト「いやいや…それはコスプレの仮装じゃなくて、焼却の方の火葬じゃないですか!?」

 

 

一言に"かそう"と言っても、「仮装」、「火葬」、「仮想」、「下層」、「家相」と様々な言葉が存在するのである。

以上です。

だから何?って感じのネタ

f:id:hgo687:20191029151520j:plain

あーかいきつねと…

f:id:hgo687:20191029151558j:plain

みどりのルイージ

f:id:hgo687:20191029151631j:plain

クッパ「だから、どうした!? わけのわからんことをするんじゃない!!」 ゴォォォォォォ

f:id:hgo687:20191029151725j:plain

ルイージ「ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

クッパ「フン、愚か者め! キサマはさっさとおばけ退治に行っておれば良かったものを。」

f:id:hgo687:20191029151854j:plain

ヨッシー「わぁー!! こんがりと焼けたルイージさん、とっても美味しそうですね!」

リンク「おいおい…、これは食べ物じゃないからな。」

ヨッシー「なんだ、残念…。」

 

 

思いつきで作ってしまったせいで、わけのわからない作品になってしまいました…。

以上です。

こんな転校生は嫌だ

f:id:hgo687:20191026145532j:plain

穂乃果「ねぇねぇ、梨子ちゃん聞いた? 今日、この学校に新しく転校生が来るんだって!」

梨子「えっ、本当!? 楽しみだね!」

f:id:hgo687:20191026145724j:plain

「はい、皆さんおはようございます! 今日はですね…なんとこのクラスに新しい仲間が増えるので、紹介したいと思います。」

「なんだって!?」「噂は本当だったんだ…。」「美人だといいなぁ。」「いやいや、こういう場合は可愛い子が転校してくるパターンだって。」

f:id:hgo687:20191026150255j:plain

穂乃果「待ってました!」

梨子「(どんな子なんだろう…。)」

f:id:hgo687:20191026150516j:plain

「静粛に! では転校生さん、教室に入って来ていいですよ。」

???「はーい!」 ガラッ

一同「…えっ??」

f:id:hgo687:20191026150725j:plain

「それでは、自己紹介をどうぞ!」

敗子「アタシは、隣町の弱稲高等学校から転校してきた西京敗子(さいきょう ばいこ)って言いまーッス!w みんな、よろぴくーwww」

f:id:hgo687:20191026151349j:plain

「ぎゃあぁぁぁぁぁぁ!!」「目が腐るぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」「ママー!!」

穂乃果「ぅええええええええ!?」 ガタッ

梨子「ひっ!? ここまでおぞましいオーラを纏った人、見たことがないよぉ…。」

f:id:hgo687:20191026152116j:plain

「こらこら、いくらなんでも失礼ですよ。 …では皆さん、敗子さんと仲良くしてくださいね。」

一同「できるかー!!」

 

 

その後、敗子は他の生徒に恐喝やカツアゲ、暴力行為等をしたため退学処分となってしまったのであった…。

以上です。