ネタキャラ達の逆襲!?Part4 (レジスタンスごっこ)

f:id:hgo687:20190116084645j:plain

穂乃果「はぁー、良かった…。 穂乃果の作戦が成功して、独裁者を2人やっつけれてたんだね!」

絵里「やるじゃない!」

曜「穂乃果さん、流石です!」

f:id:hgo687:20190116084850j:plain

穂乃果「…って、あれ? 絵里ちゃんは?」

曜「あ、絵里さんなら高い場所に行ってくるって。」

絵里「ええ。 私は別行動して残り1人の独裁者を倒すつもりだから、あなた達は戦車に乗って暴れてくれないかしら?」

f:id:hgo687:20190116085258j:plain

穂乃果「りょーかい。 それじゃあ、戦車に乗りますか。」

『残り、5分。』

曜「え、もう残り5分!? 早く決着をつけなければ…!!」

f:id:hgo687:20190116085718j:plain

海未「おっと、戦車には乗らせませんよ?」

果南「曜、今度こそリベンジするからね。」

穂乃果「まーた、こんな面倒くさい時に!」

f:id:hgo687:20190116085814j:plain

凛「こっちにもいるにゃ!」

千歌「いくら曜ちゃんでも、4対2は流石に不利だよね。」

曜「これは、まずい状況になったなぁ…。」

f:id:hgo687:20190116090009j:plain

穂乃果「…曜ちゃん、背中は預けたよ。」

曜「任せるであります!」

f:id:hgo687:20190116090837j:plain

二頭身要「ははは、あと5分か! この5分さえ凌げば、僕はこの世界の支配となれるwww」

レ級「我ガイルカラ、コノ時間内デ反逆者ドモガ勝ツコトハ絶対ニ不可能ダ! 勝負アッタナ。」

f:id:hgo687:20190116091004j:plain

希「…このままだと、この世界がネタキャラ達のものになってしまうなぁ…。 えりち達は何しとるんやろ?」

f:id:hgo687:20190116090223j:plain

絵里「…ふふっ、見ーつけた。 ここからの狙撃なら、確実に殺めることができるはずだわw」

f:id:hgo687:20190116090709j:plain

絵里「さあ、これでラストよ!」 バシュ-ン

f:id:hgo687:20190116091400j:plain

二頭身要「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」 バタリ…

二頭身要は絵里のM24SWSでキルされた。

レ級「…エ?」

f:id:hgo687:20190116093912j:plain

絵里「あら、もう終わったのかしら? 護衛に深海棲艦がいてこのザマって、素人以下ねw」

f:id:hgo687:20190116091846j:plain

レ級「ナ…何ガ起コッタノダ!? 何故、コイツハ死ンデイル!?」

希「もしかして、スナイパーライフルなん? …やられたわ。」

『終ー了ー!』

f:id:hgo687:20190116092218j:plain

千歌「…えっ!? もう、終わりなの?」

凛「どっちのチームが勝ったんだろう…。」

f:id:hgo687:20190116092330j:plain

曜「残り時間は…3分58秒。 …ということは、私達レジスタンス陣営の勝利でありますな!」

穂乃果、曜「イェーイ!」 パシン

f:id:hgo687:20190116092519j:plain

海未「穂乃果に負けるなんて、一生の不覚です…。」

果南「はぁ…、私達の負けかぁ…。」

f:id:hgo687:20190115231121j:plain

レジスタンス(反逆者)陣営、勝利!

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190116092846j:plain

千歌「曜ちゃん、勝利おめでとう! とってもかっこ良かったよ!」

果南「最初のバイクでぶつかってきたところ、あれには凄く驚かされたよ。 曜も、中々クレイジーなことをするんだね。」

曜「あはは…。 勝負とはいえ、ごめんね果南ちゃん。」

f:id:hgo687:20190116093041j:plain

海未「うぅ…。 どうせ私なんて、穂乃果以下なんですよ…。」

凛「海未ちゃんは穂乃果ちゃんに負けたことで、相当なショックを受けてるみたいにゃ。」

穂乃果「何でそれくらいでショック受けてるの!? それ、確実に穂乃果を馬鹿にしてるよね!?」

f:id:hgo687:20190116093545j:plain

希「最後スナイパーライフルで決めるなんて、えりちも中々やるやん! ウチなんか、盾持ってその場でじっとしてて地味な絵面ばかりやったわ。」

絵里「…まあ、そういうこともあるわよ。 次やる時は、一緒にレジスタンス陣営をやりましょうよ!」

希「それ、ええな! ダイヤちゃん入れて、生徒会チームでやるのも面白そうやなぁ…。」

f:id:hgo687:20190116094040j:plain

敗吐「くそーっ、何でいつもいつも俺達は負けるんッスか!w」

キノX「…いや、完全にお前のせいだろうがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ニセルド「全くだよ。 ハゲウサギ君が最初にあんな自分勝手な行動をしなければ、時間が稼げていたというのに…。」

f:id:hgo687:20190116095135j:plain

ドスまりさ「なにが、サイキョーなのぜ。 おまえは、くそにんげんいかのうんうんどれいなのぜw」

二頭身要「…まあ、過ぎたことは仕方がない。 今度は、絶対にこの世界を支配できる計画を立ててやる!」

f:id:hgo687:20190116095820j:plain

敗吐「…というわけで、今回はこれで終わりッス!w いつかまたこのフィギュア劇場を支配する時は、このサイキョーの俺とその愉快な仲間達が活躍するから期待しててくれッスwww」

キノX「お前には、到底無理だなw」

f:id:hgo687:20190116100106j:plain

ドンキー「ちょっと待った! お前達はあんな悪いことをして、これで済むと思うなウホッ!」

f:id:hgo687:20190116100213j:plain

ドスまりさ「また、おまえかなのぜー!!」

二頭身要「おやおや、Part1で僕達にボコボコにされたホモゴリラじゃないか! また僕達に、ボコボコにされにきたのかい?」

f:id:hgo687:20190116100441j:plain

ドンキー「お前達、わかってないのか? あの時は、お前達が洗脳した艦娘がいたから俺はやられてしまったんだウホッ。」

ドンキー「でも、さっきの勝負で洗脳は解け、艦娘達はお前達の支配から解き放たれた…。 この意味がわかるよな?」

f:id:hgo687:20190116100703j:plain

ニセルド「つまり、今回ボクら側に艦娘がいない…と。 …あっ!」

キノX「なんか嫌な予感がするよな…。」

f:id:hgo687:20190116101001j:plain

ドンキー「察しがいいな。 恐らく見ているみんなはもう気づいているはずだが、いつものお約束だ!」

ドンキー「…というわけで、やらないか♂」

f:id:hgo687:20190116101143j:plain

ネタキャラ達「「「「「アッーーーーーーーーーー♂」」」」」

f:id:hgo687:20190116101251j:plain

ドンキー「…ふぅ。 やっぱり、ネタキャラ達のケツは最高だな!」

ドンキー「二度と悪さをしないように、俺のペットとして調教してやるウホッ!」

 

 

…こうして、ネタキャラ達の計画は失敗に終わったのであった。

終わり。

ネタキャラ達の逆襲!?Part3 (レジスタンスごっこ)

f:id:hgo687:20190114093521j:plain

キノX「クソッ、ドスまりさまでやられちまったのかよ!!」

ニセルド「それもこれも、全部あのハゲウサギ君のせいだね。」

キノX「ああ。 あのクソザコハゲウサギが自分勝手な行動をしなければ、ドスまりさがあんなに早くやられることもなかったのにな。」

f:id:hgo687:20190114093743j:plain

千歌「ねぇ、凛ちゃん。 よくよく考えたら、千歌達が勝つメリットって無いよね?」

凛「確かに。 …でも、負けたら罰ゲームがあるかもって言ってたよ?」

千歌「ば…罰ゲームは嫌だな…。」

f:id:hgo687:20190114094233j:plain

『残り、10分。』

曜「次はここかな?」

穂乃果「この近くに、独裁者(ネタキャラ)が潜んでいるの?」

f:id:hgo687:20190114094405j:plain

曜「マップを見たらそうなんだよね。 たぶん、あの建物の中にでもいるんじゃないかな。」

穂乃果「建物の中かぁ…。」

f:id:hgo687:20190114094738j:plain

絵里「穂乃果、今どこにいるの?」

穂乃果「…えーっと、マップの左端の方。 初期地点から斜め左に進んだところだよ!」

絵里「わかったわ! 私もそっちに向かうから、合流して3人で突撃しましょ?」

f:id:hgo687:20190114095132j:plain

穂乃果「了解!」

曜「…ということは、絵里さん待ちかな?」

穂乃果「うん。」

f:id:hgo687:20190114114917j:plain

海未「ははは、合流なんてさせませんよ?」 ドッドッドッドッドッ

果南「曜、さっきはよくもやってくれたね! お返しだよ!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20190114115049j:plain

穂乃果「わぁっ、撃ってきた!? …反撃だよ!」 ズババババババン

曜「(…これは分が悪いなぁ。 念には念を入れて、ライフルグレネードを用意しておこう…。)」 グイッ

f:id:hgo687:20190114115632j:plain

海未「ほらほら穂乃果、どうしたんですか? そんな攻撃では当たりませんよw」 ドッドッドッドッドッ

果南「あーもう、大人しく私達にやられてよ!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20190114115734j:plain

穂乃果「ぐはっ…。」 バタリ…

穂乃果は果南のM3A1でキルされた。

曜「穂乃果さん!?」

f:id:hgo687:20190114120058j:plain

海未「残念ですね、穂乃果。 やはり、貴女はμ'sの中でも最弱…。」

果南「ほーら、曜。 2対1だよ、勝てるかなん?」

f:id:hgo687:20190114130513j:plain

曜「…え、もちろん。」 バシュン

f:id:hgo687:20190114130608j:plain

果南「…え?」

海未「…あっ。」

f:id:hgo687:20190114130706j:plain

ドカ-ン!!

海未「やっぱりぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

果南「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

f:id:hgo687:20190114130926j:plain

バタリ… バタリ…

海未は曜のライフルグレネードでキルされた。

果南は曜のライフルグレネードでキルされた。

f:id:hgo687:20190114131046j:plain

曜「殲滅完了であります! …てへへ、やりすぎちゃったかな?」

穂乃果「曜ちゃん、ナイス!」

f:id:hgo687:20190114131004j:plain

キキ-ッ

曜「あ、絵里さん。」

f:id:hgo687:20190114131217j:plain

絵里「…えーっと、今穂乃果がやられて敵チームの海未と果南を倒したところなのよね?」

曜「はい、そうですよ!」

絵里「…なら、今が突撃するチャンスね。 曜、今からあの建物の中に侵入するわよ!」

f:id:hgo687:20190114131659j:plain

曜「了解であります! …そうと決まれば、いざ突撃ー!!」

絵里「え…あ、ちょっと!?」

f:id:hgo687:20190114131754j:plain

絵里「もーっ。 穂乃果といい曜といい、一人で先に行っちゃうんだから…。」

f:id:hgo687:20190114134940j:plain

曜「敵の皆さーん、おはヨーソロー!」

千歌「あ、曜ちゃん。 いくらなんでも、一人で突撃するのは悪手だよ?」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20190114135451j:plain

曜「うっ…。」 バタリ…

曜は千歌のクリスヴェクターでキルされた。

f:id:hgo687:20190114135642j:plain

千歌「よし、曜ちゃんを倒したぞ!」

凛「やったにゃ!」

f:id:hgo687:20190114135732j:plain

キノX「…馬鹿だから護衛として不安だったが、意外とやるじゃねーか!!」

ニセルド「…しかし、一人で突撃するなんて相手も馬鹿だねぇーwww」

f:id:hgo687:20190114135938j:plain

絵里「それで勝ったつもり? 私もいるわよ!」

凛「絵里ちゃん、凛もいるけど?」 ズドン

f:id:hgo687:20190114140109j:plain

絵里「くぅっ…。」 バタリ…

絵里は凛のM870ブリーチャーでキルされた。

f:id:hgo687:20190114140328j:plain

凛「やった、あの絵里ちゃんを倒せたにゃ!」

千歌「凄いよ、凛ちゃん!!」

f:id:hgo687:20190114140433j:plain

キノX「2人も倒すとか、凄ぇじゃねーか!! …流石、俺様の護衛だな。」

ニセルド「結局のところ、今回の参加者で馬鹿だったのはあのハゲウサギ君だけだったね。」

キノX「それは間違いねぇなw」

f:id:hgo687:20190114140718j:plain

希「うーん、平和やなぁ…。」

二頭身要「…暇だな。 この僕が狙われないのはいいことだが、いかんせん出番がなさすぎる…。」

レ級「確カニナ。 我ダッテモウチョット暴レタイノニ、ソレガデキナクテストレスガ溜マル一方ダ…。」

f:id:hgo687:20190114141128j:plain

二頭身要「…というか、レ級よ。 お前の艦載機で、奴らを偵察できないのか?」

レ級「デキナイナ。 我ノ艦載機ハ攻撃特化型ダカラ、行動範囲ガ狭クテ遠クマデ飛バスコトハ不可能ダ。」

二頭身要「そうか…。 なら、仕方ない。」

f:id:hgo687:20190114141511j:plain

敗吐的「は?w お前の艦載機、まともに偵察すらできないんッスか?w」

敗吐的「無能の中の無能ッスねーwww」

f:id:hgo687:20190114141640j:plain

レ級「ダカラ、テメェハ黙ッテロッテ言ッタダロ!! サッサト死ネ!」 ド-ン

f:id:hgo687:20190114141758j:plain

ドカ-ン!!

敗吐的「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20190114141850j:plain

希「…まーた、後ろでドンパチやっとるなぁ。」

f:id:hgo687:20190114142633j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

f:id:hgo687:20190114142717j:plain

キ-ッ

f:id:hgo687:20190114142751j:plain

穂乃果「もう怒ったよ! このまま穂乃果だけ一方的に嬲り殺されるのは癪だから、この秘密兵器を使っちゃうもんねー。」

穂乃果「死ぬ覚悟で突撃して、ネタキャラ達も道連れにするよ!」

f:id:hgo687:20190114143058j:plain

穂乃果「突撃ー!!」 タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20190114143146j:plain

………。

絵里「…大丈夫かしら?」

曜「上手く行くといいんだけど…。」

f:id:hgo687:20190114143300j:plain

穂乃果「オラァ、このくそったれ独裁者共! 覚悟してね…じゃなかった、覚悟しろ!!」

凛「あ、穂乃果ちゃんも来たにゃ。」

f:id:hgo687:20190114143514j:plain

穂乃果「うぉりゃ!」 ポンポン

千歌「じゃあ…反逆者め、成敗してやる!!」 ズドドドドドド

凛「二人とも、ガチで役になりきってるし…。」

f:id:hgo687:20190114143733j:plain

穂乃果「ぐはっ…。」 バタリ…

穂乃果は千歌のクリスヴェクターでキルされた。

f:id:hgo687:20190114143831j:plain

千歌「やった、穂乃果さんも撃破!」

凛「穂乃果ちゃん、弱すぎるよ…。」

コロンコロン…

f:id:hgo687:20190114150506j:plain

ドカ-ン!! ドカ-ン!!

キノX「ぎぃにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ニセルド「アッロォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!」

凛「にゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

千歌「うわぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

f:id:hgo687:20190114150535j:plain

バタリ… バタリ… バタリ… バタリ…

キノXは穂乃果のグレネードでキルされた。

ニセルドは穂乃果のグレネードでキルされた。

凛は穂乃果のグレネードでキルされた。

千歌は穂乃果のグレネードでキルされた。

f:id:hgo687:20190114144427j:plain

希「…えっ!? 凛ちゃん達、全滅しとるやん…。」

レ級「…ッテコトハ、残リハ要一人ダケナノカ?」

二頭身要「何ーっ!?」

f:id:hgo687:20190114144710j:plain

二頭身要「クソーッ、あの役立たず達め!! レ級、お前は絶対にこの神である僕を守れよ!」

レ級「了解ダ、任セテオケ!」

 

 

〜現在の状況〜

・生存 二頭身要

・死亡 敗吐、ドスまりさ、キノX、ニセルド

次回に続く!

ネタキャラ達の逆襲!?Part2 (レジスタンスごっこ)

『それでは、ゲームスタート!』

 

f:id:hgo687:20190111093403j:plain

凛「ついに、始まったね! …今回の相手チームは、穂乃果ちゃんと絵里ちゃんと曜ちゃんだにゃ。」

海未「ええ、そうみたいですね。 穂乃果はともかく、絵里と曜には充分に気をつけなければなりませんよ?」

希「そうやね。 あの2人は、前TTTやった時もキルレート高かったしなぁ…。」

f:id:hgo687:20190111093901j:plain

果南「ふふふ、相手が誰であろうがこの私が倒してあげるかなーん! もちろん拳で。」

千歌「果南ちゃん、せめて武器は持とうよ…。 それじゃあ、遠距離攻撃で一方的にやられるだけだよ?」

果南「大丈夫だって! 千歌は心配性だなぁ。」

千歌「(果南ちゃんが超が付くほど脳筋バカだから、心配なんだよ…。)」

f:id:hgo687:20190111094146j:plain

敗吐「おい、護衛の奴ら!w 俺達を護衛してくれるのはありがたいッスが、その必要は無いッスよ?w」

「「「「「え?」」」」」

敗吐「このサイキョーの俺が反逆者共のリスポーン地点に行って、リスキルするッスからねwww お前らは、そこでお菓子でも食ってくつろいでろッス!w」

f:id:hgo687:20190111094557j:plain

敗吐「…というわけで、さっさと反逆者をぶっ倒してきてやるッスwww」

キノX「お…おい、待てよ! 敗吐、お前無駄死にするぞ!?」

ニセルド「アホだなー、アホなんだなーwww」

f:id:hgo687:20190111095233j:plain

海未「…えーっと、ハゲウ…じゃなくて敗吐様が出掛けられましたが、ほっといてもよろしいのですか?」

二頭身要「ふん、あんなゴミクズのハゲウサギなんかほっとけ! あんなのに構ってたら、ロクな事にならないからな。」

凛「そう…ですかにゃ。」

f:id:hgo687:20190111095509j:plain

キノX「それはそうと…要、今回+1する艦娘か深海棲艦は誰なんだ?」

二頭身要「ふふっ、勿論あいつだ。 …来い、レ級!」

f:id:hgo687:20190111095906j:plain

レ級「呼バレテトビ出テレレレレー。」

ドスまりさ「ゆゆっ、あのはげうさぎよりもかくだんにましなやつなのぜ!」

f:id:hgo687:20190111100131j:plain

二頭身要「それじゃ、各員各々の配置に移動するぞ! 固まっていたら、敵の爆発物で一網打尽にされる恐れがあるからな。」

キノX「散開だ、散開!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190111100509j:plain

穂乃果「制限時間は15分かぁ…。 その時間内に、あの粗大ゴミ達を倒せば穂乃果達の勝利なんだね!」

穂乃果「こんな時のためにFPSゲームを練習してきたから、もう海未ちゃん達にボロクソ言われることが無いはずだよ。 …たぶん。」

f:id:hgo687:20190111101458j:plain

絵里「私達が負ければ、この世界があのネタキャラ達のものになってしまう…。 曜、なんとしてでも計画を阻止しましょう!」

曜「はい、絵里さん!」

f:id:hgo687:20190111101641j:plain

敗吐「おっと、そうはさせないッスよ?w お前達は、このサイキョーの俺が投げるグレネードによって死ぬんッスからwww」

絵里、曜「「へ?」」

穂乃果「なんでここに来てるの!?」

f:id:hgo687:20190111101832j:plain

敗吐「死ねッス!w」 ブン

ポトッ

カランカラン…

f:id:hgo687:20190111102037j:plain

ドカ-ン!!

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20190111102514j:plain

バタリ…

敗吐は敗吐のグレネードでキルされた。

f:id:hgo687:20190111102129j:plain

穂乃果「…なんか、勝手に自滅してるし!?」

絵里「私達の暗殺対象なのに、わざわざここに来て自滅するなんて馬鹿ねw」

曜「んー。 どうやら、投げる力が足りなくて足元にグレネードを落としたみたいだよ。」

f:id:hgo687:20190111102609j:plain

絵里「と…とりあえず、暗殺対象が一人減ったここことだし、まま前向きに考えましょ!?」

穂乃果「うん、そうだね! …それじゃあ、バイクとかの乗り物が置いてある駐車場に行こうよ! (想定外のことで、絵里ちゃんがめちゃくちゃ動揺してる…。)」

曜「行くであります!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190111103034j:plain

千歌「…え? 敗吐は敗吐のグレネードでキルされた???」

凛「は?」

f:id:hgo687:20190111103207j:plain

キノX「ははは、あいつ馬っ鹿だなーwww」

ニセルド「ハゲウサギ君にはふさわしい、無様な死に方だねwwwww」

f:id:hgo687:20190111104025j:plain

二頭身要「あのハゲウサギ、ホント使えねーな!!」

レ級「ソンナコト言ッテヤルナヨ。 アノハゲウサギガ役立タズナノハ、最初カラワカリキッタ事ダロ?」

二頭身要「…それもそうだな。」

f:id:hgo687:20190111104208j:plain

希「(敗吐君、めっちゃボロクソに貶されてるやん。 …まあこれも、彼のお約束やからね。)」

f:id:hgo687:20190111104543j:plain

敗吐的「キモフィギュア敗吐の奴、自滅したんッスか?w 敗吐スライムに次ぐ、敗吐の恥さらしでちゅねーwwwww」

f:id:hgo687:20190111104747j:plain

二頭身要「お前も、敗吐の恥さらしだろうが!!」

レ級「…ツーカオ前ハ空気以下ノ背景ナンダカラ、一言モ喋ルナ! ソシテ、死ネ!」 ド-ン

f:id:hgo687:20190111105012j:plain

ドカ-ン!!

敗吐的「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20190111105350j:plain

ドスまりさ「ドスはここにかくれるのぜ! これでドスまりささまがみつかることは、100パーセントありえなくなったのぜ!」

f:id:hgo687:20190111105607j:plain

海未「…さて、穂乃果達が最初に狙うのは恐らく敵陣に一番近いここのはずです! 果南、絵里と曜には用心しておいてくださいね。」

果南「もちろん!」

f:id:hgo687:20190111122625j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

f:id:hgo687:20190111122707j:plain

果南「え?」

曜「果南ちゃーん、おはヨーソロー!」 ドカッ

f:id:hgo687:20190111123614j:plain

果南「ぐはっ!?」

曜「からの〜射殺!」 パンパンパン

海未「このっ、よくも!」 ドッドッドッドッドッ

f:id:hgo687:20190111123647j:plain

果南「くぅっ…。」

曜「うっ…。」 バタリ…

果南は曜のP228でキルされた。

曜は海未のSCAR-Hでキルされた。

f:id:hgo687:20190111124138j:plain

海未「…まさか、バイクで突撃してくるとは思いませんでしたね。 …あれほど曜に気をつけろと言ったのに、果南は…。」

ドスまりさ「ゆーっ、あぶなかったのぜ…。」

f:id:hgo687:20190111124529j:plain

海未「…!? むっ、私のほのレーダーに殺気が!!」

f:id:hgo687:20190111125003j:plain

海未「穂乃果、不意打ちとはいい度胸ですね。 …ですが、私には効きませんよ?」 ドッドッドッドッドッ

穂乃果「うぇっ!? なんで、海未ちゃんにバレちゃってるのー!?」 ズババババババン

f:id:hgo687:20190111125250j:plain

穂乃果「ぐはっ…。」 バタリ…

穂乃果は海未のSCAR-Hでキルされた。

f:id:hgo687:20190111125353j:plain

海未「残念ですね、穂乃果。 私にはほのレーダーがあるので、貴女が何処から襲ってきても丸わかりなんですよ?」

f:id:hgo687:20190111125524j:plain

絵里「どうやら、そのようね。 …でも、穂乃果のことはわかっても、私のことまではわからなかったみたいじゃない?」

絵里「さようなら、おマヌケさんw」ズドドドドドド

f:id:hgo687:20190111125733j:plain

海未「かはっ…。」 バタリ…

海未は絵里のAKMでキルされた。

f:id:hgo687:20190111125914j:plain

絵里「さて…と。」

ドスまりさ「いないのぜーいないのぜー、ドスはここにはいないのぜー。」

絵里「(…念のため、ショットガンに持ち替えておきましょ。)」

f:id:hgo687:20190111130045j:plain

スッ

絵里「はーい、ドスまりさちゃん!」

ドスまりさ「ゆげーっ!! どうしてくそにんげんなんかに、ドスのいばしょがバレたのぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

絵里「どうしてだと思う?」

f:id:hgo687:20190111130219j:plain

ドスまりさ「…わかったんだぜ、おまえがひきょうなてをつかってドスのいばしょをみつけたんだ! それしかないんだぜぇぇぇぇぇぇ!!」

絵里「はい、雑魚乙w」 ズドン

f:id:hgo687:20190111130314j:plain

ドスまりさ「ゆんやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」 バタリ…

ドスまりさは絵里のM870MCSでキルされた。

f:id:hgo687:20190111130809j:plain

絵里「ふふっ、これで残りは3人ね! …案外、楽勝じゃないw」

曜「…ねぇ、穂乃果さん。 今回の絵里さんは、やけに相手を煽ってない?」

穂乃果「たぶんそれは、イキリたいだけなんだと思うよ…。」

 

 

〜現在の状況〜

・生存 キノX 、ニセルド 、二頭身要

・死亡 敗吐 、ドスまりさ

次回に続く!

没ネタかもしれないなにか

f:id:hgo687:20190108192031j:plain

ファブリーズで洗おう!

f:id:hgo687:20190108190823j:plain

シュッ!

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20190108191002j:plain

紫「あらあら、良かったじゃない! あなたの臭い匂いがとれてw」

紫「これもファブリーズ様々ね。」

 

 

…思ったけど、ファブリーズで敗吐の臭い匂いは消せるのだろうか? (そもそも、敗吐の体臭が臭い匂いなのかよくわかっていません。)

それはそうと、最近ファブリーズのCMをめっきり見なくなったけど、どうしたんだろうか…。 (たぶん、自分が見る番組のCMでたまたま流れないだけかも…。)

以上です。

ネタキャラ達の逆襲!?Part1 (レジスタンスごっこ)

f:id:hgo687:20190108090155j:plain

敗吐「俺、復活ッスwwwww」

f:id:hgo687:20190108090236j:plain

キノX「去年の年末に俺様達は変なお掃除野郎に捨てられたが、なんとか戻ってくることができたぜ!」

ドスまりさ「ドスがこんなめにあったのも、このぶろぐさんのさくしゃとフィギュアたちのせいなのぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

f:id:hgo687:20190108090445j:plain

二頭身要「神である僕に、あんな屈辱は到底許されない! …こうなったら、この世界のフィギュア達を洗脳して、僕達の僕としてこき使ってやる!!」

ニセルド「あはは、それは面白そうだね!」

f:id:hgo687:20190108090602j:plain

敗吐「お前、洗脳なんてできるんッスか?w」

二頭身要「当たり前だ。 僕は神だからな、それくらいできて当然だ!」

f:id:hgo687:20190108091023j:plain

キノX「へへっ。 やっとこの世界の奴らが、俺様に跪くことになるのかw」

ドスまりさ「くそにんげんがまりささまのどれいかなのぜ? …そしたら、おやさいさんとあまあまをけんじょうさせて、しゃざいをようきゅうしてやるのぜ!」

f:id:hgo687:20190108091534j:plain

ニセルド「ふふふ。 これが成功したら、今度はボクの出身地であるカオルイのブログのやつらも洗脳してもらおうかな?」

ニセルド「あのブログには、ボクが恨みを晴らしたい相手がたくさんいるからね。」

f:id:hgo687:20190108092104j:plain

二頭身要「よし、行くぞ! 洗脳波!!」

チュインチュインチュインチュインチュイン…

 

…こうして敗吐達の策略により、フィギュア劇場のフィギュア達は洗脳されたのであった。

しかし、洗脳を逃れたフィギュア達も数少なからずいた。

だが、洗脳されなかったフィギュア達は恐ろしい地獄を見ることに…。

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190108093318j:plain

ドカ-ン!!

ドンキー「ウホーッ!?」

f:id:hgo687:20190108093401j:plain

ドンキー「ど、どうしてこんなことに…。」

熊野「…全く、貴方みたいな汚らしいゴリラが高貴な敗吐様に手を出すなんて、万死に値しますわ!」

f:id:hgo687:20190108093551j:plain

敗吐「ホモゴリラ、ざまぁないッスねwww」

キノX「散々俺様達で弄んだ報いだ、こうなって当然だな。」

ニセルド「洗脳したフィギュアで洗脳されてないフィギュアを叩きのめす、これでボク達は手を汚さずに反逆者達を制裁できるね!」

f:id:hgo687:20190108093849j:plain

二頭身要「こらー、休まず働け!!」

時雨「も…もうやめてよ…。 僕、120時間も休まず働いてて頭がおかしくなっちゃう…。」

鈴谷「は、何甘えたこと言ってんの? 要様達に尽くすのは当然のことっしょ!」

f:id:hgo687:20190108094404j:plain

敗吐「時雨には個人的な恨みがあるッスから、見てて清々するッス!w」

ニセルド「あはは、無様だなぁw」

 

〜〜〜〜〜

 

…このように、洗脳を逃れたフィギュア達は洗脳されたフィギュアによって酷い目に遭わされていたのだ。

…しかし、ある日。

f:id:hgo687:20190108094858j:plain

メガネ敗吐「ボス、大変ッスー!!」

敗吐「どうしたんッスか、メガネ?w」

ドスまりさ「ゆっ、なんなのぜ?」

f:id:hgo687:20190108095025j:plain

メガネ敗吐「レジスタンスの奴らが我々の計画を阻止しようと、ボス達の命を狙ってるッス! ちなみに、相手の人数は3人らしいッスよ!」

敗吐達「「「「「なにっ!?」」」」」

f:id:hgo687:20190108095223j:plain

ニセルド「あらら、この期に及んでボク達に逆らうやつらがいるみたいだねぇ…。」

二頭身要「大人しく洗脳されていれば、良かったものを!」

f:id:hgo687:20190108095416j:plain

敗吐「まあ、大丈夫ッスwww 洗脳したフィギュアを護衛に付けて、そのレジスタンスとやらを迎撃してやるッスからwwwww」

キノX「だな。 こっちには艦娘もいるというのに、たった3人で俺様達の計画を阻止するとか馬鹿な奴らだぜwww」

ドスまりさ「まりささまにさからうやつは、ぜんいんぶっころしてやるのぜぇぇぇぇぇぇ!!」

f:id:hgo687:20190108095932j:plain

敗吐「…というわけで、迎撃準備を開始するッス!w」

「「「「「おー!!」」」」」

 

 

レジスタンスごっこ

ゲームの説明!

このゲームは、レジスタンス陣営と独裁国家陣営の2チームの対抗戦である。

今回は、レジスタンス(反逆者)3人、ガードマン(護衛)5人、独裁者(ネタキャラ)5人での試合となります。

〜ルール〜

チームは、レジスタンスだけで構成されるレジスタンス陣営とガードマンと独裁者で構成される独裁国家陣営に分かれる。

f:id:hgo687:20190108100911j:plain

レジスタンスの目的は、独裁者を見つけて倒すこと。

f:id:hgo687:20190107170408j:plain

制限時間内に独裁者を全員抹殺することができれば、レジスタンス陣営の勝利となる。

ちなみに、レジスタンス側はありとあらゆる銃と戦闘ビークルが使用可能である。

f:id:hgo687:20190108150756j:plain

ガードマンの目的は、制限時間まで独裁者を守ること。

一人でも独裁者がゲームに残っていれば、ガードマンの勝利となる。

f:id:hgo687:20190108101843j:plain

なお、ガードマンも銃を使うことができるが、スナイパーライフル及びサプレッサー(消音器)装備の銃を使うことはできない。

f:id:hgo687:20190108101909j:plain

独裁者の目的は、制限時間まで生き残ること。

制限時間まで生き残ることができれば、独裁国家陣営の勝利である。

f:id:hgo687:20190107172343j:plain

ただし、独裁者のみ殺されると二度とこの世に戻ってくることができない。 (要するに、リスポーンなし。)

生き残るためにも、慎重に行動することが重要。

f:id:hgo687:20190108104827j:plain

また、独裁国家陣営は艦娘または深海棲艦を1体ゲームに参加させることができる。 

こちらも、独裁者同様リスポーンはできない。

 

今回の参加者!

レジスタンス

f:id:hgo687:20190108104958j:plain

穂乃果、曜、絵里。

・ガードマン

f:id:hgo687:20190108105138j:plain

凛、海未、千歌、果南、希。

・独裁者

f:id:hgo687:20190108105238j:plain

粗大ゴミ、キノピオ族の恥さらし、似非ピエロ、騒音饅頭、自称神(笑)。

 

※余談ですが、ガードマン役での参加者は洗脳されているわけではなく、あくまでもロールプレイ(役になりきる)の一環として洗脳された演技を行うだけなので、安心してください。

次回、いよいよゲームが開始!

もしも、敗吐のテーマソングがあったらw

f:id:hgo687:20190104233402j:plain

棒敗吐「おいお前ら、重大発表ッスよ!w」

棒敗吐「どうやらこのサイキョーのジブンをイメージした曲…つまり、敗吐のテーマソングができたらしいから聴いてくれッスwww」

f:id:hgo687:20190104233433j:plain

棒敗吐「それじゃあ、行くッスよwwwww」

 

〜〜〜〜〜

 

♪クソザコの敗吐w(うさぎとかめの替え歌)

皆さんも、うさぎとかめのリズムで歌ってみましょう!

 


うさぎとかめ 童謡 カラオケ

 

・1番

おいコラクソザコ敗吐さんよ

宇宙で一番お前ほど

力の弱いものはない

どうしてそんなに弱いのか

・2番

なにやらほざくハゲウサギ

それならわたしと決闘だ

ルール無用のサバイバル

どちらが先にへばるのか

・3番

どんなに敗吐が強くても

大したダメージ喰らわない

ここらで一つ舐めプしよ

グーグーグーグー グーグーグー

・4番

お前はわたしを怒らせた

テンテンチョッチョテンチョッチョ

やっぱり弱いハゲウサギ

結局敗吐はクソザコだ

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190104233207j:plain

棒敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑歌詞で侮辱されたことにショックしたw

f:id:hgo687:20190104234448j:plain

ベアルド「これって、テーマソングと言っていいのかなぁ…?」

シジミ「別にいいんじゃね? …それにしても、自分のテーマソングの歌詞に馬鹿にされるとか無様だなw」

 

 

…今年初の敗吐ネタが、こんなんでいいのだろうか…?

ちなみに、棒敗吐はキモフィギュア敗吐の代理で登場させています。

以上です。

スクコレ スタンドポップコレクションを追加購入!+おまけ

f:id:hgo687:20190103161209j:plain

前回スクコレのスタンドポップをレビューしましたが、パンクロック編のカードも欲しくなったので追加購入しました!

それと、Vol.9とVol.11のパックを一切購入していなかったので、それら2つのパックも5個ずつ購入。

…とりあえず、まずはスタンドポップコレクションを開封してパンクロック編のカードを引き当てたいと思います。

…それでは、結果です。

 

 

f:id:hgo687:20190103161905j:plain

いやっほーい!

果南ちゃんのパンクロック編が出ました!

…なんだ、この過激なエロ衣装は!?

f:id:hgo687:20190103162120j:plain

カードの裏面。

スクフェスイラスト使用のスクコレのカードとしては珍しく、スクフェスで覚醒前のイラストが裏面に来ています。

…とりあえず、パンクロック編のカードを入手できたので、これ以上の購入はしません。

 

f:id:hgo687:20190103162655j:plain

お次は、Vol.9とVol.11のパック。

Vol.9は、スクフェスのイラストを使用したカードが多数収録されています。

Vol.11は、ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期のシーンがカードのイラストとして使用されており、SPとSECRETのイラストは描きおろしイラストが使われています。

…それでは、結果です。

 

 

f:id:hgo687:20190103164137j:plain

まずは、Vol.9の結果から。

R4枚とM(楽曲カード)が1枚でした。

楽曲カードはメンバーカードよりも出にくいので、まあまあ悪くはないです。

f:id:hgo687:20190103164653j:plain

次は、Vol.11の結果。

R2枚とHR1枚にSPが1枚、ME(メモリーカード)が1枚でした。

!?!?!?!?!?

…えっ、バラ売りの5パック買ってHRとSPが出るとか嘘でしょ!?

 

f:id:hgo687:20190103164938j:plain

メモリーカード。 Vol.11から新しく登場したカードです。

アニメの思い出を再現したカード。 今回引いたのは、2期12話「光の海」。

ちなみに、メモリーカードはデッキ及びセットリストに入れることが出来ないカードです。

…じゃあ、どうやって使うんだよと思われますが、このカードは同じVol.11のメンバー/楽曲カードの効果でコレクション(いわゆる、デッキ外)から出して使うカードになっています。

f:id:hgo687:20190103165524j:plain

カードの裏面。

「WATER BLUE NEW WORLD」の、ライブ中のシーンが使われています!

どうやらメモリーカードは、カードの枠が虹色になっているようです。

f:id:hgo687:20190103170835j:plain

HR渡辺曜(ID:1231)。

「私ね、ずーっと言っておきたい事があったんだ。 実は梨子ちゃんの事が…だーーーーーーーーーー!い好き!」

アニメ2期13話の最終回で、曜ちゃんが梨子ちゃんに告白するシーンです。

このカードのスキルもそのシーンを再現しており、効果は「あなたのほかの待機中のメンバー1人に『大好き』と伝えてよい。 そのメンバーが星2個以下なら、カードを2枚引く。 3個以上なら、そのメンバーとこのメンバーを参加させてライブしてよい。」というもの。

初めのテキストだけ読むとジョークカードっぽいですが、2ドローかライブを行う事ができる優れたカードですね。

f:id:hgo687:20190103172021j:plain

裏面。

可愛くないですか、この笑顔!

…それにしても、加工がピッカピカ。

f:id:hgo687:20190103172233j:plain

そして、今回の目玉のSP渡辺曜(ID:1255)。

描きおろしイラストは、『MY舞☆TONIGHT』の衣装でした!

星3のカードにしては珍しくスキルを持っており、その効果は「ゲームスタート時と成功時にカードを1枚引く。 登場時にカードを3枚引く。」

…これ、壊れカードじゃね? だって、これ1枚で4枚ドローできるんですよ?

カードゲームあるあるで、テキストがシンプルなほど効果が強いって言われていますが、これがまさにその通りです。

ちなみに、曜ちゃんに限らず他のメンバーのSPも同じ効果らしいですよ。

f:id:hgo687:20190103173019j:plain

裏面。

これでもかというくらいに、全体に金箔が押されています。

衣装が和風のイメージなせいか、名前の書体も俳句に使われていそうなものに。

f:id:hgo687:20190103194925j:plain

あと、おまけ程度ですがカードスリーブも。

スクコレのパックは、1パックにカードとスリーブが1枚ずつセットで入っています。

左がVol.9で、右がVol.11のスリーブです。

ちなみに、Vol.7以降のパックではHR以上のカードと一緒に、スクフェスUR封筒風のスリーブが入っていることがあります。

もしスリーブのデザインが気になる方は、スクコレの公式ホームページを見てみるといいでしょう。

 

 

…というわけで、以上でレビューは終わりたいと思います。

スタンドポップの結果は良かったんですが、それ以上にVol.11の結果が凄すぎたのがヤバかったです。

オルガルのガチャもそうだったけど、ここまで運が良いと今年は良い年になりそうな予感がしますね!

以上です。