ゴミ箱の怪

※ガチというわけではありませんが、今回はややホラー要素が含まれております。

苦手な方は、ブラウザバックすることを推奨します。

 

f:id:hgo687:20190917083239j:plain

未世「ここに呪われたゴミ箱があるって聞いたから、興味本位で来たけど、本当にあるのかなぁ…?」

f:id:hgo687:20190917083553j:plain

未世「…ん? もしかしてあれかな?」

未世「どこをどう見ても、普通のゴミ箱にしか見えないんだけど…。 …とりあえず、調べてみよう。」

f:id:hgo687:20190917083757j:plain

未世「うーん…。 近づいてみても、やっぱり普通のゴミ箱にしか見えない…。」

未世「外見は特に異常なし…っと。 今度は中を調べてみよう。」

f:id:hgo687:20190917083931j:plain

未世「んっ…。」

f:id:hgo687:20190917084114j:plain

ガサッ

「テン…チョウ…。 テン…チョウ…。」

f:id:hgo687:20190917084203j:plain

未世「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!? で…出たぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

「テン…チョオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20190917084328j:plain

未世「こここ…こんなタチの悪いゴミ箱は、今すぐにでも抹消なきゃ! 悪霊退散!!」 ドン

f:id:hgo687:20190917084600j:plain

ドカ-ン!!

「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

 

 

…こうして、ゴミ箱の中に潜む化け物はゴミ箱もろともAT-4の砲弾で破壊されたのであった。

以上です。

禁断の魔法!?

f:id:hgo687:20190912084605j:plain

骸先生「ただ今より、魔法学試験を行う。 アシスタントとして、我が校で最も優秀な生徒である桜内君に君達の魔法を評価してもらう。」

梨子「どうも、桜内梨子です。 厳しく評価するので、覚悟しておいてください。」

f:id:hgo687:20190912085028j:plain

骸先生「今回の試験は、見ただけで吐き気を催す邪悪な生物である『頭禿愚兎(とうかむろぐうさぎ)』を倒すという試験だ。」

敗吐「は、このサイキョーのジブンを魔法で倒すつもりッスか?w そんなの無理ッスよwww」

骸先生「さあ、まずは誰から行きますか?」

f:id:hgo687:20190912085617j:plain

花丸「じゃあ、まずはマルから行かせてもらうずら!」

梨子「…では国木田さん、前へどうぞ。」

f:id:hgo687:20190912085710j:plain

希「花丸ちゃん、ファイトやん!」

リンク「頑張れー頑張れー、ボンゴレー!!」

闇遊戯「お前の実力、どれほどのものか見させてもらうぜ。」

f:id:hgo687:20190912085909j:plain

敗吐「全校生徒の前で恥をかかない為にも、止めておいた方が身のためッスよ?w …まあ、恥をかいてもいいなら止めはしないッスけど…w」

f:id:hgo687:20190912091152j:plain

花丸「よーし…。 アバタケタブラ!」 ビビビビビ

f:id:hgo687:20190912000713j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

リンク「おぉ、すげぇ!」

闇遊戯「良い攻撃だぜ!」

f:id:hgo687:20190912091438j:plain

梨子「あわわわわわわわ…。」

骸先生「まさか、この魔法学校に禁断の即死魔法を使える生徒がいたとは…。 」

 

 

本家だとアバタケタブラのエフェクトは緑の光ですが、僕の技術力が無いに等しいので緑色にできませんでした…。

以上です。

セブンイレブンのゴミ箱がガチャガチャに!? 「1/12 セブン-イレブンのゴミ箱」レビュー

f:id:hgo687:20190913153126j:plain

バンダイより発売された「1/12 セブン-イレブンのゴミ箱」のガチャガチャを、ようやく地元で見つけることができたので、とりあえず1回だけ回してしてきました。

発売日は今年の7月下旬で、価格は200円。

出たのは、空き瓶と空き缶を捨てるゴミ箱です。

f:id:hgo687:20190913154844j:plain

とりあえず、組み立てました。

1/12だけあって、かなり大きめのサイズです!

裏側は特に何もなかったので割愛します。

f:id:hgo687:20190913155948j:plain

ちなみに上蓋は取り外すことができ、容器の中にクリップや画鋲などの小さい物を入れることができます。

 

f:id:hgo687:20190913160437j:plain

他のゴミ箱ガチャと比較。

左はエポック社の「誰得俺得シリーズ」のゴミ箱。

両方ともほぼ同じスケールですが、高さ的にセブンイレブンのゴミ箱の方が少し高いので、1/12スケールの可動フィギュアとの相性が良さげです。

なお、エポック社のゴミ箱の方は前面の扉が開きますが、セブンイレブンのゴミ箱の方は扉が開かないので少し不便ですね…。

f:id:hgo687:20190913161038j:plain

あと、これは偶然なのかは知りませんが、エポック社の「誰得俺得シリーズ」のビールケースに付属しているビール瓶が、このセブンイレブンのゴミ箱の穴に入れることができました。

これは、ますますブンドドとかに使えそうです!

(…え、なんで梨子ちゃんのfigmaを使っているかだって? そりゃだって、梨子ちゃんはセブンイレブンのイメージガールを担当しているからね。)

 

 

とりあえず、以上でレビューを終わります。

200円と低価格ながら、本物をそのまま縮小したかのような再現度に驚かされました!

こうやって、ガチャガチャで可動フィギュアにぴったりのグッズが出てくれるのはありがたいですね。

以上です。

油断大敵!

f:id:hgo687:20190910103101j:plain

穂乃果「今日もパンが美味いっ!」

花丸「ふぁ…、美味しいずら…。」

f:id:hgo687:20190910103123j:plain

曜「ふ、二人とも! そんなに食べてると、海未さんや果南ちゃんから怒られるよ!?」

穂乃果「大丈夫だって。 見つからなければいいだけの話だし。」

花丸「そうそう。 それに某けものの博士だって、『美味しいものを食べてこその人生なのです』…って言ってたずら!」

f:id:hgo687:20190910103153j:plain

果南「へぇー、花丸はそんなにおデブさんになりたいんだねぇ…。」 ゴゴゴゴゴゴ

海未「ほ〜の〜かぁ〜!!」 ゴゴゴゴゴゴ

f:id:hgo687:20190910103231j:plain

花丸「ひっ、果南ちゃん!?」

穂乃果「う…海未ちゃん、これには深いわけがあって…。」

f:id:hgo687:20190910103252j:plain

海未「問答無用です! その弛んだお腹と精神、叩き直してやります!」

穂乃果「やだやだー!! 海未ちゃんの鬼!悪魔!」

果南「ほーら、マルも一緒にトレーニングだよ。」

花丸「ずらぁぁぁぁぁぁ!? 曜ちゃん、助けてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

曜「だから言ったのに…。」

 

 

最初は、穂乃果ちゃんと花丸ちゃんのfigmaの2ショット写真を撮ろうと思っていましたが、何故かこうなりました…。

余談ですが、ダイエット(diet)という言葉には減量や痩せるという意味はなく、正しくは(日常的に摂取する)食べ物や健康を維持するための規定食という意味の言葉らしいです。

 全然意味が違いますね。

以上です。

狂気のわたあめ

f:id:hgo687:20190909162008j:plain

キャンディ「クルル…梨子ちゃんから、途方も無いエネルギーを感じるクル。 もしかしたら、伝説の戦士"プリキュア"になれるかもしれないクル!」

梨子「えっ、私がプリキュア!?」

キャンディ「そうクル! だから…」

f:id:hgo687:20190909162208j:plain

キャンディ「「「キャンディと契約して、プリキュアになってほしいクル!」」」

f:id:hgo687:20190909162309j:plain

梨子「ゔぁぁ!? (ふ…増えた!?)」

キャンディ「伝説の戦士プリキュアになることは、これ以上ないくらい名誉なことクル。」

キャンディ「もしならないのなら、血祭りにあげてやるクル!」

f:id:hgo687:20190909162543j:plain

梨子「いやぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

ダダダダダダダダ

キャンディ「逃げたクル!」

キャンディ「逃がさないクルよ!」

キャンディ「追うクル!」

f:id:hgo687:20190909162724j:plain

金剛「…うーん。 あのもこもこしたヘンテコな生き物、何かに使えそうデスねー。」

f:id:hgo687:20190909162903j:plain

金剛「あはっ!」 ポン

金剛「Good ideaを思い付きましター! 善は急げデース!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190909163052j:plain

キャンディ「「「クルゥゥゥゥゥゥ…。」」」

f:id:hgo687:20190909163140j:plain

金剛「Hi,安いよ安いヨー! Cotton candy1つ、たったの200円ダヨー!!」

f:id:hgo687:20190909163311j:plain

赤城「あんなところに、美味しそうなわたあめ屋が! 加賀さん、行きましょう?」

加賀「赤城さん、食べすぎです。 もうこれくらいにしないと…。」

 

 

おまけ

f:id:hgo687:20190909163446j:plain

敗吐「おい! 200円払うから、このサイキョーの俺にもわたあめをくれッス!w」 チャリン

金剛「毎度ありデース!」

f:id:hgo687:20190909163651j:plain

金剛「はい、どーぞ!」

f:id:hgo687:20190913000417j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

↑あまりにもグロい物を見た為、ショック死したw

 

以上です。

たまには、家で飼っているペットのことでも話そう

f:id:hgo687:20190910101425j:plain

家で猫を飼い始めてから、はや2ヶ月半…。

あれだけ小さかった身体も凄まじく成長し、だんだん立派な猫へと近づいてきました!

しかし、家中の至るものに興味深々で人馴れしていることもあってか、子供のように部屋中を走り回ってはめちゃくちゃにするのが玉に瑕。

子猫だからとはいえ色々と問題を起こすので、お世話が大変…w

この写真を撮るのにも苦労しました…。

f:id:hgo687:20190910101904j:plain

でも、なんだかんだ言って可愛いですw

↑の写真のように、隙間から顔(…というか手)を出す仕草には癒されます。

これが、親バカの気持ちなんですかね…?

以上です。

テレサの強奪

f:id:hgo687:20190908165007j:plain

にこ「ふっふっふ、テレサが出たわ! これでライバルのアイテムを奪って、逆転してやるわよ!」

f:id:hgo687:20190908165040j:plain

にこ「今アイテムを持っているのは、ヨッシーと果南の2人…。 できるなら、スターを持っている果南から奪ってきてもらいたいところね。」

f:id:hgo687:20190908165120j:plain

にこ「さあ、テレサ! アイテムを奪ってきなさい!!」

テレサ「ケケケ…。」 ヒュ-----

f:id:hgo687:20190908165150j:plain

アスナ「…もう、何も対抗手段は無いようね。 覚悟しなさい!!」

f:id:hgo687:20190908165241j:plain

リンク「くそっ! あのマスターソードさえ取れれば逆転できるのに、その前にあいつの攻撃で俺がやられてしまう…。」

リンク「一体、どうすれば…。」

f:id:hgo687:20190908165319j:plain

アスナ「とどめよ! 喰らいなさいっ!」 スッ

リンク「駄目だ…もうお終いだな…。」

f:id:hgo687:20190908165355j:plain

テレサ「ケーッケッケッケ! お前のアイテム、貰っていくゾ!」

アスナ「…えっ、ちょっと!?」

f:id:hgo687:20190908165419j:plain

テレサ「じゃあな!」 パッ

アスナ「待ちなさーい!! 今すぐに私のシルバリック・レイピアを返さないと、ただじゃおかないわよ!」

タッタッタッタッタッ…

リンク「…俺は、助かった…のか?」

f:id:hgo687:20190908165459j:plain

テレサ「ケーッケッケッケ! 奪ってきたゾ!」

にこ「ご苦労様。 …さて、誰のアイテムを奪ってきたのかしら?」

f:id:hgo687:20190908165519j:plain

にこ「何よこれ!? マリオカートのアイテムじゃないじゃない!! この細剣で、どうやって逆転すればいいのよ!?」

 

 

その後、矢澤にこは虚しくも逆転することが出来ず、最下位となってしまったのであった…。

ちなみに、シルバリック・レイピアはアスナの元に返されたとさ。

以上です。