読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホワイトデーについて

1ヶ月前、バレンタインデーのことについてお話したので、今回はホワイトデーについてお話したいと思います。

『ホワイトデー』それは、『バレンタインデー』でチョコレートをもらえなかった非リア充には、全く無縁な日である。 そして、チョコレートをあげた女共は多分、3倍以上のお返しを期待しているという……。 だが、その他一切のことはわかりません。

という茶番はこれくらいにして、ホワイトデーについて真面目にお話します。

1.ホワイトデーってどこ発祥?
ホワイトデーは、日本発祥です。

2.どうして作られたのか?
昭和40年代、日本のお菓子業界が「バレンタインデーのお返しの日を作ってはどうか?」という案を出した。
しかし、その当時は月日が決まっておらず、それぞれのお菓子メーカー(業界)が、独自の日を決めて『バレンタインデーのお返しの日』として、マシュマロやキャンディ等を、『お返しの贈り物』としていた。

3.何故、3月14日?
3月14日にきまったのは、1980年。
理由は、「兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うためにウァレンティヌアス司祭は※殉教したが、1ヶ月後の3月14日、その2人が改めて永遠の愛を誓い合った」ことに由来。(wikipediaより引用)

※殉教(じゅんきょう)
自分の信仰する宗教のために、命を捨てること。

4.何故『ホワイト』デー?
「ホワイトは純潔のシンボル。
ティーンのさわやかな愛にぴったり」(語源由来辞典より引用)

・・・・・・とまぁ、ここまで調べたのですが、1つの結論に至りました。

「ホワイトデーは、お菓子の販売促進のために作られた日」ではないかと。



・・・まぁ、とりあえず言いたいことは、モテない(非リア充)の諸君。 ホワイトデーはお返しの日ではなく、お菓子の販売促進の日と思え!

以上です。