読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィギュア(対決)物語2

[今回のヨッシー]

~今から2週間前の話~

f:id:hgo687:20150609203159j:plain

ヨッシー「つ、ついに…、ついに買っちゃいましたよ。」

マリオ「ついにって、何を?」

ヨッシー「何って、ザクリッチラブライブ!のコラボアイスですよ!」

マリオ「ほぇー。」

f:id:hgo687:20150609202832j:plain

ヨッシー「私はことりちゃん推しですから、ことりちゃんのパッケージを選びました。」

ヨッシー「うーん、やっぱりことりちゃんは可愛いですね。」

マリオ「そういえば、(ここの)ルイージラブライブ!東條希っていうキャラが好きだって言ってたなぁ。」

ヨッシー「えっ、そうなんですか。 ……それじゃ、さっそく頂きましょう。」

f:id:hgo687:20150609203354j:plain

f:id:hgo687:20150609203754j:plain

ヨッシー「うーん、美味しい。 味は、普通のザクリッチと変わらないですけど。」


ちなみに、僕まさんは穂乃果推しなので、

f:id:hgo687:20150601141223j:plain

穂乃果ちゃんのパッケージを選びました。



~前回のあらすじ~

まさんが、『ベジータVS大井』の第2話を消してしまうというミスを犯し、元々第3話を予定していた話を急遽新シリーズの第1話に変更して、新シリーズが始まった。

ベジータ、大井、マリオ、ルイージヨッシーの5名はクリボーに呼び出されたが、マリオは用事があり来ることができなかった。

マリオ不在のまますごろくで対決をすることになった4名は、クリボーの適当な説明を聞いてスタートし、1ターン目を終えるのであった。


※これは、フィギュア達の物語です。 フィギュアなので、元のキャラクターと性格がかけ離れている場合があります。 あと、いろいろとカオスです。



2ターン目


ベジータスタート!

ベジータ「はーぁっ!」 コロコロコロ

f:id:hgo687:20150618122725j:plain

ベジータ「まあまあだな。」

ヨッシー「微妙ですね。」

ベジータ「うるさい!」

1,2,3。

f:id:hgo687:20150618122835j:plain


大井スタート!

大井「えいっ!」

f:id:hgo687:20150618122921j:plain

大井「また、"4"ですね。」

ルイージ「2ターン連続同じ数字って…。」

1,2、

f:id:hgo687:20150618123341j:plain

大井「何ですか、この土管?」

クリボー「ああそれは、このステージのイベント"土管でドッカーン!"だ。」

ルイージ「………うわ。」

大井「あなた、ネーミングセンス酷すぎますよ?」

ヨッシー「オヤジギャグとか……。」

ベジータ「所詮は、雑魚の考える名前だな。」

クリボー「おいお前ら、この仕打ちはあんまりだろ! そして、ちゃっかりdisらないでくれ。」

ルイージ「でも、さすがにこれはちょっと……。」

クリボーぐぬぬ、否定できないのがつらい。」

大井「それで、このイベントは何なんですか?」

クリボー「このイベントは、土管大砲を使って遠くまで進めるイベントだ!」

クリボー「サイコロを振って出た目の数字と、現在の残り歩数を合計した数から、1引いた数だけ大砲で移動できるんだ。」

クリボー「ただし、6を出してしまうと失敗してしまうから気をつけるんだぞ。」

※例 残り歩数が3でサイコロが5なら、3+5-1で7マス進む。


ルイージ「何で、合計数字から1引くの?」

クリボー「まあ、あれだ。 土管大砲の使用料ってことで。」

ヨッシー「使用料って…。」

クリボー「とにかく、さっさとサイコロを振ってくれ。」

大井「ああ、そうでしたね。」 コロコロコロ

f:id:hgo687:20150618125913j:plain

2+1-1=2

クリボー「目標、2マス先。 発射!」 ドカーン!

大井「って、いやぁぁぁぁぁ!!」 ヒュー


f:id:hgo687:20150620075238j:plain

大井「う…うぅ。」

ヨッシー「あわ…あわわわわわわ。」

アイテムプレゼント!

クリボー「ボーナスサイコロを1つプレゼントだ!」

大井「………。」


ルイージスタート!

ルイージ「はっ!」 コロコロコロ

f:id:hgo687:20150618143427j:plain

ルイージ「やった、大きい数字が出たよ!」

ベジータ「さっきのアレで、ずいぶん呑気だな。」

1,2,3,4,5。

f:id:hgo687:20150618143543j:plain


ヨッシースタート!

ヨッシー「サ、サイコロを振るのが、とても怖いです…。」

ヨッシー「ほっ…。」 コロコロコロ

f:id:hgo687:20150618145202j:plain

ヨッシールイージさんと同じですね。」

1,2,3,4,5。

f:id:hgo687:20150618145557j:plain

3マス戻る。

ヨッシー「嬉しいような、悲しいような。」

ベジータ「どのみち、あの土管には入らなければならないんだがな。」

f:id:hgo687:20150618143829j:plain


現在のステータス

3rd ベジータ 残り29マス
1st 大井   残り25マス 🎲
2nd ルイージ 残り28マス
4th ヨッシー 残り30マス


3ターン目


ベジータスタート!

ベジータ「はーぁっ!」 コロコロコロ

f:id:hgo687:20150622115902j:plain

1,2、

~土管でドッカーン!~

ベジータ「ついに来たな、このイベント。 大きい数字を出して、一気に進んでやるぜ!」 コロコロコロ

ルイージ「フラグじゃなきゃいいんだけど…。」

f:id:hgo687:20150622120249j:plain

ベジータ「ダニィ!?」

クリボー「あちゃー、やっちゃったか。」

大井「確かに、大きい数字が出ましたけど…。 ふふっ。」

ヨッシー「あははははははは。」

ベジータ「笑うなー!!」

ルイージ「って、そんなこと話している場合じゃないよ!! 土管が爆発しそうだよ!」

ヨッシールイージさん、冗談きついですよ。」

ベジータ「そうだ、土管が爆発するとかありえ…ドカーン!!

ベジータ「Noooooooooo!!」

ヨッシー「」

クリボー「いい忘れていたけど、6出したら土管がオーバーヒートするからな。」

ルイージ「それを早く言ってよ!」

クリボー「スマン、スマン。」


大井スタート!

大井「ボーナスサイコロがありましたから、それを使いましょう。」

大井「えいっ!」 コロコロコロ( ×2)

f:id:hgo687:20150623141858j:plain

3+5=8

大井「まあまあ、いい数字ですね。」

1,2,3,4,5,6,7,8。

f:id:hgo687:20150623142109j:plain


ルイージスタート!

ルイージ「はっ!」 コロコロコロ

f:id:hgo687:20150622120918j:plain

ルイージ「やったー!! "6"が出たよ!!」

ヨッシー「珍しいですよ、本当に。」

1、

~土管でドッカーン!~

ルイージ「よーし、やるぞー!!」 コロコロコロ

f:id:hgo687:20150622121153j:plain

5+2-1=6

クリボー「目標、6マス先。 発射!」

ルイージ「僕はこういうの慣れているし、大丈夫。」 ヒュー


ドッカーン!! 

ルイージ「んわーーー!!」 ※あまりにも悲惨なため、画像は見せられません。


ヨッシー「あわわわわわわわわわ!!」

大井「」

ベジータ「おい、ルイージがものすごく悲惨な状況なんだが。」

クリボー「あはは、ルイージだから火薬の量入れすぎちゃった。」

ベジータ「いや、やりすぎだろ!」

クリボールイージ、すまない。」


~ハプニング!~ (ルイージは、ハプニングマスに止まりました。)

ルーレット内容

・もう一度進む
・次の自分の番、サイコロの数が2倍
・全員の位置入れ替え
クリボーの写真集プレゼント
・誰かが1回休みに


大井「いや、4番目…。」

ヨッシー「ナルシストですね。 わかります。」


・もう一度進む
・次の自分の番、サイコロの数が2倍 ←
・全員の位置入れ替え
クリボーの写真集プレゼント
・誰かが1回休みに


クリボー「ということで、次のルイージの番では出た目の数字が2倍になるぜ。」


ヨッシースタート!

ヨッシー「ほっ!」

f:id:hgo687:20150622122939j:plain

ヨッシー「ほっ…、"2"ですか。 良かったです。」

1,2。

f:id:hgo687:20150622121657j:plain


現在のステータス

3rd ベジータ 残り27マス
1st 大井   残り17マス
2nd ルイージ 残り21マス
4th ヨッシー 残り28マス

続く。