読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさんのフィギュア劇場

※この話に登場するフィギュアは、原作元のキャラクターと性格や設定等が違う場合があります。 なので、キャラ崩壊に注意です。


9月某日

f:id:hgo687:20150928213047j:plain

マリオ「よし、だいたいのフィギュアたちが集まってきたみたいだ。」

ヨッシー「結構、多いですね。」

マリオ「今、この場で12体だからね。」

f:id:hgo687:20150928213218j:plain

ヨッシー「ところで、これ何の集まりなんですか? もしかして、『figma 高坂穂乃果』をレビューした時に言っていたお祝い会ですか?」

マリオ「いや、それもあるけど、メインは新シリーズを始める記念パーティってところかな。」

f:id:hgo687:20150928213256j:plain

トゥーンリンク「まあ、まさんの都合が悪くてあれから1ヶ月経ってるもんね。」

大井「どっちでもいいんじゃないんですか? それよりも、せっかく北上さんと2人っきりで過ごそうと思ったのに、こんな場所に呼び出して私と北上さんの時間を邪魔する気ですか?」

ヨッシー「あ…、えっと…。」

f:id:hgo687:20150928213418j:plain

北上「まぁまぁ、大井っち。 せっかくのパーティーなんだし、楽しもうよ!」

大井「…まあ、北上さんがそうおっしゃるのなら…。」

クリボー「(これが、クレイジーサイコレズってやつなのか。)」

f:id:hgo687:20150928213930j:plain

赤城「私も呼び出されましたけど、食べ物が食べられるならなんでもいいです。」

ヨッシー「いや、赤城さんには何も聞いていませんよ!?」

北上「うわぁ、ここの赤城さんもテンプレ通りだよ…。」

サトシ「ヨッシーみたいだな。」

ピカチュウ「ピッカ!」

ヨッシー「…否定できないのがつらいです。」

マリオ「あらら。」

f:id:hgo687:20150928214547j:plain

アスナ「そういえば、あなたとは今日が初対面ね。 自己紹介するわ、私はアスナって言うの。」

サトシ「俺は、サトシって言います。 で、こっちが相棒のピカチュウ。」

ピカチュウ「ピカピッカ。」

アスナ「サトシ君にピカチュウね。 これから、よろしくね。」

サトシ「はい、アスナさん。 こちらこそ、よろしくお願いします。」

ヨッシー「なんか、自己紹介してますし…。」

マリオ「ここでは、僕とヨッシー以外のフィギュアたちはほとんどが初対面だからね。」

ヨッシー「そうなんですか。」

f:id:hgo687:20150928213520j:plain

穂乃果「パーティー楽しみだなぁー。 早く始まらないかなー。」

にこ「穂乃果、あんた随分と楽しそうね。」

穂乃果「だってパーティーだよ、穂乃果パーティーって聞くだけでわくわくしちゃうもん! にこちゃんだって、楽しみにしてたよね。」

にこ「まあ、そりゃあそうだけど…。」

f:id:hgo687:20150928215151j:plain

穂乃果「ねぇねぇマリオ、パーティーまだ始まらないの?」

マリオ「もう少しで、ルイージたちが来るはずなんだけど…。」

ルイージ「兄さーん!!」

ヨッシー「あ、ちょうどきましたね。」

f:id:hgo687:20150928215401j:plain

榛名「やっと着きました。 あれ? もう皆さん揃っているのですか?」

マリオ「ああ。」

ルイージ「あっ、そうだ!」

f:id:hgo687:20150928215633j:plain

ルイージ「お祝い会をするって聞いたから、"おいわい"を買ってきたよ。」

f:id:hgo687:20150928215851j:plain

ヨッシー「そうそう、『KIRIN おいわい 純水ぶどう、純水りんご、数量限定の佐藤錦(さくらんぼ)…』…って、それは"お祝い"じゃなくて、"小岩井"でしょー!!』

ルイージ、榛名「あれ、違った(いました)?」

ヨッシー「違いますよ!!」

マリオ「ボケのルイージと天然の榛名だからね、こうなるのはわかっていたよ。」

赤城「まあでも、パーティー用にその飲み物を使えばいいと思います。」

北上「まあ、それが妥協な判断だよね。」

クリボー「確かに。」



f:id:hgo687:20150928220332j:plain

マリオ「なんだかんだあったけど、これから新シリーズ記念とfigma穂乃果ちゃんの歓迎会を含めてパーティをはじm…」 ゴゴゴゴゴ

一同「ん?」

f:id:hgo687:20150928222104j:plain

伊401「ざっばーん!」

マリオ「うわぁぁぁぁ!?」

f:id:hgo687:20150928221238j:plain

穂乃果「何か出て来た!?」

にこ「一体、なんなのよ!?」

f:id:hgo687:20150928222426j:plain

マリオ「なんだ、しおいか。 驚かさないでくれよ。」

伊401「一度、こういった登場の仕方をしてみたかったんだ♪」

榛名「その気持ち、わかります!」

ヨッシー「(っていうか、今地面から飛び出したのに水しぶきが出てましたよね!?)」

f:id:hgo687:20150928233710j:plain

マリオ「そう言えば、予定より随分来るのが遅かったみたいだけど。 どうしたんだい?」

伊401「マリオが言ってた、新メンバーを連れてきたよ。」

マリオ「あっ、そう言えばそうだった。」

マリオ、伊401以外「新メンバー!?」

ルイージ「もう兄さんってば、そんな重要なこと忘れないでよ。」

ヨッシー「というか、1話目にして新メンバーが来るってどういう状況なんですか!?」

トゥーンリンク「普通じゃ、まずあり得ないことだからね。」

伊401「もう、入って来ていいよ。」

にこ「早っ!!」

f:id:hgo687:20150928234707j:plain

真姫「クールで冷静沈着、成績優秀で才色兼備、西木野真姫ことマッキーよ! よろしくお願いするわ。」

穂乃果、にこ「真姫ちゃん!?」

真姫「ヴェエ、穂乃果ににこちゃんじゃない!?」

榛名「(マッキー? 油性ペンでしょうか?)」

ヨッシー「(自己紹介が、完全にナルシスト発言なんですが…。)」

リンク「俺は、リンクだ! これからよろしく頼む。」

サトシ「ああ、よろしくな。」

トゥーンリンク「もう1人のぼくだ。」

ヨッシー「(よかった、リンクさんの自己紹介は普通でした。)」



f:id:hgo687:20150929231247j:plain

マリオ「とりあえず、みんなも新しい2人も仲良くしてやってくれ。」

マリオ以外「もちろん!」

マリオ「改めて、新シリーズ記念とfigma穂乃果ちゃんと新メンバー2人の歓迎会のパーティを始めるよ。」

真姫「終わらないパーティー、始めましょう。」

f:id:hgo687:20150929231057j:plain

ヨッシー以外「おーっ!!」

ヨッシー「って、あなたが仕切るんですか!?」




あとがきかなにか。

新シリーズ、始まりました。

カオスマリオM7さん(id:wario-1021)や、CHAOSLUIGIさん(id:luigi-198)のブログでやっている、amiibo会議に憧れたというか、影響を受けて新シリーズを作りました。 (お二人方、勝手に名出ししてすみません。)

しかし、我ながら文才力のない感じに仕上がってしまいました。

ちなみに、リクエストは受け付けます。
例えば、このキャラ(フィギュア)を出して欲しいとか。

そして、ここまで見てくださってありがとうございます。

それでは、また。