読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさんのフィギュア劇場 第7話 『運動会編 3』

f:id:hgo687:20151030223149j:plain

赤城「モグモグ…、前回のあらすじです。」


~前回のあらすじ~


f:id:hgo687:20151020175939j:plain

チーム分けも決まり、ようやく最初の競技に移るマリオたち。 でも、最初の競技は運動会とはかけ離れたものであった。

f:id:hgo687:20151020232157j:plain

いざ競技を始めると、クッパが元々出番の少ない矢澤にこを早々にリタイアさせ、さらににこの出番を減らしてしまった。

f:id:hgo687:20151020234003j:plain

にこが倒されたことに怒った真姫は、クッパに攻撃をするもいとも簡単に避けられてしまう。

f:id:hgo687:20151021001923j:plain

しかし、リンクの機転により真姫はマリオチーム数名を巻き込む形でクッパを倒すことに成功し、マリオチームはピンチに陥った。

f:id:hgo687:20151021231026j:plain

だが、ルイージロゼッタがアホだったためマリオチームの思わぬ反撃を喰らい、マリオチームが逆転勝利をするのであった。


~~~


f:id:hgo687:20151025205313j:plain

マリオ「おっ、最初の競技でリタイアした人たちが戻ってきた。」

穂乃果「みんな、大丈夫かなぁ…。」

f:id:hgo687:20151025205431j:plain

ルイージ「ふっかーつ!!」

にこ「リタイアした後の、アフターケアがしっかりしていて安心したわ。」

真姫「凄いわね、ドクターマリオの医療技術。 あれほどの怪我をしても、一瞬で治すなんて…。」

Dr.マリオ「お誉め頂き、光栄です。」

f:id:hgo687:20151025205705j:plain

伊401「でも、身体は元通りでも、しおいのスクール水着はボロボロのまんま…。」

Dr.「すまない、しおい君。 衣服までは直せないんだ…。」

???「私に任せて!」

f:id:hgo687:20151025210420j:plain

一同「??」 キョロキョロ

クッパ「この声、どこかで聞いたことがあるぞ?」

伊401「だ、誰?」

f:id:hgo687:20151025210811j:plain

シーク「私です!」

クッパ「ちょっと、ワシを前に行かせてくれ。」

ロゼッタ「ここのシーク、こんなナルシストでしたのでしょうか?」

f:id:hgo687:20151025211117j:plain

クッパ「いったい、オマエは何しに来たんだ?」

シーク「あ、クッパ総統。 実は私、裁縫が得意で衣服を直すことができるんですよ。」

クッパ「何!?」

f:id:hgo687:20151025211318j:plain

ロゼッタ「ここのシークamiiboには、そのような特技があったのですね。」

ピカチュウ「ピカー!?」

f:id:hgo687:20151025211941j:plain

シーク「では、しおいさん! そのスクール水着を直すので、着いてきてください。」

伊401「うん。 ありがとう、シーク!」

シーク「いえいえ。」

f:id:hgo687:20151025212032j:plain

穂乃果「しおいちゃん、行っちゃったね。」

マリオ「そうだね。 …ところで、サトシの姿が見えないんだけど。」

f:id:hgo687:20151025212329j:plain

Dr.マリオ「そのことなのですが、サトシ君…いやモンコレのサトシのフィギュアは、まさんが肩の関節部分を壊してしまったために、急きょ修理病院に搬送することになりました。」

Dr.マリオ以外「えぇーっ!?」


~~~~~


f:id:hgo687:20151025222345j:plain

↑が壊してしまった部分。 左肩の関節部分(輪っかみたいなもの)が壊れてしまった。


~~~~~


f:id:hgo687:20151025212713j:plain

ヨッシー「作者、何やってるんですか!?」

にこ「一体、どうすんのよこれ!!」

ルイージ「そうだよ。 サトシ君が参加できなくなるなら、ボクのチームの人数はどうなるの?」

f:id:hgo687:20151025212948j:plain

Dr.マリオ「とりあえず、今回はマリオチームもルイージチームも同じ人数だからいいとして、次回までにサトシ君が治っていなかったら代役を用意することになっています。」

ルイージ「そうなんだ。」

リンク「サトシ…、早く治るといいな。」

北上「そうだね。」

f:id:hgo687:20151020175939j:plain

クリボー「それじゃ、続いての競技だ!」

大井「この雰囲気の中で、やるんですね…。」

クリボー「ちょっと、尺がな…。」

『Karimono kyosou (借り物競走)』

メット「くふふ。 ルール説明だよ。」

~ルール説明~

f:id:hgo687:20151027212414j:plain

コース上に落ちてある紙を拾い、紙に書いてあるお題の借り物をまさんの部屋から探そう。

あとは、お題の借り物をいち早くゴールまで持っていくこと。

ちなみに、今回は各チーム3名ずつ出場する。

得点

1位…70ポイント
2位…50ポイント
3位…35ポイント
4位…20ポイント
5位…10ポイント
6位…0ポイント

勝利チーム(先にチーム全員ゴール)には、+100ポイント

~~~

メット「ふふふ。 じゃあ、各チーム参加するメンバーを決めてね。」

f:id:hgo687:20151027234655j:plain

マリオ「で、参加したい人はいるかな?」

クッパ「ワシは、走るのが少々苦手でな…。」

アスナ「私もちょっと…。」

ヨッシー「そうですか。」

穂乃果「じゃあ、穂乃果がやりたい!」

榛名「榛名も、高速戦艦として参加しないわけにはいけません。」

トゥーンリンク「じゃあ、ぼくも参加しようかな。」

赤城「決まりましたね。」

マリオ「OK。 僕たちのチームからは、穂乃果、榛名、トゥーンリンクの3名だね。」

f:id:hgo687:20151027235117j:plain

ルイージ「えーっと、この中で参加したい人は…?」

リンク「俺は参加するぞ!」

にこ「にこも参加するわ。 じゃないと、にこの出番が無くなるし。」

真姫「そういう理由!?」

ピカチュウ「ピカァ!?」

ロゼッタ「まあまあ、理由はどうであれいいではありませんか。」

北上「そうだよね。 あ、アタシも参加したい!」

ルイージ「決まったみたいだね。 ボクのチームからは、リンク、にこちゃん、北上さんの3名だね。」

大井「北上さん、頑張ってください!」


f:id:hgo687:20151029011804j:plain

クリボー「お前たち、参加メンバーは決まったか?」

マリオ「ああ、決まったよ。」

ルイージ「ボクのチームも決まったよ。」

クリボー「それじゃあ、参加するやつらはスタート位置についてくれ。」


f:id:hgo687:20151029220751j:plain

穂乃果「ファイトだよっ!」

にこ「それは、応援する人が言うセリフでしょ!」

北上「まあまあ、別にいいじゃん。」

榛名「榛名、全力で頑張ります!!」

トゥーンリンク「がんばるぞー!!」

リンク「準備できたぞ。」

f:id:hgo687:20151029221056j:plain

クリボー「それじゃ、いくぞ? 位置について………よーい!」 バーン!

ダダダダダダ

f:id:hgo687:20151029223511j:plain

クリボー「おっと、もうお題の紙の場所にたどり着いたみたいだな。」

マリオ「でも、スタート地点とほとんど離れていないんだけど…。」

メット「くふふ。 一番最初にたどり着いたのは、榛名みたいだね。」

f:id:hgo687:20151029224221j:plain

榛名「榛名のお題は何でしょう?」

『鉛筆』

榛名「簡単なお題で、安心しました。」

f:id:hgo687:20151029224941j:plain

北上「アタシのお題は…?」

『サイコロ』

北上「まあまあなお題だね。」

f:id:hgo687:20151029225804j:plain

トゥーンリンク「どれどれ…?」

『コイン』

トゥーンリンク「お金かよ!?」

f:id:hgo687:20151029231638j:plain

リンク「ん…?」

穂乃果「わわっ!?」 ドシーン!

『スプラトゥーン関連グッズ』

リンク「マニアックなお題だな。」

f:id:hgo687:20151029232108j:plain

にこ「穂乃果、大丈夫?」

穂乃果「あはは…、大丈夫だと思う。」

にこ「それより、お題は…」

ラブライブ!スイング05 ※キャラは何でもいい。』

にこ「最近出たやつね。」

穂乃果「えーっと、お題は…。」

『ハンカチ』

穂乃果「ハンカチかぁー。 よし、探しに行こう!」


~6分後~


f:id:hgo687:20151030204957j:plain

タッタッタッ

クリボー「おっと、もう誰かお題を持ってきたみたいだ。」

f:id:hgo687:20151030205347j:plain

榛名「お題の借り物を、持ってきました!」

メット「くふふ。 お題は、"鉛筆"…。」

クリボー「よし、クリアだ!」

榛名「や、やりました!」

榛名、1位ゴール! 70ポイント

f:id:hgo687:20151030205529j:plain

リンク「持ってきたぞ。」

メット「くふふ。 お題は、"スプラトゥーン関連グッズ"…。」

クリボー「よし、クリアだ!」

リンク「よし!」

リンク、2位ゴール! 50ポイント

f:id:hgo687:20151030205814j:plain

にこ「持ってきたわ。」

メット「くふふ。 お題は、"ラブライブ!スイング05"…。」

クリボー「よし、クリアだ!」

にこ「本当は、にこ自身を持ってきたかったのだけど、花陽しかなかったのよね。」

矢澤にこ、3位ゴール! 35ポイント

f:id:hgo687:20151030210217j:plain

トゥーンリンク「はぁはぁ…、持ってきたよ…。」

メット「くふふ。 お題は、"コイン"…。」

クリボー「よし、クリアだ!」

トゥーンリンク「コインは、意外と重かったよ…。」

トゥーンリンク、4位ゴール! 20ポイント

f:id:hgo687:20151030210321j:plain

北上「お題のやつ、持ってきたよー。」

メット「くふふ。 お題は、"サイコロ"…。」

クリボー「よし、クリアだ!」

北上「探すのに、結構手間がかかったよ。」

北上、5位ゴール! 10ポイント

クリボー「終了ー!」



f:id:hgo687:20151030211013j:plain

クリボー「悪いけど、マリオと真姫の"ダブルレッドM"、穂乃果を呼んできてくれ。」

ルイージ「だ、"ダブルレッドM"www」

ヨッシー「確かに、マリオさんも真姫さんもイメージカラーが赤色で、イニシャルはMですもんね。」

真姫「変な名前で呼ばないで!」

クリボー「すまん、すまん。 とにかく、穂乃果を呼んできてくれ。」

マリオ「わかった。」


~~~~~


f:id:hgo687:20151030211658j:plain

穂乃果「えーっ!? もう終わっちゃったの!?」

マリオ「うん、そうだよ。」

穂乃果「穂乃果、お題のハンカチを探していたけど、全然見つからなかったよ!?」

真姫「そういう時もあるわ。 …ドンマイ、穂乃果。」

f:id:hgo687:20151030212213j:plain

クリボー「二人とも、呼んできてくれてありがとな!」

メット「ふふふ。 では、結果発表だよ。」

クリボー「おっと、その前に…。」

クリボー以外「?」

f:id:hgo687:20151021233326j:plain

クリボー「ショコランランベリッチャァァァ!!」

ロゼッタ「またそれをやるのですか!?」


結果発表。


マリオチーム

高坂穂乃果 0ポイント
トゥーンリンク 20ポイント
榛名 70ポイント

トータル 90ポイント


ルイージチーム

リンク 50ポイント
矢澤にこ 35ポイント
北上 10ポイント

トータル 95ポイント+勝利ポイント(100P)


獲得ポイント

マリオチーム 510P
ルイージチーム 435P




あとがきかなにか。

実に、投稿が遅くなってしまって申し訳ないです。

サトシのフィギュアの腕が壊れてしまったのは、予想外の出来事でした。(今現在は、一応修復済み。)

その為、元々考えていた話の筋書きを1から変更して作り直しました。

そして、次回は一旦運動会編を中断します。

それでは、また。