読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさんのフィギュア劇場 第10話 『運動会編 4』

f:id:hgo687:20151108215321j:plain

マリオ「おーい! みんな、ただいま!」

ヨッシー「戻ってきましたよ。」

f:id:hgo687:20151108220915j:plain

穂乃果「あっ、マリオたちが戻ってきたみたいだよ!」

トゥーンリンク「そうみたいだね。」

クリボー「それでは、結果発表だ!」


結果発表。


マリオチーム

トゥーンリンク 5×12…60ポイント
榛名 5×14…70ポイント
赤城 5×17…85ポイント
アスナ 5×16…80ポイント

トータル 295ポイント


ルイージチーム

ピカチュウ 5×15…75ポイント
西木野真姫 5×2…10ポイント
北上 5×22…110ポイント
大井 5×23…115ポイント

トータル 310ポイント+勝利ポイント(+100P)


獲得ポイント

マリオチーム 805P
ルイージチーム 845P


~~~~~


f:id:hgo687:20151108221908j:plain

真姫「貴方たち、やっと帰ってきたのね。」

マリオ「あれ? もしかして、これは第3の競技が終わった後なのかい?」

トゥーンリンク「そうだよ。 ちなみに、第3の競技は"パックン玉入れ"っていう競技だったんだ。」

穂乃果「結果見たらわかるけど、真姫ちゃんだけ玉を2つしか入れてないんだよね。」

f:id:hgo687:20151108222240j:plain

にこ「ププッ、本当だわw 真姫ちゃん、玉入れが下手くそなのねーwww 」

真姫「何よ、別にいいじゃない!」

f:id:hgo687:20151108222348j:plain

ルイージ「兄さん! そういえば、ピカチュウアスナさんがいないみたいだけど…。」

マリオ「あ、本当だね。」

榛名「アスナさんなら、トイレに行くと言っていましたけど…。」

ヨッシー「そうなんですか。 …では、ピカチュウさんは何処に…?」

f:id:hgo687:20151108222728j:plain

ピカチュウ「ピカピカァ!」

サトシ「みんな、ただいま! やっと、戻って来たぜ!」

「サトシ!」 「サトシ君!」 「サトシさん!」

f:id:hgo687:20151108222946j:plain

リンク「サトシ、無事だったんだな!」

サトシ「ああ、ドクターマリオのおかげでな! かがくのちからってすげぇー!!」

北上「まあ、サトシが無事に戻ってこれたみたいだし、良かったよ。」

f:id:hgo687:20151108223052j:plain

Dr.マリオ「ただ、後遺症がありまして、このサトシフィギュアの左肩が動かせなくなってしまいました。」

一同「…。」

ヨッシー「…って、それは無事じゃないじゃないですか!!」

赤城「サトシさん…、お気の毒に…。」

サトシ「でも、こうして戻って来れたんだ! 俺は、別に気にしないぜ!」

大井「凄い、ポジティブ精神ですね…。」

f:id:hgo687:20151108223148j:plain

マリオ「あ、そうだ! サトシとしおいの2人には、まだ紹介してなかったけど…。 あ、ちょっと待ってね。」

サトシ「マリオは、何をする気なんだ?」

~~~

f:id:hgo687:20151108224856j:plain

マリオ「紹介するよ、新しくメンバーになった"金剛"だ!」

金剛「私は、AGPの金剛デース! お二人とも、ヨロシクオネガイシマース!」

f:id:hgo687:20151108225839j:plain

サトシ「俺は、サトシ。 よろしくな、金剛!」

伊401「わーぁ、金剛さんだ!! …あ、伊401っていいます。 "しおい"って呼んでください!」

金剛「サトシに、しおいデスか。 アリガトウゴザイマース!」

f:id:hgo687:20151108233046j:plain

マリオ「そして、もう1体みんなにも紹介するフィギュアがいるんだけど、amiiboダックハントだよ。」

ダックハント (イヌ)「ワンワワワン!」 (カモ)「皆さん、ワタシたちはダックハントです。 これから、宜しくお願いします!」

クッパ「何!? ダックハントも、メンバーに加わるのか。」

f:id:hgo687:20151109233023j:plain

穂乃果「わー!! ワンちゃんだ、可愛い~。」

真姫「ちょっと、穂乃果!?」

ダックハント (イヌ)「ワンワン!」 (カモ)「これが、μ'sのリーダーの穂乃果さんのナデナデ…!!」

f:id:hgo687:20151109233119j:plain

アスナ「あら、最近新メンバーが多いのね。」

サトシ「アスナさん!」

真姫「アスナが、帰ってきたみたいね。」

f:id:hgo687:20151109233422j:plain

アスナ「サトシ君、無事に戻ってこれたのね。」

サトシ「はい、アスナさん! ドクターマリオのおかげで腕が直りました。」

アスナ「良かったわね! …あ、そういえば、トイレから帰ってくる途中で私たちに用があるっていう、フィギュアを連れて来たのだけれど…。」


f:id:hgo687:20151109234001j:plain

マリオ「僕たちに用がある?」

金剛「いったい、誰なんデスか?」

???「俺だ!」

一同「誰だ!」 「誰!?」

f:id:hgo687:20151109234321j:plain

ファルコ「ファルコ、参上!」

一同「えぇーっ!?」

ダックハント (イヌ)「ワンワンワン!!」 (カモ)「ファルコさん!?」

f:id:hgo687:20151109234819j:plain

ファルコ「アンタが、クッパ総統だな。」

クッパ「ああ、そうだ! しかし、オマエは何の用でここに来たんだ?」

ファルコ「俺も、このフィギュア劇場のメインメンバーとして仲間入するから、挨拶に来たんだ。」

クッパ「何!?」

f:id:hgo687:20151109235207j:plain

マリオ「…ってことは、新メンバーなんだね。」

ファルコ「その通りだ!」

榛名「最近、新メンバーが多いような気がします…。」

ルイージ「確かに。」

f:id:hgo687:20151109235314j:plain

ダックハント (イヌ)「ワン? ワワン?」 (カモ)「えっとー、用ってこれだけなんですか?」

ファルコ「ああ、これだけだ。 俺は今から、ここのamiiboたちに挨拶しに行くぜ! じゃあな!」 ヒュン!

f:id:hgo687:20151109235350j:plain

一同「…。」

クッパ「アイツ、何をしたかったんだ?」

マリオ「さあ?」

ロゼッタ「挨拶だけして、去って行くのは珍しいですね。」

f:id:hgo687:20151109235438j:plain

クリボー「おーい、お前たち! そろそろいいか?」

メット「くふふ。 今回…この競技がラストだよ。」

一同「えっ!?」

マリオ「ついに、最終競技なのか。」

ルイージ「兄さん、負けないよ!」


最終競技『Boss battle (ボスバトル)』

~ルール説明~

とにかくボスに攻撃しよう! ボスキャラに与えたダメージが、そのまま得点になるぞ!

どちらかのチームのメンバーが全滅するか、ボスが倒れたら終了。

ボスキャラにトドメを刺すと、ファイナルアタックとして+50ポイント。

また、ゲーム終了時に生き残っている人数が多いチームには、勝利ポイントとして+100ポイント。

なお、今回の参加人数は各チーム4名ずつ。

~~~

f:id:hgo687:20151112002300j:plain

メット「くふふ。 ちなみに、参加メンバーはこちらで決めているよ。」

クリボー「参加メンバーは、マリオチームはマリオ、ヨッシー、伊401、クッパ。 ルイージチームは、ルイージ、リンク、サトシ、ロゼッタだ!」

f:id:hgo687:20151112002045j:plain

金剛「テイトクも、ミドリムシも頑張ってくだサーイ!」

マリオ「ああ!」

ルイージ「…って、ボクの名前は"ミドリムシ"じゃないよ!?」

金剛「What's? でも、Yoshiがyouのnameは"ミドリムシ"って言ってマシタよ?」

f:id:hgo687:20151112002104j:plain

ルイージ「(くそ、ヨッシーの奴調子に乗りやがって。 今度新メンバーが来たときに、ヨッシーの名前を"でっていう"って教えてやろう。)」

マリオ「どうしたんだろ、ルイージは。」

クリボー「そろそろ競技を始めるぞ!」

f:id:hgo687:20151114225228j:plain

クリボー「ちなみに、サトシはポケモン1体のみ使用可能だが、誰を使うんだ?」

サトシ「もちろん、俺の相棒のピカチュウだ!」

f:id:hgo687:20151114225330j:plain

ピカチュウ「ピカピッカァ!」

クリボー「あ、そうそう。 今回のボスには、電気技があまり効かないから注意してくれよ。」

サトシ「わかった! アドバイスありがとな。」

クリボー「他の奴らは、準備出来たか?」

f:id:hgo687:20151114231038j:plain

伊401「よし、艤装の準備が整ったよ。」

マリオ「こっちのチームはOKだよ!」

f:id:hgo687:20151114231137j:plain

リンク「剣と盾を、装備してっと…。」

ルイージ「こっちのチームもOKだよ!」

クリボー「よし、両チームとも準備が整ったようだな。 それでは、いよいよボスとのご対面だ!」

f:id:hgo687:20151114231338j:plain

ルイージ「いったい、どんなボスなんだろう…。」

ドシーン! ドシーン!

ロゼッタ「な、何ですか、この地響きは!」


f:id:hgo687:20151114231515j:plain

恐竜「ギャオオーン!!」

一同「!?」

f:id:hgo687:20151114231625j:plain

クリボー「では、ボスバトル…スタート!!」


~ボスバトル開始~

ボス名「恐竜」 体力 550


f:id:hgo687:20151114231724j:plain

クッパ「悪いが、ボスも他の奴らの出番はこれまでだ。 ワシが開始早々、決着をつけようではないか。」

マリオ「えっ?」

f:id:hgo687:20151114232037j:plain

クッパ「ダイナミックパーンチ!」 ボゴォッ!

恐竜「ギャオーン!(痛ってぇ!)」 72ダメージ

クッパ「フン、どうだ?」

f:id:hgo687:20151114232246j:plain

恐竜「ギャオオオーン!!!(よくもやりやがったな、このクソ亀が!)」 ガブリ

クッパ「ぐわーっ!」

f:id:hgo687:20151114232313j:plain

クッパ、脱落。

恐竜「ギャオーン。(へっ、ざまあみろ。)」

f:id:hgo687:20151114232436j:plain

マリオ「おーい、クッパ?」

ヨッシー「自分がやられて、どうするんですか!?」

クリボー『あ、そうそう。 そいつ(恐竜)の噛み付き攻撃は、即死攻撃だからな。』

伊401「え…、やばいじゃんそれ。」

f:id:hgo687:20151114232957j:plain

ロゼッタ「今の隙に、攻撃です!」 ドカッ!

リンク「そうだな。 はっ!」 シュパッ!

恐竜「ギャオ?(何だ?)」 32ダメージ、46ダメージ

f:id:hgo687:20151114233138j:plain

恐竜「ギャオギャオーン。(チッ、うざったいハエどもめ。)」

ルイージ「わわっ、こっちを向いた。」

f:id:hgo687:20151114233250j:plain

恐竜「ギャオオーン!(喰らいやがれ!)」 ドカッ!

チコ「#$,*%@!?」

ロゼッタ「くっ。」

f:id:hgo687:20151114233521j:plain

恐竜「ギャオギャオーン!!(そこのお前は、亀野郎と同じ目に合わせてやる!!)」 ガブリ

リンク「!」 ガキン!

f:id:hgo687:20151114233647j:plain

バキーン!

リンク「なっ、ハイリアの盾が!」

恐竜「ギャギャオーン!(チッ、盾でガードしやがったか。 でも、こいつはもう盾が無いな。)」

f:id:hgo687:20151114234238j:plain

ヨッシー「なんですか、あのボス。 完全に強すぎるじゃないですか!?」

マリオ「普通ボスって、そういうもんでしょ。」

伊401「そんな呑気なこと言ってないで、マリオたちも攻撃しないと!」

マリオ「おっと、そうだったね。」

f:id:hgo687:20151114234515j:plain

伊401「じゃあ、しおいから行くよー!! 晴嵐、発進ー!」 ブロロロロ

f:id:hgo687:20151114234700j:plain

ズドドドドド

恐竜「ギャオー?(何だ、今度は蚊か?)」 47ダメージ

f:id:hgo687:20151114235046j:plain

ヨッシー「わっ、今度はこっちにきましたよ。」

伊401「やば…。」

f:id:hgo687:20151114235053j:plain

ロゼッタ「さっきのしおいさんの攻撃で、ボスが向こうを向きましたね。」

ルイージ「よし、今の内に奇襲を仕掛けよう。」

f:id:hgo687:20151114235142j:plain

恐竜「ギャオギャオギャオーン!(ハエ以下の蚊どもめ、おとなしくおねんねしてな!)」

マリオ「二人とも、くるぞ!」

ルイージ「(よし、今だ!)」

恐竜「ギャオオーン!(…と、みせかけて。)」

f:id:hgo687:20151114235232j:plain

恐竜「ギャオーン!!」

ルイージ「うわー!!」 ドカッ!

f:id:hgo687:20151114235314j:plain

ガブリ

リンク「…なっ!?」

f:id:hgo687:20151114235407j:plain

リンク、脱落。

恐竜「ギャオオーン!!(へっ、これで厄介な奴が消えたぜ。」

サトシ「リンクー!!」

f:id:hgo687:20151116230801j:plain

ヨッシー「リンクさんまでやられるなんて…。 やっぱり、あのボスは強すぎるじゃありませんか!!」

マリオ「だから、ボスはそういうもんだってば。」


現在の状況。

・ボスの体力 343/550

・得点

クッパ 72 (リタイア)
伊401 47
リンク 46 (リタイア)
ロゼッタ 32
マリオ 0
ルイージ 0
ヨッシー 0
サトシ 0




あとがきかなにか。

皆さん、お待たせして申し訳ありませんでした。 ようやく、10話目を投稿することができました。

最終競技はチーム対向リレーとかを考えていましたが、それはありきたりな競技なので敢えてバトル系の競技にしました。

ちなみに、恐竜の性別は♀(メス)という設定です。

がっつりの肉食系の女性っていうのも、悪くないですよね。

それでは、また。