まさんのフィギュア劇場 第13話 『私たち、トラブルバスターズ!』

前回のあらすじっ☆

f:id:hgo687:20151208212042j:plain

穂乃果「穂乃果だよっ! 今回の"前回のあらすじは、穂乃果のナレーションでやっていくね。」

f:id:hgo687:20151124190521j:plain

穂乃果「前回は、えーっと……マリオがいきなり新メンバーを紹介したんだよね。 で、その新メンバーは絵里ちゃんだったんだ。」

f:id:hgo687:20151127222822j:plain

穂乃果「で、もう時間も夜遅いから穂乃果たちは寝ることにしたんだけど、絵里ちゃんが暗いのが怖いからみんなでトイレに着いていくことにしたんだ。」

f:id:hgo687:20151130213624j:plain

穂乃果「そこで、見慣れない女の子がいたんだけど、マリオによるとその女の子は新メンバーで"パチュリー・ノービレッジ"だったっけ? っていう名前で、人間じゃなくで魔女なんだって!」

f:id:hgo687:20151130215255j:plain

穂乃果「そういえば、ヨッシーがこの画像に何かが写りこんでいるって言っていたけど、そんなことないよね。」

穂乃果「これで、前回のあらすじは以上だよ。 それでは、本編の始まりはじまり!」


~~~~~


f:id:hgo687:20151205001023j:plain

マリオ「というわけで、今回から仲間になる新メンバーの"パチュリー"だ! みんな、仲良くしてね。」

パチュリー「"パチュリー・ノーレッジ"よ、私のことは"パチュリー"でいいわ。 貴方たち、これからよろしくね。」

f:id:hgo687:20151205001157j:plain

北上「うん、わかった! よろしくね、パチュリー。」

大井「それよりも、"というわけで"って何ですか!? いくら前回から続いているとはいえ、説明が適当すぎです!!」

ヨッシー「まあそこは、いわゆる"前回を見てください"ってやつですね。」

f:id:hgo687:20151205001217j:plain

マリオ「ごめんね、大井。 ただ、台本の通りに喋っているだけだから。」

伊401「台本とか言っちゃったよ、この人。」

マリオ「とりあえず、今回はここで終わりにするよ。」

マリオ以外「えぇーっ!?」

f:id:hgo687:20151205221358j:plain

サトシ「え、もう終わりなのか?」

ピカチュウ「ピカピ!?」

ルイージ「このフィギュア劇場で、最も終わるのが早い話になっちゃうよ!?」

f:id:hgo687:20151205190454j:plain

マリオ「だって…もう、ネタ切れなんだもん。」

金剛「oh…。 フィギュア劇場の先行きが不安デース…。」

???「お困りのようね。」

パチュリー「…誰?」


f:id:hgo687:20151208212709j:plain

真姫「クールで冷静沈着、ユニットの頭脳、西木野真姫!」

f:id:hgo687:20151208213644j:plain

にこ「にっこにっこにー!! 可愛い担当、矢澤にこ!」

f:id:hgo687:20151208215618j:plain

絵里「そして、リーダーの絢瀬絵里!」

f:id:hgo687:20151206223105j:plain

絵里「3人合わせて…」

にこまきえり「私たち、トラブルバスターズ!!」

一同「………。」

伊401「…なんか、痛い3人組がいるんだけど…。」

f:id:hgo687:20151206224103j:plain

ルイージ「やっぱり、今回はここで終わりにしようか。」

パチュリー「そうね、前回より短いけど仕方ないわね。」

マリオ「しかし、次回のフィギュア劇場はどうするんだろう?」

f:id:hgo687:20151206232857j:plain

絵里「うぅっ…、せっかく考えたのに…。」

にこ「絵里…、元気だして。」

真姫「ちょっと!! 少しくらい私たちの話を聞きなさいよ!」

f:id:hgo687:20151207000746j:plain

マリオ「ごめん…、3人共。」

金剛「Oh, Sorry. それで、"Trouble Busters"って何デスか?」

f:id:hgo687:20151208012638j:plain

絵里「よくぞ、聞いてくれたわね! 私たち"トラブルバスターズ"は、誰かの悩み事や困り事を解決するために結成したの!」

真姫「また、トラブルが起きた時も速攻で現場に駆けつけてささっと解決するわ!」

にこ「だから、あんたたちも悩み事があるのならにこたちが解決してあげるわよ?」

f:id:hgo687:20151208174339j:plain

ヨッシー「といわれましてもね…、悩み事なんてありませんね。」

サトシ「俺も…、悩み事なんてないかな。」

大井「私は、北上さんさえいれば問題ありません。 …それに、だいたいトラブルなんて起きる筈がないじゃないですか。」

???「うわーん!! 助けてーーー!!」

f:id:hgo687:20151208181547j:plain

北上「……大井っち、早速起きてるみたいだけど…?」

大井「なんで、こう都合よくこういう話の展開になるんですか!?」

伊401「たぶん、ご都合主義ってやつかも。」

f:id:hgo687:20151208211511j:plain

絵里「さっそく、私たちの出番ね。」

にこ「早くいきましょう!」

真姫「というか、さっきの悲鳴は穂乃果の悲鳴みたいね。 全く馬鹿穂乃果は…、今度は何をやらかしたのかしら。」


~~~


f:id:hgo687:20151209004151j:plain

ムックル「ムックール!」

穂乃果「駄目だよ、このパンは穂乃果のものなんだから! 放してよ。」

f:id:hgo687:20151209223022j:plain

にこ「叫び声を聞いて駆けつけたら…。」

絵里「あら、穂乃果じゃない! 何をしているのかしら?」

真姫「いったい、今度は何の問題を起こしたっていうの?」

f:id:hgo687:20151209223119j:plain

穂乃果「穂乃果は、何もしてないよ! 穂乃果がパンを食べようとしたら、いきなりこの鳥ポケモンがパンを盗ろうとしてきたんだよ。」

ムックル「ムックー!」

f:id:hgo687:20151209223456j:plain

サトシ「あれは、ムックル!? よーしピカチュウ、穂乃果を助けるぞ!!」

ピカチュウ「ピカピッカァ!」

絵里「その必要はないわ、私たち"トラブルバスターズ"に任せなさい!」

サトシ「へ?」

にこ「真姫、あんたの出番よ!」

f:id:hgo687:20151209224155j:plain

真姫「…仕方ないわね。 穂乃果、助けにきたわよ!」

穂乃果「ありがとう、真姫ちゃん!」

f:id:hgo687:20151209224541j:plain

穂乃果「…って、え!?」

ドッカーン!!


f:id:hgo687:20151209225105j:plain

一同「………。」

f:id:hgo687:20151209225203j:plain

ムックル「ム…、ムックル… 。」

穂乃果「あ…、あ… 。 ほ、穂乃果のパンがあぁぁぁ!!」

ヨッシー「そこですか!?」

f:id:hgo687:20151209225650j:plain

絵里「今回も無事、トラブルを解決できたわね!」

にこまき「そうね!」

ルイージ「いやいやいや、してないから!!」

f:id:hgo687:20151209230247j:plain

穂乃果「穂乃果のパン………。」

マリオ「…穂乃果ちゃん、パンならいくらでも買ってあげるから元気出してよ。」

f:id:hgo687:20151209230648j:plain

穂乃果「ええっ、本当!? マリオだーい好き!!」

マリオ「わわっ!?」

絵里「ちょっと、穂乃果に抱きつかれるなんて認められないわぁ!」

f:id:hgo687:20151209231158j:plain

ルイージ「そうだ、そうだ! 兄さんだけずるい!!」

金剛「そうデース、私だってテイトクを抱きしめたいデース!」

ヨッシー「二人とも、言っている場合ですか!?」

f:id:hgo687:20151209231353j:plain

北上「なんか、騒がしくなってきたね。」

大井「ほっときましょうよ、あんなの。」

伊401「じゃあ、今回はここで終わりにしようか。」

パチュリー「そうしましょう。」

f:id:hgo687:20151209231750j:plain

マリオ「この状況、どうにかしてくれー!!」




あとがきかなにか。

またもや、投稿ペースが遅れてしまって申し訳ありませんでした。

発売日と同日に買った「マリオ&ルイージ ペーパーマリオMIX」があまりにも楽しすぎて、そっちばっかりやっていたのが原因です。

あと、今回のトラブルバスターズは、ラブライブに登場するμ'sのユニット"BiBi"の曲、"Trouble Busters"が元ネタです。 ただ、ほぼ元ネタ関係無いです。

この曲、僕的には同じ"BiBi"の曲である"ラブノベルズ"並みのネタ曲だと思っています。

次回も楽しみにしていてください!

それでは、また。