読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

figma 南ことり

ついに、待ちに待ったことりちゃんのfigmaを、今日やっと購入することが出来ました! ラブライブfigmaの3人目です。

今回紹介するのはもちろん、「figma 260 南ことり」です。

早速、紹介していきたいと思います。

f:id:hgo687:20151215141759j:plain

パッケージの色は、ことりちゃんのイメージカラーである白色(灰色)。

色のせいか、パッケージがショボく見えます。

f:id:hgo687:20151215143140j:plain

箱から出した、ブリスターはこんな感じです。

相変わらず、中身の構成が前2人と同じです。 (むろん、中身の内容物は違いますが。)

まずは、フィギュア本体から見ていきます。

f:id:hgo687:20151215162745j:plain

f:id:hgo687:20151215162802j:plain

f:id:hgo687:20151215162819j:plain

f:id:hgo687:20151215162921j:plain

ことりちゃんを象徴する、"とさか"とサイドテールがよく再現されています。

しかし、開封してすぐ思いましたが、穂乃果ちゃんや絵里ちゃんのfigmaと比べるとフィギュアの身体が細く感じました。 ことりちゃんって、そんな身体つきだったっけ?

次は、表情パーツ。

通常顔(微笑み顔)。

f:id:hgo687:20151215213559j:plain

ウィンク顔。

f:id:hgo687:20151215215838j:plain

困り顔。

f:id:hgo687:20151215213944j:plain

↑の困り顔は一見ニコニコしているように見えますが、笑顔ではありません。 眉が八の字になっています。

ちなみに、この困り顔。 解説が、"穂乃果に振り回される「困り顔」"と。

………これ、穂乃果ちゃんに対しての悪意を感じるんですが。


それはさておき、次はオプションパーツです。

f:id:hgo687:20151215220608j:plain

毎度、ラブライブfigmaでお馴染みの"ペンライト"。

ペンライトの色は、キャラのイメージカラーの白色。 (どちらかというと、灰色ですが。)

ネット上で、ラブライブfigmaにペンライトを持たせている画像に対して、「ペンライトを持つのは観客の方でアイドル(この場合は、穂乃果ちゃんたちμ'sを差す)は持つ方じゃないから…。」みたいなコメントをよくみかけますが…。

…チッチッチッ! ラブライブfigmaで遊ぶとき、ペンライトはこのように使います。

f:id:hgo687:20151215221350j:plain

ペンライトをビームソード代わりに、こういうバトルものを…ね。 (いや…、使い方かなり間違えている…。)


…気を取り直して、次です。

f:id:hgo687:20151215222331j:plain

スケッチブック。 それと、ペンを持っている手首パーツです。 (ペンは、手首パーツと一体となっているので外せません。)

(アニメの)設定では、ことりちゃんはμ'sの衣装担当で、衣装のデザインはこのスケッチブックに描いているみたいです。

f:id:hgo687:20151215222616j:plain

ちなみに、スケッチブックはこのシールを貼ってから使います。

f:id:hgo687:20151215223320j:plain

通学かばん。 ことりちゃんの通学かばんは、大きなリボンが特徴的ですね。 こんな大きなリボンをかばんに付けている人って、リアルにいるのだろうか?


…という訳で、紹介は以上です。

今回紹介した「figma 南ことり」は、僕的にしっくりきませんでした。 多分、イメージ画像と現物の差がありすぎたのかもしれません。

次は、来年1月発売の園田海未を楽しみにしてます。



おまけ

f:id:hgo687:20151216002020j:plain

通学路でよく見かける光景。

…え? 見ない?

ちなみに、クリーパーのフィギュアはこういうセットに入っていました。

f:id:hgo687:20151215141402j:plain

完全に外国の輸入品なので、パッケージは裏側まで全て英語で書いてありました。

以上です。