まさんのフィギュア劇場 第16話 『amiibo会議?3』

※注意
今回の話は、第3話以来となる"総統閣下"のパロディです。 それが駄目な人は、ブラウザバッグ推奨です。


f:id:hgo687:20151225233014j:plain

マリオ「メリークリスマス!!」

ルイージ「イェーイ! 今日は、クリスマスだー!!」

f:id:hgo687:20151225233135j:plain

ヨッシー「あ、マリオさんにルイージさん。 今日の夜、ここにサンタクロースが来るらしいので私はもう寝てきます。」

マリオ「え…、あ…ああ。」

真姫「え!? サンタさんが来るの!? …こうしちゃいられないわ、私も早く寝ましょう。」

ルイージ「あ、うん…。」

f:id:hgo687:20151225234207j:plain

マリオ、ルイージ「………。」

マリオ「…僕たちも寝ようか。」

ルイージ「…そうだね、兄さん。」


~そのころ~


f:id:hgo687:20151224141133j:plain

amiiboマリオ「また、緊急収集で呼びだされたんだけど…。 今日は、何をするんだろう?」

ドンキー「もしかして、今日こそクッパとヤれるのか…!?」

ファルコ「それはねーよ!!」

ロゼッタ「もしかしたら、クリスマスプレゼントが貰えたりするかもしれませんよ?」

ゼルダ「そういえば、今日はクリスマスでしたね。」

f:id:hgo687:20151224142852j:plain

ダックハント (イヌ)「ワン! ワワン!」 (カモ)「皆さん、おはようございます!」

amiiboヨッシーダックハントは、今日も元気だな。」

クッパ「おお、オマエたち。 すでに全員集まってくれていたのか、感謝する。 それと、クリスマスプレゼントの代わりとして新しいメンバーを連れて来たぞ!」

f:id:hgo687:20151224142910j:plain

クッパjr.「クリスマスプレゼント!?」

リンク「ロゼッタの予想通りですね、それで新メンバーは誰なんですか?」

クッパ「では、早速紹介しよう。 オマエら、入ってこい!」

f:id:hgo687:20151224142955j:plain

WFトレーナー「毎日身体を動かして、健康を維持しましょう。 私は、"Wii Fit トレーナー"です! フィットレと略して呼んでも、構いません。」

ミュウツー「我こそは最強のポケモンミュウツーだ!!」

一同「………。(確かに最強だけども…、厨二キャラなのか!?)」

f:id:hgo687:20151224143303j:plain

ダックハント (カモ)「(というか、この2体のamiiboは1ヶ月前に買ったやつじゃないですか。 登場するのが、今さらですよね。)」

クッパ「オマエたち、新しいamiiboと仲良くするをだぞ!!」

f:id:hgo687:20151224160818j:plain

Dr.マリオクッパ総統、例のクリスマスパーティ用に買ってくるチキンの件のことですが。」 タッタッタッ

f:id:hgo687:20151224160943j:plain

クッパ「おお、ご苦労だったなドクターマリオ。」

Dr. マリオ「それで、作者の買ってきたチキンが判明しました。」

クッパ「おおっ、そうか。 それで、もちろんケンタッキーのチキンなんだろうな。」

f:id:hgo687:20151224161010j:plain

Dr.マリオ「…クッパ総統、それが実は……。」

クッパjr.「どうやら、作者の買ってきたチキンはモスバーガーのモスチキンみたいなんだ…。」

f:id:hgo687:20151224161055j:plain

amiiboリンク「ケンタッキーに行くには電車を使わないと行けないので、歩きで行けるモスバーガーにしか行かなかったそうです。」

クッパjr.「お父さん、今年はクリスマスパーティにケンタッキーのチキンは諦めるしかないよ…。」

f:id:hgo687:20151224161237j:plain

クッパ「………。 モスチキンが決定したことに、『よっしゃー、モスチキンだ!! ケンタッキーのチキンなんて時代遅れ。』などと思っているやつはここに残れ。 アンポンタン…。」

f:id:hgo687:20151225092323j:plain

ゾロゾロゾロ

バタン!

f:id:hgo687:20151225092346j:plain

ダックハント (イヌ)「ワン! ワワワワン!!」 (カモ)「では、私たちは散歩に行ってきます!」

クッパ「ああ、わかった…。」

f:id:hgo687:20151225092426j:plain

ギィー、バタン!

クッパ「いったいどういうことだ!!」

クッパ「ワシはな、クリスマスの日にケンタッキーのチキンを食べれることを楽しみにしていたんだぞ!」

クッパ「ケンタッキーのチキンはな、ワシの大好物なんだぞ!!」

クッパ「それなのに、『行くのが面倒くさいし、電車代かかるから』という理由でケンタッキーに行くのをやめてモスバーガーに行っただと?」

f:id:hgo687:20151225092836j:plain

クッパ「そんなしょうもない理由で、ケンタッキーに行くのを諦めたまさんなんて大っ嫌いだ!」

f:id:hgo687:20151225092948j:plain

amiiboリンク「ですが総統、目的のお店が遠いから近くの別のお店に行くことにするのは、誰だってそうしますよ?」

クッパ「うるせぇ、モスチキンが食べれるからって喜んでいるオマエたちも大っ嫌いだ!! ケンタッキーのチキンを食べれないワシの気持ちも考えろ、バーカ!」

amiiboリンク「モスチキン、美味しいじゃないですか。 それに、またこのやりとりをやるのですか…?」

クッパ「ワシだってな、極力このパターンのやりとりをしたくないんだよ!」

バシン!

f:id:hgo687:20151225093100j:plain

クッパ「畜生めーーー!!」


f:id:hgo687:20151225221536j:plain

クッパ「それで、ワシがなぜケンタッキーのチキンにこだわり、大好きなのかを教えてやろう。」

クッパ「ワシが初めてケンタッキーのオリジナルチキンを食べた時、ワシは思わず『うおっ!』と感じたのだ。 この世のものとは思えない、美味しいチキンだったからな。」

クッパ「しかも、1ピース250円でモスチキンよりも20円安い。 5人家族分で考えるなら、ケンタッキーのオリジナルチキンは1250円でモスチキンは1350円になる。」

f:id:hgo687:20151225221442j:plain

クッパ「これは、まさんの判断力が足らんかったー。」

クッパ「確かに、まさんの家からはケンタッキーに行くよりもモスバーガーの方が近い。 だが、モスチキンよりも安くて美味しいチキンが食べられたんだぞ!!」

f:id:hgo687:20151225221910j:plain

クッパ「電車代往復400円使ってでも、行くべきだったのだ! そう、ケンタッキーに!!」

クッパ「そうすれば、ワシがこんな思いをすることもなかった。」

Dr.マリオ「(いや…、結局どちらにしろモスチキンの方が安いのですが…。)」

クッパjr.「(それに、ボクたちはモスチキンで充分なんだけど…。)」


f:id:hgo687:20151225222103j:plain

クッパ「ワシは、ケンタッキーのチキンを見るだけで、ウハウハしてしまうのだ!」

クッパ「あの高級感溢れるフライドチキンの見た目と、ジューシーなチキンの匂いにな。」

クッパ「それにな、ワシがケンタッキーのオリジナルチキンの一番好きなところはな…。」

f:id:hgo687:20151225222456j:plain

クッパ「ふわふわした衣と、チキンの歯ごたえぷるんぷるん!」

クッパ「その食感が、ワシを虜にさせたのだ。 ワシは、ケンタッキーのオリジナルチキンを越えるチキンはこの世にはないと宣言したい!!」

f:id:hgo687:20151225231110j:plain

シーク「うっ、うっ…。」 ポロポロポロ

ロゼッタファミチキの方が、よっぽど美味しいと思うのですが…。」


f:id:hgo687:20151225222609j:plain

クッパ「もういい…、ケンタッキーのチキンがたべられないのなら、クリスマスパーティは中止だ。」

クッパ「買ってきたモスチキンは、まさんとまさんの家族で食べることにさせる…。」

クッパ「それと、皆さんに言うのが遅くなりましたが、メリークリスマス。 皆さんはワシみたいにならず、クリスマスを楽しく過ごしてください…。」

f:id:hgo687:20151225222644j:plain

クッパ「………。」




あとがきかなにか。

メリークリスマス!! 皆さんは、楽しいクリスマスをすごせましたか?

僕は、いたって普通のクリスマスを過ごしました。

ところで皆さんは、フライドチキンは好きですか? 僕は、セブンイレブンの"揚げ鶏"が好きです。

それと、今回の話で出た"モスチキン"は実際に買っています。

f:id:hgo687:20151225184659j:plain

5ピース分買いました。

f:id:hgo687:20151225185053j:plain

モスチキンは、衣がサクッとしていて味はさっぱりしています。 美味しいので、是非一度食べてみてはいかがでしょうか?

次回も、楽しみにしていてください!

それでは、また。