読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさんのフィギュア劇場 第20話 『2016年、最初の新メンバー』

f:id:hgo687:20160114234257j:plain

マリオ「それじゃ、みんな戻ろうか!」

ルイージ「そうだね!」

赤城「早く戻って、お寿司を食べたいです。」

金剛「赤城は、相変わらずブレないですネー。」


~前回のあらすじ~


f:id:hgo687:20160107203710j:plain

新年になり、amiiboたちと挨拶を交わすマリオとルイージ

年が開けたということで、マリオは新しいことにチャレンジしようと考えていた。

f:id:hgo687:20160107204541j:plain

そこに、金剛と赤城がマリオに「提督にならないか」と提案するも、マリオは悩んでしまう。

f:id:hgo687:20160107213359j:plain

そのとき、榛名が慌てて登場。 榛名は、この場所が深海棲艦に襲撃されていることをマリオたちに伝え、マリオたちは深海棲艦に対抗すべく立ち向かうことにした。

f:id:hgo687:20160109234801j:plain

その深海棲艦は"空母ヲ級"であったのだが、艦娘たちの攻撃が全く通用せずどうにもならなかった。

f:id:hgo687:20160110215732j:plain

しかし、空母ヲ級は空母なのに艦載機を忘れるというアホなやつだったため、途中で到着した金剛たちを含めた艦娘6名の集中砲火を喰らい撃退されてしまった。

f:id:hgo687:20160110221042j:plain

そして見事、艦娘たちは勝利を収めるのであった。


~~~


f:id:hgo687:20160121203309j:plain

マリオ「ただいま!」

ルイージ「前回は色々あったけど、今はこたつに入りたいな。」

大井「北上さんの手、とても暖かいです!」

北上「大井っち…それはいいんだけどさ、アタシの手を強く握りすぎだよ…。」

大井「あっ…、北上さん。 すみません、つい。」

f:id:hgo687:20160121203510j:plain

伊401「あれ? このフィギュア劇場のメンバーのほとんどが、ここに集まっていない?」

金剛「本当ですネー。」

榛名「何か、あったのでしょうか?」

f:id:hgo687:20160121204019j:plain

トゥーンリンク「あっ、みんな! マリオたちが来たよ!」

アスナ「これで、ようやく揃ったみたいね。」

f:id:hgo687:20160121203930j:plain

ダックハント (イヌ)「ワン、ワワン!」 (カモ)「マリオさん、お帰りなさい!」

ロゼッタ「どうやら、無事深海棲艦を撃退したみたいですね。」

f:id:hgo687:20160121221026j:plain

マリオ「そうなんだ! しかし、相手がアホだったから被害が1つも出なくて良かったよ。」

ロゼッタ「それは良かったですね。」

ルイージ「それよりもさ、どうしてみんなはここに集まっているの?」

赤城「何か、重要なことをされるのですか?」

f:id:hgo687:20160121221343j:plain

真姫「どうやら、新メンバーが来るらしいんだけど、今年初めての新メンバーだからみんなで歓迎することになったの。」

にこ「それで、にこたちはここに集まったってワケ!」

ことり「ちなみに、新メンバーはヨッシーさんが呼んで来ています!」

伊401「新メンバー!?」

f:id:hgo687:20160121221446j:plain

穂乃果「それにしても、メンバー全員で新メンバーを歓迎するのって第1話以来だよねー。」

絵里「えっ、そうなの?」

f:id:hgo687:20160121221904j:plain

ルイージ「そういえば、そうだったね。」

榛名「あの時の新メンバーは、確かリンクさんと真姫さんでしたよね。」

リンク「ああ、俺と真姫の2人が新メンバーとして歓迎されたんだよな。」

伊401「でも、第1話で新メンバー登場って、色々とおかしかったんだけどね。」

f:id:hgo687:20160121222118j:plain

マリオ「…あれ? それよりも、ファルコとドクターマリオはどこに行ったの?」

ロゼッタ「あの2人は、クッパを呼びに行きましたよ。 そろそろ、戻って来ると思いますが…。」

マリオ「そうなんだ。」

f:id:hgo687:20160121232704j:plain

Dr.マリオ「ただいま戻って来ました。」

ロゼッタ「おや、クッパはどうしたのですか?」

ファルコ「すまねぇ、ロゼッタ。 クッパの奴、未だにクリスマスの時にケンタッキーのチキンが食べられなかったことを引きずっていて、部屋から出てこないんだ。」

f:id:hgo687:20160121234135j:plain

ロゼッタクッパは、まだあの時のことを悔やんでいたのですか!?」

サトシ「よっぽど、ショックだったんだろうな。」

ピカチュウ「ピカァ…。」

f:id:hgo687:20160122113808j:plain

アスナ「全く、男のくせにいつまでもウジウジするなんて!」

パチュリー「で、どうするの? クッパ抜きで、新メンバーの歓迎をするのかしら?」

f:id:hgo687:20160122113913j:plain

Dr.マリオ「そうするしかありませんね…。」

ファルコ「仕方ねぇ、クッパ抜きでやるしかないな。」

ヨッシー「皆さーん、新メンバーを連れてきましたよ!」

真姫「ヨッシーが来たみたいね。」

f:id:hgo687:20160122114630j:plain

ヨッシー「新メンバーは、キノピオさんです!」

キノピオ「みなさんこんにちは。 ぼく、"キノピオ"といいます。 これから、よろしくおねがいいたします!」

マリオ「そうか、新メンバーはキノピオだったんだね。 これから、よろしくね!」

ルイージ「よろしく!」

キノピオ「! マリオさんに、ルイージさん…!!」

f:id:hgo687:20160122115410j:plain

一同「よろしくね!」 「よろしくな!」 「よろしくお願いします。」

f:id:hgo687:20160122120509j:plain

伊401「やったー、新メンバーが来た!! あ、私のことは"しおい"って呼んでね!」

トゥーンリンク「ぼくは、トゥーンリンク。 キノピオ、これから共に仲良くしていこうね!」

キノピオ「しおいさん、トゥーンリンクさん、ありがとうございます! これから、なかよくしましょうね。」

f:id:hgo687:20160122115859j:plain

クリボー「ところで、1つだけ思ったことがあるんだが、キノピオのセリフに漢字が使われていないのはなんでだ?」

ヨッシー「あ、それはですね、このキノピオさんはハッピーセットのおもちゃだからです。」

クリボー「なるほど、子ども向けのおもちゃだから文字も漢字は使われていないんだな。」

ヨッシー「そういうことです!」

リンク「お前ら…、話がメタすぎるぞ?」

f:id:hgo687:20160122120814j:plain

マリオ「みんな、新たに入ったキノピオをよろしくね!」

マリオ、キノピオ以外「はーい!」

f:id:hgo687:20160122121748j:plain

ヨッシー「それでは、今回はここで終わりにしたいと思います。」

キノピオ「じかいも、たのしみにしていてください!」




あとがきかなにか。

皆さんすみません、前回の話からかなり投稿が遅れてしまいました。

楽しみにしていた方々には、本当に申し訳ないです。

今回、新たにメンバーに加わったキノピオは、ハッピーセットの子ども向けのおもちゃなので、セリフに漢字を使わないという試みをしてみました。

若干セリフが読みづらいと思いますが、個性を出したかったのでこうしてみました。

次回は、何をするか未定です。

次回も、楽しみにしていてください!

それでは、また。