まさんのフィギュア劇場 第22話 『みんなで豆まき』

数日前、~2月3日~

f:id:hgo687:20160212153044j:plain

マリオ「鬼はー外、福はー内。」

榛名「鬼は外ー、福は内ー。」

キノピオ「きょうは、せつぶんのひですね!」

f:id:hgo687:20160212153202j:plain

トゥーンリンク「鬼は外、福は内。」

ルイージ「お兄さんは外、弟は内。」

f:id:hgo687:20160212153934j:plain

マリオ「こらー、ルイージ!! "お兄さんは外、弟は内。"ってなんだー!!」

ルイージ「ゴメンゴメン、兄さん。 こうした方が、ユーモアがあって面白いかと…。」

トゥーンリンク「一応、豆まきは伝統的な行事なんだけど…。」

f:id:hgo687:20160212154109j:plain

ロゼッタ「皆さん、こんにちは!」

クッパ「おおっ、マリオたちではないか! 久しぶりだな。」

マリオ「おっ、クッパ! 久しぶりだね。」

Dr.マリオ「このamiibo3体が揃うのも、久しぶりですが。」

f:id:hgo687:20160212154427j:plain

キノピオ「わわわ、マ…マリオさん!? ク、クッパです、どどどどうしましましましょう!?」

マリオ「キノピオ、落ち着いて。 そのクッパは、僕たちの仲間だよ。」

キノピオ「え…、そ、そうなんですか!? …マリオさんがそういうのなら、あんしんです。」

f:id:hgo687:20160212154505j:plain

ルイージ「そういえば、amiiboクッパとは約1ヶ月ぶりだね。」

トゥーンリンク「確か、クリスマスにケンタッキーのチキンが食べられなかったから、拗ねてたんだっけ?」

f:id:hgo687:20160212154532j:plain

ロゼッタ「そのことなんですが、この間作者がケンタッキーのチキンを買ってきたら、機嫌が良くなりましたよ。」

Dr.マリオ「その時まで、我々amiiboたちとも面会を拒否していましたね。」

クッパ「オ、オマエたち! そのことは、内緒にしろって言ったじゃないか!!」

f:id:hgo687:20160212154610j:plain

榛名「そうだったんですね。」

マリオ「何気に、クッパも可愛いところがあるじゃないか。」

f:id:hgo687:20160212154659j:plain

クッパ「う、う…うるさい!! 黙れ!」

Dr.マリオ「これは、照れていますね。 ツンデレってやつでしょうか?」

ロゼッタ「ところで、マリオ。 先程から気になっていましたが、何をされているのですか?」

f:id:hgo687:20160212154723j:plain

マリオ「今日は節分の日だから、豆まきをしているんだ。」

榛名「ちなみに、豆まきに使用している豆は"大豆"です。 大豆だと、厄を払う力が強いらしいです。」

ロゼッタ「へぇー、そうなんですか。」

f:id:hgo687:20160212154825j:plain

クッパ「ワシも、豆まきしようかな?」

Dr.マリオ「いいんじゃないですか?」

???「うひょー、豆が沢山ありますよ!!」

クッパ「ん?」

f:id:hgo687:20160212155535j:plain

赤城「お腹も空いてますし、好都合ですね。」

ヨッシー「では、いっただきまーす!!」

ロックマン「ちょ、ちょっと2人とも!!」


ガリガリ、ムシャムシャ。


f:id:hgo687:20160212224633j:plain

ヨッシー「はあー、美味しかったです。」

赤城「この大豆、上々ね。」

f:id:hgo687:20160212224954j:plain

マリオ「こらー!! 豆まきに使用した豆を勝手に食べるなー!!」

赤城「す、すみません、つい…。」

ルイージ「豆まきっていうのは、豆をまくことで自分に憑いている厄を払うわけなんだよ? そんな、厄の憑いた豆を食べるなんて…。」

ヨッシー「…ということは、ルイージさんたちの厄がわたしたちに憑いたんですか!? 他の方の厄ならともかく、ルイージさんの厄が憑くなんて最悪です…。」

ルイージ「ちょっ、それひどくない?」

f:id:hgo687:20160212225136j:plain

ロックマン「全く…、二人とも…。」

トゥーンリンク「食い時が張りすぎだよ。」

f:id:hgo687:20160212225258j:plain

クッパ「マリオ、ワシも豆まきをやりたいのだが。」

ロゼッタ「私も、豆まきをやりたいです。」

マリオ「豆なら沢山あるから、好きに豆まきをしていいよ!」

クッパ「本当か? ありがとう、マリオよ。」

f:id:hgo687:20160216183607j:plain

Dr.マリオ「では、やりましょうか。」

クッパロゼッタ「鬼は外ー、福は内ー。」

Dr.マリオ「鬼は外、福は内。」

クッパ「ガハハハハハ、豆まきとは楽しいものだな!」

f:id:hgo687:20160215232913j:plain

穂乃果「ねえねえ、マリオ。 穂乃果たちも豆まきをしたいから、豆を貰ってもいい?」

ことり「お願い♪」

f:id:hgo687:20160215233709j:plain

マリオ「ん、ああ。 豆ならまだ沢山あるからいいよ!」

穂乃果、ことり「ありがとう、マリオ!」

穂乃果「よーし、穂乃果も豆まきをするぞー!!」

f:id:hgo687:20160216183853j:plain

海未「穂乃果、ことり、ここにいたんですね。」

ことり「あっ、海未ちゃん!」

f:id:hgo687:20160216184935j:plain

穂乃果「鬼はー外、福はー内。」


海未「………。」

ことり「…ほ、穂乃果ちゃん…。」

f:id:hgo687:20160216192432j:plain

海未「ほーのーかーぁ!! これは、いったいどういうことですか!? それほど私のことを、鬼みたいだと思っていたのですか!!」

穂乃果「ち、違うよ、そんなこと思ってないよ!?」

海未「今日という今日は、絶対に許しません!!」

f:id:hgo687:20160216215652j:plain

穂乃果「ま、待ってよ。 穂乃果が投げた豆まきの豆が、たまたま海未ちゃんに当たっただけだよ!?」

ことり「そ、そうだよ、海未ちゃん。」

海未「問答無用です! 穂乃果、あなたのその腐った根性を叩き直してやります!!」

穂乃果「ひぃぃぃぃぃ!!」

f:id:hgo687:20160216202055j:plain

ルイージ「こ、これはいくらなんでも酷すぎるよ…。」

ヨッシー「(これは、まさしく鬼ですね。)」

マリオ「(うん、鬼だね。)」




あとがきかなにか。

かなり遅れましたが、節分ネタです。

毎度毎度更新が遅れてしまって、楽しみにしてくださっている方々には本当に申し訳ありません。

一つ豆まきの豆知識。 節分の豆は自分の年と同じ数だけ食べると、体が丈夫になり風邪になりにくいという習わしがあります。

しかし僕は、節分の豆を年の分食べて風邪を引いてしまいました。

そのせいで、更新が遅れてしまいました。(単なる、言い訳に過ぎない。)

ちなみに、今回使った豆はリアルの豆(煎り大豆)で、後でスタッフ(まさん)が美味しくいただきました。

次回も、楽しみにしていてください!

それでは、また。