S.H.Figuarts クッパ

今回は、前回予告していた通り「S.H.Figuarts クッパ」を紹介したいと思います。

ちなみに、家に届いたのは4月27日で、約2週間近く経っての紹介です。

まずは、パッケージから。

f:id:hgo687:20160428005928j:plain

うわっ、パッケージの箱が物凄く大きいです。 それほど、クッパの大きさをイメージしたパッケージみたいです。

なお、このフィギュアはプレミアムバンダイの予約のみの販売なので、一般販売はしていません。

ちなみに、このフィギュアの値段は約7000円くらいしました。

f:id:hgo687:20160428010230j:plain

セット内容は、

・取扱説明書

・フィギュア本体

・交換用手首(左右1つずつ)

・交換用下あご

・交換用下あご(火の玉付き)

・アーム(支柱)

・専用台座

の以上です。


次は、フィギュア本体を見ていきます。

f:id:hgo687:20160430234041j:plain

f:id:hgo687:20160430234102j:plain

f:id:hgo687:20160430234542j:plain

f:id:hgo687:20160501001352j:plain

可動式フィギュアになってもこの貫禄、威厳のあるクッパを再現出来ています!

しかし、このフィギュアはなんと言ってもボリュームがデカイ!

大きさ比較の為、同じフィギュアーツのマリオと比べてみました。

f:id:hgo687:20160511020440j:plain

高さ自体はマリオとさほど変わらないのですが、横幅は2倍近くあります。

次に、交換用手首パーツ。

f:id:hgo687:20160511234556j:plain

いわゆる、"爪を立てている手"(?)です。

ゲーム等で、よく見かける手のポーズですね。

f:id:hgo687:20160511235325j:plain

クッパの手首パーツをこのパーツに交換してみたら、こんな感じになります。

ゲームキューブ時代のマリオパーティの、公式アートワーク(イラスト)を思い出します。

f:id:hgo687:20160511234620j:plain

一応、両手首パーツを比較してみました。

左側が交換用手首パーツで、右側が開封時にフィギュア本体に付いていた手首パーツです。

交換用手首パーツは、フィギュア本体に最初から付いている手首パーツと比べると、あまり違いが見られません。

次は、交換用下あごパーツ。

f:id:hgo687:20160512001511j:plain

大雑把に言うと、クッパの口を大きく開けるパーツです。

「S.H.Figuarts ヨッシー」と違って、口は開閉式では無いのでパーツをいちいち交換しなくてはなりません。 (しかも、歯というかキバに指が当たると物凄く痛いです。)

このパーツで、クッパが雄叫びをあげるシーンや笑うシーンを再現することができます。

f:id:hgo687:20160512232353j:plain

また、火の玉付きの下あごパーツもあり、クッパの炎攻撃を再現することができます。

ただし、この火の玉付きのパーツは火の玉を取り外すことはできません。 どっちかと言うと、火の玉攻撃よりも"ファイアブレス"と言った方が正しいのかも…。

f:id:hgo687:20160512232749j:plain

横から見ると、火の玉を吐いているっていうのがよくわかります。

また、この火の玉は「S.H.Figuarts ファイアマリオ」のファイアボールとは違い、炎がかなりクリアになっています。

そして、台座とアームです。

f:id:hgo687:20160513002119j:plain

アームの大きさは「S.H.Figuarts ヨッシー」と同じ大きさです。

また、台座の色が今回は灰色になっています。 マリオ、ルイージヨッシーファイアマリオのフィギュアーツは台座が緑色でした。

恐らく、マリオ達の台座が緑色なのは「草原」をイメージしていたので、今回の台座が灰色なのは「お城」をイメージしたんだと思います。


紹介は、以上です。

今回のフィギュアレビューは、自分的に適当になってしまいましたがどうでしょうか?

この「S.H.Figuarts クッパ」は、可動式フィギュアとしてはもの足りないのですが、それを上回るボリュームのお陰でフィギュアとしては素晴らしい出来です!

個人的に、今まで購入したフィギュアの中で3番目位に満足できたフィギュアです。 (ちなみに、1番は「S.H.Figuarts 東條希」です。)


それでは、今回はこれで終わりにしたいと思います。

次回のフィギュアーツのレビューは、「S.H.Figuarts 園田海未(僕らは今のなかで)」です。



おまけ

f:id:hgo687:20160513015258j:plain

この2体のフィギュアを並べて、ラストステージの最後の対決シーンっぽく再現。

これだけでも、充分迫力のある対決シーンになります。

以上です。