読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさんのフィギュア劇場(2S) Ep.5

第27話『ひとときの休息』


f:id:hgo687:20161106011339j:plain

鈴谷「艦隊が帰投しましたぁ、お疲れーぃ。」

大鳳「艦隊、泊地に帰投しました。」

f:id:hgo687:20161106010406j:plain

マリオ「みんな、お疲れさま。」

金剛「皆さん、無事でしたカー。」

ルイージ「良かった、大したけがは無いみたいだね。」

f:id:hgo687:20161107014219j:plain

熊野「それよりも、提督。 この空母の方々は、一体何なんですの?」

鈴谷「そうそう。 鈴谷、超気になってたんだよね。 詳しく説明して欲しいんだけど…。」

f:id:hgo687:20161107015611j:plain

マリオ「あ、そうだったね。 実は…彼女達は、もしものことがあったときのために僕が密かに育成していた装甲空母なんだ。」

f:id:hgo687:20161107233941j:plain

ルイージ「へぇー、そうなんだ。」

金剛「つまり、"Hidden fleet girls (秘密兵器の艦娘)"ってことデスかー?」

マリオ「…まあ、そういうことかな。」

f:id:hgo687:20161107022533j:plain

北上「おぉー、秘密兵器ねぇー。 アタシは好きだよそういうの。」

大井「あのー、北上さん? このタイミングで登場してる時点で、秘密兵器じゃ無いと思うんですが…。」

北上「大井っち、細かいことは気にしない!」

大井「あ…はい…。」

f:id:hgo687:20161108013115j:plain

ロックマン「…まさか、ここのマリオは裏で艦娘を育てていたなんて…。」

リンク「裏作業って、大事なんだな。」

f:id:hgo687:20161108010135j:plain

マリオ「それじゃ、待ちに待った新メンバー3人の紹介だよ!」

f:id:hgo687:20161108014529j:plain

伊401「やったー!!」

ヨッシー「待ってました!」

榛名「榛名、感激です!!」

f:id:hgo687:20161108014751j:plain

赤城「ふふっ。 ヨッシーさん達は、新メンバーが来たのが相当嬉しいみたいですね。」

暁「司令官いわく、いつものことですって。」

f:id:hgo687:20161108015453j:plain

パチュリー「いつものこと………間違ってはいないわね。」

ロゼッタ「しかし、榛名さんまでそっち側に行ったとは…。」

f:id:hgo687:20161110214135j:plain

マリオ「それじゃ3人とも、自己紹介をヨロシク!」

f:id:hgo687:20161110214511j:plain

大鳳「では、私からいきます。 私は、大鳳航空母艦1番艦"大鳳(たいほう)"です。 皆さん、宜しくお願いします。」

f:id:hgo687:20161110214953j:plain

翔鶴「次は、私ね。 …翔鶴型航空母艦1番艦"翔鶴(しょうかく)"です。 妹の瑞鶴共々、お世話になります。」

f:id:hgo687:20161110214841j:plain

瑞鶴「同じく、翔鶴型航空母艦2番艦"瑞鶴(ずいかく)"よ! よろしくね。」

一同「3人とも、よろしく(お願いします)!」

f:id:hgo687:20161110215605j:plain

マリオ「よし…、3人の紹介も終わったことだし、みんなこれから自由にしていいよ!」

f:id:hgo687:20161110220715j:plain

鈴谷「じゃあ、鈴谷達はお風呂(ドック)に入ってくるね!」

ルイージ「ドックの場所はわかるよね?」

熊野「えぇ、もちろんですわ。」

f:id:hgo687:20161110221337j:plain

大井「では、北上さん。 お風呂に行きましょうか!」

北上「大井っち? アタシは無傷だから、ドックに入渠しなくても大丈夫なんだけど…。 ま、いっか。」

タッタッタッ…

f:id:hgo687:20161110222530j:plain

ヨッシー「やっぱり、あの2体は相変わらずですねぇ。」

伊401「そうだね。」

f:id:hgo687:20161110222741j:plain

ロゼッタ「あ、そうでした! 私はこれから、amiibo会議?に行かなくてはならないので、これで失礼しますね。」

マリオ「あ、うん。」

f:id:hgo687:20161110223632j:plain

パチュリー「ふわぁ…。 ちょっと眠たいから、私は部屋に戻るわね…。」

ロックマン「はぁー…。 僕も同じく…。」

f:id:hgo687:20161110231637j:plain

リンク「…今ので、結構人数が減ったみたいだが………どうするんだ?」

f:id:hgo687:20161110232524j:plain

ルイージ「それじゃ、今回はこれで終わりにしようかな?」

ピカチュウ「ピカ。」

f:id:hgo687:20161111001411j:plain

ヨッシー「あっ!? ルイージさんに、〆を取られちゃいました!」

暁「うかうかしてるからよ。」

f:id:hgo687:20161110235558j:plain

瑞鶴「じゃあ、私たちはこの間宮アイスでも食べながらのんびりしましょうか。」

大鳳「間宮アイスですか!? いいですね!」

翔鶴「ふふっ、そうしましょうか。」




次回、『amiibo会議?4』

それでは、また。