犬嫌いの桜内さん3

※いつもより、ちょっとだけ長いです。

f:id:hgo687:20170912213735j:plain

クイッ

梨子「うーん…。 なにか、違うわね…。」

f:id:hgo687:20170912213918j:plain

梨子「壁クイが特集されていた週刊誌の切り抜きを、このビニールに入れて持ってきたのはいいけれど…。」

梨子「何故か、雑誌のみたいにいい感じにならないのよね。 どうしたものかしら…。」

f:id:hgo687:20170912214142j:plain

花丸「♪~。 …ずら?」

f:id:hgo687:20170912214216j:plain

梨子「やっぱり、こうした方がいいのかな?」 クイッ

花丸「あそこにいるのは、梨子さん! …よーし、少し梨子さんにイタズラしてみよーっと。」

f:id:hgo687:20170912214410j:plain

梨子「それとも、こっちの方がいいかな?」 クイッ

花丸「そーっと、そーっと…。」 サッ…サッ…

f:id:hgo687:20170912214814j:plain

花丸「わん!」

梨子「っばぁ!?」

f:id:hgo687:20170912215347j:plain

梨子「いやあぁぁぁぁぁぁ!! いぬーっ、犬に殺されるぅぅぅぅぅぅぅ!!」 タタタタタタ…

花丸「ずらー。 マルのイタズラ、大成功ずら!! …って、梨子さん?」

f:id:hgo687:20170912220353j:plain

コナイデー!! リコサンマッテー!!

果南「相変わらず、梨子ちゃんは犬が苦手なんだねー。」

千歌「まさか、犬の鳴きマネでも駄目なんて…。 流石にそれはないよ、梨子ちゃん…。」



犬の鳴き声(マネ)でもパニックになる、桜内さん。

現実でも、苦手な動物の鳴き真似を聞くだけでビビる人っているけど、当の本人にとってはトラウマもんですよね。

しかし、思い付きのネタで作った記事なのに、もう3作品も作ってしまうとは…。

以上です。