まさんのフィギュア劇場(2S) Ep.20

第43話『救出! そして反撃!』


f:id:hgo687:20171104175202j:plain

………。

f:id:hgo687:20171104175412j:plain

クッパjr.「お父さん…。」

赤城「この状況、どうしましょうか…?」

真姫「私に言われたって、どうしようもないんだけど…。」

f:id:hgo687:20171104175429j:plain

ドンキー「ウホホーイ! 偶然ここに来てみたら、まさかクッパ達がケツを出して寝ていやがる。」

ドンキー「きっとこれは、神様がオレにくれたチャンスなんだ!」

f:id:hgo687:20171104175833j:plain

クッパjr.「あれ、ドンキーコングだ。 何をしに来たんだろう…。」

f:id:hgo687:20171104175818j:plain

ドンキー「いやー…しかし、4体のクッパとヤれるとかマジ最高だろ! きっと、日頃の行いがいいからだな!」

クッパjr.「えっ!? もしかして…!!」

f:id:hgo687:20171104175559j:plain

ドンキー「じゃあまずは、このデカイクッパからだな! この大きさなら、絞まりもよさそうだ。」

真姫「ちょっ、あんた何をしようとしてんのよ!?」

ドンキー「もうがまんできねぇ! オレの"BANANA"がウズウズしているから、さっさと(性的に)いだだくぜ!」



アッーーーーー♂


~~~~~


f:id:hgo687:20171116224305j:plain

ルイージ「ねえ、兄さん。 今何か聞こえなかった?」

マリオ「たぶん、気のせいだと思うよ。」

ルイージ「だよねー。」

f:id:hgo687:20171116224553j:plain

ロゼッタ「マリオ、ルイージ、あれを見てください!」

ミュウツー「何か、物凄く大きい箱があるぞ!」

マリオ「本当だ!!」

ルイージ「でも、何のために…?」

f:id:hgo687:20171116224606j:plain

ヲ級「ヲヲヲヲヲ。 貴様ラニコノ箱ハ一切触ラセンゾ!」

マリオ、ルイージロゼッタミュウツー「深海棲艦!?」

f:id:hgo687:20171116225328j:plain

ルイージ「…こんなところに深海棲艦がいるってことは、その箱の中身を守ってるってことだよね?」

マリオ「空母ヲ級、その箱には何が入っているんだ!!」

f:id:hgo687:20171116224817j:plain

ヲ級「我々ニ敵対シテイル貴様ラナンカニ、ソンナコト教エルワケナイダロ。」

ヲ級「コノ箱ノ中ニ、貴様ノ仲間ノヨッシーヤラリンクマン?ヲ閉ジ込メテイルッテコトヲナ!」

f:id:hgo687:20171116225051j:plain

ロゼッタ「なるほど…。 つまり、その中に私達の仲間を閉じ込めたから、見張っているわけですね。」

ミュウツー「というか、リンクマンって誰だよ…。 リンクとロックマンじゃないのか?」

f:id:hgo687:20171116225108j:plain

ヲ級「ソウカソウカ、リンクトロックマンダッタナ。 間違エテシマッタナ…。」

ヲ級「…ッテ何故貴様ラハ、我々ガコノ箱ノ中ニリンク達ヲ閉ジ込メタコトヲ知ッテイル!?」

f:id:hgo687:20171116224806j:plain

ルイージ「いや、今さっき自分で言ってたよね?」

マリオ「それよりも、ヨッシーたちを解放しろ!」

f:id:hgo687:20171116225337j:plain

ヲ級「馬鹿メ。 解放シロ!ト言ワレテ、解放スル奴ガドコニイルノダ?」

「おねがぁい! ヨッシーさん達を解放してください!」

f:id:hgo687:20171116225402j:plain

ヲ級「シ…仕方ナイナァ。 特別ニ今回ダケダゾ!」

ロゼッタ「解放しろ!と言われて、解放する馬鹿がここにいましたね…。」

ミュウツー「というか、あいつは何をやりたいんだ?」

f:id:hgo687:20171117222633j:plain

金剛「テイトク、ただいまデース!」

穂乃果「マリオ、ルイージ、久しぶりー!!」

マリオ「金剛! それに、穂乃果ちゃんたちまで!!」

ロゼッタ「なるほど。 さっきヲ級が変な行動をしたのは、ことりさんの脳トロボイスの影響ですね!」

f:id:hgo687:20171117223925j:plain

ルイージ「ところで、そこの娘は?」

マリオ「金剛たちに頼んで、連れて来てもらった艦娘だよ!」

電「特Ⅲ型駆逐艦4番艦"電(いなずま)"です。 訳あって、ここの鎮守府に異動してきました。」

ミュウツー「よろしく!」

f:id:hgo687:20171117222948j:plain

ヲ級「ホラ、解放シテヤッタゾ! アリガタク思エ!」

ロックマン「あー、ようやく解放されたー!」

ヨッシー「久しぶりに、娑婆(シャバ)の空気を味わえましたね!」

リンク「いやヨッシーお前、刑務所に入ってたわけじゃないんだぞ?」

f:id:hgo687:20171117223957j:plain

ヨッシー「…って、マリオさぁーーーーん!! やっぱり、わたしを助けに来てくれたんですね!」

マリオ「そ…そうだけども…、助けたのは僕じゃなくてことりちゃんだよ。」

f:id:hgo687:20171117224516j:plain

ヨッシー「!? おおっ、ことりさんまでいるなんて…!!」

ことり「ヨッシーさん、久しぶりですね!」

ヨッシー「もう、最高です!」

f:id:hgo687:20171117224530j:plain

ヲ級「…ッテ、チョット待テ! 何故、ヨッシー達ガアノ箱カラ脱出シテイルンダ!?」

ミュウツー「だから、お前がやったんだろう!?」

f:id:hgo687:20171117224624j:plain

マリオ「さてと、ヨッシーたちを助け出したことだし、戦艦レ級を倒しに行こうか!」

リンク「そうだ、俺達をこんな目に合わせた借りを返さないとな!」

ルイージ「その前に、ヲ級はどうするの?」

ロゼッタ「もちろん倒しますよ!」

f:id:hgo687:20171117224929j:plain

レ級「残念ダガ、ソノ必要ハ無イ! 何故ナラ、貴様ラハ今度コソ我々ニ倒サレルカラダ!」

イ級「イー!」

一同「レ級!!」

f:id:hgo687:20171118192511j:plain

海未「なっ!? ここを好き勝手に滅茶苦茶にして、許しませんよ!!」

金剛「そうデース! 倒されるのはYou達深海棲ヨ、覚悟してくだサーイ!」

f:id:hgo687:20171118192524j:plain

レ級「ホォー。 タカガ人間ノ小娘ゴトキト艦娘ガ、我々深海棲艦ニ歯向カウトハイイ度胸ダナ!」

ヲ級「ヲヲヲヲヲ。 立場ヲワキマエタラドウダ?」

イ級「イー!(ソウダ、ソウダ!)」

f:id:hgo687:20171118222720j:plain

ロックマン「お前たち、もう許さないぞ!!」

リンク「立場をわきまえる? 言っておくが、こっちは艦娘3隻に俺達がいるんだぞ!」

f:id:hgo687:20171118222816j:plain

ヲ級「馬鹿メ、コッチニハ洗脳シタ艦娘ガイルンダゾ?」

レ級「ソウイウワケデ、コイ艦娘ドモヨ!」

………。

f:id:hgo687:20171118222904j:plain

ヨッシー「…来ませんね。」

ルイージ「いや…、呼んでも直ぐには来ないと思うけど…。」

マリオ「確かに。」


~5分後~


f:id:hgo687:20171118223050j:plain

レ級「何故ダァァァァァァ! 何故来ナイィィィィィィ!!」

f:id:hgo687:20171118223314j:plain

Dr.マリオ「いくら叫んでも、貴方が洗脳した艦娘は来ませんよ? 何故なら、私の作った強力な睡眠薬で眠らせたからです。」

穂乃果「Dr.マリオだ!」

f:id:hgo687:20171118223558j:plain

ヲ級「クッ…。」

レ級「洗脳シタ艦娘ドモハ使エナイカ…。 ナラ、我ガ貴様ラヲ倒スダケダ!」 ドーン ドーン ドーン

金剛「!? 危ないっ!」

f:id:hgo687:20171118223836j:plain

ドッカーン!!

レ級「ククク…。 流石ニアノ攻撃ヲ受タラ、無事デハ済マサレナイダロウ。」

イ級「イーイー!!(レ級様、凄イデス!)」

ヲ級「ヲヲヲヲヲ。 流石、レ級ダナ。」

f:id:hgo687:20171118225354j:plain

金剛「これで、Finish!? な訳ないでショー!」

マリオ「これは、AGP金剛改二の艤装ギミックの盾だね!」

f:id:hgo687:20171118225428j:plain

レ級「何イィィィィィィィ!? ソンナ盾ゴトキデ、我ノ攻撃ガ防ガレタトイウノカ!?」

イ級「イー!?(ソンナ…、レ級様ノ攻撃ガ通用シナイナンテ…。)」

f:id:hgo687:20171118225508j:plain

ルイージ「よーし、今の内だ! 喰らえ、スーパージャンプパンチ!」 カッキーン!

f:id:hgo687:20171118225744j:plain

レ級「グワァァァァァァ!!」 ドテッ

ピョーン

f:id:hgo687:20171118230355j:plain

電「凄いのです! 人間の攻撃が、深海棲艦に効いたのです!」

暁「どういうこと…? 深海棲艦には、艦娘の攻撃しか通用しないんじゃ…。」

f:id:hgo687:20171118230653j:plain

Dr.「恐らく、その認識が間違っていたのでしょう。 そもそも、私達はフィギュアですから、人間も艦娘も深海棲艦も関係ありませんね。」

暁「うーん…? わかったような、わからないような…。」

電「難しいのです…。」

f:id:hgo687:20171118231203j:plain

マリオ「それじゃあ、ここまで散々悪いことをしてきた戦艦レ級の処刑タイムと行きますか!」

ヨッシー「いよっ、待ってました!」

f:id:hgo687:20171118231223j:plain

イ級「イー!!(コノママデハ、レ級様ガ…!!)」

ヲ級「ソウハサセン!」

f:id:hgo687:20171118231308j:plain

ピカチュウ「ピカー!!」 ドカッ

f:id:hgo687:20171118231342j:plain

ヲ級「グハッ!?」 ドテッ

イ級「イー!?」 ドテッ

f:id:hgo687:20171118231400j:plain

ルイージピカチュウ、ナイス!」

ピカチュウ「ピカピカ一!」

f:id:hgo687:20171118231813j:plain

マリオ「という訳で…。」 ガシッ

f:id:hgo687:20171118231906j:plain

マリオ「今から、レ級をフルボッコにするタイムの始まりだよ!」 ビューン

ロックマン「おおっ!」

リンク「よし、来た!」

f:id:hgo687:20171118232551j:plain

ヨッシー「今までの恨みです、タマゴアターック!」 バキッ

リンク「マスターソード斬り!」 ザシュ

ロックマン「ロックバスター!」 ズドン!

f:id:hgo687:20171118233231j:plain

ミュウツー「もちろん、我々も参加するぞ! 私のしっぽを受けてみよ!」 バシッ

ロゼッタ「チコアタックです!」 ボスン!

Dr.マリオ「カプセルスイング!」 ドカッ

f:id:hgo687:20171118234031j:plain

マリオ「…よし、そろそろ頃合いかな? 最後は、金剛たちがトドメをよろしく!」

f:id:hgo687:20171118234219j:plain

金剛「了解デース! 皆さんは、レ級の近くから離れてくだサーイ!」

暁「さて、一人前のレディーの実力を見せてあげるわ!」

電「い、電も頑張るのです!」

f:id:hgo687:20171118234755j:plain

金剛「全砲門、Fire!!」 ドーン!!

暁「やぁ!」 ドン!

電「命中させちゃいます!」 ドン!

ドカーン!! ドカーン!! ドカーン!!

f:id:hgo687:20171119172510j:plain

レ級「グワァァァァァァ!! 貴様ラ、覚エトケヨー!!」

………。

f:id:hgo687:20171119172806j:plain

マリオ「…やったぁ! ついに、レ級を倒すことができたー!!」

ヨッシー「やりましたねー!」

ルイージ「やったー、ボクたちの勝利だ!」

f:id:hgo687:20171119172901j:plain

ピカチュウ「ピカピー!!」

ロックマン「ようやく、倒すことができたね!」

リンク「ざまあみろ、深海棲艦共!」

f:id:hgo687:20171119173218j:plain

電「やったのです!」

暁「やった、あの戦艦レ級をやっつけたわ!」

金剛「皆さんのチームワークがあったからこそ、勝利することができマシタ!」

f:id:hgo687:20171119173907j:plain

穂乃果「なんだかよくわからないけど、みんな凄いよ!」

海未「流石、マリオ達ですね!」

ことり「皆さん、凄いです!」

f:id:hgo687:20171119174001j:plain

ロゼッタ「長い戦いが、ついに終わりましたね…。」

ミュウツー「ああ、そうだな…。」

Dr.マリオ「良かった、これで平和が訪れますね!」




次回、『アフターケア』

それでは、また。