ラブライブ!のfigma達でTTT(人狼ゲーム) 第8戦目

人狼ゲームという都合上、ところどころキャラ崩壊が見られる場面があるので注意してください。



f:id:hgo687:20171111193756j:plain

『今回も、Innocent4人、Detective1人、Traitor1人でやっていきます。』

『2回戦目のDetective役は、松浦果南さんです! それでは、TTTスタート!』

f:id:hgo687:20171222145540j:plain

「「「「「Innocent!!」」」」」

果南「やっと、Detectiveになれた!」

f:id:hgo687:20171221224356j:plain

千歌「果南ちゃんが探偵…、ハッ!? これは、名探偵カナンだね!」

梨子「千歌ちゃん!?」

f:id:hgo687:20171221230005j:plain

千歌「あ! 今のは、名探偵コナンと果南ちゃんを掛けたギャグで…。」

梨子「ちょっ、千歌ちゃんが初期設定のキャラを出してる!?」

f:id:hgo687:20171221230041j:plain

凛「くだらなすぎるギャグだにゃ。」

花陽「駄目だよ凛ちゃん、そういう事を言っちゃ!」

f:id:hgo687:20171221230200j:plain

果南「よーし。 じゃあ、この名探偵カナンちゃんが誰がTraitorか推理してみせるよ!」

千歌「ぱちぱちぱちー。」

f:id:hgo687:20171222215547j:plain

果南「推理の手掛かりとして、みんなにはイノセントのスペル(綴り)を答えてもらうよ?」

絵里「なるほど、間違えた人がTraitorということになるわけね。」

f:id:hgo687:20171222215633j:plain

果南「それじゃあ、まずは絵里さんから。 イノセントの2文字目は?」

絵里「2文字目は、N!」

梨子「おお!」

f:id:hgo687:20171222215733j:plain

果南「じゃあ、次は凛さん。 イノセントの3文字目は?」

凛「O!」

梨子、花陽、絵里「「「えっ?」」」

f:id:hgo687:20171223113642j:plain

ドッドッドッドッ

f:id:hgo687:20171222222601j:plain

凛「うにゃ…。」 バタリ…

果南「…あれ? 凛さんはTraitorじゃない??」

f:id:hgo687:20171222222808j:plain

花陽「あのー、凛ちゃんは英語が苦手だから、素で間違えたんだと思います…。」

果南「えぇ!? そうだったんですか!?」

f:id:hgo687:20171222222730j:plain

千歌「素で間違えるって…。」

梨子「凛さん、イノセントのスペルぐらい覚えておいてくださいよ!?」

f:id:hgo687:20171222223658j:plain

果南「うーん…。 凛さんが違ったとなると、次は誰に聞こうかなん…?」

梨子「果南さん、千歌ちゃんはどうですか?」

f:id:hgo687:20171222224224j:plain

果南「そうだね、次は千歌にするよ。 イノセントの5文字目は?」

千歌「そんなの簡単だよ! Cだ!」

梨子「…まあ、千歌ちゃんはAqoursの作詞担当だから、間違えることなんてないもんね!」

f:id:hgo687:20171222224349j:plain

果南「それじゃあ、次は梨子。 イノセントの最後の文字は?」

梨子「Tです!」

果南「おおー。」

f:id:hgo687:20171222224604j:plain

絵里「それよりも、貴方達。 そこにいると、サイレントスナイパーで狙われる可能性があるわよ?」

千歌「はっ! 確かに!!」

f:id:hgo687:20171222224523j:plain

千歌「じゃあ、私は下に下りておこう!」

梨子「あ、私も!」

f:id:hgo687:20171222224644j:plain

果南「それじゃあ、最後は花陽さん。 イノセントにNはいくつある?」

花陽「Nですか? えーっと、1…2…3………3つです!」

果南「おお!」

f:id:hgo687:20171222231729j:plain

千歌「でも、これで凛さん以外は間違えてないけど、どう推理するの?」

果南「そこが問題なんだよねー。」

梨子「この中で誰が一番怪しいか、みんなで多数決をとるのはどうですか?」

果南「それいいね!」

f:id:hgo687:20171222231925j:plain

ドカーン!!

f:id:hgo687:20171222232944j:plain

花陽「な…何ですか、今の爆発音は!?」

f:id:hgo687:20171222235517j:plain

花陽「ぴゃあっ!? かかか、果南さん達がやられてます!!」

絵里「ふふふふふ…。」

f:id:hgo687:20171222235904j:plain

絵里「さーて、後は花陽だけね。」

f:id:hgo687:20171223000001j:plain

花陽「うぅ…。 絵里ちゃんが相手じゃ、花陽に勝ち目なんて無いよぉー。」

絵里「それじゃあ、さようなら。」 ドン

f:id:hgo687:20171223000046j:plain

ドカーン!!

f:id:hgo687:20171223124812j:plain

絵里「ハラショー、私の勝ちね!」

トレイターチーム勝利!

今回のTraitor 絵里。

f:id:hgo687:20171223000652j:plain

千歌「もー、絵里さん強すぎるよー!!」

凛「少しくらいは手加減してよ!」

絵里「手加減? 認められないわぁ。」

f:id:hgo687:20171223000904j:plain

果南「というか、あそこでロケランに3人やられていなければ…。」

絵里「3人同時に倒せたのも、私の言葉に千歌と梨子が誘導されたからなのよね。」

梨子「えっ!? それじゃあ、あの時『サイレントスナイパーに狙われる可能性があるわよ』って言葉は、私達を下におびきよせる罠だったんですか!?」

f:id:hgo687:20171223001006j:plain

絵里「その通りよ。 ただ、花陽も同時に倒したかったんだけどね。」

花陽「そこまで考えていたなんて、絵里ちゃん凄いです!」

凛「もう一回やるにゃ!! 今度は、こうはいかないよ!」

f:id:hgo687:20171223001459j:plain

絵里「大丈夫よ、まだまだ続けるわ!」



続く!