ラブライブ!人狼[TTT] 第9戦目 (フィギュア劇場)

人狼ゲームという都合上、ところどころキャラ崩壊が見られる場面があるので注意してください。



f:id:hgo687:20171111193757j:plain 

『今回も、Innocent4人、Detective1人、Traitor1人でやっていきます。』

『3回戦目のDetective役は、桜内梨子さんです! それでは、TTTスタート!』

f:id:hgo687:20171224095100j:plain

梨子以外「「「「「Innocent!!」」」」」

梨子「今回は、私がDetectiveだね! 」

f:id:hgo687:20171223213519j:plain

梨子「どうしようかなー。 ここはやっぱり、Detectiveアイテムを買うのがセオリーかな?」

f:id:hgo687:20171223213613j:plain

千歌「梨子ちゃんがDetectiveかぁ…。 正直、とても不安だよ…。」

花陽「えっ、どうしてですか?」

千歌「この間梨子ちゃんがDetectiveになった時、Detectiveアイテムでやらかしたんですよね…。」

f:id:hgo687:20171223214204j:plain

凛「ちなみに、どんなことをやらかしたの?」

千歌「ランダムタロットっていうアイテムがあるんだけど、その効果でTraitorを有利にさせてしまったんです。」

凛「ふーん、そんな事があったんだ。」

f:id:hgo687:20171223214423j:plain

梨子「千歌ちゃん、大丈夫だって! 今回は、Innocentが有利になる効果を出すからね!」

千歌「…え? もしかして、今回もランダムタロットを使うつもりなの!?」

梨子「そうだけど?」

f:id:hgo687:20171223214822j:plain

千歌「止めといた方がいいって…。 絶対、今回もTraitorに有利な効果が出るから…。」

花陽「千歌ちゃん、梨子ちゃんを信じてみましょうよ!」

凛「そうだよ! 使ってみるまで効果はわからないのにゃ!!」

f:id:hgo687:20171223214852j:plain

絵里「そうよ、千歌。 最初から諦めてどうするの?」

絵里「貴方は廃校を救うためにスクールアイドルになってラブライブ出場に挑戦したんでしょう? それなら、物事を前向きに考えてなきゃ!」

千歌「…そうだよね、私が間違ってた。 私は梨子ちゃんを信じる!」

f:id:hgo687:20171223215254j:plain

梨子「それじゃあ、絵里さんや千歌ちゃんのお許しが出たから、ランダムタロットを購入!」

f:id:hgo687:20171223215512j:plain

果南「梨子大丈夫だよね…? 私は梨子が探偵として、Innocentに有利な効果を出してくれるって信じてるから。」

梨子「果南さん、安心してください。 今回は、いい効果を引き当てて見せますから!」

f:id:hgo687:20171223220155j:plain

千歌「…『信じる!』とは言ったものの、やっぱり不安だなぁ…。」

花陽「大丈夫だよ、梨子ちゃんならやってくれるから!」

f:id:hgo687:20171223220248j:plain

絵里「うーん…。 ここまでInnocentが不利になることを心配してるってことは、千歌はTraitorではなさそうね。」

花陽「そうかもしれませんね。」

f:id:hgo687:20171223220459j:plain

梨子「それじゃあ、使いますね!」 シュン

凛「どんな事が起きるのかな?」 ワクワク

f:id:hgo687:20171223221004j:plain

『これより、現在生き残っているDetective以外のプレイヤーは、全員Traitorになります。』

『この効果でTraitorなったプレイヤーは、特殊アイテムは購入できません。』

f:id:hgo687:20171223222931j:plain

梨子「ど…、どうしてこうなるのー!?」

千歌「梨子ちゃん、またやらかしたね…。 ちょっとでも信じた私がバカだった…。」

f:id:hgo687:20171223223009j:plain

果南「というかさ、梨子は善子の悪い運でも貰っているのかなん?」

凛「それは一理ありそうだにゃ。」

f:id:hgo687:20171223221554j:plain

千歌「…で、なんでしたっけ? 『梨子ちゃんを信じてみましょうよ!』、『大丈夫だよ、梨子ちゃんならやってくれますから!』…その結果がこれですよ?」

花陽「あの…、それはその…。」

f:id:hgo687:20171223222025j:plain

凛「ちょっと待つにゃー!! 確かにTraitorが有利になる効果だったけど、今生き残っているデテクテブ以外のプレイヤーはトレイターになるんだよ?」

花陽「凛ちゃん、Detective(ディテクティブ)だよ!」

凛「あ、そうだったにゃ!」

千歌「え、どういうこと?」

f:id:hgo687:20171223222051j:plain

絵里「なるほど。 つまり、Detectiveの梨子以外は実質Traitorになるから、梨子だけが不利になってしまうのね。」

千歌「…なーんだ、千歌達がトレイターチームに変わるだけなんだね。 良かったー!!」

f:id:hgo687:20171224110147j:plain

梨子「全然良くないよ! Traitorと違って、狙う相手がわかっている上に1対5なんて負け確じゃない!!」

果南「梨子、ドンマイ!」 ドガガガガガガガガガガ

f:id:hgo687:20171224110534j:plain

梨子「あぅ…。」 バタリ…

トレイターチーム勝利!

今回のTraitor 果南+絵里、凛、花陽、千歌。

f:id:hgo687:20171223224046j:plain

果南「うん、私の勝ちだね!」

梨子「あぁぁぁぁぁぁぁっ!! 果南さんが、真のTraitorだったんですか!?」

果南「そうだよ? …いやーしかし、梨子のおかげで楽に勝つことができたよ! ありがとね!」

f:id:hgo687:20171223224944j:plain

千歌「結果的に、おこぼれで私達も勝利することができたね!」

花陽「まさか、Traitor側に寝返って勝つとは思わなかったです!」

絵里「ハラショー。」

f:id:hgo687:20171223224954j:plain

凛「こんな勝ち方もあるなんて、TTTはかなり面白いにゃ!」

梨子「逆に、こんな負け方もあるんですね…。」

f:id:hgo687:20171223225102j:plain

果南「まあまあ、梨子。 今回は、運が悪かったんだと思うよ?」

梨子「そ、そうですよね…。 あはは…。」

f:id:hgo687:20171223225431j:plain

凛「絵里ちゃん、今回もこれで終わりにするんだよね?」

絵里「ええ、今回はここで終わることにするわ。 みんな、参加してくれてありがとう!」

f:id:hgo687:20171223230115j:plain

絵里「それじゃあね!」



次回は、『ラブライブ!』キャラ以外の特別ゲストが参戦する予定です。

続く!