ラブライブ!のfigma達でTTT(人狼ゲーム) 第11戦目

人狼ゲームという都合上、ところどころキャラ崩壊が見られる場面があるので注意してください。



f:id:hgo687:20180104192720j:plain

『今回も、Innocent7人、Detective1人、Traitor2人でやっていきます。』

『2回戦目のDetective役は、敗吐さんです! それでは、TTTスタート!』

f:id:hgo687:20180106224457j:plain

「「「「「「「「「Innocent!!」」」」」」」」」

敗吐「ついに、俺に探偵役が来たッスね!www」

f:id:hgo687:20180106205514j:plain

敗吐「俺がDetectiveだったら、Traitorなんかを見つけるのはヨユウッスwwwwwww」

f:id:hgo687:20180106205538j:plain

真姫「別に、私達は期待してないわよ…。」

果南「そうそう、お前みたいなクソザコ低脳ハゲウサギが活躍できると思えないし…。」

f:id:hgo687:20180106210221j:plain

絵里「本当に大丈夫なのよね?」

敗吐「大丈夫ッスヨ、俺に任せろッス!www」

ダイヤ「そういうセリフが、一番信用できないのですわ!」

f:id:hgo687:20180106210240j:plain

敗吐「とりあえず、人狼探しをする前にお寿司を食べて腹ごしらえするッスw」

敗吐「そしたら、イクラを頼むッスwww」

f:id:hgo687:20180106210304j:plain

ウィーン

敗吐「おおっ、俺が言っても来たッスw」

f:id:hgo687:20180106210318j:plain

加賀「貴方、本当に学習しないのね…。 前回、即死ワサビ入のお寿司食べて自滅したのに…。」

敗吐「お前、バカッスねwwwww イクラ軍艦にワサビなんか入っているワケないッスよ?wwwwwwww」

加賀「(本当にウザすぎるわね、このハゲウサギは。)」

f:id:hgo687:20180106210453j:plain

敗吐「それじゃあ、さっそく食べるッスw」

千歌「勝手に食べてれば?」

f:id:hgo687:20180106210531j:plain

敗吐「いただきまーすwww」 パクッ

敗吐「…。」 モグモグ…

f:id:hgo687:20180106210653j:plain

果南「くっ…。 できるなら、即死ワサビ入りのお寿司を食べてそのまま自滅して欲しいのに…!!」

真姫「なんで、ワサビが入らないお寿司を注文するのよ!?」

f:id:hgo687:20180106210727j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」 ドカーン!

f:id:hgo687:20180106210902j:plain

にこ「な…何、今の爆発は!?」

希「何が起こったんや…。」

f:id:hgo687:20180106211107j:plain

絵里「…いい忘れていたけど、1%の確率でイクラ軍艦のイクラが爆弾になっているの。 それを食べると、跡形もなく爆殺されるわ…。」

にこ「だから、そう言うことは早くいいなさいよ!!」

ダイヤ「というか、このお寿司屋は危険すぎますわー!!」

f:id:hgo687:20180106211951j:plain

果南「ま、いいじゃん? 爆殺されたのが、あのクソザコ低脳ゴミクズハゲウサギで。」

真姫「あー、ほんっと清々したわ!」

希「果南ちゃん、どんどん口が悪くなってるやん…。」

f:id:hgo687:20180106212155j:plain

千歌「あのー、絵里さん。 武器を探していたら、デザートイーグルとかMk18mod0があったんですけど、これって新しく追加されたんですか?」

絵里「そうよ! 今回はDetectiveやTraitorの特殊アイテムだけじゃなくて、普通の銃も追加しておいたの!」

曜「へー。 千歌ちゃんの持ってるデザートイーグルも、私の持ってるMk18mod1も新しい銃かー。」

f:id:hgo687:20180106212433j:plain

果南「武器………あっ、そうだ! 私も銃を探しに行こっと!」 タッタッタッタッタッ

真姫「銃を持ってなくて、前回みたいになるのは避けたいものね。」 タッタッタッタッタッ

f:id:hgo687:20180106212920j:plain

果南「それじゃあ、探しに行こう!」

真姫「できるだけ、強い銃を確保しておきたいわね!」

f:id:hgo687:20180106213544j:plain

千歌「…さて、曜ちゃん。 今から、千歌にあーんされる時間だよ!」

曜「ち…千歌ちゃん、今は人狼だから…。」

千歌「関係ないよ! 曜ちゃんは、私にあーんされる運命なのだ!」

f:id:hgo687:20180106213648j:plain

ドカーン!!

f:id:hgo687:20180106213700j:plain

ダイヤ「な、なんですの!? 今の爆発音は!?」

絵里「この下で爆発が起きたみたいね…。」

f:id:hgo687:20180106223725j:plain

千歌「今の爆発って、たぶんオレンジばくだんだよね…。」

希「そうかもしれないね。」

f:id:hgo687:20180106231155j:plain

加賀「ってことは、あの二人は爆発に巻き込まれたのかしら?」

ダイヤ「恐らく、そうかもしれませんわ…。」

f:id:hgo687:20180106231249j:plain

千歌「とにかく、私が様子を見てくるね!」

希「気をつけてな!」

f:id:hgo687:20180106231414j:plain

にこ「見てくるとか言って、実はTraitorアイテムの準備をしようとしてるんじゃないの?」

曜「いやー、流石にそれはないと思いますけど…。」

f:id:hgo687:20180106231702j:plain

千歌「あ、見つけた! でも、二人とも爆発で倒されたみたいです…。」

ダイヤ「そうですか…。」

絵里「探偵がいないから、二人がどちらの陣営か調べられないわね…。」

f:id:hgo687:20180106232031j:plain

千歌「ただいま。」

希「おかえり。」

千歌「私の予想だけど、あの中から一番最後に来た人がTraitorだと思います。」

f:id:hgo687:20180106231735j:plain

加賀「どうしてそう思うのかしら?」

千歌「あの中でオレンジばくだんが爆発したんだったら、誰にも見られずにあの中で設置しているはずです!」

加賀「なるほど…。」

f:id:hgo687:20180106232330j:plain

ダイヤ「私とエリーチカ様と加賀さんは、開始してからずっとこのエリアにいたから違いますわ…。」

絵里「一番最後にあそこから来た人は誰?」

f:id:hgo687:20180106232112j:plain

曜「私が一番最後だよ。」

希「おっ、正直やなぁ…。 そういう情報を他人に与えるってことは、曜ちゃんはTraitorじゃないのかな?」

f:id:hgo687:20180107200453j:plain

にこ「いや、正直に話してTraitor候補から外されるようにする作戦かもしれないわよ?」

千歌「確かに。」

ピシュン

f:id:hgo687:20180107200613j:plain

バタリ…

ダイヤ「エリーチカ様!?」

f:id:hgo687:20180107201309j:plain

加賀「まずは1人目。」

希「なっ、加賀さんがTraitorやん!?」

千歌「えっ、こんな場所でサイレントスナイパー!?」

f:id:hgo687:20180108122204j:plain

ダイヤ「エリーチカ様の仇ですわ!!」 ドッドッドッドッドッ

ピシュン

f:id:hgo687:20180107201940j:plain

バタリ…

千歌「ダイヤさんまで!?」

f:id:hgo687:20180108122500j:plain

希「今が反撃のチャンスや!」 ズドン

千歌「当たれーっ!」 パンパンパン

曜「ヨーソロー!」 ダンダンダンダンダン

f:id:hgo687:20180107202730j:plain

にこ「あっ…。」 バタリ…

f:id:hgo687:20180107202555j:plain

加賀「うっ…。」 バタリ…

千歌「やった、Traitorを1人やっつけたよ!」

f:id:hgo687:20180108123157j:plain

希「とりあえず、これで一安心だね!」

曜「そうですね!」 ダンダンダンダンダン

f:id:hgo687:20180107203245j:plain

希「うっ…。」 バタリ…

千歌「希さん!? …曜ちゃん、まさか!?」

f:id:hgo687:20180108123428j:plain

曜「うん、今回も私がTraitorだよ!」 ダンダンダンダンダン

f:id:hgo687:20180108124153j:plain

千歌「えっ、二か…。」 バタリ…

トレイターチーム勝利!

今回のTraitor 曜、加賀。

f:id:hgo687:20180107204037j:plain

曜「ヨーソロー! また、勝利したであります!」

果南「また、曜がTraitorだったの!?」

千歌「曜ちゃん、二回連続でTraitorになるなんてヤバすぎるよ!!」

f:id:hgo687:20180107214747j:plain

にこ「あー、私の予想通りだったわね。」

絵里「曜がTraitorだったってことは、オレンジばくだんを仕掛けたのも曜なのよね?」

曜「もちろんです! …ただ、あの場合に入る人がいなかったら誘導しようと思ってましたけど。」

f:id:hgo687:20180107215104j:plain

ダイヤ「しかし、曜さん強いですわね!」

敗吐「曜ちゃんが強いんじゃなくて、お前らが弱すぎるんじゃないんスか? wwwwww」

果南「お寿司食べて最初に自滅した、クソザコ低脳ナメクジゴミクズ迷探偵は黙ってな!!」

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20180107215620j:plain

希「敗吐君、うるさいから少し黙っといてくれる?」

真姫「ついに、希にも煙たがられてるわね…。 ざまあないわw」

f:id:hgo687:20180107215500j:plain

絵里「まあまあ、落ち着いて。 …とりあえず、まだまだ続けるわよ!」

曜「ヨーソロー、了解であります!」



続く!