終焉の戦争 第7話 (フィギュア劇場)

f:id:hgo687:20180131215852j:plain

ブォーーーン

f:id:hgo687:20180131220542j:plain

キキーッ

f:id:hgo687:20180131221332j:plain

ガタッ

曜「メリーヴェル小基地に到着、っと! この場所に来るのも久しぶりだなぁ…。 」

曜「…なんて、懐かしみを感じている場合じゃないね。 ヨハネの手下に捕まった、千歌ちゃん達を助けに行かなきゃ!」

f:id:hgo687:20180131220827j:plain

曜「…あれ? 基地が敵に侵略されたって言ってたけど、基地周辺に敵の見張りがいないのはなんでだろう?」

f:id:hgo687:20180131221645j:plain

曜「まっ、いっか! …でも、罠の可能性もあるから、気を付けて行かないとね。」 タッ…タッ…タッ…


~~~~~


f:id:hgo687:20180203201512j:plain

曜「よし、侵入成功であります!」

曜「…それにしても、全然敵が見当たらないなぁ。」

f:id:hgo687:20180203201732j:plain

赤マネキン「アーーー!!」

曜「あれは、赤個体! 確か、攻撃力と体力が通常のマネキンの3倍もある個体だっけ。」

f:id:hgo687:20180205132843j:plain

曜「…でも、私の持っている銃はかなり強化してあるから、通常のマネキンと大差がないんだよね!」 ズドドドドドド

赤マネキン「ウァーー!?」

f:id:hgo687:20180203202110j:plain

ポロッ…バタリ…

f:id:hgo687:20180203203113j:plain

曜「赤個体を撃破したであります!」

f:id:hgo687:20180203203234j:plain

曜「とりあえず、またマネキンが襲って来るかもしれないから、少しだけ様子を見ておこう。」

f:id:hgo687:20180203203307j:plain

………。

曜「…全然来ないから、行っても大丈夫だよね?」

f:id:hgo687:20180203203424j:plain

曜「というわけで、全速前進!」 タッ…タッ…タッ…

f:id:hgo687:20180203203455j:plain

………。


―――――


f:id:hgo687:20180204192336j:plain

曜「わぁー、結構大きい広間に出た! …けど、メリーヴェル小基地にこんな場所ってあったっけ?」

曜「私がいない間に、随分と改装されたんだねー。」

f:id:hgo687:20180204192525j:plain

「リリー様、ご報告です!」

「あら? 何かしら?」

曜「ん? あそこに誰かいるみたい…。」

f:id:hgo687:20180204193047j:plain

シジミ歩兵隊長「ヨハネ様に逆らう人間共を倒し、捕獲してきました!」

リリー「あら、やるじゃない! …それで、その人間達はどこにいるのかしら?」

f:id:hgo687:20180204193305j:plain

シジミ歩兵隊長「奴らはこの箱の中にいます!」

シジミ歩兵A「ちなみに、この箱には特殊な施しがされており、内側からはどんなことをしても全く開けることができないようになっています。」

リリー「ふーん。 つまり、外側からの干渉がない限り、その人間達は箱から出ることができないのね。」

f:id:hgo687:20180204193741j:plain

リリー「…まあ、ひとまずご苦労様。 これから私はこの基地で捕らえた女の子達で楽しんでくるから、貴方達はよっちゃんがくるまでその箱を見張っていてくれるかしら?」

シジミ歩兵隊「「「「「了解です!」」」」」

f:id:hgo687:20180204194510j:plain

リリー「あ、それと、もしものことがあった時のためにこの娘達を護衛に付けておくわね!」

SYLPHY「シジミ達…よろしく。」

CHROM「作戦は、必ず成功させます。」

f:id:hgo687:20180204194212j:plain

リリー「それじゃあ、後はよろしくね!」 シュン

f:id:hgo687:20180204202048j:plain

曜「なるほど…。 千歌ちゃん達は、この大きな箱に監禁されているということですな。」 グッ

曜「それじゃあ、このフラッシュグレネードで相手の動きを封じますか。」

f:id:hgo687:20180204202248j:plain

曜「えいっ!」 ビュン

f:id:hgo687:20180204203951j:plain

カランカラン…

シジミ歩兵D「隊長、何かが飛んできました!」

シジミ歩兵隊長「何だ?」

f:id:hgo687:20180205180257j:plain

ピカーーーッ!

シジミ歩兵隊「「「「「ぐわーーーっ、眩しいィィィィィィィィィィ!?」」」」」

f:id:hgo687:20180205180634j:plain

シジミ歩兵C「隊長、これは閃光手榴弾です!!」

シジミ歩兵B「目がぁ、目がぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

シジミ歩兵A「そもそも、我々に目なんてあるのかぁぁぁ!?」

f:id:hgo687:20180205180527j:plain

CHROM「視界が塞がれた為、セーフティーモードに切り替わります。」

SYLPHY「シルフィー、行動不能。」

f:id:hgo687:20180204202833j:plain

曜「よし! 敵が怯んでいる隙に、千歌ちゃん達を助けるよ!」 タッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20180204203012j:plain

シジミ歩兵B「ああー、目がぁぁぁぁぁぁ!!」

曜「ここをこうしてこうすれば…。」 ゴソゴソ

f:id:hgo687:20180204204847j:plain

曜「うん、完璧だね!」 パカッ

千歌、梨子「「曜ちゃん!?」」

果南「曜!」

f:id:hgo687:20180204205419j:plain

千歌「曜ちゃん、助けに来てくれたんだね! 嬉しいよー!」 ダキッ

梨子「ありがとう、曜ちゃん!」 ダキッ

曜「く、苦しい…。」 ギュゥゥゥゥゥゥ

f:id:hgo687:20180204205522j:plain

果南「良かったー。 曜が来なかったら、私達はどうなっていたことやら…。」

未世「曜さん、ありがとうございます!」

f:id:hgo687:20180204210530j:plain

曜「とりあえず、敵に占領されたこの基地に長居するのは危険だから、ここから逃げるよ!」

千歌「そうだね。 一旦安全な場所に避難して、作戦を練ることにしよう!」

f:id:hgo687:20180204210542j:plain

シジミ歩兵隊長「くっ、逃がしはせんぞ!」

シジミ歩兵C「増援を呼んで、貴様らの逃げ場をなくしてやる!」

f:id:hgo687:20180205201937j:plain

ビーッビーッビーッ

梨子「けっ、警報!?」

千歌「どうしても、私達を逃がさないつもりだね…。」

f:id:hgo687:20180204212706j:plain

SYLPHY「ターゲット補足、エネルギー100%!」

f:id:hgo687:20180205203115j:plain

SYLPHY「ファイア!」 ズドォーン!

f:id:hgo687:20180204213151j:plain

ドカーン!

梨子「ひいぃぃぃぃぃっ!? あんなのを喰らったら、一貫の終わりじゃない!!」

千歌「やばいやばいやばい…!!」

f:id:hgo687:20180204213502j:plain

シジミ歩兵D「いいぞぉ!」

シジミ歩兵A「その調子だ!」

シジミ歩兵隊長「残念ながら、これでは我々の出る幕は無いな。」

f:id:hgo687:20180205204840j:plain

未世「敵が撃ち終わった今が反撃のチャンスだよ! 撃って!」 ダダダダダダ 

果南「言われなくても…!!」 ドドドドドドドドドドドド

千歌「よーし!」 ズドドドドドド

カンカンカン

f:id:hgo687:20180204215729j:plain

梨子「た…盾で銃弾を防御してる!? あれは、ただのロボットじゃないの!?」

f:id:hgo687:20180204215851j:plain

CHROM「目標(ターゲット)捕捉、攻撃開始!」スーッ

千歌「ん?」

f:id:hgo687:20180204220112j:plain

CHROM「ブレイク!」 シュッ

千歌「危なっ!?」 サッ

f:id:hgo687:20180216161236j:plain

千歌「…こっちの青いロボットは、近接攻撃で戦うタイプみたいだね。」

梨子「こ…このっ!」 ズドン

f:id:hgo687:20180205214412j:plain

CHROM「…目標(ターゲット)変更、新たな目標(ターゲット)を排除する。」

梨子「な、なんでぇー!?」 カシャ

千歌「梨子ちゃんが危ない!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180204221224j:plain

未世「まずい、このタイミングで弾薬が切れるなんて…。 早く、リロードしないと…。」 スッ

f:id:hgo687:20180204221520j:plain

ガシャ

未世「リロード完了!」

f:id:hgo687:20180204222148j:plain

曜「よし、裏取り成功! この位地だったら、盾でガードされる心配もないよね。」

f:id:hgo687:20180205220724j:plain

曜「というわけで、ようそろ!」 ズドドドドドド

SYLPHY「頭部に大打撃が発生、バランスを取ること不可能。」 グググ…

f:id:hgo687:20180205000414j:plain

果南「おおっ! あのロボットは高火力で盾で防御してくる反面、素の防御力は低いみたいだね!」

未世「それに、ちょっとした攻撃でバランスを崩しているから、かなり打たれ弱いのかも…。」

f:id:hgo687:20180205000550j:plain

シジミ歩兵隊長「まずい! このままでは、デスクトップアーミー達がやられてしまうぞ!」

シジミ歩兵B「ど…とうするんですか、隊長!?」

f:id:hgo687:20180205001114j:plain

シジミ歩兵隊長「こうなったら、我々も出陣だ!」

シジミ歩兵隊「「「「うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」」」」

f:id:hgo687:20180205001314j:plain

マネキン「アーーー!!」

シジミ歩兵I「隊長、ただいま増援に来ました!」

シジミ歩兵K「見ろ! 隊長殿が戦っておられるぞ!」

f:id:hgo687:20180205001633j:plain

曜「しまった! 敵の増援が来てしまった!?」

シジミ歩兵J「我々も、隊長殿に続いて戦うぞ!」

f:id:hgo687:20180205224122j:plain

シジミ歩兵M「いくぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

シジミ歩兵L「挟み撃ちだぁぁぁぁぁぁ!」

f:id:hgo687:20180205224544j:plain

曜「わわっ、囲まれてしまった…。」

シジミ歩兵隊長「増援部隊よ、ナイスな追い詰め方だ!」

シジミ歩兵I「女! もう逃げ場はないぞ、覚悟しろ!」

f:id:hgo687:20180205224746j:plain

千歌「弾薬切れちゃった…、早くリロードしないと…。」 スッ

f:id:hgo687:20180205224924j:plain

ガシャ

千歌「リロードは完了したけど、残りのマガジンはこれだけ…。」

千歌「仮にクリスヴェクターの弾薬が切れたとしても、スナイパーライフルのM82A2があるけど、それであのロボットを倒しきれるのだろうか…。」

f:id:hgo687:20180206091602j:plain

未世「なんとかして、あのロボットの盾を破壊できればいいんだけど…。」 ダダダダダダ

果南「このままだと、弾薬がいくつあっても埒があかないよ!」 ドドドドドドドドドドドド

カンカン

SYLPHY「ファイア!」 ズドォーン!

f:id:hgo687:20180205230455j:plain

ドカーン!

果南「くっ…。」 ズサーッ

f:id:hgo687:20180216161259j:plain

CHROM「目標(ターゲット)捕捉、攻撃開始!」 スーッ

梨子「こ、来ないでぇ!?」 ズドン

千歌「駄目だ…。 この銃撃じゃ、あのロボットはうんともすんとも言わない…。」ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180205231037j:plain

CHROM「ブレイク!」 シュッ

梨子「ひいぃぃぃぃぃっ!?」 サッ カシャ

千歌「こ、このっ…!!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180205231302j:plain

マネキン「「「「「アーーー!!」」」」」

曜「そうこうしている内に、マネキンの増援が大量に来てる!?」

シジミ歩兵隊長「残念だったな。 これで、お前達人間共は終わりだ!!」



続く!