まさんのフィギュア劇場 特別編『バレンタインパニック』

本日2月14日、皆さんはこの日が何かご存知でしょうか?

この日になるとアメリカでは男性が女性に(バラの)花束やプレゼントを贈り、日本では女性が男性にチョコレートを贈る風習があります。

そう、なんとこの2月14日は…!

f:id:hgo687:20180213215348j:plain

ヨッシー「"バレンケンシュタイン"ですね!」

f:id:hgo687:20180213215724j:plain

リンク「違うわー!!」 ザシュッ

マリオ「"バレンタイン"デーだよ!」 ドカッ

ロックマン「"フランケンシュタインの怪物"みたいに言うなー!!」 ズドン!

ルイージ「というか、ボクからボケ役のポジションを取らないでよ!」 ドゴォッ

f:id:hgo687:20180213220212j:plain

ピューン

ヨッシー「あわわわわわ!?」 ヒュー

f:id:hgo687:20180213220246j:plain

ザッバーン!

f:id:hgo687:20180213220643j:plain

リンク「全く…、ヨッシーは。」

ルイージ「そうだよ、ボクのボケポジションを横取りして!」

ロックマン「いやいや…。」

f:id:hgo687:20180213222609j:plain

時雨「提督!? 今もの凄い音がしたけど、何かあったのかい?」

鹿島「もしかして、深海棲艦と戦っていたんですか!?」

f:id:hgo687:20180213222650j:plain

マリオ「二人とも、大丈夫だよ。 さっきの音は、変なボケをしたヨッシーをぶっ飛ばした音だから。」

北上「なーんだ、それなら良かったー。」

マリオ「それはそうと、時雨たちはバレンタインのチョコレートを作っているのかい?」

f:id:hgo687:20180213222942j:plain

時雨「提督の為に、今一生懸命作っているんだ!」

鹿島「出来上がったらプレゼントするので、楽しみに待っていてくださいね!」

f:id:hgo687:20180213223106j:plain

リンク「おうおう、良かったじゃねーかマリオ!」

マリオ「いやー、これは嬉しいね!」

ルイージ「兄さんだけ羨ましい!」

f:id:hgo687:20180213223139j:plain

ロックマン「…とこでさ、チョコレートって美味しいの?」

ルイージ「えっ、食べたことないの!?」

ロックマン「実はそうなんだ。」

f:id:hgo687:20180213224122j:plain

「残念だけど、そのチョコレートは頂いていくッス!wwwww」

リンク「誰だ!?」

北上「フィギュア劇場って、このパターンが多いよね。」

f:id:hgo687:20180213224644j:plain

パシッ

時雨「あっ、僕のチョコレート…。」

敗吐「よっ、敗吐ッス!w このチョコレートは、俺が貰っていくッスwww」

f:id:hgo687:20180213225135j:plain

時雨「返してよ! それがないと、提督に贈るチョコレートが作れなくなるじゃないか!」

鹿島「そうですよ! そのチョコレートは時雨ちゃんのです、返しなさい!」

敗吐「バーカw、返せと言われて返す馬鹿がどこにいるんッスか?www ってか、お前女のくせに"僕"とかキモいッスよwwwwww」

時雨「うぅ…。」

f:id:hgo687:20180213225346j:plain

リンク「はぁ!? ふざけんなよ、ハゲウサギ!! ボクっ娘は最高だろ、キモいわけねーよ!」

ルイージ「そうだ、そうだ! ボクっ娘が主役のアニメをもっと増やすべきだ!」

ロックマン「あのー、二人とも?」

f:id:hgo687:20180213225514j:plain

北上「てかさー、顔面崩壊していて気持ち悪いアンタが他人にキモいって言う資格はないと思うよ?」

f:id:hgo687:20180213225639j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」 バタリ…

「「「「「「「え?」」」」」」」

f:id:hgo687:20180213225730j:plain

リンク「なんでこいつ、いきなり倒れたんだ?」

ルイージ「たぶんこいつは豆腐メンタルだから、北上の言葉でショックを受けたんだと思う。」

北上「うわー、ざっこ。」

f:id:hgo687:20180213225908j:plain

時雨「このチョコレートは返してもらうよ!」

f:id:hgo687:20180213230611j:plain

敗吐「もう許さないッス!w 俺の超必殺技で、お前らを葬ってやるッスwww 」

リンク「…くるぞ!」

マリオ「みんな、気を付けて!」

f:id:hgo687:20180213230724j:plain

ドンキー「ウホッ、敗吐見ーつけた! 今日はバレンタインデーだから、俺から特別にチョコレートをプレゼントしてやるよ!」

敗吐「マジッスか?w ありがたいッスwww www」

ドンキー「さあ、ケツを出せ。 そのケツの中に俺のホワイトチョコ(意味深)をプレゼントしてやるよ!」

f:id:hgo687:20180213230838j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

マリオ「…今のうちに、ここから逃げようか。」

ロックマン「そうだね。」

f:id:hgo687:20180213230945j:plain

時雨「それじゃあ、キッチンに行こうよ!」

鹿島「そうですね、他の皆さんもいることですし。」

マリオ「よし。 それなら、キッチンへLet's go!」

f:id:hgo687:20180213231107j:plain

………。

f:id:hgo687:20180213231118j:plain

ドンキー「俺からのバレンタインプレゼント、しっかりお前に贈らせてもらったぜ!」 

ドンキー「…ホワイトデーには、3倍にして返してもらうからな!」


~~~~~


f:id:hgo687:20180214151949j:plain

時雨「…まあ色々あったけど、提督僕たちからのバレンタインチョコだよ!」

翔鶴「そのハテナブロックの中に私達の手作りチョコを詰め合わせたので、どうぞお受け取りください。」

マリオ「ありがとう!」

f:id:hgo687:20180214152043j:plain

鈴谷「リンクとロックマンの2人には、鈴谷達からチョコレートのプレゼントだよっ!」

熊野「鈴谷はリンクに、私はロックマンにチョコレートを作りましたのよ!」

リンク「マジかよ、嬉しいぜ!」

ロックマン「僕たちのためにチョコレートを作ってくれて、二人ともありがとう!」

f:id:hgo687:20180214152103j:plain

北上「ルイージには、アタシと大井っちが一緒に作ったチョコレートをプレゼント!」

大井「どうぞ、召し上がってください!」

ルイージ「やった、ありがとう!」



あとがきかなにか。

今年も、(自分にとって楽しくない)バレンタインデーがやってまいりました。

自分はバレンタインデーに他人からチョコレート等のプレゼントを貰ったことはありませんが、他人にチョコレートをプレゼントしたことはあります。

それはそうと、この時期になるとチョコレートの価格が高騰するので、チョコレートが買いづらくなりますね…。

ホワイトデーの時期にもチョコレートの価格が高騰するので、ホントどうにかしてほしいです…。

それでは、また。