終焉の戦争 第10話 (フィギュア劇場)

f:id:hgo687:20180406220346j:plain

金剛「ここ最近、あちこちにワープジュエルが落ちているみたいなので、今日もワープジュエルとマネキンをHuntingに行きますヨー!」

榛名「はい、榛名にお任せください!」

金剛「流石は我が妹、頼もしいデース!」

f:id:hgo687:20180406220418j:plain

榛名「こ…金剛お姉様、アレ!」

金剛「What's!? どうして、こんなところに人が倒れているんデスカー!?」

f:id:hgo687:20180406221148j:plain

榛名「お姉様! どうやらこの人達は、爆風によってここまで吹き飛ばされたみたいです…。」

金剛「そうなんデスカ!? …となると、このまま放っておけばマネキンに襲われかねないですネ…。」

f:id:hgo687:20180406222708j:plain

金剛「榛名、この人達を私達の基地に運びマス! 手伝ってくだサーイ!」 ヨイショ

榛名「はい、わかりました!」


~~~~~


f:id:hgo687:20180407204539j:plain

………。

未世「…んっ。」

千歌「ここは…?」

f:id:hgo687:20180407204625j:plain

榛名「あっ、気がついたんですね。 良かったです…。」

f:id:hgo687:20180407204849j:plain

未世「えーっと、あなたは一体…?」

千歌「なんで、千歌達はここにいるの…?」

f:id:hgo687:20180407205228j:plain

榛名「榛名は、金剛型戦艦3番艦の"榛名"です! たまたま道端で貴女達が倒れていたので、この基地まで運びました。」

千歌「あ…ありがとうございます。」

f:id:hgo687:20180407205919j:plain

未世「…ん? 戦艦で人間みたいな見た目をしているって………もしかして、あなたって艦娘なんですか!?」

榛名「はい、そうですけど?」

千歌「曜ちゃん、起きて!! 艦娘だって!」

f:id:hgo687:20180407210642j:plain

バッ

曜「えっ、艦娘!? どこどこ?」

千歌「目の前にいるよ!」

f:id:hgo687:20180407210918j:plain

曜「わわっ、金剛型戦艦の榛名だ!」

榛名「どうも!」

f:id:hgo687:20180407221135j:plain

金剛「Hey、皆サーン。 とても元気そうでなによりデース!」

榛名「あ、お姉様!」

f:id:hgo687:20180407221150j:plain

曜「わぁっ! 金剛型戦艦の金剛だ!!」

千歌「え? そんなに有名なの!?」

曜「そうだよ! だって、長門や大和といった歴戦の戦艦娘と肩を並べる位の勲章艦だからね。」

f:id:hgo687:20180407221524j:plain

未世「金剛さん、榛名さん。 私達を助けていただき、ありがとうございます!」

金剛「No, Problemデース! 困った時は、お互い様ですからネ。」

f:id:hgo687:20180407222051j:plain

金剛「榛名、その娘達の面倒をよろしくお願いしマース! 私は、引き続きワープジュエルをbreakしてくるワ。」

榛名「はい、榛名にお任せください!」

f:id:hgo687:20180407233745j:plain

千歌「あのー、ワープジュエルって一体何ですか?」

未世「そんなもの、この世界にあったかなぁ…?」

f:id:hgo687:20180407234251j:plain

榛名「ワープジュエルというのは、宝石みたいな輝きを出している石のことです。」

榛名「その石は、"マネキン"と呼称されている人形の怪物を、異世界から転送する力を持っています。」

f:id:hgo687:20180407234902j:plain

曜「あ! もしかして、あの黄色に光ってる謎の宝石のことですよね!」

榛名「はい、そうです! …しかし、どうしてそれを?」

千歌「私達も、その宝石みたいなものを調査しているんです!」

f:id:hgo687:20180407235458j:plain

未世「しかし、世間はおろか軍の関係者さえその石の能力を知らないのに、どうしてその石の能力を知っているんですか?」

f:id:hgo687:20180407235207j:plain

金剛「それについてデスガ、私達の仲間が独自に調査して能力を解明したのデース!」

榛名「ちなみに、名前は榛名達がそう呼称しているだけなんです。」

千歌「そうなんだ…。」

f:id:hgo687:20180408215012j:plain

未世「あのー、良かったら私にもワープジュエルの破壊をお手伝いさせてください!」

金剛「それは別にかまいませんケド、体調は大丈夫なんですカー?」

曜「見ての通り、ばっちりです!」

f:id:hgo687:20180408220221j:plain

千歌「…あ…でも、銃弾が無い…。」

曜「あの時の戦いで、ほとんど使っちゃったからねー。」

f:id:hgo687:20180408220557j:plain

金剛「それなら、問題Nothing! ちょうどここに武器商人が来てるので、弾薬を購入することができますヨー!」

千歌「ホントに!?」

未世「良かったー。 これで、M4A1ちゃんの弾薬が補給できる!」

f:id:hgo687:20180408221112j:plain

金剛「こっちデス、Follow me!」

千歌、曜、未世「「「おー!」」」

f:id:hgo687:20180408221617j:plain

金剛「榛名、あとは任せましたヨー。」

榛名「了解です、金剛お姉様!」

f:id:hgo687:20180408221713j:plain

………。

f:id:hgo687:20180408221801j:plain

翔鶴「あのー…。」

榛名「しょ…翔鶴さん!? 大丈夫なんですか、あの日から体調がよくないのに…。」

翔鶴「えぇ、今日は体調が落ち着いているみたいなの。」

f:id:hgo687:20180408222228j:plain

翔鶴「…それよりも、さっきの娘達に"あのこと"を話さなかったの?」

榛名「"あのこと"って、まさか…!? 駄目です、"あのこと"を話したらショックが大きすぎます!」

f:id:hgo687:20180408223025j:plain

翔鶴「でも、早めに話さないとさっきの娘達に危害が出てしまうわ。」

榛名「それは…。」

翔鶴「特に、大井さんなんかは問答無用で殺しにかかるはずです。 そうなってしまったら、誰も止めることができませんよ…。」

f:id:hgo687:20180408223115j:plain

榛名「…ですが、真実を知ってしまったらあの人達が絶望してしまいそうで、榛名にはとても話すことができません…。」

翔鶴「…もはや、私達は異世界の住人の奴隷に成り下がるしかないのでしょうか…。」

f:id:hgo687:20180408223349j:plain

榛名「比叡お姉様…霧島…、無力な榛名をお許しください…。」

翔鶴「瑞鶴…、私はどうすればいいの…?」


~~~~~


f:id:hgo687:20180408230527j:plain

金剛「ここですネ。 そこに、Weapon
Shopがありマース!」

未世「あれ? あそこにいる店員さん、どこかで見たような…。」

f:id:hgo687:20180408230624j:plain

武木地「いらっしゃいやしー!」

千歌、未世「「武木地さん!?」」

f:id:hgo687:20180408231150j:plain

未世「どうして、武木地さんがここに?」

武木地「どうして?…って、僕は艦娘相手にも武器の商売をしているでし。」

千歌「そうだったんだ…。」

f:id:hgo687:20180408235230j:plain

武木地「…それで、今回は何を買っていくでしか?」

未世「えーっと…、弾薬を買いたいんだけど…。」

武木地「弾薬でしか。 …ちなみに、どのくらい購入するでし?」

f:id:hgo687:20180409000931j:plain

未世「コレで買えるだけ買います!」

武木地「こんなにでしか!? …とりあえず、ちょっと待っててほしいでし。」

f:id:hgo687:20180409001727j:plain

曜「未世ちゃん、そんなにお金を持っていたの!?」

未世「うん、作戦司令本部からの軍資金だけどね。」

千歌「本部、太っ腹じゃん!」

f:id:hgo687:20180409001831j:plain

武木地「それじゃあ、君たちの持っている武器を見せてほしいでし! それによって、買える弾薬の量が変わってくるでし。」

千歌、曜、未世「「「はい。」」」


―――――


f:id:hgo687:20180409123014j:plain

ガシャ

未世「これで、弾薬不足になることは無くなったね!」

千歌「うん! このクリスヴェクターのマガジンも100個以上になったから、安心して戦えるよ!」

曜「これで、戦力は整ったであります!」

f:id:hgo687:20180409123125j:plain

金剛「皆サーン、準備はできたみたいですネ! それでは、出撃しますヨー!」

曜「ヨーソロー!」



次回に続く!