終焉の戦争 第11話 (フィギュア劇場)

f:id:hgo687:20180411215816j:plain

~コニンギョウ村[東周辺]~

f:id:hgo687:20180411215544j:plain

金剛「ここデース! レーダーによると、この辺りにたくさんのワープジュエルがあるみたいですヨ!」

未世「こんな辺鄙な場所にあるんだ…。」

f:id:hgo687:20180411215903j:plain

千歌「もう既に、目の前に1つあるね!」

曜「…でも、本当にマネキン達が異世界から転送されてくるのかな?」

金剛「本当ですヨ!」

f:id:hgo687:20180411220122j:plain

シュン

金剛「ほら!」

曜「本当だ…。」

f:id:hgo687:20180413224136j:plain

金剛「とりあえず、私は未世と周りのマネキンを倒しマス!」 ズドドドドドド

未世「千歌さんと曜さんは、二人で石の破壊をお願い!」 ダダダダダダ

千歌「了解(ラジャー)!」

曜「ヨーソロー!」

f:id:hgo687:20180413224555j:plain

マネキン「「アァーー!?」」

f:id:hgo687:20180411222126j:plain

ポロッ…バタリ… ポロッ…

f:id:hgo687:20180413224815j:plain

未世「まだまだ!」 ダダダダダダ

金剛「殲滅するデース!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180413225228j:plain

マネキン「「アァーー!?」」

f:id:hgo687:20180411233843j:plain

バタリ… バタリ…

f:id:hgo687:20180413232835j:plain

千歌「よーし、今の内に攻撃だ!」 ズドドドドドド

曜「ヨーソロー!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180413233103j:plain

千歌「硬い…。 マネキンと違って、全然壊れないよ…。」 ズドドドドドド

未世「まあ…転送装置みたいなものだから、壊れにくいのは当然かな?」

f:id:hgo687:20180413233434j:plain

シュン

千歌「…また、出できたよ。」

金剛「その石を壊さないと、キリがないんですヨネー。」

曜「もう少しかな…?」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180413233635j:plain

未世「二人とも、頑張って!」 ダダダダダダ

金剛「撃って撃って、撃ちまくるデース!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180413233932j:plain

千歌「…って、こっちにマネキンが来てるし…。」 ズドドドドドド

マネキン「「アァーー!?」」

曜「…。」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180412220208j:plain

バタリ… バタリ…

バーン!

f:id:hgo687:20180412220219j:plain

………。

千歌「やった、石の破壊に成功したよ!」

金剛「流石デース!」

f:id:hgo687:20180412220726j:plain

曜「以外と耐久力はあったけど、2人がかりだったから余裕だったね!」

千歌「うん!」

曜「とりあえず、この間にリロードをしておこう!」 スッ

f:id:hgo687:20180412221932j:plain

金剛「こんな短時間でワープジュエルをbreakするなんて、凄いデース! この調子で、次もお願いシマース!」

未世「了解(ラジャー)!」 スッ

f:id:hgo687:20180412225550j:plain

千歌「…それで、次はどこに?」 ガシャ

金剛「Radarの反応によると、underground…つまり地下デース。 次は、その土管に入って地下に行きますヨ!」

f:id:hgo687:20180412230021j:plain

千歌「この中かぁ…。」

曜「まるで、ゾンビ映画みたいだ…。」

f:id:hgo687:20180412230238j:plain

未世「地下ってことは、暗いんですか?」

金剛「むしろ逆デース、コニンギョウ村付近の地下空洞は何故か明るいんですヨ。」

f:id:hgo687:20180412230441j:plain

千歌「それじゃあ、先に行ってるね!」

f:id:hgo687:20180412230527j:plain

グングングン…

曜「待ってよ、千歌ちゃん。 一人で先に行くと危ないよ!」

f:id:hgo687:20180412230755j:plain

グングングン…
………。

f:id:hgo687:20180412230945j:plain

金剛「私達も行きましょうカ!」

未世「ですね。」

f:id:hgo687:20180412231055j:plain

グングングン…

未世「よいしょっと!」

f:id:hgo687:20180412231207j:plain

グングングン…

………。


~~~~~


f:id:hgo687:20180414110832j:plain

~コニンギョウ村[地下道]~

f:id:hgo687:20180414111301j:plain

グングングン…

千歌「おおっ!」

f:id:hgo687:20180414111330j:plain

千歌「地下なのに、広いし明るい!!」

曜「それに、金剛さんが言った通り、地下にワープジュエルがあるね!」

f:id:hgo687:20180414112816j:plain

金剛「ワープジュエルを見つけたのはいいのですケド、5個も同じ場所に集中しているのは厄介デスネ…。」

千歌「どうして?」

f:id:hgo687:20180414112929j:plain

金剛「それは、5個のワープジュエルからマネキンが転送されてくるので、大量のマネキンを相手にしなければならないからデス。」

曜「そっか…。 石を破壊しようとしても、大量のマネキンに邪魔されるもんね。」

f:id:hgo687:20180414113311j:plain

未世「はい! 提案があります!」

金剛「何ですカー?」

f:id:hgo687:20180414113747j:plain

未世「このダイナマイトを使って、ワープジュエルをまとめて破壊すればいいんじゃないかな…?」

金剛「oh,それはGood ideaですネ!」

f:id:hgo687:20180414113817j:plain

千歌「未世ちゃん、流石だよ!!」

曜「運が良ければ、マネキン達も一掃できるしね!」

f:id:hgo687:20180414114517j:plain

未世「それじゃあ、投げるよ?」

f:id:hgo687:20180414114856j:plain

シュー…

未世「えいっ!」 ポイッ

f:id:hgo687:20180414143704j:plain

ポトッ

シュー…

f:id:hgo687:20180414115350j:plain

ボカーン!!

マネキン「「「アァーー!?」」」

f:id:hgo687:20180414115423j:plain

マネキン「「アァーー!!」」

f:id:hgo687:20180414120121j:plain

未世「やった! 石の破壊に成功だね!」

f:id:hgo687:20180414144045j:plain

金剛「それでは、私達は残りのマネキンを片付けまショー!」 ズドドドドドド

千歌「うぉりゃ!」 ズドドドドドド

曜「ヨーソロー!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180414144223j:plain

マネキン「「アァーー!?」」

f:id:hgo687:20180414134628j:plain

ポロッ…バタリ… バタリ…

曜「敵、撃破であります!」

f:id:hgo687:20180414135102j:plain

金剛「…どうやら、レーダーの反応は無くなりマシタ。 この周辺のワープジュエルは片付いたみたいデース!」

金剛「皆サーン、ありがとうごさいマシタ!!」

f:id:hgo687:20180414135200j:plain

千歌「やったね!」

未世「良かった!」

曜「私達の大勝利だ!」

f:id:hgo687:20180414135421j:plain

金剛「それじゃあ、一旦基地に戻りマショウか!」

千歌、曜、未世「「「はーい!」」」

f:id:hgo687:20180414135518j:plain

任務達成(ミッションクリア)!



次回に続く!