終演の戦争 第12話 (フィギュア劇場)

f:id:hgo687:20180416222150j:plain

~艦娘の秘密基地~

金剛「Hey,榛名、ただいまデース!」

未世「帰投しました!」

f:id:hgo687:20180416222214j:plain

榛名「お帰りなさいませ、金剛お姉様! そ
れと、千歌さん達も。」

金剛「とりあえず、目的はcompleteしてきましたヨ!」

f:id:hgo687:20180416222426j:plain

榛名「…それで、ワープジュエルはいくつ破壊できたのですか?」

金剛「それがですネ…なんと、6つもbreakすることができたノネー!!」

榛名「6つもですか!? 凄いです!!」

f:id:hgo687:20180416223142j:plain

榛名「皆さん、榛名達にご協力していただき、ありがとうございます!!」

金剛「Thank youネ!」

f:id:hgo687:20180416223125j:plain

千歌「いやぁー、それほどでも。」

未世「いえいえ。」

曜「また何かあったら、私達に任せるであります!」

f:id:hgo687:20180416235848j:plain

金剛「それでは、ここでbreak timeにしましょうカー!」

榛名「皆さん、お疲れ様です! 自由にくつろいでくださいね!」

f:id:hgo687:20180417212300j:plain

千歌「…あれ? そういえば、果南ちゃん達が見当たらないんだけど…。」

曜「本当だ…、どこにいるんだろう…。」

f:id:hgo687:20180417212329j:plain

金剛「果南…? 誰ですカ、それは?」

千歌「青髪で髪の毛をポニーテールに結んでる、私より年上の女の子だけど…。」

f:id:hgo687:20180417212535j:plain

榛名「いえ、知らないですね…。 榛名達が貴女方を見つけた時は、他に誰もいませんでしたから…。」

金剛「ご期待に添えられず、申し訳ないデース…。」

f:id:hgo687:20180417212907j:plain

千歌「んー? ということは、果南ちゃん達は私達とは別方向に吹き飛ばされたってことなのかな…?」

未世「そうかもしれないね…。」

曜「とりあえず、ここにはいないってことがわかったね。」

f:id:hgo687:20180417213554j:plain

大井「ただいま帰投しました。」

秋月「金剛さん、私達もワープジュエルをいくつか壊して来ましたよ!」

時雨「今回破壊したのは、南周辺の池の近くにあった4つだね。」

f:id:hgo687:20180417213927j:plain

金剛「アウチ! これは、とんでもないタイミングで帰ってきたのネ…。」

榛名「どどどどうしましょう、お姉様!?」

f:id:hgo687:20180417214404j:plain

曜「わわっ! 球磨型軽巡洋艦の大井に、秋月型駆逐艦の秋月に、白露型駆逐艦の時雨だ!!」

未世「曜さんって、艦娘のことについて結構詳しいんだね。」

f:id:hgo687:20180417215721j:plain

ジャキッ

千歌、曜、未世「「「えっ?」」」

f:id:hgo687:20180417215733j:plain

秋月「金剛さん、これはどういうことですか!!」

大井「クズの人間達め、ぶっ殺してやりましょうか!」

f:id:hgo687:20180417215752j:plain

時雨「君達みたいなゴミが、どうして僕達艦娘の秘密基地にいるのかな?」

榛名「そ…それは、金剛お姉様と榛名が彼女達を拾ったからです。」

時雨「こんな使えないゴミ達を? 笑っちゃうね。」

f:id:hgo687:20180417220201j:plain

金剛「さっきから、you達は彼女達を"ゴミ"とか"クズ"呼ばわりして! いい加減にするデース!!」

榛名「そうですよ、彼女達はあの人とは違いますから…。」

f:id:hgo687:20180417215921j:plain

曜「…え? 何が起こってるの?」

千歌「今さっき、千歌達のことをクズとかゴミって言ってたけど…。」

未世「あの艦娘達は、私達人間を嫌っているんでしょうか?」

f:id:hgo687:20180417220230j:plain

時雨「勿論だよ、殺したいくらいにね。」

秋月「さっさと、私達の目の前から消えてください! このゴミクズ!!」

f:id:hgo687:20180417220313j:plain

大井「いや、逃がすなんて生ぬるいわ。 死ない程度に致命傷を与えて、自分達がしてきたことを後悔させてやりましょう!」

f:id:hgo687:20180417220621j:plain

金剛「榛名、このままでは未世達の命がdangerデス。 大井達を押さえますヨ!」

榛名「はい、了解しました。」

f:id:hgo687:20180417232010j:plain

時雨「な…何をするんだい、金剛さん!?」

金剛「とりあえず、あっちに行って頭をcool downするデース。」

榛名「皆さん落ち着いてください…。」

f:id:hgo687:20180417233144j:plain

………。

f:id:hgo687:20180417233434j:plain

千歌「うーん…。 なんでさっきの艦娘達は、私達に悪態をついたんだろう…。」

未世「なんか、訳ありっぽかったよね?」

曜「さあ…? 何か嫌なことでもあったから、八つ当たりしたんじゃないかな?」

f:id:hgo687:20180417235202j:plain

翔鶴「…あのー、少しよろしいですか?」

f:id:hgo687:20180417235309j:plain

千歌「誰?」

曜「千歌ちゃん、この艦娘は翔鶴型航空母艦の翔鶴だよ!」

未世「うん、やっぱり詳しいね。」

f:id:hgo687:20180418000840j:plain

曜「それで、私達に何か用ですか?」

翔鶴「先程、あの娘達が貴女方に悪態をついてましたよね?」

千歌「うん…。」

f:id:hgo687:20180418001027j:plain

翔鶴「本当はあの娘達はいい子なのですが、過去にあったある事件が原因で人間を嫌いになってしまったんです…。」

未世「何があったんですか?」

翔鶴「それを今からお話しします。」


―――――

私達は元々、東の鎮守府に配備されていました。 その鎮守府は比較的大きく、150隻以上もの艦娘が存在していたのです。

そこでは心優しい提督が着任しており、艦娘に無茶な出撃をさせなかったり、戦闘で中破した艦娘がいたらその時点で即座に退却させる等、日々私達艦娘のことを気にかけてくれていました。

しかし、ヨハネらリトルデーモン団が来てからは状況が一変してしまったのです。

まず、提督が行方不明になってしまったのです。 当然、提督がいなくなった鎮守府は統率がとれず機能しなくなりました…。

私達は行方不明になった提督を必死に探しましたが、一切の手がかりもなく途方にくれるだけでした…。

それから、提督が行方不明になってから1週間が経ったある日、新しい提督が着任したんです。 しかし、新しい提督が着任してからというもの、私達は悲劇のシナリオを辿ることになりました…。

その提督は、大破しても進軍し艦娘を轟沈させる、出撃が終了し鎮守府に帰投してもものの数分でまた再出撃させる、艦娘が疲労していてもお構い無しに遠征に出す、一部の艦娘に対して性的な行為を要求する等…。

話したらキリが無いくらい、その提督は私達艦娘を道具としか見ていませんでした。

それに、そのことに反発した艦娘は提督によって解体されたり、見せ物のごとく裸にひん剥かれて大衆の前で晒し者にされたりもしていました。

これにより、私達含む多くの艦娘は姉妹艦を失ってしまい、提督はおろか人間そのものを恨むようになってしまったのです…。

私達はこれ以上の仕打ちに耐えられずに、鎮守府から逃げてこの秘密基地にひっそりと暮らすようになりました…。

―――――

f:id:hgo687:20180418001135j:plain

翔鶴「…以上が、私達の過去です。」

f:id:hgo687:20180418213227j:plain

千歌「酷い…、酷すぎるよ…。」

未世「なるほど…。 つまり、翔鶴さん達はブラック鎮守府と呼ばれる場所に配備されていたんですね。」

曜「そりゃ、人間に対して悪態をつくのもわかるよ。」

f:id:hgo687:20180418213343j:plain

翔鶴「それでも、金剛さんと私は全ての人間が悪いとは思っていません…。」

翔鶴「お願いです、皆さん。 何とかして、あの娘達を元のいい子に戻してください!」

f:id:hgo687:20180418213752j:plain

千歌「もちろんだよ! ね、曜ちゃん!」

曜「ヨーソロー! 翔鶴さん、私達にお任せするであります!」

f:id:hgo687:20180418213924j:plain

翔鶴「ありがとうございます! …なんてお礼をすればいいのやら。」

f:id:hgo687:20180418214853j:plain

大井「もう、わかりました!! 金剛さんがそこまで言うのなら、あの人間達を信用しますって!」

時雨「その代わり、今度あの人間達は僕達と一緒にコニンギョウ村の東周辺に行ってもらうことにするからね。」

秋月「もし、足手まといになるのならその場で殺しますけど。」

f:id:hgo687:20180418215308j:plain

千歌「なんか、あっちで物騒なことを言ってるよね…。」

曜「あははははは…。」

f:id:hgo687:20180418215925j:plain

翔鶴「あ、そうだわ。 曜さん、もしもの時の為にこれを持っていてください。」 スッ

曜「…これは?」

f:id:hgo687:20180418220012j:plain

翔鶴「それは、電磁投射砲………所謂、レールガンです!」

未世「レールガン!? なんで、そんなものを…。」

f:id:hgo687:20180418220109j:plain

翔鶴「本当は、先程話した新しい提督が対艦娘用に製作していた銃です。 それを、私が盗んできました。」

曜「へぇー…。」

f:id:hgo687:20180418220411j:plain

金剛「Hey,皆サーン、ひとつだけお話しがありマース!」

金剛「明日、時雨達と一緒にコニンギョウ村の東周辺に行ってもらいマス! よろしいデスカ?」

千歌、曜、未世「「「OKだよ!」」」

f:id:hgo687:20180418220855j:plain

金剛「翔鶴は、私と榛名と共にこの基地で待機デス! 体が弱いから、あんまり無理はしちゃダメですヨ?」

翔鶴「はい。 お気遣い、ありがとうございます。」

f:id:hgo687:20180418221118j:plain

金剛「お話は以上デス。 あとは、自由に過ごしてくだサーイ!」



次回に続く!