終焉の戦争 第13話 (フィギュア劇場)

f:id:hgo687:20180527105816j:plain

~コニンギョウ村[西周辺]~

f:id:hgo687:20180527105836j:plain

大井「…さて、昨日話した通りに貴方達にはこの付近のワープジュエルを破壊してもらいます。」

時雨「君達が僕達にとって、信用に足りえる人間かどうかを見定める為のテストだよ。」

f:id:hgo687:20180527110034j:plain

大井「今回破壊するワープジュエルは、あそこにある1つだけです。」

時雨「言っておくけど、君達が危険に晒されようが僕達は絶対に助けないからね。」

f:id:hgo687:20180527110101j:plain

秋月「わかったなら、さっさと行ってきてください!!」

未世「あ、はい…。」

f:id:hgo687:20180527110435j:plain

千歌「それじゃあ、やろう!」

曜「だね!」

未世「さっさと片付けちゃおうか!」

f:id:hgo687:20180527110521j:plain

シュン

時雨「!? シジミ兵を転送してくるワープジュエルなんて初めてだよ!?」

秋月「い…今まで転送されていたのは、全部マネキンだったのに…。」

f:id:hgo687:20180527110543j:plain

シジミ兵A「おい、聞いたか? この場所を占領できれば、ヨハネ様から凄いご褒美があるそうだぞ!」

シジミ兵C「マジかよ!? これは、断然やる気が出てきたな!」

シジミ兵B「ご褒美って何だろうか…。」

f:id:hgo687:20180527201945j:plain

未世「まずは、3人でワープジュエルを集中攻撃するよ!」 ダダダダダダ

千歌「もちろん!」 ズドドドドドド

曜「ヨーソロー!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180527202242j:plain

シジミ兵F「ん? なんか、銃声しないか?」

シジミ兵E「どうせ、幻聴だろw こんな場所にくる人間なんているわけないしw」

シジミ兵D「それもそうだな。」

f:id:hgo687:20180527112229j:plain

バーン!

シジミ兵達「「「「「「「「何っ!?」」」」」」」」

f:id:hgo687:20180527112440j:plain

………。

未世「ワープジュエルを撃破!」

シジミ兵A「おい、見ろ! あそこに人間がいるぞ!」

シジミ兵G「あいつらが、ワープジュエルを破壊しやがったのか!!」

シジミ兵H「奴らを倒せーっ!!」

f:id:hgo687:20180527203106j:plain

千歌「返り打ちだよ!」 ズドドドドドドド

曜「喰らえーっ!」 ズドドドドドドド

未世「えーい!」 ダダダダダダ

f:id:hgo687:20180527203438j:plain

「ぐわっ!?」 「ぎゃっ!?」 「ぎゃああ!?」 「いてっ!?」 「ぐほっ!?」 「がふっ!?」 「かはっ!?」

f:id:hgo687:20180527113151j:plain

シジミ兵達「「「「「「「「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」」」」」」」」

バタリ… バタリ… バタリ… バタリ… バタリ… バタリ… バタリ… バタリ…

f:id:hgo687:20180527114038j:plain

曜「シジミを撃破したであります!」

千歌「今回は簡単だったね!」

未世「この付近のワープジュエルは、これで全部かな?」

f:id:hgo687:20180527114436j:plain

大井「ちょっと!? たかがワープジュエルを1つ破壊したぐらいで、調子に乗らないでください!」

時雨「そうだよ、これくらいはできて当たり前だから!」

未世「あ…はい…。」

f:id:hgo687:20180527114835j:plain

ザーザザザー

『こちら、作戦司令本部。 フリーチーム、聞こえるか?』

未世「あ、はい! 聞こえてます!」

『よし、通信は繋がったみたいだな。 …ところで、お前達は無事なのか!?』

未世「はい、何とか。」

f:id:hgo687:20180527134254j:plain

『良かった…。 今のところ、メリーヴェル基地に向かったメンバーの中で、お前達だけ無事なようだな。』

未世「えっ!? それじゃあ、他の人達は…。」

『残念ながら、今のところ消息は不明だ。 おまけに、無線も繋がらない…。』

未世「そうですか…。」

f:id:hgo687:20180527134333j:plain

『それはそうと、今お前達はどこにいるんだ?』

未世「えっと…、確かコニンギョウ村の近くです。」

『何っ!? お前達、今すぐそこから逃げるんだ!!』

f:id:hgo687:20180527134613j:plain

未世「ど…どうしてですか?」

『先程、偵察部隊から連絡があった。 コニンギョウ村周辺で、未知の怪獣が暴れまわっていると。』

未知「か…怪獣ですか?」

f:id:hgo687:20180527134411j:plain

秋月「レーダーに敵反応確認! こっちへ向かっています!」

大井、時雨「「え…?」」

f:id:hgo687:20180527134916j:plain

千歌「…まさか、通信で話していた怪獣がここに来ることはないよね…?」

曜「あ…あれは、怪獣だぁ!?」

f:id:hgo687:20180527135043j:plain

「ギャオオーン!!」

未世「ほ、本当に怪獣が現れた…。」

『何だと!? …仕方がない、そちらに援軍を投入する! それまでどうにかして持ちこたえろ!!』

f:id:hgo687:20180527135555j:plain

時雨「な…なんて、都合の悪い展開なんだ…。」

大井「くっ…。 マネキン、シジミ、深海棲艦、の次は怪獣なの!?」

f:id:hgo687:20180527135613j:plain

「ギャオオーン!!」

ドシンドシンドシンドシン

千歌「こ、こっちに来るよ!?」

f:id:hgo687:20180527222423j:plain

未世「ひ…怯まずにあの怪獣を撃って!」 ダダダダダダ

曜「ヨーソロー!」 ズドドドドドド

千歌「うん!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180527222554j:plain

「…ギャオ?」

ピョーン

f:id:hgo687:20180527140451j:plain

ドスーン!

f:id:hgo687:20180527222834j:plain

千歌「こ、攻撃が効いてないような…。」 ズドドドドドド

曜「確かに、そう見える気が…。」 ズドドドドドド

未世「そんなはずは…。」 ダダダダダダ

f:id:hgo687:20180527223041j:plain

「…ギャオ?」

f:id:hgo687:20180527140853j:plain

千歌「やっぱりそうだよ! 私達の銃撃を受けても、びくともしてない…。」

曜「そんな馬鹿な!」

f:id:hgo687:20180527141834j:plain

大井「くっ…。 やっぱり人間は、口先だけで使えませんね!」

時雨「ここは、僕達だけで何とかしよう!」

ダッ…

f:id:hgo687:20180527142334j:plain

時雨「怪獣かなんだか知らないけど、好き勝手にはさせないよ!」

大井「これ以上の面倒事が増える前に、ここで倒してやるわ!」

f:id:hgo687:20180527142643j:plain

時雨「残念だったね。」 ズドン ドン!

大井「海の藻屑となりなさいな!」 ドン!

f:id:hgo687:20180527142740j:plain

ドカーン!! ドカーン!! ドカーン!!

f:id:hgo687:20180527142946j:plain

「…ギャオン?」

f:id:hgo687:20180527143128j:plain

大井「私達の砲撃が聞いてないですって!?」

時雨「そんな…。 姫や鬼クラスの深海棲艦にもダメージを与えられる主砲なのに、微動だにしないなんて…。」

f:id:hgo687:20180527143209j:plain

「ギャオオーン!!」

時雨、大井「えっ?」

f:id:hgo687:20180527143224j:plain

ブン!

f:id:hgo687:20180527143326j:plain

ドカッ ドカッ

時雨「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

大井「くぅぅぅぅぅぅぅぅ!?」

f:id:hgo687:20180527144459j:plain

秋月「よくも仲間を…!! 許しません!」

長10cm砲ちゃん「「クラエ!」」 ドン! ドン!

f:id:hgo687:20180527144043j:plain

ドカーン!! ドカーン!!

f:id:hgo687:20180527144205j:plain

「…ギャオン?」

秋月「そ、そんなっ!? 長10cm砲ちゃんの攻撃でさえ、効かないなんて!!」

f:id:hgo687:20180527144622j:plain

ドシンドシン…

「ギャオン!」ガブリッ

f:id:hgo687:20180527145221j:plain

秋月「きゃあっ!?」

秋月「怪獣の噛みつきで大破されられた上に、動けなくなるなんて…。」

f:id:hgo687:20180527145447j:plain

大井「なんですか、アレ! 私達の攻撃は効かないどころか、私達艦娘の装甲に大損害を与えれるなんて卑怯よ!」

時雨「一筋縄じゃいかないみたいだね。」

f:id:hgo687:20180527145502j:plain

「ギャオーン!」

秋月「こ…これじゃ、やられちゃう!」

f:id:hgo687:20180527145913j:plain

時雨「秋月が危ない!!」 ドン! ドン!

大井「仲間を死なせたりなんかさせないわ!」 ドン!

f:id:hgo687:20180527150042j:plain

ドカーン!! ドカーン!! ドカーン!!

f:id:hgo687:20180527150318j:plain

「…ギャオン?」

大井「…クソッ! こんなに攻撃しているのに、涼しい顔をして!!」

時雨「そんな…、もう打つ手がないよ…。」

f:id:hgo687:20180527150353j:plain

「ギャオーン!!」

秋月「やだ…、死にたくないよ…。」

f:id:hgo687:20180527231252j:plain

千歌「…こうなったら、スナイパーライフルで大ダメージを与えてやる!!」 ズドォーン!

曜「なら、私は翔鶴さんに貰ったこのラピッドレールガンで攻撃だ!」 ズガァーン!

未世「じゃあ、私はそのままM4A1で射撃しよっと!」 ズダダダダダダ

f:id:hgo687:20180527231907j:plain

「ギャオーン!?」

f:id:hgo687:20180527150529j:plain

ガクッ

未世「あの怪獣が怯んだ!?」

千歌「…もしかして、攻撃が効いたのかな?」

f:id:hgo687:20180527150543j:plain

秋月「た、助かった…の?」

時雨、大井「「よ…良かった。」」

f:id:hgo687:20180527150924j:plain

曜「…もしかして、このレールガンのおかげかな?」

千歌「どうかはわからないけど、攻撃が効いたのは確実だね!」

f:id:hgo687:20180527151348j:plain

未世「あ…マガジンの弾が切れたから、リロードしておかないと。」

ザーザザザー

『こちら、ゴドラチーム。 フリーチーム、助けに来たぞ!』

f:id:hgo687:20180527151537j:plain

未世「二人とも、援軍が来たみたいだよ!」

千歌、曜「「援軍!?」」

f:id:hgo687:20180527232806j:plain

戦車搭乗員「砲撃、開始ー!!」 ドン!

f:id:hgo687:20180527151828j:plain

ドカーン!!

「ギャオーン!?」

f:id:hgo687:20180527151900j:plain

ガクッ

大井「えっ!? 何が起きて…。」

時雨「もしかして、援軍!?」

f:id:hgo687:20180527152016j:plain

ボスゴトラ「ゴドラチーム、突撃開始! 戦車は、そこで援護射撃を頼む!」

戦車搭乗員「了解だ!」

f:id:hgo687:20180527152702j:plain

ボスゴトラ「行くぞ!」

「「「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」」」

ポリゴン2、コウゲキタイセイニハイル!」

f:id:hgo687:20180527152205j:plain

千歌「本当に援軍だぁ!」

曜「しかも、戦車まで来てるよ!」

未世「…というか、あのフィギュア達ってポケモンだよね?」

f:id:hgo687:20180527152727j:plain

ボスゴトラ「俺達のすてみタックルを喰らえ!」 ドゴォッ!

ラグラージすてみタックル!」 ドゴォッ!

ドサイドン「思いしらせてやる!」 ドゴォッ!

f:id:hgo687:20180527152753j:plain

「ギャオーン!?」

ガクッ

f:id:hgo687:20180527152832j:plain

大井「な、なんて威力なの…。」

時雨「す、凄い…!!」

f:id:hgo687:20180527152904j:plain

シュバルゴ「今度は拙者の番だ! 喰らえ、ダブルニードル!」 グサグサッ

f:id:hgo687:20180527152941j:plain

「ギャオーン!?」

ガクッ

f:id:hgo687:20180527152956j:plain

秋月「私達の砲撃じゃ歯が立たなかった怪獣を、近接攻撃で圧倒してる…!!」

f:id:hgo687:20180528092558j:plain

ポリゴン2「チャージビーム!」 ビビビビビビビ

f:id:hgo687:20180528092753j:plain

ビビビビビビビ

バリバリバリバリ…

f:id:hgo687:20180528092904j:plain

千歌「援軍の戦いを見ていたら、私達も負けられないね!」 ズドォーン!

未世「攻撃あるのみ!」 ダダダダダダ

曜「うぉりゃ!」 ズガァーン!

f:id:hgo687:20180528093110j:plain

「ギャオーン!?」

f:id:hgo687:20180527153553j:plain

ガクッ

シュバルゴ「…どうやら、この怪獣はだいぶ弱ってきているみたいだな。」

ボスゴトラ「よし! この調子で、怪獣を撃破するぞ!」

f:id:hgo687:20180528093827j:plain

戦車搭乗員「よし、任せろ!」 ドン!

ドサイドン「いいぞ、やれやれー!!」

f:id:hgo687:20180527153645j:plain

ドカーン!!

ラグラージ「やったか!?」

f:id:hgo687:20180527153758j:plain

「ギャオーン!?」

ガクッ

f:id:hgo687:20180527153851j:plain

ムクリ…

「ギャオオーン!!」

ドサイドン「馬鹿なっ! あれほどの攻撃を喰らってなお、生きているだと!?」

f:id:hgo687:20180527153821j:plain

戦車搭乗員「あの怪獣は、なんて生命力があるんだ!!」

ポリゴン2「アノカイジュウハ、ワレワレノジョウシキヲチョウエツシテイル。」

f:id:hgo687:20180527153918j:plain

「ギャオオーン!!」

ドシンドシンドシンドシン

時雨「また動き出した!?」

f:id:hgo687:20180527153951j:plain

ドシンドシンドシンドシン

大井「あの怪獣、逃げるつもり!?」

f:id:hgo687:20180527154000j:plain

ドシンドシンドシンドシン…

………。

f:id:hgo687:20180527154125j:plain

秋月「に、逃げていったの…?」

ボスゴトラ「どうやら、そうみたいだな。」

f:id:hgo687:20180527154319j:plain

時雨「秋月、大丈夫かい?」

大井「秘密基地まで、私がおぶっていってあげるわよ?」

秋月「あ…お願いします…。」

f:id:hgo687:20180527154447j:plain

ボスゴトラ「こちら、ゴドラチーム。 怪獣を追い詰めたが、逃げられてしまった。」

『クソっ、逃げられてしまったか…。 ならば、偵察部隊を派遣して怪獣を探すことにしよう。』

f:id:hgo687:20180527154514j:plain

戦車搭乗員「しかし、総司令官。 奴を探したところで、我々の攻撃ではロクなダメージを与えられません!」

戦車搭乗員「戦車の主砲ですら、少し怯む程度なんですよ!?」

『何っ、戦車の砲撃に耐える生物だと!?』

f:id:hgo687:20180527154633j:plain

ボスゴトラ「そのようだ。 我々の集中攻撃を受けても、怪獣はびくともしなかった。」

『ふむ。 これは怪獣を撃破するために、急速に新兵器の開発をする必要があるな。』

『ゴドラチームと戦車隊、フリーチームの手助けをご苦労だった!』

f:id:hgo687:20180527154808j:plain

『フリーチーム、お前達もよく耐えてくれたな! 今はゆっくり休むといい!』

f:id:hgo687:20180527155557j:plain

任務達成(ミッションクリア)!



次回に続く!