恐怖のローラーコースター

f:id:hgo687:20180602204937j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今回はなんと、八雲BBAに頼まれて俺がジェットコースターに乗ることになったッスwww」

敗吐「人生で初めてのジェットコースター、楽しみッスよwwwwwwwwww」

f:id:hgo687:20180602205311j:plain

敗吐「…というわけで、早速ジェットコースターに乗ってやるッス!w」 タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20180602205714j:plain

敗吐「ふむ、座り心地は文句ないッスねw」

f:id:hgo687:20180602205500j:plain

ガシャン! 敗吐「このベルトの締め付けも思ったほどキツくないし、最高ッスwww」

f:id:hgo687:20180602211011j:plain

『それでは、間もなく発車いたします!』

敗吐「おっ、いよいよッスねwww 楽しみッス!w」

f:id:hgo687:20180602211223j:plain

『では、いってらっしゃい!』

ビュン!

敗吐「ちょっw 早すぎるッスよwww」

f:id:hgo687:20180602211419j:plain

敗吐「おっと、もう下りッスか?w 登らないジェットコースターなんて、ジェットコースターじゃないッスよwww」

f:id:hgo687:20180602211558j:plain

カラカラカラ… 敗吐「え?w」

f:id:hgo687:20180602211657j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」 

ヒュ-

ドカ-ン!!

f:id:hgo687:20180602211950j:plain

紫「どうだったかしら? 地獄行きへのジェットコースターは。」

紫「ま、私の声はあのハゲウサギには聞こえてないでしょうけどね。」 

 

〜数十分後〜

 

f:id:hgo687:20180602212249j:plain

大鳳「先輩、この場所みたいですよ。」

瑞鶴「爆発音があったから、急いで来てみたら…。」

f:id:hgo687:20180602212503j:plain

瑞鶴「何があったのよ、これ…。 バラバラ死体じゃない!!」 

大鳳「どうするんですか、これは…。」

瑞鶴「こっちが聞きたいくらいよ!!」

f:id:hgo687:20180602212746j:plain

消防隊員A「おいおい、どうするんだよ!?」

消防隊員B「あのフィギュアはもう駄目だな…。」

救急隊員「いや、まだ助かる可能性はある! なんとしてでも、タブンネ病院まで運んでやる!!」 f:id:hgo687:20180602213011j:plain

救急隊員「残骸を回収ー!!」 テキパキテキパキ

f:id:hgo687:20180602213114j:plain

バタン 救急隊員「病院へ急げー!!」 ピ-ポ-ピ-ポ-

 

タブンネ病院〜

 

f:id:hgo687:20180602213236j:plain

タブンネ「バラバラになっていたフィギュアの手術は、無事に成功しましたよ! …タブンネ。」

f:id:hgo687:20180602213408j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

タブンネ「あら! 直ぐに元気になったみたいですね!」

 

…こうして、手足を間違えて接続されたキモフィギュア敗吐は、これからみんなの笑い者として生きることとなったのであった。

 

 

機種変更したiPhoneでの初の作品が、これってどういうことなの…。

もっと僕は、まともな作品を作ることはできなかったのだろうか…。 

ちなみに、使用したトミカは全てマクドナルドのハッピーセットのものです。(どうでもいいw)

以上です。