ラブライブ!のfigma達でTTT 登場キャラ&特殊アイテムまとめ Ver. 1.1

※6月20日、更新+タイトルを変更しました。

※この記事では、ラブライブ!人狼[TTT]に登場するキャラと特殊アイテムを紹介します。

登場するキャラクターや銃火器の一部にはこの作品での独自設定が追加されているので、原作または現実の設定と違う場合があります。

なお、この記事は定期的に追記・編集して更新します。


登場フィギュアの紹介!

~μ'sサイド~

・絵里

f:id:hgo687:20171204220155j:plain

メインキャラで、KKE(かしこいかわいいエリーチカ)。

この人狼(TTT)の企画者であり、全体的なプレイング力は申し分ない。

なお、遊ぶステージは毎回事前に彼女が決めている模様。


・穂乃果

f:id:hgo687:20171111231105j:plain

おバカその1。

基本的にのほほんとしており、危機感が全くない。

エイム力も騙しスキルも酷く、今のところラブライブ!の登場キャラクターの中で最弱である。

ちなみに、作者の推しメン(推してるメンバー)だったりする。


・ことり

f:id:hgo687:20180103040730j:plain

ほのキチその1。

おっとりしているように見えるが、かなり戦略を立てている強者。

あまり怒ることは無いが、相手に煽られるとその相手に対し初期設定や二次創作での設定等のメタい発言で煽り返すことがある。


・海未

f:id:hgo687:20171212011245j:plain

ほのキチその2。

人狼でかなり重要であるはずの『嘘』をつくのが下手。 …というか、嘘そのものをつかなかったりする。

その反面エイム力は高く、単純な銃の撃ち合いだったら絵里に勝てるほどの実力がある。


・凛

f:id:hgo687:20171112212930j:plain

おバカその2。

渋谷ではなく、星空の方。

Detectiveを「デテクテブ」と発音、Innocentのスペル(綴り)を間違えるほど英語が苦手。

また、語尾に"にゃー"という口癖を付ける可愛いキャラかと思えば、毒舌で辛疎(しんらつ)な発言が多い。


・真姫

f:id:hgo687:20171112234643j:plain

絵里並みに賢いキャラだが、銃のエイム力はそこそこ。

しかし、洞察力や推理力がかなりあるのであなどれない。

負けず嫌いでナルシストな為、相手の挑発に乗りやすいこともしばしば…。

なお、元々は参加する気はなかったらしいのだが、上記の性格なゆえに絵里の挑発に乗せられて参加を決意したようだ。


・希

f:id:hgo687:20171206000622j:plain

わしわし大魔王。 だが、人狼(TTT)をやっている間はさすがにわしわしを自重している。

エイム力は普通だが嘘をつくことは得意で、言葉巧みに相手を惑わせることができる。

なお、彼女はことりと海未の2人を"姿を変えてやって来た、ジャパリパークのフレンズ"ではないかと疑っているらしい。 (なお、ことりちゃんと海未ちゃんの中の人はけもフレで…。)


・花陽

f:id:hgo687:20171221004004j:plain

米キチ。

引っ込み思案で怖がりな性格な為、エイム力と騙しスキルは共に最低クラス。

ちなみに、彼女がいる時に米をバカにする発言をすると暴走し、ゲームそっちのけで殺しにかかってくるので注意!

暴走中は敵味方見境なく攻撃するので、手がつけられなくなる。


・にこ

f:id:hgo687:20180113235355j:plain

おバカその3。

メンバー(主に穂乃果や凛)に芸人扱いされている、可愛そうな自称宇宙No.1アイドル。

なお、サングラスをしているのは某人気Youtuberを意識したとのこと。 ブンブンハローなのか、オフ会0人なのかは定かではない。


Aqoursサイド~

・千歌

f:id:hgo687:20171221003847j:plain

おバカその4。 …なのだが、周りの状況をよく観察して推理できる程の腕前を持つ。

騙しスキルはそこそこだが、エイム力は絵里に匹敵するほど。

ちなみに、このTTTサーバーの管理者でもあり、全ての権限は彼女にあると言っても過言ではない。


・梨子

f:id:hgo687:20180103041740j:plain

頭はいいのだが、残念な程までに運がない。 一説では(自称)堕天使ヨハネのリトルデーモンになった為、運が悪くなったと言われている。

その運の悪さは、探偵アイテムのランダムタロットでイノセントチームを不利にしたり、自身がTraitorの時にサンダーショックが偶然当たってしまう等色々あるようだ。

なお、人狼[TTT]のプレイング力は、共に真姫と同じレベル。

レズであるが、流石に本編では自重している模様。 …と思ったら、つい最近おまけパートで"桜内劇場"という百合シーン満載のシリーズを始めた模様。


・果南

f:id:hgo687:20171212013132j:plain

困った時には、ハグで解決しようとするハグ魔。

あまり物事を深く考えない思考の持ち主なので、心理戦においてはめっぽう強い。

なお、素手でドアを粉々にできる程の怪力がある。


・ダイヤ

f:id:hgo687:20171113234330j:plain

メインヒロイン。

絵里が好きで、絵里のことをエリーチカ様と呼んでいる。

彼女の全てにおいてエリーチカ様が1番らしく、エリーチカ様の言うことは絶対とのこと。

しかし、抹茶フェアなどがあると絵里そっちのけで抹茶フェアに行く模様。


・曜

f:id:hgo687:20180105222342j:plain

完璧超人ヨーソローにして、果南のハグ枕。

二次創作等でよく見られる、ヘタレ、童貞、ヤンデレ、千歌キチ、男の人の(下半身にある)アレが生えてる等の設定は一切無い。

やさしすぎる性格なゆえ騙すことはあまり得意では無いが、(このフィギュア劇場の世界では)サバゲーをやっている為、エイム力は海未以上にあるらしい。

なお、貴重なメガネ枠である。


~ゲストサイド~

・加賀

f:id:hgo687:20180104225734j:plain

艦隊これくしょんのキャラ。

冷静沈着かつ、感情をあまり表に出さない人…というか艦娘。

マニュアル通りに動く性格なので、とっさの状況判断は苦手とのこと。


・敗吐

f:id:hgo687:20180106205515j:plain

言わずと知れたクソザコで、BandMewtwo氏の茶番シリーズからのゲストである。

茶番シリーズとは違って一人称が俺となっており、体格が違うのはフィギュア劇場シリーズに来る際に特殊なドーピング薬でドーピングしたからである。

また、他人をすぐ煽る性格のせいで登場フィギュア達に嫌われており、「クソザコ低脳ナメクジハゲウサギ」、「ドブネズミよりも汚いハゲウサギ」、「うざいゴミクズ」、「ゴミよりも利用価値のない生き物」等のあだ名が付けられている。

なお、煽り方はご本家様のBandMewtwo氏いわく、自分の(茶番)よりも酷いと言われる程のクズな煽り方をする。


・キノX

f:id:hgo687:20180604085743j:plain

ぐっちー氏の茶番シリーズからのゲスト。

敗吐同様クソザコで自分の事しか考えないナルシストだが、敗吐と違い他人を煽らないので敗吐みたいな扱いは受けなかった模様。

なお、顔を適当に作ったので顔面低クオリティだが、キノXなので問題はないだろう。



特殊アイテムの紹介!

特殊アイテムは、DetectiveとTraitorのみが使えるアイテムで、コストを消費することで購入できる。

なお、Detective, Traitor共に初期コストは3つある。

~Detectiveアイテム~

・レーダー コスト1

No image

使うと、他のプレイヤーのだいたいの位置がわかるアイテムで、約10秒毎に他プレイヤーの位置が更新される。

一度購入した後は、購入できなくなる。

ちなみに、ほとんどと言っていいほど使われていない。


・サンダーショック コスト1

f:id:hgo687:20180103044754j:plain

見た目は玩具の銃みたいなピストルだが、銃口から放たれるのは巨大な電撃エネルギーであり、命中した相手を一撃で倒せる。

しかし、撃てるのは1度きりである。


・サイレントMP5 コスト1

f:id:hgo687:20180605120101j:plain

銃口にサプレッサーが取り付けてあるのではなく、元々銃口がサプレッサーで設計されたMP5

性能はMP5となんら変わらず、発砲音がMP5より抑えられたくらいの特徴しかない。

しかし、このアイテムを持っているだけでTraitorのレーダーに探知されなくなる効果がある。

ちなみに、装弾数は30発。


・AA-12 コスト2

f:id:hgo687:20171111233410j:plain

通称、チートショットガン。

ショットガンの癖に連射力と命中精度がそこそこ高く、また有効射程距離も長い。

装弾数はドラムマガジンで30発ある。


・ノックバックバズーカ コスト2

f:id:hgo687:20171112214412j:plain

このバズーカの攻撃はとても威力が低い為、あまり戦闘向きでは無い。

しかし、このバズーカの攻撃を受けた相手はかなり遠くまで吹っ飛ばされるので、相手との距離を引き離すのに有効。

5発撃つことができ、連射することも可能。


・ランダムタロット コスト3

f:id:hgo687:20171210223834j:plain

ゲームのルールに直接介入するアイテム。

ルールを変更したりアクシデントを起こしたりと、何が起こるかは使ってみるまでわからない。

イノセントチームもトレイターチームも、状況によっては有利になったり不利になったりする。


・真実の刀 コスト3

f:id:hgo687:20180105220720j:plain

この刀で斬りつけた相手が、InnocentかTraitorかがわかるアイテム。

斬りつけた相手がInnocentだった場合は、相手に1ダメージも与えずに刀は消滅する。

斬りつけた相手がTraitorだった場合は、その相手を一撃で倒すことができ、倒した後に刀は消滅する。

ちなみに、プレイヤー以外のマップギミックや敵を攻撃した場合は、刀が消滅しない。

Detective1人につき、1ラウンド1回までの使用制限がある。


~Traitorアイテム~

・レーダー コスト1

No image

Detectiveのレーダーとほぼ同じだが、違うのは仲間のTraitorの位置を把握できるところ。

なお、作中でTraitorが直接的に使った描写は無いが、実は大半が使っているらしい。


・ナイフ コスト1

f:id:hgo687:20180103054327j:plain

相手を一撃で倒すことができるアイテム。

しかし、相手にかなり接近する必要があり、相手を1人倒した後は消滅する。


・オレンジばくだん コスト1

f:id:hgo687:20171115002618j:plain

オレンジの形をした爆弾。

イノセントチームが近づくと即座に起爆し、爆風に少し触れただけでも即死する。

ちなみに、火薬にはオレンジの汁が含まれているらしい。


・ニワトリくん コスト1

f:id:hgo687:20180614164245j:plain

金色のニワトリ。

使用すると、InnocentまたはDetectiveを自動で追いかけて体当たりを敢行する。

体力はプレイヤーと同等の100で、体当たりの威力は20もある。


・サイレントマシンガン コスト2

f:id:hgo687:20171114233024j:plain

サプレッサー(消音器)付のマシンガン。

発砲音が極力抑えられている為、遠くにいる相手には発砲したことが気付かれにくい。

しかし、近くにいる相手からは独特の発砲音のせいでバレてしまいやすい。

余談だが、この銃はマシンガンではなくPDW(パーソナルディフェンスウェポン)というサブマシンガンアサルトライフルの中間の性能を持つ種類である。


ビームライフル コスト2

f:id:hgo687:20171212233728j:plain

セミオートタイプのビームライフル

特殊なナノテクノロジーを用いて開発した結果、発砲音が全くしない銃になってしまった。

ビームを20発撃つことができる。


・深海戦闘機 コスト2

f:id:hgo687:20180105222851j:plain

深海棲艦の艦載機をモチーフにした小型戦闘ドローン。

InnocentかDetectiveを発見すると、追跡し機銃で攻撃する。

かなり耐久力が高いため、簡単には破壊されない。


・サイレントスナイパー コスト3

f:id:hgo687:20171212234037j:plain

サプレッサー付のスナイパーライフル。

発砲音は近くにいる相手にも聞こえづらいので、隠れて撃てばまず気付かれることはない。

装弾数は2発しかないが、相手の身体のどの部分に当てても一撃で倒すことができる。


・ロケットランチャー(M202A1) コスト3

f:id:hgo687:20171201234527j:plain

広範囲を爆発するロケット弾を、4発も発射できるお徳なロケラン。

即死範囲はオレンジばくだんよりも小さいが、爆風範囲が広いので多くの相手にダメージを与えることができる。

ちなみに、何故かプレイヤー達はこのアイテムを片手だけで持てる力がある。


ミニガン コスト3

f:id:hgo687:20171223224047j:plain

他のアイテムや銃よりも装弾数が多く、その数は999発ある。

1秒間に約50発撃つことができるので、約20秒間近く撃ち続けることができる。

しかし、反動が大きく照準も会わせにくく、弾ブレが酷く大きいという欠点がある。



マップの紹介!

このシリーズでプレイヤー達がTTT(人狼)をするマップ。
一部のマップには、Traitorのみが使用できるギミックがある。

・いつもの場所

f:id:hgo687:20171111193758j:plain

いつもの場所である。
由来は、フィギュア劇場でいつも撮影している場所から。

特に変わったギミックもなく、地上と地下の2つのステージで戦いが繰り広げられる。


・メリーヴェル基地

f:id:hgo687:20171130221353j:plain

フィギュア劇場シリーズの『終焉の戦争』に登場した基地。

『終焉の戦争』の基地よりかなり大きくなっているのは、この基地が敵に占領され拡張された未来の姿だからである。

このステージも、特に変わったギミックは無い。


・開店寿司80(オープン寿司エイティー)

f:id:hgo687:20180104192723j:plain

開けた土地にある、屋台式の回転寿司屋。
由来は、80種類の寿司ネタがあることから。

このマップのギミックは音声認識でお寿司が注文でき、お寿司を食べると体力が少し回復する。

しかし、Traitorがお寿司を注文すると、食べると即死するお寿司が必ず流れてくる。

中に即死ワサビが入っていたり、イクラが爆弾だったりします。 (ただし、1皿に2貫のお寿司が乗っている場合は、片方だけ安全なお寿司になります。)

ちなみに、このマップはまだ未完成であり、今後はマップ構成や見た目が変わるかもしれません。


ゲームキューブ

f:id:hgo687:20180317205210j:plain

2001年に任天堂より発売された、家庭用の据置型ゲーム機

マップ構成は"いつもの場所"に似ているが、Traitorは遠隔操作で6つのギミックを発動することができる。

ギミック内容は、蓋が開いて蓋の上に乗っていたプレイヤーを吹き飛ばしたり、ルイージが回転しながら攻撃してきたり、クッパイベントが起きたり、カービィが落ちている銃を吸い込んだりします。


以上です。