ラブライブ!のfigma達でTTT(人狼ゲーム) 第19戦目

人狼ゲームという都合上、ところどころキャラ崩壊が見られる場面があるので注意してください。

 

f:id:hgo687:20171130221355j:plain

『今回も、Innocent7人、Detective1人、Traitor2人でやっていきます!』

『2回戦目のDetective役は、東條希さんです。 それでは、TTTスタート!』

f:id:hgo687:20180607212057j:plain

「「「「「「「「「Innocent!!」」」」」」」」」

希「今回は、ウチがDetectiveやね。」

f:id:hgo687:20180608112304j:plain

凛「希ちゃんが探偵…、略してのんたんだね!」

希「そう! ウチがスピリチュアルな高校生探偵、東條希や。」

キノX「服部◯次のマネかよ!?」

f:id:hgo687:20180608112651j:plain

海未「略してのんたんのくだり、前もやってませんでしたっけ…?」

希「今回は微妙に違うからセーフや。」

f:id:hgo687:20180608112950j:plain

敗吐「ノンタンとかwww 子供向け絵本の変なキャラクターじゃないッスかwwwwwwww」

キノX「そういうお前は、ノンタンと比べ物にならないくらい変なキャラクターだろうが!!」

f:id:hgo687:20180608113729j:plain

絵里「希が探偵ってことは、どうせランダムタロットを使うんでしょ?」

希「あったりー! 流石えりち、ウチのことよーくわかってるね。」

果南「いや、誰だってわかると思いますけど…。」

f:id:hgo687:20180608124915j:plain

梨子「希さんがランダムタロットを使うのなら、今度私がDetectiveになった時に使ってもいいよね!」

千歌「絶対やめておいた方が…。」

f:id:hgo687:20180609105750j:plain

曜「よし。 今回は、あまり使ったことのないこのSCAR-Hで戦おっと!」

千歌「…そして、曜ちゃんはこっちに無関心というね。」

f:id:hgo687:20180609110628j:plain

希「ほな、行くでー!!」 シュン

凛「何が出るかな、何が出るかな?」

f:id:hgo687:20180609151540j:plain

『ランダムタロットの効果により、数秒後にDetective以外のプレイヤーがランダムで1人爆殺されます。』

『ただし、ランダムに選ばれたプレイヤーが爆殺前に倒された場合は、何も起こりません。』

f:id:hgo687:20180609153035j:plain

梨子「ばばばば爆殺!? それじゃあ、確実に誰かは倒されてしまうってこと!?」

千歌「爆殺されるのがTraitorならいいけど、確率的にInnocentが当たりやすいんだよね…。」

f:id:hgo687:20180609153328j:plain

希「ふーん。 中々面白い効果が出たなぁ…。」

凛「希ちゃん、自分には影響がないからってそんな呑気に思って…!!」

f:id:hgo687:20180609153520j:plain

曜「でもこれで、Traitorが爆殺されたらイノセントチームは凄く楽になるよね!」

キノX「当たれば、の話だかな。」

f:id:hgo687:20180609153644j:plain

絵里「大丈夫よ。 希の運があればTraitorを確実に倒すことができるわ!」

果南「そうそう。 だって希さんは、勝負の女神なんですから!」

希「そう言われると、なんか照れるなぁー。」

f:id:hgo687:20180609154317j:plain

敗吐「勝負の女神とかwww まあ、このサイキョーの俺が爆殺されることは無いから、ヨユウッスwwwww」

海未「あのー、それは死亡フラグだと思いますが…。」

キノX「これでこいつが爆殺されたら、かなり面白いんだがなwww」 f:id:hgo687:20180609154653j:plain

敗吐「はぁ、お前馬鹿ッスか?w このサイキョーの俺が爆殺されるなんてありえ…」

f:id:hgo687:20180609163242j:plain

ドカ-ン!!

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

ズドン

f:id:hgo687:20180609194907j:plain

バタリ…

海未「うみゅ…。」 バタリ…

f:id:hgo687:20180610084059j:plain

キノX「馬鹿な奴だぜw 自分から死亡フラグを立てて爆殺されるなんてよぉ!」

希「ん? 爆殺されたのは敗吐君ってこと?」

キノX「そうだよ! …ちなみに、海未とかいう女も爆発に巻き込まれて倒されたみたいだぜ。」

f:id:hgo687:20180610084340j:plain

梨子「えっ、海未さんは巻き添えを受けたの!?」

千歌「可哀想に…。」

f:id:hgo687:20180610084505j:plain

希「あらら。」

凛「実は、μ'sの中で海未ちゃんが一番馬鹿なんじゃないかと思ってきた。」

曜「…あのー、さっきの爆音に紛れて銃声聞こえませんでしたか?」

f:id:hgo687:20180610084848j:plain

果南「え、聞こえなかったよ?」

絵里「私は聞こえたわよ? たぶん、ショットガンを撃った音だと思うのだけれど…。」

f:id:hgo687:20180610085221j:plain

千歌「え…でも、この中にショットガンを持っている人はいないよ?」

梨子「曜ちゃんも違うし…、残るはあとキノXだけだけど…。」

f:id:hgo687:20180610085437j:plain

キノX「俺様は確かにショットガンを持っているが、俺様は撃ってねーぞ!? …つーか、銃声が聞こえたってのは幻聴じゃねーのかよ?」

千歌「うーん…。 でも、この状況で曜ちゃんが嘘を付くとは思えないし…。」

キノX「ちょっと待てよ! それじゃあ、俺様を疑っているようなもんじゃねーか!!」

f:id:hgo687:20180610085913j:plain

曜「私はね。 でも、千歌ちゃん達がどう思っているかはわからないよ?」

千歌「千歌達はまだ確証がないから、なんとも言えないよ…。」

曜「それじゃあ、私はキノX君を見張っているね。」

キノX「好きにしろ。」

f:id:hgo687:20180610090253j:plain

コケコッコー!

千歌「な、何この金色のニワトリ!?」

凛「もしかして、これがTraitorの新アイテムのニワトリくん?」

 

※ニワトリくん コスト1

金色のニワトリ。

Innocent又はDetectiveのプレイヤーを追尾し、体当たりで攻撃する。

f:id:hgo687:20180610090748j:plain

コケコッコー!

ドカッ

千歌「ぐえっ!? …って、言うほど痛くない。」

f:id:hgo687:20180610090935j:plain

絵里「とりあえず、このニワトリは始末しておきましょうか。」 ダダダダダダ

果南「そうですね!」 ズドドドドドド

f:id:hgo687:20180610091125j:plain

コケーッ…。

梨子「あ、倒れた…。」

千歌「深海ドローンより弱いアイテムだね…。」

f:id:hgo687:20180610091318j:plain

凛「…あれ? Traitorアイテムのニワトリくんが、あっちから来たってことは…。」

希「向こうのエリアにいる人が、Traitorってことやな!」

f:id:hgo687:20180610154034j:plain

曜「やっぱり、キノX君がTraitorじゃん!」 ドッドツドッドツ

f:id:hgo687:20180609233900j:plain

キノX「ぎぃにゃああああああああああああああああああああ!!!!!」 バタリ…

イノセントチーム勝利!

今回のTraitor 敗吐、キノX。

f:id:hgo687:20180610095809j:plain

曜「ヨーソロー! 大勝利であります!」

キノX「くそっ、あそこでバレなければ…!!」

敗吐「おい、クソキノコふざけるなッス!w お前のせいで、負けたじゃないッスかwww」

f:id:hgo687:20180610100103j:plain

果南「何もしていないクソザコ低脳ナメクジゴミクズハゲウサギは黙ってな!!」

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

キノX「バーカw」

f:id:hgo687:20180610110728j:plain

希「それにしても、海未ちゃんが爆発に巻き込まれるなんて意外やったなー。」

凛「確かに。 普段しっかりしているのに、こういうところで抜けてるよね。」

海未「面目無いです…。」

f:id:hgo687:20180610111001j:plain

キノX「あ…一つ言っておくが、海未が倒されたのは俺様のショットガンによるものだぜ? 爆発に巻き込まれたって言ったのは、お前達を騙すためだからな。」

梨子「えっ、そうだったの!?」

千歌「いやいや、曜ちゃんと絵里さんがショットガンの銃声したって言ってたじゃん…。」

f:id:hgo687:20180610111325j:plain

海未「…ということは、私はショボ死したわけではないんですね! それは、良かったです!」

絵里「いや…、倒された時点で良くはないと思うのだけれど…。」

f:id:hgo687:20180610111521j:plain

キノX「はぁー…。 あの状況で、全員倒せていたら俺様はカッコよかったのにな。」

敗吐「お前みたいなクソザコには無理ッスよwwwww」

キノX「お前だけには言われたくねーよ!!」

f:id:hgo687:20180610113651j:plain

梨子「それじゃあ時間も余ったことだし、今回も桜内劇場をやりましょうか!」

梨子以外「「「「「「「「「えっ?」」」」」」」」」

f:id:hgo687:20180610113846j:plain

果南「いやいや! 絶対今回も、私と曜が恥かくだけのおまけパートじゃん!?」

絵里「…まあ、頑張りなさいよ?」

 

〜おまけ(桜内劇場)〜

 

f:id:hgo687:20180610145728j:plain

果南「ほ…本当に、これやらなきゃ駄目?」

梨子「何言ってるんですか、果南さん。 やらないと、次のパートに進めませんよ?」

果南「くぅっ…。 (こうなったら、ヤケクソだ!)」

f:id:hgo687:20180610145936j:plain

果南「み、みんなー! かにゃんだにゃん♪」

果南「今日はいつも頑張っている曜ちゃんに、ハグのプレゼントをするにゃん!」

f:id:hgo687:20180610150124j:plain

果南「ちょうどいいところに、曜ちゃん発見! さっそくハグするにゃん♪」 ハグ-

曜「えっ!? 何、なに!?」

f:id:hgo687:20180610150303j:plain

………。

f:id:hgo687:20180610150334j:plain

梨子「はいカット、今回も良かったですよ!」

千歌「果南ちゃん、とても可愛いかったよwww」

果南「…あのさ、何で言い出しっぺの曜よりも私の方が恥かかなきゃいけないの!?」

f:id:hgo687:20180610150515j:plain

海未「あの…、今回は一体何をやりたかったのですか?」

梨子「今回は、果南さんに猫キャラ付けて曜ちゃんにハグするというシチュエーションです!!」

海未「まったく意味がわかりませんよ…。」

f:id:hgo687:20180610150717j:plain

敗吐「か、かにゃんだにゃん♪…ってwww 似合わなさすぎるッスwwwwwwww」

キノX「今回ばかりは、お前の意見に賛同だなwww」

果南「う…うるさいよ、そこのクソザコ共!」

f:id:hgo687:20180610150958j:plain

凛「うーん…。 果南ちゃんは可愛かったけど、シチュエーションがクソだから10中4点かな?」

梨子「えっ!? 酷くないですか、その評価は。」

希「いや、妥当だと思うよ?」

f:id:hgo687:20180610151244j:plain

絵里「むしろ、そんな雑なシチュエーションで4点が付けられたのが不思議よ…。」

梨子「そんな…、自信作だったのに…。」

f:id:hgo687:20180610151451j:plain

千歌「まあまあ、梨子ちゃん。 今回は残念だったけど、次回はどうやって果南ちゃんと曜ちゃんで遊ぶ?」

梨子「そうねぇ…、果南さんがお母さん役で曜ちゃんが赤ちゃん役っていうシチュエーションはどう? もちろん、果南さんのおっ◯いを曜ちゃんに吸わせるシーンも入れて。」

千歌「いいね! それやろう!」

f:id:hgo687:20180610151823j:plain

果南「あんの二人!! こうなったら、次私がTraitorになった時に二人を速攻で倒して、出番を少なくさせてやるから!」

曜「あはははは…。 果南ちゃんが、本気モードに入っちゃったよ…。」

f:id:hgo687:20180610152354j:plain

絵里「それじゃあ、まだまだ続けるわよ!」

 

 

続く!