終焉の戦争 第14話 (フィギュア劇場)

f:id:hgo687:20180625060909j:plain

………。

シジミA「ヨハネ様、2つほどご報告があります。」

ヨハネ「ふふふ、何かしら?」

f:id:hgo687:20180625061029j:plain

シジミA「まず、1つ目はメリーヴェル基地のことですが………有志の命がけの特攻により、邪魔立てした人間共の排除に成功したようです!」

シジミB「これにより、メリーヴェル基地は我々が占領したままの状態です。」

f:id:hgo687:20180625062325j:plain

ヨハネ「ふふっ、やるじゃない! 貴方達シジミには、それ相応の褒美を与えましょう。」

シジミA、B「「ははぁー、ありがたきお言葉。」」

マリー「流石、マリーが見込んだだけある人材(?)デース!」

f:id:hgo687:20180625062914j:plain

レ級「ソレデ、2ツ目ノ報告ハ何ナンダ?」

シジミA「あ、そうでしたね。」

f:id:hgo687:20180625063111j:plain

シジミB「2つ目はヨハネ様達が異世界から連れてきた恐竜のことですが………上手いこと、この世界で暴れてくれているようです!」

シジミA「恐竜が暴れたことによって幾多の街が壊滅寸前まで追い込まれており、もはやこの世界の文明は1年も経たずに消えることでしょう。」

f:id:hgo687:20180625064032j:plain

ヨハネ「クックックッ…。 ようやく、この世界をヨハネのものにできるのですね!」

レ級「…ツーカ、モウ既ニ我々ノ物ニナッテイルト言ッテモ過言デハ無イヨナ?」

f:id:hgo687:20180625064713j:plain

マリー「ふふっ、何も抵抗できずに無惨に殺されていく人間の姿を想像すると、ゾクゾクしちゃうワ!」

マリー「ま、運良く生き残ったらマリー達のペットとして可愛がってあげましょ。」

f:id:hgo687:20180625065201j:plain

「ククク…。」 「うふふ…。」 「アーッハッハッハ!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20180630084513j:plain

金剛「ンー、予定よりも帰りが遅いデスネー。」

榛名「大丈夫でしょうか…。 時雨ちゃん達は未だに人間に対して恨みを持っているので、未世さん達が殺されたりなんかしてないですよね…?」

f:id:hgo687:20180630084716j:plain

金剛「大丈夫ですヨ! なんだかんだ言って、時雨達は優しい娘達ですカラ。」

f:id:hgo687:20180630085402j:plain

ガタン! バタバタバタ…

榛名「あ、帰って来ましたね!」

金剛「お疲れ様デース! 戦果はどうでしたカー?」

f:id:hgo687:20180630085622j:plain

時雨「金剛さん、ごめん! 今秋月が大破して走行不能な状態だから、話は後にしてほしいんだ。」

大井「とにかく、秋月ちゃんをドック(お風呂)に入渠させてきますね!」

f:id:hgo687:20180630090026j:plain

バタバタバタ…

榛名「あ、はい…。」

金剛「…今、秋月が大破したって言ってましたヨネ? 一体、何があったんでしょうカ?」

f:id:hgo687:20180630090320j:plain

未世「ただいま帰投しました。」

千歌、曜「ただいまー!」

f:id:hgo687:20180630103307j:plain

榛名「あ、お帰りなさい!」

金剛「ちょっといいですカー? さっき帰ってきた秋月が大破していたのですガ、you達は何があったのか知っていますカ?」

f:id:hgo687:20180630103914j:plain

千歌「それが…、いきなり現れた怪獣の攻撃で秋月ちゃんが一撃で大破したんだよね…。」

曜「なんとか怪獣を撃退させることに成功はしたんですけど、私達の攻撃は全く効いていませんでした。」

f:id:hgo687:20180630104353j:plain

榛名「怪獣ですか!? この世界にそんな生物が存在していたなんて…。」

金剛「Not, おそらくリトルデーモン団が異世界から連れてきた生物なんでショー。 …それにしても、駆逐艦を一撃で大破させるなんて恐ろしいですネ…。」

f:id:hgo687:20180630104723j:plain

榛名「…こうしちゃいられません! 榛名、怪獣のデータを軍のネットワークで調べてきます!」 タッタッタッタッタッ…

金剛「よろしく頼むデース!」

f:id:hgo687:20180630105203j:plain

………。

f:id:hgo687:20180630110442j:plain

金剛「あ、一つyou達にお知らせがありマース! 今日で武器商人がここから離れるのデ、今の内に何か銃を買っておくといいデスヨー。」

金剛「ちなみに、アサルトライフル(小銃)のセールをやっているそうデース!」

f:id:hgo687:20180630111116j:plain

未世「アサルトライフル!? (新しいM4A1売ってないかな?)」

f:id:hgo687:20180630111224j:plain

未世「よし、二人とも武木地さんのところに行こう!」

千歌「うん!」

曜「決まりだね!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20180701085436j:plain

武木地「いらっしゃいやしー!」

f:id:hgo687:20180701085641j:plain

未世「あのー、アサルトライフルのセールがあるって聞いたけど…。」

武木地「ああ、君たちでしか。 今回は4種類のアサルトライフルを用意しているから、気に入ったものがあったら是非買ってほしいでし!」

武木地「ちなみに、武器の性能やアタッチメント等のカスタマイズは現実のもの若干異なる場合があるので、ご了承くださいでし。」

f:id:hgo687:20180701085950j:plain

武木地「1つ目は、"M4A1 M203"でし。」

武木地「この銃は、カービンライフルのM4A1グレネードランチャーのM203を取り付けた銃でし。 グレネードランチャーのM79がライフルとの併用が難しいことから、この銃が開発されたでし。」

f:id:hgo687:20180701090334j:plain

武木地「2つ目は、"Mk18Mod0"でし。」

武木地「この銃はアメリカのNSWC(海軍水上センター)が開発した銃で、2000年中期からアメリカ海軍艦船のVBSS(海上船舶臨検)チームを中心に、近接戦闘用の銃として配備されているでし。」

f:id:hgo687:20180701090421j:plain

武木地「3つ目は、"G36"でし。」 武木地「この銃は、ドイツのH&K社が開発したアサルトライフルでし。 土の中に埋めても水の中に落としても射撃に支障はないという頑丈な銃でし。」

f:id:hgo687:20180701090454j:plain

武木地「4つ目は、"FA-MAS G2"でし。」

武木地「この銃は、フランスで製造されたブルパップタイプの銃でし。 ブルパップタイプにすることにより、全長を短縮し携帯しやすくなっているでし。」

f:id:hgo687:20180701100436j:plain

千歌「…うーん、どれにしようかな?」

曜「見せてもらった銃のほとんどは、近〜中距離が得意な銃が多いみたいだね。」

f:id:hgo687:20180701100953j:plain

未世「わ、私は絶対これにする!」

武木地「おお、君は本当にM4A1ライフルが好きなんでしね。」

f:id:hgo687:20180701101341j:plain

千歌「じゃあ、私はこの"G36"にしよっ!」

未世「千歌さんは、ドイツ銃を選んだんだね。」

f:id:hgo687:20180701101718j:plain

曜「それじゃあ、私はこの"FA-MAS G2"に決めたであります!」

千歌「曜ちゃんは、ブルパップタイプの銃にしたんだね!」

f:id:hgo687:20180701105633j:plain

未世「それじゃあ、これが銃の代金だよ。」

武木地「こんなにでしか!? …毎度ありー!」

 f:id:hgo687:20180701105855j:plain

曜「他にも軍資金を持ってたんだ…。」

未世「まあね。」

千歌「凄い…!!」

f:id:hgo687:20180701110017j:plain

武木地「ありがとうございやしたー!」

ガッシャ-ン!

f:id:hgo687:20180701110153j:plain

武木地「…なんでしか、今の音?」

千歌「お皿が割れた音…じゃないよね。」

f:id:hgo687:20180701110305j:plain

曜「とりあえず、行ってみよう!」

千歌、未世「うん。」

f:id:hgo687:20180701110427j:plain

タッタッタッタッタッ…

武木地「気をつけるでしよー!」

 

 

次回に続く!