悪しき世界 後編 (フィギュア劇場)

〜敗吐達が鎮守府を支配して、約2週間が経った頃〜

 

f:id:hgo687:20180707232727j:plain

ニセルド「あーあ。 やっちゃったね、暁ちゃん。」

敗吐「まさか、俺達の命令に背いて助けを呼ぶとはバカッスねwww ルール違反だから、人質…つまりお前の妹の電に罰を与えるッスwwwww」

f:id:hgo687:20180707233059j:plain

暁「暁が悪かったから、罰を与えるのは電じゃなくて暁にしてよぉ!」

リベッチオ「イナヅマちゃんは何も悪くないのに、どうしてこんなことするの!?」

f:id:hgo687:20180707233253j:plain

キノX「どうしてって、教育だよ教育! お前達がルールを破ったら、仲間が酷い目に遭わされるというのを実感してもらうためだ。」

キノX「電、恨むなら俺様じゃなくてルールを守れなかった姉を恨むんだな!」

電「あ、暁ちゃんは悪くないのですー!!」

f:id:hgo687:20180707233853j:plain

時雨「くっ…、僕達は指を咥えて見ていることしかできないのか!?」

秋月「せめて、艤装が取られていなければ電ちゃんを助けれたのに…!!」

f:id:hgo687:20180707234056j:plain

キノX「それじゃ、俺様達に逆らったことを後悔するんだな!」

ジュボッ!

f:id:hgo687:20180707234155j:plain

キノX「ぎぃにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」 バタリ…

敗吐「キノX、いきなり倒れてどうしたんッスか?w」

ニセルド「お腹の調子でも悪かったのかなー?」

f:id:hgo687:20180707234418j:plain

暁「な、何!? 何がおこったの!?」

リベッチオ「今のって、ファイアボールだよね…? …もしかして!?」

f:id:hgo687:20180707234531j:plain

ヨッシーくるりん、ぱー!」 ドスン!

ニセルド「アッラァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!」 バタリ…

f:id:hgo687:20180707234653j:plain

時雨「よ、ヨッシー!?」

秋月「…ということは、私達の本来の司令…マリオ提督が戻って来たんですね!」

f:id:hgo687:20180707234812j:plain

ルイージ「よーし、電ちゃん。 もう大丈夫だよ!」

電「ふぇーん! 怖かったのです!!」

f:id:hgo687:20180707234935j:plain

マリオ「僕たちがフィギュア劇場に登場していない間に、随分と艦娘たちに好き勝手したみたいだね?」

マリオ「大切な仲間を傷つけたんだ、絶対に容赦はしないよ!」 ゴォォォォォォォ

敗吐「何ッスか?w クソザコのクリボーに触れただけで死ぬオッサンが、サイキョーの俺と戦うつもりッスか?w」

f:id:hgo687:20180707235409j:plain

敗吐「それに、こっちにはサイキョーのロボットがいるんスよ?w …敗吐ロボ、アイツらをやつけろッスwww」

敗吐「了解ッス!w」

f:id:hgo687:20180707235605j:plain

マリオ「それじゃあ、こっちは艦娘で応戦だ! …鹿島、よろしく!」

鹿島「了解です!」 ドン

f:id:hgo687:20180707235727j:plain

ドカ-ン!!

敗吐ロボ「テンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンチョオ!!!」

f:id:hgo687:20180707235809j:plain

敗吐「…ナーンチャッテ! 練習巡洋艦ゴトキノ砲撃デ、コノサイキョーノジブンガヤラレル訳無イッスwww」

鹿島「!?」

f:id:hgo687:20180708000236j:plain

秋月「そんな!?」

時雨「鹿島さんの攻撃で倒れないなんて…。」

f:id:hgo687:20180708000329j:plain

ヨッシー「久しぶりにフィギュア劇場に登場してお腹が空いたので、あなたを食べますね!」 ベロン

敗吐ロボ「チョッ!?」

f:id:hgo687:20180708000703j:plain

モグモグ…

敗吐ロボ「テンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンチョオ!!!」

ヨッシー「マリオひゃん、ロホットっへほいひいんへすへー(マリオさん、ロホットって美味しいんですね)!」

マリオ「たぶん、美味しいと思うのはヨッシーだけだと思うよ…。」

f:id:hgo687:20180708084659j:plain

ルイージ「それよりも、兄さん! 主犯格であろうハゲウサギがいなくなってるよ!」

マリオ「えっ!?」

f:id:hgo687:20180708084825j:plain

ヨッシー「あ、本当ですね。」

暁「いつの間に…。」

リベッチオ「卑怯者のハゲウサギめ!」

f:id:hgo687:20180708084942j:plain

時雨「くそっ…、見失うなんて…。」

マリオ「大丈夫だよ。 リンクたちに頼んでいるから、何とかしてくれるハズさ!」

鹿島「あのハゲウサギは、果たして逃げられるでしょうかね?」

f:id:hgo687:20180708085219j:plain

時雨「それよりも、助けに来てくれてありがとう!」

秋月「提督が来てくれなかったら、今頃私達はずっとハゲウサギ達のいいなりでした…。」

f:id:hgo687:20180708085337j:plain

暁「流石、暁達の司令官ね! 呼んだらすぐ来てくれたんですもの。」

リベッチオ「ホントに良かったー!」

f:id:hgo687:20180708085525j:plain

マリオ「よし! それじゃあ、ハゲウサギ達にこき使われて心身ともに疲労している艦娘たちを呼び集めて、心のケアをしてあげようか!」

ルイージヨッシー、鹿島「「「おー!!」」」

 

 

ー…こうしてマリオ達の活躍により、ネタキャラ達の独裁から艦娘達を救うことに成功したのであった。ー

 

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20180708090051j:plain

敗吐「はぁはぁ…。 何とか、逃げることに成功したッスw」

f:id:hgo687:20180708090307j:plain

敗吐「キノXとニセルドは逃げられずに倒されたッスが、アイツらはクソザコだから仕方ないッスwww」

敗吐「とりあえず、事が収まるまでベアルドの家に隠居させてもらいに行くッスwww」

f:id:hgo687:20180708090710j:plain

アスナ「ちょっと、あなた。 まさかあんなことをしておいて、逃げられるとは思っていないわよね?」

敗吐「いきなり何ッスか?w」

f:id:hgo687:20180708091101j:plain

リンク「お前は、俺達の仲間に対して酷いことをした。 だから、俺はお前に罰を与えに来たぜ!」

敗吐「まさか、このサイキョーの俺に戦いを挑むつもりッスか?w 命知らずッスねーwwwww」

f:id:hgo687:20180708091315j:plain

リンク「でやぁっ!」 ザジュ

アスナ「はあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」 シュシュシュシュシュシュシュ

f:id:hgo687:20180708091536j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」 バラバラバラバラ…

f:id:hgo687:20180708091708j:plain

アスナ「これで完了ね! …少しやりすぎちゃったかしら?」

リンク「問題ない。 こいつは、それ以上のことをしたんだからな。」

 

 

終わり!