チェイス!

※いつもの如く花陽ちゃんの性格が改変されているので、苦手な人は注意してください。

 

f:id:hgo687:20180716180925j:plain

穂乃果「いやー、たまには外で食べるご飯もいいよね!」

花陽「はいっ! 外の美味しい空気を吸いながら食べるご飯…、これぞ日本人ならではですね!」

f:id:hgo687:20180716181203j:plain

穂乃果、花陽「「…それじゃあ、いただきまーす!!」」

f:id:hgo687:20180716181302j:plain

バッ! バッ!

穂乃果「…あれ? パンが消えた…。」

花陽「花陽のおにぎりもです…。」

f:id:hgo687:20180716181436j:plain

敗吐「テーンチョチョチョチョチョチョw」

敗吐「お前らの食料はいただいたッスw 返してほしければ、俺を捕まえてみやがれッスwww」

f:id:hgo687:20180716181640j:plain

穂乃果「あーっ! あなたはいつぞやの粗大ごみ!!」

花陽「花陽のおにぎりを盗みやがって…、ぶっ殺してやらぁ!!」

f:id:hgo687:20180716181819j:plain

敗吐「やれるもんなら、やってみろッスwww それじゃ、バイバーイwwwww」

花陽「逃げるつもりか!」

穂乃果「あっ、待てー!!」

f:id:hgo687:20180716182032j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

………。

f:id:hgo687:20180716182132j:plain

穂乃果「こうしちゃいられない! 何としても、パンとおにぎりを取り戻すよ!!」

花陽「当たり前だろぉ! それに、あの粗大ごみに食べ物の恨みがいかに恐ろしいか味わせてやらぁ!!」

f:id:hgo687:20180716182511j:plain

穂乃果「行くよ!」

ブゥン

花陽「勿論です!」

f:id:hgo687:20180716182625j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

 

〜〜〜〜〜 

 

f:id:hgo687:20180716182718j:plain

ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

穂乃果「待てー!!」

花陽「待ちやがれぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

f:id:hgo687:20180716182836j:plain

敗吐「アイツら、食べ物如きで必死になりやがってるッスねwww 正直、気持ち悪いッスwwwwwwwwww」

f:id:hgo687:20180716182959j:plain

花陽「全然止まる気配がない………こうなったら、このフルオートピストルの"グロック18C"で撃ち抜いてやらぁ!」 ズドドドドドド

敗吐「そんなの、当たる訳無いッスwww」

f:id:hgo687:20180716183215j:plain

プスン

敗吐「どこ狙ってるんッスか、ヘタクソッスねwwwwwwwwww」

穂乃果「花陽ちゃん、ナイス!」

f:id:hgo687:20180716183551j:plain

敗吐「…って、何か急にバイクがフラフラしてきたッスね…。」

フラフラ…

f:id:hgo687:20180716183720j:plain

ガタン!

ドサ----------ッ!

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20180716183915j:plain

キキ-ッ!

f:id:hgo687:20180716183945j:plain

花陽「さあ、もう追い詰めたからな!」

穂乃果「穂乃果達の食べ物を返してよ!」

敗吐「無理ッスよ、もう食べたんッスからwww 残念でちたねぇーwwwwwwww」

f:id:hgo687:20180716184303j:plain

穂乃果「もう、許さないよ!」 ズドン

f:id:hgo687:20180716184358j:plain

ポロッ…バタリ…

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20180716184446j:plain

穂乃果「…花陽ちゃん。 今回のことはさっぱり忘れて、2人で美味しいものでも食べに行かない?」

花陽「いいですね、そうしましょ!」

 

 

…こうして、敗吐は食べ物の恨みが恐ろしいことを身をもって体験したのであった。 

以上です。