終焉の戦争 第15話 (フィギュア劇場)

f:id:hgo687:20180719110940j:plain

ガヤガヤガヤ

千歌「何かが割れるような音がしたから来てみたけど、この状況っていったい…。」

曜「なんか、喧嘩をしてるように見えるけど…。」

f:id:hgo687:20180719111206j:plain

時雨「もう、うんざりだよ! どうして僕達が嫌いな人間なんかと一緒にいなくちゃならないんだ!!」

大井「そうですよ! こっちは嫌なのに人間と仲良くさせようだなんて、余計なお世話ですよ!!」

f:id:hgo687:20180719111628j:plain

金剛「いい加減にしてくだサーイ! 全ての人間があの提督みたいに酷いことをするわけじゃないって、何度言ったらわかるんデスカ!!」

榛名「そうですよ、どうしてそんな過去のことしか見れないんですか!?」

f:id:hgo687:20180719112807j:plain

大井「そんなのどうでもいいです! 大切な北上さんをボロボロになるまで使って轟沈させた提督…いや、人間を許すことはできません!!」

時雨「金剛さん達にとって、こき使われて沈んでいった比叡さんと霧島さんは人間よりもどうでもいいってことなんだね。 …失望したよ。」

榛名「ちっ…違…。」

f:id:hgo687:20180719113654j:plain

時雨「…このままじゃ虫の居所が悪いから、ここから出て行くよ。 行こ、大井さん。」

大井「ええ。」

f:id:hgo687:20180719114142j:plain

榛名「ま…待ってください!」

金剛「もういいデース、海でも山でも好きな場所へ出ていってくだサーイ!」

f:id:hgo687:20180719114429j:plain

時雨「君達、邪魔だよ。」

大井「どきなさい!」

千歌「…。」

f:id:hgo687:20180719114533j:plain

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20180719114633j:plain

………。

未世「…本当に出て行っちゃった。」

f:id:hgo687:20180719114738j:plain

榛名「やっぱり、あの娘達は人間と仲良くしてくれないのでしょうか…。」

金剛「あの様子では、絶対に無理デスネ…。」

f:id:hgo687:20180719115153j:plain

千歌「…ところで、あの艦娘達の家出?を止めなくてよかったの?」

曜「喧嘩したまま離れ離れになるなんて、それじゃ駄目ですよ!」

f:id:hgo687:20180719115500j:plain

金剛「大丈夫デス、毎回こんな言い合いはしょっちゅうやってますカラ。 どうせ、いつものように数時間経ったら戻ってきマース。」

金剛「それまで待ってればいいデース!」

f:id:hgo687:20180720184848j:plain

千歌「本当に、それでいいのかな…?」

未世「金剛さんがああ言っているんだし、戻ってくるまで待ってようよ。」

曜「まあ、現状そうするしかないしね。」

f:id:hgo687:20180720185156j:plain

金剛「それでは、時雨達が戻ってくるまで自由にしていいデスヨ! 戻ってきたら、明日の作戦会議を開きマース!」

千歌、曜、未世「「「はーい。」」」

 

〜8時間後〜

 

f:id:hgo687:20180724094600j:plain

榛名「金剛お姉様! 時雨ちゃん達が飛び出して行ってから8時間経ってもう22時になりましたけど、全然帰ってこないですよ…?」

榛名「今まではいくら言い争っても、17時までには帰ってきていたのに…。」

f:id:hgo687:20180724094849j:plain

金剛「どうせ、今までの不満が溜まりに溜まって、今日はこの基地に帰りたくなくなったんでショー。 …全く、仕方のない娘達デスネー。」

未世「本当にそうなのかな…?」

f:id:hgo687:20180724095453j:plain

秋月「金剛さん、どうしましょう。 時雨さんと大井さんに通信を入れても全く繋がらないんです!」

金剛「What's!?」

榛名「えっ!?」

f:id:hgo687:20180724095813j:plain

榛名「金剛お姉様、やっぱりおかしいです! 時雨ちゃん達は秋月ちゃんと仲が良いのに、通信を無視することは絶対にありえません!!」

金剛「確かに…。」

f:id:hgo687:20180724100342j:plain

千歌「やっぱり、時雨ちゃんと大井ちゃんは何かの事件に巻き込まれたんじゃ…。」

曜「早く、2人を助けに行きましょうよ!」

f:id:hgo687:20180724100615j:plain

金剛「秋月、時雨達の位置は把握できていますネ?」

秋月「はい! レーダーである程度の位置は確認できています。」

f:id:hgo687:20180724100858j:plain

金剛「わかりマシター。 ならば、これから2人を見つけ出す捜索missionのstartデース!」

金剛「皆サーン、準備は出来ていますカー?」

f:id:hgo687:20180724101107j:plain

千歌、曜、未世「「「もちろん!」」」

f:id:hgo687:20180724101658j:plain

金剛「それでは行ってきマース! 榛名は、翔鶴のことをよろしく頼みましたヨー!」

榛名「了解です、金剛お姉様!」

f:id:hgo687:20180724101807j:plain

タッタッタッタッタッ…

………。

 

 

次回に続く!