もしも敗吐がポケモンになったら

f:id:hgo687:20180915152812j:plain

敗吐「今日はもう夜遅いし、寝ることにするッスw」

f:id:hgo687:20180915152930j:plain

敗吐「zzz…。」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20180915153027j:plain

-朝-

「……きて、お…て…。」

f:id:hgo687:20180915153142j:plain

イーブイ「ねえ、起きてってば!!」

敗吐「うーん…、うるさいッスね…。」

f:id:hgo687:20180915153237j:plain

イーブイ「あ、気がついた?」

敗吐「あれだけ叫ばれたら気がつくッスよw …つーか、お前誰ッスか?w」

f:id:hgo687:20180915153351j:plain

イーブイ「ボクはイーブイ。 一流の冒険家を目指しているんだ!」

敗吐「そうなんッスかwww …というか、お前は何で俺の家にいるんッス?w」

f:id:hgo687:20180915153531j:plain

イーブイ「家…? ここは道路だよ?」

イーブイ「ボクはこの道路でキミが倒れていたから、心配になって手当てしていたんだよ。」

敗吐「それは、すまないッスw …確かに、ここは俺の家じゃないッスねwww」

f:id:hgo687:20180915153913j:plain

敗吐「…というか、お前ポケモンのくせに何で喋れるんッスか?w」

イーブイ「キミだってポケモンじゃん?」

敗吐「はぁ? このサイキョーの俺がポケモンなわけないッスwww」

f:id:hgo687:20180915154139j:plain

イーブイ「…ここに鏡があるんだけど、自分の姿をよく見てみて?」

敗吐「…こっちはお前ッスねw …それじゃあ、このコイキングは………!?」

f:id:hgo687:20180915154418j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!! 何でサイキョーのこの俺が、クソザコポケモンコイキングになってるんッスか!?w」

イーブイ「ち…ちょっと、どうしたの!? 具合でも悪いの!?」

f:id:hgo687:20180915154755j:plain

敗吐「(…いや、待てよ? クソザコポケモンコイキングでも進化すれば最強ポケモンギャラドスになるから、むしろこれでいいッスねwww)」

イーブイ「あのー、大丈夫…?」

f:id:hgo687:20180915155043j:plain

敗吐「大丈夫ッスw 少し自我を忘れていただけッスwww」

イーブイ「そう、なら良かった! …ところで、キミの名前は?」

f:id:hgo687:20180915155151j:plain

敗吐「俺ッスか?w 俺は敗吐ッス!w」

イーブイ「よろしくね、敗吐君!」

f:id:hgo687:20180915155332j:plain

イーブイ「それじゃあ、こんなところにいるのもアレだし、町に行こっか!」

敗吐「町ッスか?w 案内、よろしくッス!w」

「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

f:id:hgo687:20180915155545j:plain

タブンネ「や、やめてください! それに、何なんですかあなた達は!?」

ゴロンダ「俺たちゃゴロツキ盗賊団の者よ!」

ガーメイル「姉ちゃんよぉー、痛い目に遭いたくなかったら持ってるきのみを全て寄越しな!」

f:id:hgo687:20180915155743j:plain

タブンネ「だ、駄目です! このきのみは、病気のポケモン達にあげるものですから!!」

ゴロンダ「そんなん、俺たちのしったこっちゃねーよ!」

ガーメイル「どうやら、痛い目に遭いたいようだねぇー。」

f:id:hgo687:20180915155927j:plain

イーブイ「やめろ! あんた達、そのポケモンを離せしなさい!」

敗吐「お前ら、そんなことをして恥ずかしくないんッスか?w」

f:id:hgo687:20180915160214j:plain

ゴロンダ「んだとぉ!?」

ガーメイル「キミ達、ボクらとやる気かい?」

f:id:hgo687:20180915160322j:plain

敗吐「やるッス!w」

イーブイ「望むところよ!」

ガーメイル「馬鹿なやつらだね。」

ゴロンダ「ならば、コテンパンにしてくれるわ!」

f:id:hgo687:20180915160522j:plain

敗吐「コテンパンにされるのは、お前らの方ッスwww 必殺のたいあたり!」

f:id:hgo687:20180915160618j:plain

ゴロンダ「るせー!! ドレインパンチ!」

ボカッ

f:id:hgo687:20180915160755j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」 バタリ…

イーブイ「敗吐君!?」

ゴロンダ「弱いくせに逆らうからこうなるんだ!」

f:id:hgo687:20180915160913j:plain

ガーメイル「おっと、よそ見をしている暇はないよー?」

f:id:hgo687:20180915160956j:plain

ガサッ

イーブイ「…消えた!?」

f:id:hgo687:20180915161034j:plain

ガーメイル「アクロバーット!」

ドカッ

イーブイ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」 バタリ…

f:id:hgo687:20180915161253j:plain

ゴロンダ「ふんっ!」

ガーメイル「こちらとかなりのレベル差があったのに、挑んできたお前らが悪いんだからな!」

f:id:hgo687:20180915161530j:plain

タブンネ「そ…そんなっ!?」

 

こうして、コイキングになった敗吐とイーブイの人生は終わってしまったのであった…。

 

 

おまけ 

f:id:hgo687:20180915161730j:plain

ゴロンダ「…つーわけで、ねーちゃんよぉ。 あの2体みたいになりたくなかったら、さっさと持っているきのみを全部渡しな!」

ガーメイル「賢い姉ちゃんなら、どうすればいいかわかるだろぉ?」

タブンネ「あ…あ…、はい!!」

f:id:hgo687:20180915161944j:plain

ゲンガー「よぉよぉ、お前さん達。 か弱いお嬢ちゃんをいじめるなんて趣味が悪りぃな。」

f:id:hgo687:20180915162045j:plain

ゴロンダ「んだとぉ! …どうやら、テメェも死にたいようだな?」

ガーメイル「あはは! こいつはゴーストタイプだからすでに死んでるよwww」

ゴロンダ「それもそうだなw」

ゲンガー「よし、お前らには地獄を見せてやろう!」

f:id:hgo687:20180915162242j:plain

ゲンガー「メガシンカ!! …そして、さいみんじゅつだ!」

ポワポワポワ-

f:id:hgo687:20180915162402j:plain

ガーメイル「zzz…。」

ゴロンダ「zzz…。」

f:id:hgo687:20180915162543j:plain

ゲンガー「お嬢ちゃん、今のうちにお逃げなさい!」

タブンネ「あ、ありがとうございます!!」

f:id:hgo687:20180915162649j:plain

タッタッタッタッタッ…

ゲンガー「…そして、あくむだ!」

ゲンガー「ククク。 お前達のような悪いポケモンには、恐ろしい悪夢を見させてやるぞ!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20180915162836j:plain

ゴロンダ「…ここは?」

ガーメイル「たぶんボク達の夢の中で、ゲンガーに悪夢を見させられているんだ!」

f:id:hgo687:20180915162948j:plain

ゴロンダ「あのやろー!! 俺達が目を覚ましたら、絶対にぶっ倒してやる!」

ガーメイル「そのためにも、早く起きないと…。」

f:id:hgo687:20180915163055j:plain

ドンキー「おい、お前達! 俺とやらないか♂」

ゴロンダガーメイル「「…えっ!?」」

f:id:hgo687:20180915163205j:plain

ガーメイル「アッーーー♂」

ゴロンダ「イキスギィ♂」

f:id:hgo687:20180915163320j:plain

ドンキー「俺は、ポケモンだって構わないで喰っちまうゴリラなんだウホッ! …まあ、ここは夢の中なんだけどなw」

  

以上です。