ハロウィン

f:id:hgo687:20181029190611j:plain

敗吐「おい、お前ら!w 今日はハロウィンだから、俺は仮装してお菓子を貰いに行くッスwww」

f:id:hgo687:20181029190755j:plain

敗吐「このサイキョーの俺なら、お菓子なんてヨユウで大量に貰うことができるはずッスwww …そうと決まれば、さっさと仮装して色んな奴からお菓子を貰いに行くッスよwwwww」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20181029191115j:plain

リベッチオ「Trick or Treat! お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞー!!」

f:id:hgo687:20181029191248j:plain

鹿島「あらあら、可愛いお化けさんだこと。 お菓子をあげるから、いたずらはやめてくださいね!」

リベッチオ「やったー!! カシマ、ありがとー!!」

鹿島「いえいえ。」

f:id:hgo687:20181029191432j:plain

リベッチオ「わぁー、こんなに貰っちゃった!」

f:id:hgo687:20181029191519j:plain

リベッチオ「他のみんなにも見せてこよー。 ルンルン!」

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20181029191624j:plain

鹿島「ふふっ、リベッチオちゃんは相変わらず元気ね! …さて、次はどの娘が来るんでしょうか?」

敗吐「おい、そこのお前!w」

f:id:hgo687:20181029191753j:plain

鹿島「…はい?」

f:id:hgo687:20181029191826j:plain

敗吐「Trick or Treat! お菓子をくれなきゃ、イタズラするッスよ?w」

f:id:hgo687:20181029191947j:plain

鹿島「ひ、ひぃっ!? な…何ですか、この気持ち悪くて変な鉛筆は!?」

f:id:hgo687:20181029192211j:plain

敗吐「おい、さっさとお菓子を寄越せッス!w お寄越さないのなら、酷い目に遭わせてやるッスよwww」

鹿島「い、嫌っ!!」

f:id:hgo687:20181029192245j:plain

ドンキー「そこのハゲウサギ、ちょっと待て! おかしが欲しいのなら、この俺がいくらでもあげるウホッ!」

f:id:hgo687:20181029192401j:plain

敗吐「マジッスか?w」

ドンキー「もちろん。 だから、やらないか♂」

f:id:hgo687:20181029192508j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

鹿島「か、鹿島は助かったんですか…?」

ドンキー「そうだウホッ! だから、お嬢さんは早く逃げなさい。」

f:id:hgo687:20181029192644j:plain

鹿島「は、はい!」

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20181029184752j:plain

ドンキー「"おかし"はおかしでも、"犯し"の方だけどな。 今回も、気持ち良かったウホッ!」

 

 

リベッチオは可愛いから、お菓子を貰える。

敗吐は気持ち悪くてウザいから、犯しを貰える。

2日ほど早いハロウィンネタでした!

以上です。