ラッシーのスクコレ記 EP.4

〜前回のあらすじ〜

f:id:hgo687:20181205141925j:plain

想像以上に、地味な絵面が続いたスクコレ対決。

作者の予想に反して勝負は拮抗していたが、敗吐の運のなさによってラッシーは勝利することができた。

f:id:hgo687:20181205142229j:plain

そして、ラッシーはサイキョー団の世界征服を阻止するために旅へ出るのであった…。

 〜前回のあらすじ終わり〜

 

 

第4話『負けたらアッーーーーー♂ ホモゴリラのAZALEAデッキ(前編)』

 

f:id:hgo687:20181205172218j:plain

………。

名竜ラッシー「…くっそーっ!!」

f:id:hgo687:20181205172306j:plain

名竜ラッシー「サイキョー団とかいう、スクールアイドルの力を利用して世界征服を企むふざけた組織をぶっ潰そうと思ったのに、奴らのアジトがどこにあるのかわかんねぇぇぇぇぇぇ!!」

千歌「うーん…。 やっぱり、情報がないとどうしようもないね…。」

千歌「どうしようか…。」

f:id:hgo687:20181205172508j:plain

ドンキー「ウホホーイ!」

ドタドタドタドタ…

千歌「なっ…何!?」

名竜ラッシー「…あいつは、このブログである意味有名なガチホモのドンキー!!」

f:id:hgo687:20181205172608j:plain

ドンキー「おい、ラッシー! 俺とやらないか♂」

名竜ラッシー「」

千歌「え、えーっと…?」

f:id:hgo687:20181205173100j:plain

ドンキー「おっと、言葉が足りなかったようだな…。 気を取り直して、俺とスクコレやらないか?」

名竜ラッシー「な…なんだ、そっちだったのか。 それなら、安心したぜ。」

ドンキー「ただし、俺に負けたらBL展開だウホッ! そのかわり、俺に勝てば食事を奢ってやるウホッ!」

ドンキー「言っておくが、勝負を断った場合不戦敗とみなしBL展開に突入するぞ。」

f:id:hgo687:20181205173259j:plain

千歌「つまり、逃げられないと…。」

名竜ラッシー「…その言葉、本当だな? なら、その勝負乗ってやるぜ!」

f:id:hgo687:20181205174218j:plain

ドンキー「俺に勝負を挑んだこと、後悔させてやるウホッ!」

名竜ラッシー「それは、こっちのセリフだ!」

千歌「ラッシーさん、頑張って!!」

f:id:hgo687:20181205174430j:plain

名竜ラッシー「行くぜ、勝負だ!」

ドンキー「来いウホッ!」

f:id:hgo687:20181205174531j:plain

名竜ラッシーVSamiiboドンキー

〜ルール〜

目標ライブP…6ポイント

誕生日ボーナス…なし

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20181206202001j:plain

シュイ-ン

f:id:hgo687:20181206202109j:plain

名竜ラッシー「俺はこのカードを出して…っと。」

ドンキー「俺はこれにするウホッ!」

f:id:hgo687:20181206202232j:plain

名竜ラッシー「デッキとセットリストをシャッフルして、決められた場所に置く。」

ドンキー「俺も終わったウホッ!」

f:id:hgo687:20181206202435j:plain

千歌「それじゃあ、順番決めだよ! 123が出たらラッシーさんの先攻で、456が出たらドンキーの先攻でOKかな?」

ラッシー「構わないぜ。」

ドンキー「大丈夫だ、問題ないウホッ。」

f:id:hgo687:20181206202705j:plain

名竜ラッシー、ドンキー「「ダイスロール!!」」

コロコロコロ…トン!

先攻、ラッシー

f:id:hgo687:20181206202848j:plain

名竜ラッシー「デッキからカードを4枚引き、セットリストのカードを2枚表向きにしたら準備は完了だな!」

ドンキー「俺も準備はできたぞ!」

f:id:hgo687:20181206203048j:plain

名竜ラッシー「…それじゃあ、行くぞ?」

名竜ラッシー、ドンキー「「ミュージックスタート!」」

f:id:hgo687:20181206203352j:plain

名竜ラッシー「…さて、前回の対戦に続き今回も先攻か。 しかし、スキル持ちのメンバーがいないからどうしたものかね…。」

名竜ラッシー「とりあえず、ここは適当に出しておくことにするか。」

f:id:hgo687:20181206203632j:plain

名竜ラッシー「俺はミニちかちーを登場させて、ターンを終了するぜ!」

ラッシー 目標ライブP…0/6、手札3枚

f:id:hgo687:20181206203740j:plain

ドンキー「俺のターンだな。」

f:id:hgo687:20181206203827j:plain

ドンキー「俺は振袖花丸を登場させて、登場スキルを発動させるウホッ! この効果は待機中のメンバーに"果南"または"ダイヤ"がいる場合、デッキからカードを1ドローすることができる。」

f:id:hgo687:20181206204307j:plain

ドンキー「俺のステージにいる待機中のメンバーには、ロリ果南がいる。 よって、1ドローするウホッ!」

ドンキー「これで、俺はターンを終了するウホッ。」

ドンキー 目標ライブP…0/6 手札4枚

f:id:hgo687:20181206204502j:plain

名竜ラッシー「俺のターンだな!」

f:id:hgo687:20181206204616j:plain

名竜ラッシー「俺はこのカードを登場させて、ターンを終了するぜ!」

ラッシー 目標ライブP…0/6、手札2枚

f:id:hgo687:20181206204701j:plain

ドンキー「ウホッ、俺のターン! 今回は、デッキから直接ステージに登場させるウホッ!」

名竜ラッシー「(手札4枚なのに、デッキから? もしかして、手札事故を起こしているのか!?)」

f:id:hgo687:20181206204730j:plain

ドンキー「行くぞ!」

f:id:hgo687:20181206204950j:plain

ドンキー「…まあまあの結果だな。 これで、俺はターンを終了するウホッ。」

ドンキー 目標ライブP…0/6、手札4枚

f:id:hgo687:20181206205036j:plain

名竜ラッシー「俺のターンだ!」

f:id:hgo687:20181206205204j:plain

名竜ラッシー「俺はハロウィンルビィをステージに登場させて、LIVEの特技を発動!」

f:id:hgo687:20181206205314j:plain

名竜ラッシー「俺は、待機中のメンバー全員で『近未来ハッピーエンド』のライブをするぜ!」

…ライブ成功! +2ポイント

f:id:hgo687:20181206205718j:plain

名竜ラッシー「そして、セットリストのカードを1枚表向きにして『近未来ハッピーエンド』の効果が発動!」

f:id:hgo687:20181206205851j:plain

名竜ラッシー「この曲のライブに『CYaRon!』のメンバー…『千歌』、『曜』、『ルビィ』の3人が揃って参加しているなら、待機中の『CYaRon!』のメンバーのみで続けてライブをすることができるぜ!」

名竜ラッシー「…だが、俺のステージには待機中のメンバーがいない。 これで、ターンを終了するぜ。」

ラッシー 目標ライブP…2/6、手札1枚

f:id:hgo687:20181206210749j:plain

ドンキー「俺のターンウホッ! 今回も、デッキから直接メンバーを登場させるぞ。」

名竜ラッシー「(…やっぱり、あいつの手札は事故っているみたいだな…。)」

f:id:hgo687:20181206210825j:plain

ドンキー「行くウホッ!」

f:id:hgo687:20181206211010j:plain

ドンキー「おおっ、悪くない結果だな。 俺は、これでターンを終了するウホッ!」

ドンキー 目標ライブP…0/6、手札4枚

 

 

次回、『負けたらアッーーーーー♂ ホモゴリラのAZALEAデッキ(後編)』

千歌「私達、輝きたい!!」

 

今回のカード紹介!

f:id:hgo687:20181206211851j:plain

名竜ラッシー「今回紹介するのは、Vol.7に収録された楽曲カード『近未来ハッピーエンド(ID:0799)』だ!」

千歌「この曲のライブに『CYaRon』のメンバーが3人とも参加していたら、待機中の『CYaRon』のメンバーのみで続けてライブができるよ!」

名竜ラッシー「曲の名前の通り、近い未来のCYaRonに(曲を)託す効果なんだな。」

千歌「あらかじめ、CYaRonのメンバーだけをたくさん待機させていれば1ターンに2回もライブをすることができるから、大逆転することも間違いなしだね!」

次回に続く!