ラッシーのスクコレ記 EP.7

〜前回のあらすじ〜

f:id:hgo687:20181209164342j:plain

ドスぱちゅりー「ぱちぇは、にんげんにあまあまをようきゅうしていたわw そしたら、あおいちびとかげがじゃまをしにきたのよ。」

ドスぱちゅりー「ぱちぇはおこったから、"スクコレ"でたいけつすることにしたわ! あんなちびとかげなんて、ぱちぇのあいてにもならないはずよねwww」

f:id:hgo687:20181209164623j:plain

ドスぱちゅりー「…どぼぢでぱちぇがまけるてるのぉぉぉぉぉぉぉぉ!?」

〜前回のあらすじ終わり〜

 

 

第7話『ゆっくりは神様!? 奇跡の巫女との一騎打ち!(前編)』

 

f:id:hgo687:20181210151606j:plain

………。

名竜ラッシー「出発してから早1時間、まだまだ道のりは遠いみたいだな…。」

千歌「本当に、この道であってるのかなぁ…?」

f:id:hgo687:20181210151804j:plain

名竜ラッシー「一応、山奥に入る道は2ヶ所あるらしいが、村の人間によると俺達の進んでいる道の方が安全だってよ。」

千歌「そうなんだ…。」

f:id:hgo687:20181210152136j:plain

「そこまでです!」

名竜ラッシー「…何だ?」

千歌「だ、誰!?」

f:id:hgo687:20181210152333j:plain

早苗「こんにちは! 私、この近くの神社で巫女をやっている東風谷早苗と申します。」

千歌「び、びっくりした…。」

名竜ラッシー「おい、いきなり目の前に現れて俺達に何の用だ?」

f:id:hgo687:20181210152509j:plain

早苗「一つお伺いしたいことがあります。 …あなたは先程、ドスぱちゅりーさんをいじめていたそうですね?」

名竜ラッシー「はぁ? いじめてなんかねーよ、あいつが村を襲っていたから止めただけだ。」

f:id:hgo687:20181210152700j:plain

早苗「やはりそうですか…。」

名竜ラッシー「わかってくれたか?」

早苗「…青トカゲさん、ゆっくりは神様なんですよ! その神様に無礼を働くなんて、もっての他です!!」

f:id:hgo687:20181210152957j:plain

千歌「え、ゆっくりが神様ってどういう…。」

早苗「許しません、早苗があなたを制裁いたします! …もちろん、スクコレ対決で!」

名竜ラッシー「いいだろう。 ゆっくりが神様とかほざく、テメェのそのイカれた頭を叩き直してやるぜ!」

f:id:hgo687:20181212173735j:plain

名竜ラッシーVS東風谷早苗

〜ルール〜

目標ライブP…6ポイント

誕生日ボーナス…なし

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20181212203930j:plain

シュイ-ン

f:id:hgo687:20181212204017j:plain

名竜ラッシー「俺はこのカードを出して…っと。」

早苗「では、早苗はこれにしましょう。」

f:id:hgo687:20181212230232j:plain

名竜ラッシー「デッキとセットリストをシャッフルして、決められた場所に置く。」

早苗「こちらも終わりましたよ!」

f:id:hgo687:20181212230350j:plain

千歌「それじゃあ、順番決めだよ! 123が出たらラッシーさんの先攻で、456が出たら早苗ちゃんの先攻でOKかな?」

名竜ラッシー「いつも通りだし、問題ないぜ!」

早苗「はい、大丈夫です!」

f:id:hgo687:20181212230605j:plain

名竜ラッシー、早苗「「ダイスロール!!」」

コロコロ…トン!

先攻、早苗

f:id:hgo687:20181212230735j:plain

名竜ラッシー「デッキから4枚カードを引き、セットリストリストのカードを2枚表向きにして準備は完了だ!」

早苗「こちらも、順番は万端です。」

f:id:hgo687:20181212230951j:plain

名竜ラッシー「…それじゃあ、行くぞ?」

名竜ラッシー、早苗「「ミュージックスタート!」」

f:id:hgo687:20181212231108j:plain

早苗「まずは、早苗の手番ですね。 …さて、どうしましょうか…。」

f:id:hgo687:20181212231146j:plain

早苗「…ここは様子見として、手札からメンバーを登場させて手番を終了いたします。」

早苗 目標ライブP…0/6、手札3枚

f:id:hgo687:20181212231307j:plain

名竜ラッシー「よし、俺のターンだな!」

f:id:hgo687:20181212231341j:plain

名竜ラッシー「俺は着物ちかちーをステージに登場させて、ターンを終了するぜ!」

ラッシー 目標ライブP…0/6、手札3枚

f:id:hgo687:20181212232511j:plain

早苗「次は、早苗の手番ですね。」

f:id:hgo687:20181212232558j:plain

早苗「手札からメンバーを登場させて、手番を終了します。」

早苗 目標ライブP…0/6、手札2枚

f:id:hgo687:20181212232804j:plain

名竜ラッシー「俺のターンだな!」

f:id:hgo687:20181212232839j:plain

名竜ラッシー「俺も手札からメンバーをステージに出して、ターンを終了するぜ!」

ラッシー 目標ライブP…0/6、手札2枚

f:id:hgo687:20181212232944j:plain

早苗「では、早苗の手番ですね。」

f:id:hgo687:20181212233021j:plain

早苗「またまた手札からメンバーを登場させて、手番を終了いたします。」

早苗 目標ライブP…0/6、手札1枚

f:id:hgo687:20181212233111j:plain

名竜ラッシー「俺のターンだ!」

f:id:hgo687:20181212233224j:plain

名竜ラッシー「俺は『MIRAI TICKET』衣装の千歌をステージに登場させて、ターンを終了するぜ!」

ラッシー 目標ライブP…0/6、手札1枚

f:id:hgo687:20181213085216j:plain

早苗「今度は、早苗の手番です!」

f:id:hgo687:20181213085306j:plain

早苗「早苗は今回、勧誘をします。 現在の手札は1枚なので、4枚になるように…つまり、3枚カードをデッキから引きます。」

早苗「これで、早苗の手番は終了です。」

早苗 目標ライブP…0/6、手札4枚

f:id:hgo687:20181213085559j:plain

名竜ラッシー「次は俺のターンだな!」

f:id:hgo687:20181213085635j:plain

名竜ラッシー「俺は『青空Jumping Heart』衣装の千歌を登場させ、登場スキルを発動するぜ!」

名竜ラッシー「ステージ上の待機中のメンバー…つまり、ライブをしていないメンバーの数が9人未満ならば俺はこのターン勧誘することができる!」

f:id:hgo687:20181213090041j:plain

千歌「ラッシーさんのステージにいる、待機中のメンバーは私が5人…。」

早苗「この場合、同じメンバー(キャラ)のカードであっても1カウントするので、待機中のメンバーは5人いることになりますね…。」

名竜ラッシー「そうだ! …よって、効果により俺は勧誘するぜ!」

f:id:hgo687:20181213090637j:plain

名竜ラッシー「俺の手札は0枚だから、4枚カードを引くぞ。 これで、俺のターンは終了だ!」

ラッシー 目標ライブP…0/6、手札4枚

 

 

次回、『ゆっくりは神様!? 奇跡の巫女との一騎打ち!(後編)』

千歌「私達、輝きたい!!」

 

今回のカード紹介!

f:id:hgo687:20181213093840j:plain

名竜ラッシー「今回紹介するカードは、Vol.6に収録されたメンバーカード『高海千歌(ID:0637)』だ!」

千歌「Vol.6のパッケージを飾ったカードの1つで、特技やスキルは無いけどピースを4つも持っている凄くレアなカードだよ!」

名竜ラッシー「ちなみに、レアリティはSP(スペシャル)でスクコレにおけるレアカードの1つだ。 1BOX(30パック)買っても確定で出るわけじゃないから、入手するのは相当苦労するぜ…。」

千歌「余談だけど、SPの上にはSECRET(シークレット)とDREAM(ドリーム)っていうレアリティがあって、SECRETはSPのカードに各メンバーのサインが書かれているカードで、DREAMはゲームでは使えないけどカードバインダーやプレイマットと交換できる…言わば引換券みたいなカードだよ。」

名竜ラッシー「レアカードっていいよな!」

次回に続く!