ラッシーのスクコレ記 EP.9

〜前回のあらすじ〜

f:id:hgo687:20181215212918j:plain

ラッシーと早苗…二人の勝負は拮抗していたが、特に目立ったプレイングもなく地味な展開だった…。

しかし、カードの効果を上手く使ったことにより、ラッシーは見事勝利!

f:id:hgo687:20181215213250j:plain

ラッシーは早苗を脅して、ドスまりさの元へと案内させるのであった。

〜前回のあらすじ終わり〜

 

 

第9話『さいっきょうのドスまりさ』

 

f:id:hgo687:20181215213719j:plain

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20181215220603j:plain

早苗「…着きました、ここです。 ここが、ドスまりささんの住んでいる秘密基地です。」

名竜ラッシー「おっ、ここか!」

千歌「ゆっくりって、こんな変わった場所に住んでいるんだね…。」

f:id:hgo687:20181215220800j:plain

早苗「では、入りますよ。 (ドスまりささん、ごめんなさい…。)」

名竜ラッシー「よっしゃ!」

千歌「突入だぁ!」

f:id:hgo687:20181215220928j:plain

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20181215221005j:plain

………。

名竜ラッシー「ほぉ…、中は結構広いんだな!」

千歌「家具とか置いてみたくなるよね!」

早苗「そうですか…? それよりも、ドスまりささんはあそこにいますよ。」

f:id:hgo687:20181215221200j:plain

ドスまりさ「ゆっ、早苗どうしたんだせ? …というか、そのちびにんぎょう2人は誰なんだぜ?」

ドスぱちゅりー「むきゅ! まりさ、そのあおいちびとかげがぱちぇのじゃまをしたやつよ!」

ドスまりさ「なんだってぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

f:id:hgo687:20181215221447j:plain

名竜ラッシー「…お前がドスまりさか。」

ドスまりさ「それがどうかしたのかだぜぇぇぇぇぇぇ、ドスのけいかくをよくもじゃましてくれたなぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

名竜ラッシー「邪魔したというか、お前らが先に村襲ったんだろ? 俺は村人に頼まれてお前を討伐しに来ただけだ。」

f:id:hgo687:20181215221850j:plain

ドスぱちゅりー「むーきゃっきゃっきゃ、ドスまりさをたおすですって? あなたはおばかさんなのねwww」

ドスまりさ「ドスのけいかくをじゃましたくそちびとかげ、おまえはぜったいにゆるさないのぜぇぇぇぇぇぇぇぇ!! このさくひんのるーるにのっとって、スクコレ でせいっさいしてやるのぜぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

f:id:hgo687:20181215222135j:plain

名竜ラッシー「おう、かかってこいよ! この頭うんうんだらけのドスまりさwww」

千歌「(やっぱり、ゆっくりもスクコレやるんだ…。 )」

f:id:hgo687:20181215222251j:plain

ドスまりさ「ドスのあたまはうんうんじゃないのぜぇぇぇぇぇぇぇぇ!! …とにかく、ドスとのたいせんではすぺしゃるるーるでたたかうのぜ!」

名竜ラッシー「わかった。 …で、そのルールとは?」

f:id:hgo687:20181215222710j:plain

ドスまりさ「るーるは、さきにらいぶをせいこうさせたほうのかちなのぜ! …それと、おたがいにすたーとめんばーは、ぴーすを1つしかもってないめんばーしかえらんじゃいけないのぜ!」

名竜ラッシー「…なんで、スタートメンバーに縛りを入れるんだ?」

ドスまりさ「かんたんにおわったら、つまらないからだぜ!」

f:id:hgo687:20181215223103j:plain

名竜ラッシー「なるほど…。 …それじゃあ、勝負といこうか!」

千歌「ラッシーさん、頑張って!」

ドスまりさ「ゆっへっへ! おまえみたいなくそちびとかげが、ドスにかなうはずないのぜ!」

f:id:hgo687:20181215223232j:plain

早苗「ど…ドスまりささーん、頑張ってくださーい!!」

千歌「早苗ちゃん…。」

f:id:hgo687:20181215223354j:plain

ドスまりさ「ちびとかげ、これがおまえのさいごなのぜ!」

名竜ラッシー「うるせぇ、勝負だ!」

f:id:hgo687:20181216022409j:plain

名竜ラッシーVSドスまりさ

〜ルール〜

目標ライブ後…1回

誕生日ボーナス…なし

スタートメンバー…ピース1つのメンバーのみ

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20181216215427j:plain

シュイ-ン

f:id:hgo687:20181216215528j:plain

名竜ラッシー「今回は確か、スタートメンバーに縛りがあるんだったな…。 …なら、俺はこれにするか。」

ドスまりさ「ゆへへ、ドスも決めたのぜ!」

f:id:hgo687:20181216215738j:plain

名竜ラッシー「デッキとセットリストをシャッフルして、決められた場所に置く。」

ドスまりさ「ドスもできたのぜ。」

f:id:hgo687:20181216220043j:plain

千歌「それじゃあ、順番決めのサイコロを振るよ! 123が出たらラッシーさんの先攻で、456が出たらドスまりさの先攻でいいかな?」

ドスまりさ「ドスはかんっだいだから、それでかまわないのぜ!」

名竜ラッシー「大丈夫だ。」

f:id:hgo687:20181216220353j:plain

名竜ラッシー「ダイスロール!!」

ドスまりさ「だいすろーる!!」

コロコロコロ…トン!

先攻、ラッシー

f:id:hgo687:20181216220648j:plain

ドスまりさ「ゆゆっ、このたいみんぐでドスのとくしゅのうりょく『あるてぃめっとゆっくりおーら』をはつどうするのぜ!」

ドスまりさ「…ゆひゃひゃひゃひゃwww これでおまえは、RUSHとLIVEのとくぎがつかえなくなったのぜ!」

名竜ラッシー「やっぱ、ゆっくりってセコい事をするんだなぁ…。」

f:id:hgo687:20181217064223j:plain

名竜ラッシー「…まあいい。 とりあえず、デッキからカードを4枚引いて、セットリストのカードを2枚表向きにしたら準備はOKだ!」

ドスまりさ「ドスもじゅんびはおわったのぜ!」

f:id:hgo687:20181217064516j:plain

名竜ラッシー「…それじゃあ、行くぞ?」

名竜ラッシー、ドスまりさ「「ミュージックスタート!」」

f:id:hgo687:20181217065116j:plain

名竜ラッシー「今回は、俺の先攻だったな。 …さて、どう動くことにするかな…。」

f:id:hgo687:20181217065218j:plain

名竜ラッシー「とりあえず、着物ちかちーをステージに登場させてターンを終了するか。」

名竜ラッシー 目標ライブ数…0/1、手札3枚

f:id:hgo687:20181217065332j:plain

ドスまりさ「こんどはドスのばんなのぜ!」

f:id:hgo687:20181217065406j:plain

ドスまりさ「ドスはRUSHをもちのめんばーをとうじょうさせて、RUSHのとくぎをはつどうさせるのぜ!」

f:id:hgo687:20181217065605j:plain

ドスまりさ「そのこうかで、さらにてふだからめんばーをとうじょうさせるのぜ! …ドスのばんは、これでおわりなのぜ!」

ドスまりさ 目標ライブ数…0/1、手札2枚

f:id:hgo687:20181217065815j:plain

名竜ラッシー「俺のターンだな!」

f:id:hgo687:20181217065842j:plain

名竜ラッシー「俺はロリ曜をステージに登場させて、ターンを終了するぜ!」

ラッシー 目標ライブ数…0/1、手札2枚

f:id:hgo687:20181217065941j:plain

ドスまりさ「ドスのばん!」

f:id:hgo687:20181217070019j:plain

ドスまりさ「ドスはLIVEもちのめんばーをとうじょうさせるのぜ! …でも、いまはらいぶにひつようなぴーすさんがたりないから、らいぶができないのぜ…。」

ドスまりさ「ドスのばんは、これでおわりなのぜ。」

ドスまりさ 目標ライブ数…0/1、手札1枚

f:id:hgo687:20181217082029j:plain

名竜ラッシー「俺のターンだな!」

f:id:hgo687:20181217082103j:plain

名竜ラッシー「俺は、待機中のCYaRonメンバー3人で『Step! ZERO to ONE』のライブをするぜ!」

ドスまりさ「ゆーひゃっひゃっひゃ、おまえばかなのぜ? そのきょくのらいぶをするには、ぴーすさんがたりないのぜwww」

名竜ラッシー「…この瞬間、恋アクルビィと着物ちかちーの参加スキルが発動!」

f:id:hgo687:20181217082844j:plain

名竜ラッシー「恋アクルビィの効果は、ライブ参加時に名前が異なるAqoursメンバーが3人以上いればオールピースを追加する。 そして…着物ちかちーの効果は、このカードと一緒に曜とルビィがライブに参加するなら、ピュアとクールのピースを1つずつ追加する…だ!」

名竜ラッシー「もちろん、共に条件を満たしているので3種類のピースが追加され、楽曲に必要なスコアが満たされたことによりライブは成功するぜ!」

f:id:hgo687:20181217083434j:plain

…ライブ成功!

f:id:hgo687:20181217083510j:plain

ライブ終了!

f:id:hgo687:20181217083743j:plain

名竜ラッシー、WIN!

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20181217083812j:plain

ドスまりさ「ゆんやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

千歌「私達の勝ちー!」

名竜ラッシー「へっ、雑魚がよぉ!」

f:id:hgo687:20181217151028j:plain

ドスぱちゅりー「むきゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!! どうして、ドスまりさがまけてるのよ!?」

早苗「ドスまりささーん…。」

f:id:hgo687:20181217151153j:plain

名竜ラッシー「ふん、所詮はゆっくり。 …その程度の実力しかなかったってことだ!」

千歌「さいっきょうって謳うんだったら、もう少しデッキを見直すべきだよ…。」

f:id:hgo687:20181217151423j:plain

ドスまりさ「うるさいのぜぇぇぇぇぇぇぇぇ!! このさいっきょうのドスが、まけるなんてぜったいにありえないのぜ!」

ドスまりさ「…そうだ! ドスがまけたのは、くそちびとかげおまえがひきょうなてをつかったからにきまってるのぜぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

名竜ラッシー「は?」

f:id:hgo687:20181217151808j:plain

ドスまりさ「ひきょうなてをつかったくそちびとかげは、せいっさいしてやるのぜぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

千歌「どうしてそうなるの!?」

名竜ラッシー「…あくまでも、自分の非を認めないんだな。」

早苗「ドスまりささん、流石の早苗でもこれはドン引きです…。」

f:id:hgo687:20181217152024j:plain

クリーパー「…全く、ゆっくりはうるさいですね。」

f:id:hgo687:20181217152110j:plain

ドスまりさ「なんなのぜ、おまえはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

クリーパー「…私ですか? 私はクリーパーと申します。」

ドスぱちゅりー「クリーパー? むきゃきゃきゃきゃ、へんななまえねwww」

f:id:hgo687:20181217152250j:plain

千歌「え、な…何!?」

名竜ラッシー「おっと、乱入者か?」

早苗「これは、面白い展開になりましたね!」

f:id:hgo687:20181217152434j:plain

クリーパー「…さっきから黙って聞いていれば、自分の非を人のせいにばかりして! ホント、ゆっくりってウザいですね。」

ドスまりさ「ふざけるなぁぁぁぁぁぁぁぁ!! そのことば、いますぐとりけせぇぇぇぇぇぇ!!」

クリーパー「黙れ! 今から貴様を、爆破解体してやる!!」 シュ-…

f:id:hgo687:20181217152732j:plain

ドカ-ン!!

ドスまりさ「ゆぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!?」

ドスぱちゅりー「ドスまりさ!?」

f:id:hgo687:20181217152831j:plain

クリーパー「…ふぅ、爆破完了!」

f:id:hgo687:20181217152929j:plain

早苗「…カッコいい!!」

名竜ラッシー、千歌「「え?」」

早苗「クリーパーさんの爆破、シビれます!」

f:id:hgo687:20181217153659j:plain

クリーパー「…さてと、次はあなたの番ですね。」

ドスぱちゅりー「!?!?」

f:id:hgo687:20181217153754j:plain

ドスぱちゅりー「やーじゃやーじゃ、おうちかえる!」

早苗「…あ、逃げました。」

名竜ラッシー「あいつの家って、ここじゃなかったのかよ!?」

f:id:hgo687:20181217182634j:plain

早苗「いえ…、確かドスまりささんと一緒にここで暮らしていたはずなんですが…。」

名竜ラッシー「へぇー、そうなのか。」

千歌「…ということは、爆破されるのが怖いから行くあてもなく逃げていったのかもしれないね。」

f:id:hgo687:20181217182602j:plain

名竜ラッシー「…いやーしかし、クリーパーだっけ?お前がいなかったら、ドスまりさが暴走して被害が出るところだったぜ…。 ありがとな!」

千歌「ありがとうございます!」

クリーパー「いえいえ、こちらもあのドゲスまんじゅうにはうんざりしていましたから。」

f:id:hgo687:20181217183311j:plain

クリーパー「それに、お礼を言うのはこちらもですよ! ラッシーさんがスクコレであのドゲスまんじゅうを打ち負かしたおかげで、私はあのドゲスを爆破することができたのですから。」

名竜ラッシー「マジか。」

f:id:hgo687:20181217183805j:plain

千歌「…それじゃあ、ドスまりさを討伐したことだし、もうそろそろ帰ろっか!」

名竜ラッシー「そうだな。」

早苗「どうしましょう…。 早苗は村の皆さんに迷惑をかけてしまったので、帰るに帰れないです…。」

f:id:hgo687:20181217184135j:plain

千歌「大丈夫だよ! ちゃんと謝れば、みんなも受け入れてくれるって!」

名竜ラッシー「若さゆえの過ちだろ? なら、俺からはドスまりさに洗脳されていたって言ってやるからよ、それなら村のやつらも許してくれるだろう。」

早苗「うぅ…。 お二人とも、ありがとうございます…!!」

f:id:hgo687:20181217184617j:plain

名竜ラッシー「…ってなわけで、俺達は帰るぜ!」

クリーパー「そうですか…。 …もうすぐ日が暮れるので、気をつけて帰ってくださいね。」

千歌「わかりました。」

f:id:hgo687:20181217184955j:plain

名竜ラッシー「じゃーなー!」

千歌「バイバーイ!」

早苗「ありがとうございました!」

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20181217185128j:plain

クリーパー「さようならー!」

………。

f:id:hgo687:20181217185157j:plain

クリーパー「…それでは、私も洞窟の拡張作業に戻りますか。」

 

 

次回、『新たなる旅立ちへ』

千歌「私達、輝きたい!!」

 

今回のカード紹介!

f:id:hgo687:20181217210727j:plain

名竜ラッシー「今回紹介するカードは、Vol.4に収録されたメンバーカード『黒澤ルビィ』だ! 『恋になりたいAQUARIUM』の衣装だな。」

千歌「このメンバーがライブに参加する場合、名前の異なるメンバーが3人以上参加するなら、このカードにオールピースを1つ追加する効果を持つよ!」

名竜ラッシー「学年統一デッキやユニットデッキだと他の効果と併せて使いやすいから、Aqours1年生デッキやCYaRonデッキに入れることをオススメするぜ!」

次回に続く!