ラッシーのスクコレ記 EP.10

〜前回のあらすじ〜

f:id:hgo687:20181219152854j:plain

ドスまりさ「ドスは、ドスのけいっかくをじゃましたくそちびとかげとそのつきそいを、せいっさいすることにしたのぜ!」

ドスまりさ「くそちびとかげごときが、スクコレでこのさいっきょうのドスにかてるはずないんだぜ!」

f:id:hgo687:20181219153249j:plain

ドスまりさ「ゆんやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

ドスまりさ、爆☆殺!

〜前回のあらすじ終わり〜

 

 

第10話『新たなる旅立ちへ』

 

f:id:hgo687:20181219153437j:plain

………。

f:id:hgo687:20181219191853j:plain

名竜ラッシー「おーい、じいさーん!」

千歌「頼まれた通り、ドスまりさをやっつけてきましたよ!」

村人「おお、本当ですか!? いやー、ありがとうございます!!」

f:id:hgo687:20181219191959j:plain

村人「…!? ちょっと待ってください、なぜゆっくりを神と崇めている巫女がラッシーさんと一緒にいるんですか!?」

村人「…もしかして、ドスまりさを倒したというのは嘘なんじゃ…。」

名竜ラッシー「そのことについてなんだが、色々とあってな。 …まあ、とりあえず説明するか。」

〜かくかくしかじか説明中〜

f:id:hgo687:20181219192354j:plain

村人「…なるほど。 早苗ちゃんはドスまりさに洗脳されていたから、あんな奇行に走っていたと…。」

名竜ラッシー「俺も正直、ドスゆっくりに洗脳能力があるとは思わなかったな。 (…まあ、ゆっくりが洗脳できるってのは嘘だけどな。)」

千歌「だから、お願いです! 早苗ちゃんを責めないでください!!」

f:id:hgo687:20181219193016j:plain

村人「そうだったのか…。 だが、彼女のせいで村に被害が出たのもまた事実…。」

千歌「早苗ちゃんだって被害者なんです! (…まあ、嘘なんだけど…。)」

f:id:hgo687:20181219193120j:plain

早苗「ご…ごめんなさい!! 許されなくてもいいです、償いをさせてください。」

名竜ラッシー「ここまで謝っているんだから、許してやってくれよ。」

村人「…うーむ、そうじゃな。 早苗ちゃんは悪くない、ドスまりさが悪い…そういうことにしよう!」

f:id:hgo687:20181219193833j:plain

早苗「ゆ…許していただけるんですか!? ありがとうございます!!」

千歌「よかったね、早苗ちゃん!」

名竜ラッシー「やったな!」

f:id:hgo687:20181220030822j:plain

村人「…あ、そうそう。 ラッシーさん、ちょっと変な情報が入りましたけど聞きます?」

名竜ラッシー「どんな情報なんだ?」

f:id:hgo687:20181220030944j:plain

村人「…これはラッシーさん達がドスまりさを討伐しに行ってる時に、お客様から聞いた話なんですけど…。 隣街で、サイキョー団とかいう変な組織が活動しているのを目撃したらしいですよ。」

名竜ラッシー「なにっ、それは本当か!?」

村人「はい、そのお客様が言うには本当らしいです。 話によると、なんでもその組織は気持ちの悪いハゲウサギの集団とか…。」

f:id:hgo687:20181220031249j:plain

名竜ラッシー「隣街かぁ…。 …ところで、隣街ってなんて地名だっけ?」

千歌「隣街の地名は、大規模な港がある"シジミハーバー"だよ!」

名竜ラッシー「シジミハーバーとか懐かしいな…。 …ってことは、アイツらに協力してもらえるんじゃね?」

f:id:hgo687:20181220031942j:plain

千歌「アイツらって…?」

名竜ラッシー「1体は昔世話になったやつで、もう1体は今もちょくちょく会ってるやつだ。」

早苗「その旧友とは仲が良いんですね!」

名竜ラッシー「まあな。」

f:id:hgo687:20181220032521j:plain

名竜ラッシー「…ってなわけで、善は急げだ! 早いとこ隣街に行って、サイキョー団とか言うふざけた組織をぶっ潰してやるぜ!」

千歌「あ、待ってよラッシーさん!!」

f:id:hgo687:20181220102438j:plain

早苗「え、ちょっ…もう行ってしまうのですか!?」

村人「もう夜になるんですよ!? せめて、泊まって行かれないのですか?」

f:id:hgo687:20181220102704j:plain

名竜ラッシー「悪りぃな二人とも。 俺は、さっさとサイキョー団を潰したいものでね。」

千歌「ラッシーさん、せめて行くなら行くって言ってよぉ…。」

名竜ラッシー「ははっ、すまない。」

f:id:hgo687:20181220102831j:plain

早苗「ちょっと待ってください!!」

名竜ラッシー「ん? どうした?」

f:id:hgo687:20181220103029j:plain

早苗「行くのは構いませんが、一つだけラッシーさんに言っておきたいことがあります!」

千歌「どうしたの? 千歌達と一緒に、旅についていきたいの?」

名竜ラッシー「…悪いが、旅には連れて行ってやれないぞ?」

f:id:hgo687:20181220103430j:plain

早苗「ラッシーさん、このカードを受け取ってください!」

名竜ラッシー「えっ、カード?」

f:id:hgo687:20181220103706j:plain

千歌「…このカードって、レアリティHRの梨子ちゃんのカードじゃん!!」

名竜ラッシー「そんなレアなカードをくれるっていうのかよ!? いいのか!?」

f:id:hgo687:20181220103906j:plain

早苗「はい。 本日ラッシーさんには色々とお世話になりましたから、そのお礼とサイキョー団を倒す手助けをしたくて、そのカードをプレゼントします!」

名竜ラッシー「…そうか。 ありがとな、早苗!」

早苗「いえいえ、どういたしまして。 これで、ラッシーさんのお力になれたらいいなと思います。」

f:id:hgo687:20181220104246j:plain

名竜ラッシー「おおっ、このカード大切に使わせてもらうぜ!」

村人「…ラッシーさん、私からも一つだけ言っておきたいことがあります。」

名竜ラッシー「何だ?」

f:id:hgo687:20181220104422j:plain

村人「実は最近、隣街に通じる道路で謎の亡霊による被害が多発しているそうです。 どうも夜になると現れるみたいなので、気をつけてください。」

千歌「ぼぼぼ亡霊!?」

名竜ラッシー「亡霊か何だが知らないが、出会ったら俺がぶっ倒してやるぜ!」

f:id:hgo687:20181220104732j:plain

名竜ラッシー「…話は以上だな? …なら、俺達はさっさと隣街へ行くぜ!」

千歌「おじいさん、早苗ちゃん、さようなら!」

f:id:hgo687:20181220105024j:plain

タッタッタッタッタッ

早苗「はい、さようならー。」

村人「二人とも、元気でなー!!」

f:id:hgo687:20181220105147j:plain

………。

 

 

次回、『ヨハネ信者!? VSヨハネソロデッキ(前編)』

千歌「私達、輝きたい!!」

 

今回のカード紹介!

f:id:hgo687:20181220105317j:plain

名竜ラッシー「今回紹介するカードは、Vol.7に収録されたメンバーカード『桜内梨子』だ!」

千歌「登場した時に表向きの楽曲カードの色の数で効果が変わるカードで、2色以上なら楽曲カード1色につきデッキから1枚カードをドローできる効果で、1色しかない時はセットリストの裏向きのカードを1枚表向きにする効果があるよ!」

名竜ラッシー「どちらの効果も中々強い効果だから、4枚積みするのもアリだな。」

千歌「ちなみに、前者の効果は楽曲カードの色が4色しかないから、最大でも4枚ドローしかできないから注意してね。」

次回に続く! (次回の投稿は、2月以降になります。)