リトルアーモリー ガンズアクセサリーA

f:id:hgo687:20181227084212j:plain

トミーテックより12月下旬に発売された、新作リトルアーモリーの「ガンズアクセサリーA」を購入したので紹介しようと思います。

この「ガンズアクセサリーA」は銃火器のプラモデルは入っておらず、銃に取り付けるサイト(照準器)やアタッチメント(補助装置)等のオプションパーツがたくさん入っているセットです。

ちなみに、このセットに入っているオプションパーツは、現実でM4カービンライフルに使われているものが1/12スケールで再現されているとのこと。

f:id:hgo687:20181227084717j:plain

セット内容はこんな感じ。

通常のリトルアーモリーのキットよりも、細かいパーツが多く入っています。

なお、一部のパーツは組み立てが必要です。

f:id:hgo687:20181227084956j:plain

それと、今回の説明書にはセット内容のサイトやアタッチメントの各パーツが解説されており、これを見るだけでも楽しめます! (ただし、ミリオタに限る。)

また、説明書にはこのセットを使ったカスタムの参考例がいくつか紹介されており、これを参考にしながら作るのもいいでしょう。

 

f:id:hgo687:20181227085909j:plain

…というわけで、早速リトルアーモリーの銃を改造していきます!

今回使うのは、M4A1

元々、このセットはM4A1用の追加パーツなので、ぴったりですね!

f:id:hgo687:20181227090115j:plain

…で、改造したものがこれです!

三角形のフォアグリップとウエポンライトを取り付けて、マガジンを100連マガジンにしました。

装弾数100以上のアサルトライフルって、どこぞのEDFかな…?

f:id:hgo687:20181227090919j:plain

とりあえず、改造したM4A1を朝戸ちゃんに持たせてみました。

100連マガジンのせいで、中々ゴツいフォルムに…。

f:id:hgo687:20181227091535j:plain

なお、M4A1以外のリトルアーモリーの銃にもパーツを取り付けることが可能です。

…そんなわけで、お次はG36を改造していきます!

f:id:hgo687:20181227092524j:plain

…で、改造したものがこちら!

G36にはレールが無いので、このセットに入っているピカニティレールを接着剤で付けて、バイポッドを取り付けています。

個人的に、見た目がめちゃくちゃ好みの銃に仕上がりました!

f:id:hgo687:20181227091927j:plain

ちなみに、ピカニティレールはこれです。 (上の細長い2本のギザギザ線のやつ。)

G36はもとい、AKMやFA-MAS等のレールが付属していないリトルアーモリーの銃をカスタマイズする時に使います。

f:id:hgo687:20181227093457j:plain

アサルトライフルのカスタマイズ以外にもこのセットのパーツを使えるので、もちろんマシンガンにもパーツを取り付けることができます。

↑の銃は、M249にドットサイトを取り付けてカスタマイズしました。

f:id:hgo687:20181227093718j:plain

他には、ショットガンにショートスコープを取り付けることも可能です。

猟銃っぽくすることもできますね。

 

f:id:hgo687:20181227140704j:plain

…とまあ、リトルアーモリーを買っている人間にとっては、自分好みの銃にカスタマイズができる良いセットでした。

特にサバゲーFPSのゲームをやっている人だと、自身の愛銃のカスタマイズを再現したくなると思います。

こんなに熱中できたのは、いつ以来だろうか…。

次回は、来年1月に発売される対戦車無反動砲(AT4タイプ 2.0)をレビューする予定です。

以上です。