キモフィギュア敗吐の可動範囲

f:id:hgo687:20190216212408j:plain

敗吐「おい、お前ら!w このサイキョーの俺は、こんなに肩と股を可動させることができるんッスよwww」

敗吐「これで俺も、人気者間違い無いッスねwww」

f:id:hgo687:20190216213238j:plain

未世「確かに凄いけど、流石にそのポーズは気持ち悪いかな…。 このままだと他の人に不快感を与えるかもしれないし、殺すね?」 バン

f:id:hgo687:20190216210430j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20190216213837j:plain

時雨「いつものお約束だね。 …それにしても、関節式のフィギュアっていいなぁ…。」

時雨「僕みたいなねんどろいどと違って、躍動感のあるポーズが沢山取れるのは羨ましいよ…。」

 

 

キモフィギュア敗吐にもっとアクション性を付けたかったので、ヘンテコなポーズを取らせてみました。

ちなみに、キモフィギュア敗吐の元の人形は、エポック社より発売されているカプセルトイの「誰得!?俺得!!シリーズ」の素体人形を使っています。

商品によっては人形がラインナップされていない時もありますが、1つ300円で可動範囲が広い人形なので意外と使い勝手が良いです!

 

おまけ

f:id:hgo687:20190216214237j:plain

figma等の可動フィギュアだと、こういった剣と剣の鬩ぎ合いも再現しやすいです。

…"剣と剣"と言いつつ、片方は刀ですがw

f:id:hgo687:20190216214415j:plain

別アングルから。

これに関しては、撮影者の腕の見せ所ですね。

以上です。