デスクトップアーミーはいいぞぉ!

f:id:hgo687:20190314162859j:plain

デスクトップアーミーは良いですぞ!

大きさは約8cmの可動フィギュアで、フィギュア本体と支柱の他に武器パーツが2〜3個付いて価格が2000円以下とお手頃価格。

ちなみに、公式の世界観によるとキャラクター達の身長は80mmとのこと。 …つまり、1/1スケールのフィギュアである。

f:id:hgo687:20190314163618j:plain

パッケージはブラインドパッケージ(中身がランダム)で、一般販売されているものは基本的に全3種類(最初期のシルフィーとクロムのみ全6種類)。

初期以降の一部のものは全6種類をαとβのそれぞれに3種類ずつ分けて販売しているので、自分の狙っている中身を少し当てやすくなっていたり…。

また、同じメカ系美少女フィギュア(プラキット)のフレームアームズ・ガールFGO(Fate/Grand Order)、さらにはGGO(ガンゲイル・オンライン)やSAO(ソードアート・オンライン)のキャラクターも商品化されている。

※GGOとSAOのデスクトップアーミーは、現段階では未発売です。

 

f:id:hgo687:20190314170024j:plain

そして、デスクトップアーミーを語る上で外せないのが武装のカスタマイズ。

簡単に言えば、デスクトップアーミーに付属している武器パーツは、他のデスクトップアーミーにも持たせられるということ。 (ねんどろいどのパーツ挿げ替えみたいなものです。)

↑の画像ではシルフィーの武器をクロムに、クロムの武器をシルフィーに持たせています。

自分好みの武装を自由に付けられるので、まさに組み合わせは無限大!

f:id:hgo687:20190314170654j:plain

また、デスクトップアーミーだけで飾ったり遊んだりすることもできますが、figmaねんどろいどといった他の可動フィギュアと絡めてもみるのも面白いです。

様々なフィギュアと掛け合わせて、自分だけのクロスオーバー部隊を作るのも良いでしょう。

 

 

…というわけで、自分が良いと思っているものを紹介する的な記事でした。

ここまでデスクトップアーミーの良さを伝えましたが、実はシルフィーとクロムを1種類ずつしか持っていなかったり…。

やっぱり僕は、銃や兵器といったミリタリー系が好きなんだなぁ…と実感。 (もちろん、美少女もだけどね。)

以上です。