ラッシーのスクコレ記 EP.15

〜前回のあらすじ〜

f:id:hgo687:20190325170823j:plain

サイキョー団のアジトを血眼になって探す、ラッシーと千歌とフローゼル

シジミハーバーにいる住民から話を集めるも、特に手がかりとなるような情報は無かった。

f:id:hgo687:20190325171050j:plain

そんな中、以前のリベンジを果たそうとサイキョー団のしたっぱがスクコレ対戦を申し込んできた為、ラッシーはしたっぱとスクコレ対戦をすることになってしまったのであった…。

〜前回のあらすじ終わり〜

 

 

第15話『リベンジマッチ! 再び対決、サイキョー団のしたっぱ(後編)』

 

f:id:hgo687:20190325171432j:plain

棒敗吐 目標ライブP…2/6、手札0枚

ラッシー 目標ライブP…3/6、手札6枚

棒敗吐「ジブンのターンッスね!w」

f:id:hgo687:20190326100622j:plain

棒敗吐「このターンは勧誘をするッス!w 勧誘は手札が4枚になるようにカードを引く…つまり、ジブンは4枚の手札をドローできるッスよwww」

棒敗吐「これで、ターンエンドッスwww」

棒敗吐 目標ライブP…2/6、手札4枚

f:id:hgo687:20190326100853j:plain

名竜ラッシー「よし、俺のターンだな!」

f:id:hgo687:20190326101155j:plain

名竜ラッシー「俺は『MY舞☆TONIGHT』の曜を登場させて、登場スキルを発動するぜ! その効果により、デッキからカードを3枚引くことができる。」

f:id:hgo687:20190326101349j:plain

名竜ラッシー「…というわけで、俺はカードを3枚引いてターンを終了するぞ。」

ラッシー 目標ライブP…3/6、手札8枚

f:id:hgo687:20190326101759j:plain

棒敗吐「ジブンのターンッス!w」

f:id:hgo687:20190326101838j:plain

棒敗吐「ジブンはRUSH持ちの鞠莉をステージに出して、RUSHの特技を発動するッスよ!w」

f:id:hgo687:20190326102006j:plain

棒敗吐「その効果で果南を登場させて、ターンエンドッスwww」

棒敗吐 目標ライブP…2/6、手札2枚

f:id:hgo687:20190326102109j:plain

名竜ラッシー「俺のターンだ!」

f:id:hgo687:20190326102433j:plain

名竜ラッシー「着物ちかちーをステージに登場させて、ターンを終了する。」

ラッシー 目標ライブP…3/6、手札7枚

f:id:hgo687:20190326125138j:plain

棒敗吐「今度はジブンのターンッスねwww」

f:id:hgo687:20190326125217j:plain

棒敗吐「ジブンはミニルビィをステージに登場させて、ターンエンドッス!w …これで、次のターンに『トリコリコPLEASE!!』の楽曲カードでライブをすれば、ジブンの勝利は確実ッスよwww」

棒敗吐「いやー、リベンジするのも楽勝だったッスねwwwww」

棒敗吐 目標ライブP…2/6、手札1枚

f:id:hgo687:20190326125731j:plain

名竜ラッシー「…俺のターンだ!」

棒敗吐「無理無理、どうあがいてもお前はジブンに勝つことはできないッスwww」

f:id:hgo687:20190326125924j:plain

名竜ラッシー「ははっ、大量に手札を増やしておいて正解だったぜ! 

俺はRUSH持ちの曜をステージに出し、RUSHの特技を発動!」

f:id:hgo687:20190326130202j:plain

名竜ラッシー「その効果により、続けて手札からハロウィンルビィをステージに登場させて、LIVEの特技を発動だ!」

f:id:hgo687:20190326130352j:plain

名竜ラッシー「待機中の曜2人と千歌、ルビィの計4人で『ユメ語るよりユメ歌おう』のライブをするぜ!」

名竜ラッシー「…この瞬間、着物ちかちーの参加スキルが発動! このカードと一緒に曜とルビィがライブに参加するなら、ピュアとクールのピースを1つずつ追加する。」

f:id:hgo687:20190326131216j:plain

名竜ラッシー「もちろん条件は達成しているから、楽曲に必要なスコアが満たされてライブは成功するぜ!」

…ライブ成功! +3ポイント

ラッシー、目標ライブPに到達!

f:id:hgo687:20190326131552j:plain

ライブ終了!

f:id:hgo687:20190326131645j:plain

名竜ラッシー、WIN!

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190326203748j:plain

棒敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

名竜ラッシー「俺へのリベンジ、残念だったな!」

f:id:hgo687:20190327082122j:plain

千歌「流石、ラッシーさんだよ!」

フローゼル「…そうだ、ラッシーさん。 彼がサイキョー団のしたっぱなら、アジトの場所を聞き出すのはどうですか?」

名竜ラッシー「おおっ、ナイスアイデアだな!」

f:id:hgo687:20190327082559j:plain

棒敗吐「くそーっ、またもやトカゲ野郎に負けてしまうとは情けないッス…!w この借りは、またいつか倍にして返してやるッスよwww」

f:id:hgo687:20190327082715j:plain

名竜ラッシー「おい、ハゲウサギ! この街にある、お前らサイキョー団のアジトはどこにあるか言え!」

フローゼル「勝負に負けたんですからね、正直に白状してもらいますよ。」

棒敗吐「は?w そんな重要機密、お前達に教えるわけないッスよwww」

f:id:hgo687:20190327084646j:plain

棒敗吐「ジブンがそう簡単に口を滑らせるとでも思ってるんッスか?w 言っておくッスが、"街はずれの倉庫"に来たって何も無いッスからね!w」

千歌「え?」

f:id:hgo687:20190327084958j:plain

棒敗吐「…というわけで、覚えてろッス!w 今度こそお前をボコボコにして、跪かせてやるッスからwww」

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20190327155602j:plain

………。

フローゼル「…あの、二人さん。 ハゲウサギって、あんな簡単に口を滑らせるんですか?」

千歌「馬鹿でアホでマヌケってよく言われてるし、そうかも…。」

名竜ラッシー「馬鹿だなー、あいつwww」

f:id:hgo687:20190327155903j:plain

千歌「じゃあ、街はずれの倉庫にサイキョー団のアジトがあるのは間違いないね!」

フローゼル「街はずれの倉庫の場所なら知っています! ラッシーさん、行きましょう!」

名竜ラッシー「そうだな! これで、心置きなく組織をぶっ潰すことができるぜ。」

f:id:hgo687:20190327160100j:plain

フローゼル「倉庫へGO!」

名竜ラッシー、千歌「「おおーっ!!」」

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20190327160145j:plain

………。

ザバ-ン…

ヒョコッ

f:id:hgo687:20190327160256j:plain

メガネ敗吐「…ボスの予想通り、棒敗吐は負けて我々のアジトの場所を吐きました。 そして、青トカゲ達はアジトに向かっているようです。」

???「テーンチョッチョッチョwww 全て、俺の計画通りに事が進んでるッスね!w」

メガネ敗吐「そのようでごさいまッス!w」

f:id:hgo687:20190327160604j:plain

???「棒敗吐が負けることは想定済み、あいつが口を滑らせやすいのを利用してラッシー達をおびき寄せる罠を仕掛けてやったッスよwww」

???「メガネ、報告ありがとうッス!w お前は帰ってゆっくり休んでいいッスよ!w」

メガネ敗吐「ははーっ。」

 

 

次回、『最終対決! ラッシーVSサイキョー団のボス(前編)』

千歌「私達、輝きたい!!」

 

今回のカード紹介!

f:id:hgo687:20190327161220j:plain

名竜ラッシー「今回紹介するカードは、Vol.12に収録されたメンバーカード『渡辺曜(ID:1255)』だ!」

千歌「このカードは、登場時にカードを3枚引ける効果を持っているよ! さらに、スタート時とライブ成功時にカードを1枚引ける効果も持っているんだ。」

名竜ラッシー「スタートメンバーにすれば確実に1ドローはできるし、スタートメンバーにしなくても3枚ドローできるのはおいしいな!」

千歌「最大で4枚もカードを引くことができるから、使い方によっては勧誘を一切しなくてもいい動きができるかもね。」

次回に続く!