いたずら

f:id:hgo687:20190415215842j:plain

花陽「とても大きなラジカセだなぁ…。」

凛「なんかダンスの練習の為に、ライブとかのスピーカー並みに音が出るこのラジカセをことりちゃんがヨッシーから借りてきたんだって。」

穂乃果「へぇー、ことりちゃん凄い!」

f:id:hgo687:20190415220301j:plain

にこ「さぁーてあんた達、さっさと練習するわよ! 仮にも後輩であるAqoursや虹ヶ咲のメンバーに、パフォーマンスのレベルで負けてたら先輩としての面目が付かないんだからね!!」

凛「あ、にこちゃん!」

花陽「…あれ? 真姫ちゃん達は?」

f:id:hgo687:20190415220643j:plain

にこ「真姫ちゃん達は作詞作曲とか衣装製作で忙しいから、にこ達でやっておいてって言われたわ。」

花陽「そうですか…。 …ならば花陽達はその分、練習を頑張りましょう!」

f:id:hgo687:20190415220942j:plain

穂乃果「そうだね! それじゃあ、始めるよ!」

凛「穂乃果ちゃん、いつの間に!?」

穂乃果「細かいことは気にしない、気にしない。 …じゃあ、曲をかけるね!」 カチッ

f:id:hgo687:20190415221155j:plain

『おーれはジャイアーン、ガーキだーいしょーーーーーう!!』

凛「にゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

にこ「な、何なのよ!? この、うるさくて耳障りな歌は!!」

花陽「うぅ…、ダレカタスケテー!!」

穂乃果「お…おかしいよ!! タカラモノズの曲をセットしてたのに、なんでジャイアンの歌が流れるの!?」

f:id:hgo687:20190415221437j:plain

メガネ敗吐「テンチョチョw あの女達、まんまとジブン達の罠にかかったッスwww」

メガネ敗吐「自分達の曲が流れるのかと思ったら、ジャイアンの音痴な歌が流れるというイタズラ…。 こんな素晴らしいイタズラを考え付くなんて、流石我が敗吐教のボスッスね!w」

f:id:hgo687:20190415215545j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」 ←ジャイアンの音痴な歌で鼓膜が破れてショック死したw

メガネ敗吐「…ボス!?」

 

以上です。