フィギュア達のカオスなサバゲー対決 Part1-2

f:id:hgo687:20190507103522j:plain

海未「突撃ー!!」 パンパン

赤城「…えっ!?」

マネキン「何っ、返り討ちじゃー!」 バンバンバン

f:id:hgo687:20190507103736j:plain

赤城「かはっ…。」 バタリ…

海未「くぅっ…。」 バタリ…

5-4

f:id:hgo687:20190507104104j:plain

マネキン「あぁ、危なかったぜ…。」

絵里「復活! …って、もうこんなところまで相手チームが攻めていたのね。」

f:id:hgo687:20190507104429j:plain

マネキン「よし…改めて、上から相手チームの奴らを奇襲しに行くぞ! よいしょっと。」

f:id:hgo687:20190507104618j:plain

マネキン「…あ、こんにちは。」

アーキテクト「コンニチハ。」 バン

f:id:hgo687:20190507104730j:plain

マネキン「おぅふ…。」 バタリ…

アーキテクト「エネミーダウン。」

6-4

f:id:hgo687:20190507104841j:plain

絵里「今度は上から攻めてきたのね。 だけど、そうはいかないわよ!」 パン

f:id:hgo687:20190507104952j:plain

アーキテクト「機能停止…。」 バタリ…

絵里「敵のロボットを排除したわ!」

6-5

f:id:hgo687:20190507105130j:plain

曜「復活したであります! …って、未だに私達のチームが劣勢じゃん!?」

絵里「あ…曜、この劣勢を打破するために私と一緒に行動しない? その方が火力が増えて、相手を倒しやすくなると思うの。」

f:id:hgo687:20190507105310j:plain

曜「私達が勝つには、そうするしかないよね…。 了解であります、絵里ちゃん隊長!」

絵里「(絵里ちゃん隊長って…、まあいいわ。) それじゃあ、付いてきて頂戴。」

曜「ヨーソロー!」

f:id:hgo687:20190507135544j:plain

未世「…今現在の状況は、私達Aチームが6点で敵のBチームが5点か…。 1点差だから油断はできないね。」

f:id:hgo687:20190507135847j:plain

絵里「うん、クリア! この通路に敵チームはいないみたいね。」 絵里「曜は、そこの通路を見張っててくれないかしら?」

曜「任せて!」

f:id:hgo687:20190507140058j:plain

絵里「じゃあ、私はこっちを確認…。」

花丸「ずらっ!」 バンバン

f:id:hgo687:20190507140203j:plain

絵里「うぐっ…。」 バタリ…

花丸「待ち伏せ作戦、成功ずら!」

7-5

f:id:hgo687:20190507140512j:plain

曜「絵里さんがやられた!? …ってことは、この先に敵チームが………あっ、花丸ちゃん発見!」

f:id:hgo687:20190507140658j:plain

未世「花丸ちゃんだけじゃなくて、私も近くにいるんだけどね。」 バンバン

f:id:hgo687:20190507140805j:plain

曜「うへぇ…。」 バタリ…

未世「敵を排除っと。」

8-5

f:id:hgo687:20190507141001j:plain

花丸「未世ちゃん、やったね! これで、マル達のチームはあと2点で勝利するずらよ!」

未世「うん、あと一息だね!」

f:id:hgo687:20190507141154j:plain

海未「8対5…我々の勝利は目前ですが、だからと言って油断をしてはいけませんね…。 その油断が命取りとなって、逆転を許すことだってありますから。」

f:id:hgo687:20190507141950j:plain

赤城「くっ…。 相手チームがあと2点で、スコアリミットに到達してしまいます…。」

赤城「こちらのチームはもう後がありません、一体どうすれば…。」

f:id:hgo687:20190507174248j:plain

花丸「それじゃあ、もう一度待ち伏せ作戦を決行するずらよ! 未世ちゃんは、2階の通路の方を見張っていてほしいずら。」

未世「OK、わかった!」

f:id:hgo687:20190507174510j:plain

赤城「そんな…、敵チームがあの通路で待ち伏せしています。 恐らく2階の通路も見張られていると思いますので、もはやこちらの詰みですね…。」

マネキン「なんだって!? 上から行くにしろ下から行くにしろ、どちらにせよ俺達は完全に包囲されてしまったってワケか…。」

f:id:hgo687:20190507174948j:plain

マネキン「…こうなったら仕方がない、焼け石に水だが最終手段だ!」

赤城「な、何をするつもりですか!?」

f:id:hgo687:20190507175150j:plain

マネキン「俺が上で奴らのヘイトを取る。 赤城お前は、絵里と曜がリスポーンした後に3人で突撃してくれ。」

赤城「でも、そんなことをしたらマネキンさんの負担が…。」

マネキン「大丈夫だ、俺にはその程度…朝メシ前ってことよ。 …じゃ、行ってくるぜ!」

f:id:hgo687:20190507175527j:plain

花丸「うーん、なかなか来ないなぁ…。」

海未「…おや、相手チームは絵里と曜がリスポーン待ちみたいですね。 花丸、突撃するなら今ですよ!」

f:id:hgo687:20190507175841j:plain

花丸「どうしてずら?」

海未「今相手は、リスポーン待ちの2人を除いて2人のみの状況になっています。 対してこちらは4人生存している状況なので、数の有利が働くわけです!」

花丸「なるほど…。 敵にリスポーンされる前に残りの敵2人に奇襲すれば、簡単に倒せるってわけずらね。」

f:id:hgo687:20190507180044j:plain

アーキテクト「ワタシハコノ上カラ敵陣ニ突入スル。 未世、オ前ハワタシガ失敗シタ時ノフォローヲ頼ム。」

未世「了解!」

f:id:hgo687:20190507204030j:plain

花丸「それじゃあ、味方の準備もできたことだし突入するずら! 喰らえ!」 バンバンバン

赤城「なっ…、このっ!」 バンバン

f:id:hgo687:20190507204430j:plain

赤城「まさか、攻めてくるとは…。」 バタリ…

花丸「ずらぁ…。」 バタリ…

9-6

f:id:hgo687:20190507204630j:plain

絵里「復活したわ。 …って、あと1点で相手チームが勝っちゃうじゃない!?」

絵里「それに、目の前に敵チームの海未が…!! でも、そう簡単に倒されてたまるもんですか!」 パン

f:id:hgo687:20190507204831j:plain

海未「くぅっ…。」 バタリ…

絵里「ふぅ…、なんとかリスキルは回避できたわ…。」

9-7

f:id:hgo687:20190507205248j:plain

マネキン「仲間が頑張っているのに、ここで負けるわけにはいかねぇぇぇぇぇぇ!! 新入りよ、やられたらやり返す…倍返しだ!」 バンバン

f:id:hgo687:20190507205408j:plain

アーキテクト「機能停止…。」 バタリ…

マネキン「どうだ!」

9-8

f:id:hgo687:20190507205625j:plain

未世「あっ、あれは敵チームのマネキン君! ここからなら狙い撃てる…!!」 バン

f:id:hgo687:20190507205845j:plain

マネキン「くそっ…。」 バタリ…

未世「よしっ!」

10-8

f:id:hgo687:20190507205947j:plain

ゲームセット!

未世「ふぅ、私達のチームの勝利だね!」

f:id:hgo687:20190507210115j:plain

曜「復活!…って、もう終わっちゃったの!?」

絵里「そう…みたいね。 悔しいわ…。」

 

 

f:id:hgo687:20190507230507j:plain

Aチーム、勝利!

 

〜リザルト〜

・A(アルファ)チーム

朝戸未世   3k、1d

アーキテクト 3k、3d

国木田花丸  2k、2d

園田海未   2k、2d

・B(ベータ)チーム

絢瀬絵里   3k、2d

渡辺曜    2k、2d

マネキン   2k、3d

赤城     1k、3d

※kはキル(倒した)数、dはデス(倒された)数。

Part1、終わり。