フィギュア達のカオスなサバゲー対決 Part3-1

f:id:hgo687:20190516083842j:plain

未世「次は何をする?」

絵里「うーん…。 あとやっていないゲームモードって、何があるのかしら?」

曜「えーっと、"オレンジラン"と"フラッグキャプチャー"の2つだね。」

f:id:hgo687:20190516084044j:plain

アーキテクト「ナラ、ワタシカラ提案ガアル。 オレンジランノ方ヲヤリタイ。」

マネキン「おっ、オレンジランか! いいぜ、俺も丁度それで遊びたかったところだったんだ。」

海未「折角の新入りの意見ですからね、これは是非ともオレンジランをやるべきです。」

f:id:hgo687:20190516085304j:plain

赤城「オレンジラン………なんだか、美味しそうな名前ですね!」

花丸「パン食い競争みたいに、オレンジを食べながらゴールを目指すのかな!?」

f:id:hgo687:20190516085601j:plain

海未「いえ、違いますよ? オレンジランは、ステージに次々と出現するオレンジばくだんを先に5つ破壊するというルールです。」

赤城「そう…なんですか…。」

花丸「残念ずら…。」

f:id:hgo687:20190516085908j:plain

曜「なな…なんかこのままだと暗い雰囲気になっちゃいそうだから、 そろそろ始めよっか!」

未世「そ…そうだね。」

f:id:hgo687:20190516085942j:plain

未世「それじゃあ、これから3戦目のサバゲー対決を始めるよ! みんな、スタート位置についてね。」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190516090412j:plain

武木地「ただいま各参加者達が準備をしているから、その間にゲームモードと参加者を紹介しておくでし!」

 

〜ゲームモード〜

・オレンジラン

ステージのどこかに現れるオレンジばくだんを、銃で撃ち抜いて破壊せよ!

先に5つのオレンジばくだんを破壊したチームの勝利!

 

ヘルス(体力)…∞

武器…ハンドガン縛り

射撃方法…セミオートのみ

オレンジばくだんの爆風に巻き込まれると、しばらく動けなくなってしまう。

 

チーム/参加者+使用武器

・A(アルファ)チーム

赤城     デザートイーグル.50AE

朝戸未世   グロック17

国木田花丸  M1911A1

園田海未   P228

・B(ベータ)チーム

アーキテクト H&K USP

絢瀬絵里   P226

マネキン   ベレッタ92F(M92F)

渡辺曜    ベレッタ93R(M93R)

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190521011306j:plain

『オレンジラン! 敵チームよりも早く、オレンジばくだんを破壊せよ!』

f:id:hgo687:20190521011434j:plain

3…2…1…

f:id:hgo687:20190521011504j:plain

ゲームスタート!

f:id:hgo687:20190521011729j:plain

赤城「戦闘開始です!」

海未「行きます!」

未世「うぉぉぉぉぉぉぉっ!!」

花丸「ずらっ!」

f:id:hgo687:20190521011802j:plain

マネキン「敵に遅れをとるなー!!」

曜「ヨーソロー!」

絵里「突撃よ!」

アーキテクト「任務ヲ開始スル。 …まずは、見晴ラシガイイ上ノ通路ニ登ルゾ。」

f:id:hgo687:20190521092952j:plain

『1つめのオレンジばくだんが出現した。 各員、これを見つけ次第破壊せよ!』

f:id:hgo687:20190521093113j:plain

花丸「あ、あそこにあるのかな?」

海未「たぶんそうだと思いますよ。 早速、1点獲得しましょうか。」

f:id:hgo687:20190521093317j:plain

マネキン「悪いがこれは俺の獲物だ! 動かない目標だから、片手撃ちでも楽勝だな。」 バン

f:id:hgo687:20190521093447j:plain

ドカ-ン!!

マネキン「やったぜ。」

花丸「とられちゃったずら…。」

0-1

f:id:hgo687:20190521093630j:plain

赤城「くっ…。 先手は、敵チームに取られてしまいましたか…。」

未世「まあまあ…。 まだ試合は始まったばかりだし、いくらでも取り返せるよ!」

f:id:hgo687:20190521094233j:plain

絵里「これで、私達のチームが優位に立てたわね。」

曜「そうだね! …でも、優位に立っているからって油断は禁物ですよ?」

絵里「ふふっ、もちろんわかっているわ。」

f:id:hgo687:20190521094424j:plain

『各員に告ぐ、2つめのオレンジばくだんが出現した。 見つけ次第、破壊せよ!』

f:id:hgo687:20190521094611j:plain

アーキテクト「何ッ、コノ下ノ通路ニ出現シタノカ!? …流石ニコレハ他プレイヤーガ先ニ破壊シソウダカラ、諦メルシカナイ。」

f:id:hgo687:20190521095148j:plain

赤城「おや、偶然にも私の近くに現れましたね。 これは貰いました!」 バン

f:id:hgo687:20190521095350j:plain

ドカ-ン!!

赤城「上々ね。」

1-1

f:id:hgo687:20190521095639j:plain

マネキン「くそーっ、1点取られてしまったか…。」

絵里「流石にあの位置のオレンジばくだんは、敵チームが先に破壊できて当然よね。」

f:id:hgo687:20190521095739j:plain

海未「これで、現在のスコアは1対1。 優勢劣勢の状態は、また振り出しに戻りましたね。」

未世「うん。 これで敵チームに破壊されていたら、結構危なくなっていたかも…。」

f:id:hgo687:20190521100213j:plain

『3つめのオレンジばくだんが出現した。 各員、即座に破壊しろ!』

f:id:hgo687:20190521100356j:plain

アーキテクト「今度ハ、敵チームノスタート地点ニ出現シタヨウダナ。 …ヨシ、行クゾ!」

f:id:hgo687:20190521101122j:plain

海未「おっと、次の出現位置が私達のチームのスタート地点ってことは、私が一番近いですね。 …ならば、これは貰ったも同然です!」

未世「あっ、待ってー!!」

f:id:hgo687:20190521101718j:plain

曜「みんなあっちに行ってるなぁ…。」

曜「どうせ3つめのオレンジばくだんは他の人に破壊されるだろうから、私はこの次の出現位置を予想して反対側にいよう。 …来るかどうかはわからないけどね。」

f:id:hgo687:20190521102200j:plain

ドスン

アーキテクト「到着! アトハ、"オレンジばくだん"ヲ破壊スルダケ…。」

f:id:hgo687:20190521102316j:plain

海未「貰ったぁぁぁぁぁぁ!!」 パンパン

f:id:hgo687:20190521102402j:plain

ドカ-ン!!

海未「ふっ…。」

アーキテクト「クッ…。 着地後ノ硬直ガ無ケレバ、先ニ破壊デキテイタノニ…。」

2-1

f:id:hgo687:20190521102544j:plain

マネキン「敵チームも、中々やるな! 今度はこっちが劣勢になったけど、結構いい勝負してんじゃん。」

花丸「そうずらねー。」

f:id:hgo687:20190521102731j:plain

未世「次のオレンジばくだんは、どこに現れるんだろう…?」

絵里「今度は上の通路に出そうな気がしてきたから、上に行きましょ。」

f:id:hgo687:20190521103622j:plain

『通知する、4つめのオレンジばくだんが出現した。 各員は見つけ次第、破壊せよ!』

f:id:hgo687:20190521103758j:plain

曜「おっと、予想が当たったであります! …それじゃあ、えいっ。」 バン

f:id:hgo687:20190521104034j:plain

ドカ-ン!!

曜「やった!」

2-2

f:id:hgo687:20190521104126j:plain

赤城「今度は反対側…、敵チームのスタート地点に出現していましたか…。 流石にそれを破壊しにいくのは、無理でしたね。」

海未「…それにしても、誰かの近くにばかりオレンジばくだんが現れているような気がします…。 気のせい…でしょうか?」

 

 

〜現在のスコア〜

A(アルファ)チーム…2点

B(ベータ)チーム…2点

次回に続く!