フィギュア達のカオスなサバゲー対決 Part5-1

f:id:hgo687:20190620211914j:plain

未世「それじゃあ、今回もサバゲー対決を始めていくよ!」

f:id:hgo687:20190620211938j:plain

未世「今回やるのは、まだプレイしていない"フラッグキャプチャー"なんだけど、ゲームモードはそれでいいよね?」

曜「大丈夫だよ!」

絵里「問題ないわ。」

f:id:hgo687:20190620212002j:plain

赤城「…あれ? 新キャラのピトフーイさんがいませんね、初試合だというのに参加しないのでしょうか?」

花丸「ほんとずら。 どうしたんだろう…?」

海未「きっと、何らかの事情で参加できないのだと思いますよ…。」

f:id:hgo687:20190620212047j:plain

マネキン「あ…そのことについてなんだが、前回『紙人形リサイクル団』だっけ? …まあ、ヘンテコなやつらがここに攻めてきたんだか、そいつらがあまりにも弱すぎてピトフーイは興が冷めたんだとよ。」

アーキテクト「ダカラ、「今回ノ試合ニハ悪イケド参加シナイ」…トノコトダ。」

赤城「…それなら、仕方ありませんね。」

f:id:hgo687:20190620232515j:plain

未世「それじゃあ、これから4戦目のサバゲー対決を始めるよ! みんな、スタート位置についてね。」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190620232541j:plain

武木地「ただいま各参加者達が準備をしているから、その間にゲームモードと参加者を紹介しておくでし!」

 

〜ゲームモード〜

・フラッグキャプチャー

オフェンス側とディフェンス側の2チームに分かれて戦うゲーム。

オフェンスチームは敵陣に乗り込み、そこにあるフラッグを奪取して自軍の陣地に持ち帰ることができれば勝利!

ディフェンスチームは、自軍の陣地にあるフラッグを一定時間守りきれれば勝利!

なお、奪ったフラッグはデスするとその周辺に落としてしまうが、場外に落とされてデスした場合は初期位置からとなる。 (ただし、これはオフェンス側のみの適用ルール。)

 

ヘルス(体力)…1

武器…全て

射撃方法…セミオートのみ

 

〜チーム/参加者+使用武器〜

・O(オメガチーム/オフェンス)

赤城     64式7.62mm小銃

朝戸未世   M4A1

マネキン   H&K MP7A1

渡辺曜    H&K MP5A4

・D(デルタチーム/ディフェンス)

アーキテクト H&K G36

絢瀬絵里   AKM

国木田花丸  FN P90

園田海未   M870MCS

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190623002316j:plain

『フラッグキャプチャー! 敵チームにフラッグを奪取されないように、シンボルを防衛せよ!』

f:id:hgo687:20190623002433j:plain

『こちらは攻撃チームだ。 敵チームの防衛しているフラッグを奪取し、自軍のスタート地点まで運べ!』

3…2…1…

f:id:hgo687:20190623002854j:plain

ゲームスタート!

f:id:hgo687:20190623002949j:plain

赤城「一航戦赤城、戦闘を開始します!」

マネキン「フラッグを略奪じゃー!!」

曜「突撃するであります!」

未世「よーし、私は上から敵陣へ攻めよう! …よいしょっと。」

f:id:hgo687:20190623003307j:plain

花丸「か、かかってこいずら!」

海未「迎え撃ちます!」

f:id:hgo687:20190623003418j:plain

アーキテクト「…防衛スルノハワカッタガ、我々ハコノ場カラ動カナイ方ガイイノカ?」

絵里「極力そうした方がいいわ。 だけど、腕に自信があるなら遊撃するのもありよ?」

アーキテクト「フム…。」

f:id:hgo687:20190623072407j:plain

赤城「あ、あそこに敵チームの花丸さんが! 早速、先制攻撃です。」 バキュ-ン

マネキン「おお、いいぞ!」

f:id:hgo687:20190623072751j:plain

花丸「ずらぁ…。」 バタリ…

赤城「上々ね!」

f:id:hgo687:20190623100054j:plain

未世「もう早速、相手チームのフィギュアが倒されてる…。 でもこれで3対4、一時的だけどこっちのチームは人数の優位で有利に戦えるはず!」

f:id:hgo687:20190623100636j:plain

海未「くっ…、花丸がやられてしまいましたか…。 こちらの人数が少なくなってしまったので、ここは慎重に行動せねば…。」

f:id:hgo687:20190623100846j:plain

曜「さーて、こっちのルートは安全かなー?」

f:id:hgo687:20190623100934j:plain

アーキテクト「敵、発見!」 バシュン

f:id:hgo687:20190623101135j:plain

曜「わわっ、危なかった…。 …まあ、そりゃあ安全なわけないよね。」

f:id:hgo687:20190623101246j:plain

海未「絵里、もう少しで敵が近づいてきます。 例の作戦を使いましょう!」

絵里「ええ、わかったわ! 私が囮になるから、海未はフォローよろしく。」

海未「はい。」

f:id:hgo687:20190623104717j:plain

絵里「さあ、死になさい!」 バシュン

赤城「それは、こちらのセリフです!」 バキュン

f:id:hgo687:20190623104930j:plain

赤城「かはっ…。」 バタリ…

絵里「うぐっ…。」 バタリ…

海未「!?」

f:id:hgo687:20190623105453j:plain

マネキン「まさかのAIUTIかよ…。 ま…まあ、有利な状況での1:1交換だと思えば良いか。」

f:id:hgo687:20190623105701j:plain

海未「その油断が命取りですよ、マネキン。」 ズドン

f:id:hgo687:20190623105809j:plain

マネキン「ぐはっ…。」

海未「これで2対2、数的優位は振り出しに戻りましたね。」

f:id:hgo687:20190623110121j:plain

アーキテクト「オット、向コウノ方ハ上手ク処理出来タミタイダナ! ナラワタシモ頑張ッテ、防衛ヲ務メルコトニ集中シナイト…。」

f:id:hgo687:20190623111234j:plain

未世「…あれ、アーキテクト君は私の存在に気づいてないみたい…。 なら、奇襲を掛けよう!」 ダン

f:id:hgo687:20190623111310j:plain

アーキテクト「機能停止…。」  バタリ…

未世「敵、撃破!」

f:id:hgo687:20190623111342j:plain

海未「…ん? ………ヴアァ!?」

海未「み…味方がやられて、私一人だけになってますぅぅぅぅぅぅ!? だ、誰か早くリスポーンしてくださーい!!」

f:id:hgo687:20190623111405j:plain

未世「海未ちゃん、落ち着いて…ね?」 ダン

f:id:hgo687:20190623111448j:plain

海未「くぅっ…。」 バタリ…

未世「慌てふためく気持ちはわかるけど、こういう時こそ冷静にならないと…。」

f:id:hgo687:20190623112140j:plain

未世「よーし、フラッグを回収!」

朝戸未世がフラッグを奪取した。

f:id:hgo687:20190623112446j:plain

曜「あ、未世ちゃんが敵陣にあるフラッグを回収したみたいだね。 なら、フラッグ持ちの未世ちゃんを護衛しないと…。」

f:id:hgo687:20190623112741j:plain

未世「さてと、あとはこれを持ち帰るだけ。」

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20190623112808j:plain

花丸「…復活ずら。 さっき速攻で倒されちゃったから、マルの見せ場がないずら…。」

f:id:hgo687:20190623112951j:plain

未世「はっ…はっ…はっ…。」

タッタッタッタッタッ…

花丸「あ!」

f:id:hgo687:20190623113042j:plain

花丸「ちょっと待つずら! それ以上は、先に進ませないよ!」 バァン

f:id:hgo687:20190623113149j:plain

未世「あうっ…。」 バタリ…

花丸「やったずら! やっと、マルの見せ場が作れたずらぁ〜。」

f:id:hgo687:20190623113639j:plain

花丸「とりあえず、取られたフラッグをマル達の陣地に持ち帰ればいいずらね? それじゃあ、回収するずら!」

曜「(…よし、今だ!)」

f:id:hgo687:20190623114226j:plain

曜「それっ!」 バン

f:id:hgo687:20190623114326j:plain

花丸「ずらぁ…。」 バタリ…

曜「危ない危ない…。」

f:id:hgo687:20190623114838j:plain

赤城「ふぅ…、ようやくリスポーンできましたか。 …おや、もうあんなところまでフラッグが運ばれていましたか。」

f:id:hgo687:20190623115012j:plain

絵里「あそこで相打ちだなんて、認められないわぁ…。 …それはいいとして、敵チームに奪取されたフラッグを取り戻さないとね。」

f:id:hgo687:20190623115239j:plain

曜「ヨーソロー! フラッグを回収したであります!」

渡辺曜がフラッグを奪取した。

f:id:hgo687:20190623115409j:plain

絵里「…え、もうそんなところにあるの!? もうこれ、どうやっても私達のチームが勝つことは不可能じゃない!」

f:id:hgo687:20190623115518j:plain

曜「あと少しでゴールだ!」

タッタッタッタッタッ…

f:id:hgo687:20190623115622j:plain

マネキン「ふぃー、やっとリスポーンか。 …っておい、もうフラッグを取ってくるとか早すぎるだろ!?」

赤城「やりますねぇ。」

曜「ただいまー!」

f:id:hgo687:20190623115805j:plain

曜「よいしょ!」 ポトン

ゲームセット!

曜「やった、私達の勝利だね!」

f:id:hgo687:20190623115939j:plain

アーキテクト「リスポーン完了…ッテアレ? モシカシテ、モウゲームハ終ワッタノカ!?」

 

 

f:id:hgo687:20190623120812j:plain

Oチーム、勝利!

〜リザルト〜

・Oチーム

赤城     2k、2d

朝戸未世   2k、1d

渡辺曜    1k、0d

マネキン   0k、1d

・Dチーム

絢瀬絵里   1k、1d

園田海未   1k、1d

国木田花丸  1k、2d

アーキテクト 0k、1d

※kはキル(倒した)数、dはデス(倒された)数。

次回に続く!