リトルアーモリー Mk14Mod0 EBR

f:id:hgo687:20190729204457j:plain

今回はトミーテックより発売された、新作リトルアーモリーの「Mk14Mod0 EBR」を購入したので紹介したいと思います。

前回は4月発売の「M9&M93R」をレビューしたので、約4ヶ月ぶりの購入となりますね。

今月のリトルアーモリーは同時発売が多く、これを含め「ガンズアクセサリーB」と「ウォーターガンC」「ウォーターガンC2」の4種類発売されていました。

 

なお、Mk14Mod0は米軍が過去に主力としていたM14を近代化改修した銃で、マークスマンライフルというアサルトライフル系の中でもスナイパーライフルに近い運用をする種類らしいです。

ちなみに、EBRとは「エンハンスド・バトル・ライフル」の略で、意味は"さらに高めた小銃"とでも言いましょうか。 (エンハンスドは、(さらに)高める/増すという意味があります。)

f:id:hgo687:20190729212205j:plain

セット内容はこんな感じ。

見たところパーツが多く入っていますが、細かいパーツがほとんど無いので比較的作りやすい部類に入るかと思います。

f:id:hgo687:20190729213842j:plain

そして、これが完成品です!

Mk14mod0本体とマガジンの2つが作れます。

ちなみに、ストックはショートタイプとロングタイプのどちらかを選んで作ることが可能です。 (僕は、ロングタイプを選んで作りました。)

f:id:hgo687:20190729214037j:plain

いつものごとく、figmaの朝戸未世ちゃんに持たせてみました!

銃本体がそこそこ大きいので、持たせるだけでもかなりの迫力があります。

なお、ロングタイプのストックだと細い棒の部分が柔らかくて折れ曲りやすいので、もし作られる場合は気をつけてください。

 

 

今回のリトルアーモリーは、そこそこボリュームがあってシンプルな作りだったので、個人的に大満足でした!

次回は、8月発売の「ヘカート2」をレビューする予定です。

※追記…「ヘカート2」は、発売日が9月に延期された模様。

以上です。