お姫様だっこ!? リターンズ

f:id:hgo687:20190801145140j:plain

曜「ハッピーバースデー!!」 パ-ン

梨子「千歌ちゃん、誕生日おめでとう!」

f:id:hgo687:20190801145258j:plain

千歌「わぁーっ! 梨子ちゃん、曜ちゃん、ありがとー!!」

f:id:hgo687:20190801145439j:plain

梨子「千歌ちゃん、今年のプレゼントは特別よ! 私達が千歌ちゃんの望むものをなんでも叶えてあげるわ。」

千歌「なんでも!?」

曜「…まあ、無理じゃない範囲でだけどね。」

f:id:hgo687:20190801145647j:plain

千歌「じゃ…じゃあ、曜ちゃんにお姫様だっこしてもらいたい!! 果南ちゃんにも誕生日にやってあげたんだから、私にもやってほしいなー。」

曜「あはは、まさか千歌ちゃんがそのことを知っていたなんて…。 …でもせっかくの誕生日プレゼントなのに、そんなのでいいの?」

f:id:hgo687:20190801151342j:plain

千歌「それでいいの! やってくれるよね、ね?」

曜「(か…顔が近いよ…。) …わかった、やってあげるから!」

千歌「やった!」

f:id:hgo687:20190801152326j:plain

梨子「ようちかktkr!!」

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190801152448j:plain

曜「…よいしょっと! これでいいかな?」

千歌「うん、もちろんだよ!」

f:id:hgo687:20190801152642j:plain

曜「…で、千歌ちゃんどう?」

千歌「最っ高の誕生日プレゼントだよー!! 曜ちゃん、ありがとね。」

曜「どういたしまして。」

f:id:hgo687:20190801153043j:plain

梨子「やっぱり、この二人の組み合わせは究極至高ね! ようちか尊し。」

 

 

今回は、ただ単にようちか要素とお姫様だっこをやりたかっただけの記事です。

それはともかく…千歌ちゃん、お誕生日おめでとう!!

以上です。