懲りないやつら

f:id:hgo687:20190906205417j:plain

ドスまりさ「おいっ、そこのくそにんげん! いたいめにあいたくなかったら、あまあまをドスまりさ様にけんっじょうするのぜ!」

ダイヤ「…はい?」

ドスぱちゅりー「むーきゃっきゃっきゃ、りかいできないのかしら? ぱちぇたちがおろかでむのうなぐずのくそばばあを、とくべつにどれいにしてあげるっていってるのよ! ありがたくおもいなさいwww」

f:id:hgo687:20190906210034j:plain

ダイヤ「………。」 ブチッ

 

〜〜〜〜〜

 

f:id:hgo687:20190906210108j:plain

曜「見て、千歌ちゃん! これが、次のライブ衣装のデザインなんだけど…。」

千歌「わぁっ、可愛い…!! このデザイン、どうやって思いついたの!?」

曜「これね、ことりさんにアイデアを貰ったんだ。」

千歌「μ'sのことりさんに!? いいなぁ…!!」

f:id:hgo687:20190906210503j:plain

曜「あとは花丸ちゃんとルビィちゃんに見せて、最終的なデザインを調整しようと思う………って、あれ? あそこにいるの、ダイヤちゃんだよね?」

千歌「何をやっているんだろ?」

f:id:hgo687:20190906210859j:plain

ダイヤ「…これで、わかりましたわよね?」

f:id:hgo687:20190906211123j:plain

ドスまりさ「はぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!! ドスまりさたちは、うんうんいかでいきるかちのないごみまんじゅうですぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」

ドスぱちゅりー「そんなおろかものがゆいしょあるくろさわけのにんげんさまにさからって、もうしわけありませんでしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ダイヤ「はい、よくできました!」

f:id:hgo687:20190906211400j:plain

ダイヤ「では、この世とお別れしましょうか。」

ドカバキッグチャッ

ドスぱちゅりー「やーじゃ、やーじゃ!」

ドスまりさ、「ゆんやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

千歌、曜「「………。」」

f:id:hgo687:20190906211625j:plain

千歌「黒澤家、怖い…。」

曜「あはははは…。」

 

以上です。