ゴミ箱の怪

※ガチというわけではありませんが、今回はややホラー要素が含まれております。

苦手な方は、ブラウザバックすることを推奨します。

 

f:id:hgo687:20190917083239j:plain

未世「ここに呪われたゴミ箱があるって聞いたから、興味本位で来たけど、本当にあるのかなぁ…?」

f:id:hgo687:20190917083553j:plain

未世「…ん? もしかしてあれかな?」

未世「どこをどう見ても、普通のゴミ箱にしか見えないんだけど…。 …とりあえず、調べてみよう。」

f:id:hgo687:20190917083757j:plain

未世「うーん…。 近づいてみても、やっぱり普通のゴミ箱にしか見えない…。」

未世「外見は特に異常なし…っと。 今度は中を調べてみよう。」

f:id:hgo687:20190917083931j:plain

未世「んっ…。」

f:id:hgo687:20190917084114j:plain

ガサッ

「テン…チョウ…。 テン…チョウ…。」

f:id:hgo687:20190917084203j:plain

未世「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!? で…出たぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

「テン…チョオオオオオオ!!!」

f:id:hgo687:20190917084328j:plain

未世「こここ…こんなタチの悪いゴミ箱は、今すぐにでも抹消なきゃ! 悪霊退散!!」 ドン

f:id:hgo687:20190917084600j:plain

ドカ-ン!!

「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

 

 

…こうして、ゴミ箱の中に潜む化け物はゴミ箱もろともAT-4の砲弾で破壊されたのであった。

以上です。