クソゲーオブクソゲー

f:id:hgo687:20191006082856j:plain

穂乃果「ねえねえ、みんな! 今日は練習休みだし、せっかくだからゲームしない?」

凛「ゲーム!? 凛もやりたいにゃー!!」

曜「たまには、こういう息抜きも必要だよね!」

f:id:hgo687:20191006083032j:plain

果南「ゲームかぁ…。」

花陽「あ! ゲームと言ったら、虹ヶ咲の子達はアイ活以外にもゲームで競い合っているそうなんですよ。」

果南「へぇー、私達とは違う路線なんだね。」

f:id:hgo687:20191006083529j:plain

凛「じゃあまずは、凛からプレイするにゃ! …星空凛、いっきまーす!」

穂乃果「あ、そうそう。 1回ミスしたら、次の人と交代だからね。」

 

f:id:hgo687:20191006083701j:plain

凛「…スーパーバイト? 何このゲーム。」

曜「なんか、この時点で嫌な予感がするんだけど…。」

凛「とりあえず、1人用モードでやってみるにゃ。」

f:id:hgo687:20191006083814j:plain

敗吐の残機…3

f:id:hgo687:20191006084034j:plain

花陽「あっ、始まりましたね!」

凛「さっそく行くにゃー!!」

f:id:hgo687:20191006084146j:plain

果南「おっと、初っ端からいきなり敵が!」

凛「大丈夫、大丈夫。 序盤の雑魚敵だから、踏んづけて倒せるはずにゃ!」

f:id:hgo687:20191006084349j:plain

凛「えいっ!」

ピョ-ン

フミッ

f:id:hgo687:20191006084537j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」 (1ミス)

 

f:id:hgo687:20191006084643j:plain

凛「…は? 何このクソゲー。」

f:id:hgo687:20191006084726j:plain

花陽「凛ちゃん、クソゲーって簡単に言っちゃ駄目だよぉ…。」

果南「…いーや、これは誰がどう見てもクソゲーだと思うね。」

f:id:hgo687:20191006084858j:plain

曜「それでは、次はこの私…渡辺曜がプレイするであります!」

穂乃果「曜ちゃん、気をつけてね。」

 

f:id:hgo687:20191006085137j:plain

敗吐の残機…2

曜「よーし、クリア目指すぞー!!」

f:id:hgo687:20191006085302j:plain

穂乃果「あっ、また敵が来たよ!」

曜「さっきは敵に触れてミスしたみたいだから、ジャンプで超えていけば問題ないよね。」

f:id:hgo687:20191006085623j:plain

曜「そーれっ!」

ピョ-ン

f:id:hgo687:20191006085801j:plain

果南「おおっ、行った!」

凛「あ、今度はブロックがいっぱいあるよ! 確か、この中にアイテムとかコインが入っているんだよね。」

曜「いっちょ叩いてみますか!」

f:id:hgo687:20191006090103j:plain

曜「そーれっ!」

ピョ-ン

ゴキッ

f:id:hgo687:20191006090152j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」 (1ミス)

 

f:id:hgo687:20191006090306j:plain

曜「えっ…えっ!? レンガブロックを叩いたら、なんか勝手に死んだんだけど…。」

f:id:hgo687:20191006090419j:plain

凛「たぶんそれ、主人公がレンガブロックで突き指してショック死したんだと思う…。」

花陽「ええっ!? 主人公、貧弱すぎませんか!?」

f:id:hgo687:20191006090739j:plain

穂乃果「最後は、穂乃果の番だね…。 みんなのためにも、絶対にクリアしてみせるよ!」

花陽「穂乃果ちゃん、頑張ってください!!」

 

f:id:hgo687:20191006090859j:plain

敗吐の残機…1

穂乃果「ううっ、緊張する…。」

f:id:hgo687:20191006091109j:plain

凛「穂乃果ちゃん、前から敵が来たにゃ!」

穂乃果「OK!」

f:id:hgo687:20191006091349j:plain

穂乃果「そぉい!」

ピョ-ン

f:id:hgo687:20191006091639j:plain

穂乃果「よし、行った!」

花陽「ここからですよね…。 ところで、?ブロックって叩いても大丈夫なんでしょうか?」

果南「レンガブロックが駄目だったから、?ブロックも駄目なんじゃないかな…?」

f:id:hgo687:20191006091851j:plain

穂乃果「じゃあ、叩いてみよう!」

ピョ-ン

f:id:hgo687:20191006092110j:plain

曜「あ、キノコが出てきた。」

凛「なんだぁ…。 ?ブロックは、叩いてもミスにならないんだね。」

f:id:hgo687:20191006092315j:plain

花陽「穂乃果ちゃん、キノコを取ってパワーアップしましようよ!」

穂乃果「うん。」

f:id:hgo687:20191006092611j:plain

ヒュ-…ドスッ

敗吐「ぐはっ!?」

f:id:hgo687:20191006092852j:plain

敗吐「テンチョオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」 (1ミス)

 穂乃果「…え?」

f:id:hgo687:20191006093059j:plain

ゲームオーバー…

果南「え、キノコって敵キャラだったの…?」

曜「もしくは、落下したキノコの衝撃に耐えられなくて死んだのかも…。」

 

f:id:hgo687:20191006093410j:plain

穂乃果「何このゲーム、全然楽しめないじゃん!! 鬼畜ゲームにしても、程があるでしょ!」

f:id:hgo687:20191006093620j:plain

穂乃果「ううっ…。 こんなことなら、ゲームガチャガチャなんて引かなければ良かった…。」

………。

f:id:hgo687:20191006093725j:plain

凛「ほ…穂乃果ちゃん。 ゲームを買ったとしても、それを必ずやる義務は無いにゃ。」

花陽「そうですよ! 楽しめないゲームは、ゲームじゃありませんから…。」

穂乃果「そ、そうだよね!」

f:id:hgo687:20191006102011j:plain

曜「あのさ、こんなゲームは置いておいて、今度はマルチプレイできるゲームをしない? マリオカートとか、マインクラフトとか。」

穂乃果「いいね、やろうやろう!」

果南「うん。 折角5人も集まっているんだし、みんなで同時に遊べるゲームを遊んだ方が楽しいよね!」

 

以上です。